カテゴリー「音楽(music)」の記事

2018年9月22日 (土)

レネス-都響のホルスト「惑星」@東京芸術劇場2018・9・18

P1090957池袋芸劇の都響C定期。指揮予定のオリヴァー・ナッセン氏が7月8日にお亡くりになったため、急遽ローレンス・レネス氏が代役で指揮することになりました。

月刊「都響」は何とか間に合って、プログラム変更も記載してありました。編集部は大変だったと思います。フライヤーは断念したようです。

ヴィトもさっちんも所用でパスしてしまったので、ちょっと気合いが入った私です。

1曲目は追悼曲ということでナッセン作曲の「フローリッシュ・ウィズ・ライヤーワークス」。きめ細かく作曲された輝かしい響きの名曲です。欧米なら黙祷するところでしょうが、それはありませんでした。

本日のコンマスは四方さんで、サイドはマキロン。マキロンがお行儀よく足をそろえて演奏をはじめたのでびっくりしましたが、そのうちいつものスタイルにもどったので一安心。あまりお上品な演奏スタイルは似合わない人だと思うので。

シンガポールフィルの美男子ロビヤール氏もホルン軍団に加わっています。お隣には超美形のエキストラさんも。一気に格調が上がった感じがします。後列の女性奏者は西條や五十畑の弟子らしく、都響に移籍のうわさもありますが8/9月号月刊「都響」には掲載されていません。

マエストロ・レネスは上品で繊細な感じの方です。2曲目の武満の曲「オリオンとプレアデス-チェロとオーケストラのための」は彼のスタイルにはまっていましたね。ソリストのケラスも素晴らしい演奏ですが、眠くなるのは曲のせいということにしておきましょう。ソリストアンコールのサービスがあり、曲目はデュティユーの「ザッハ-の名による3つのストローフ」より第1曲。

後半のホルスト組曲「惑星」は定番の超名曲。武満の曲とは宇宙つながりです。私は特に「金星」の精緻なやすらぎの音楽が素晴らしいと思いました。芸劇ご自慢のパイプオルガンの低音振動が気持ちいい。女声コーラスもエンディングを盛り上げてくれました。今年度指折りの名演だったのではないでしょうか。楽しい演奏を聴かせていただいて有難うございました。

聴衆も咳や騒音も少なく、最後のフラブラもなくて最高の出来。よかったよかった。

帰り道で赤い鳥居が刻まれたチェロケースを持った都響の女性奏者に超高速で抜かれましたが、よくあんな速度で歩けたものです。あっという間だったので誰か確認できませんでした。傘を持ってきたのに、外に出ると青空が見えていました。

こんな曲です

「金星」
https://www.youtube.com/watch?v=PyBkzZoMYN4
https://www.youtube.com/watch?v=mp5gksq_OEI
https://www.youtube.com/watch?v=tmBoyMgFMpM

「木星」
https://www.youtube.com/watch?v=T0Fx24Xzc3U
https://www.youtube.com/watch?v=MhHwr1tLrrY
https://www.youtube.com/watch?v=Nz0b4STz1lo

「海王星」
https://www.youtube.com/watch?v=ZQQGi4gN6gI
https://www.youtube.com/watch?v=oFMXNUHuWug
https://www.youtube.com/watch?v=JnemonlWKjU

Special (Vn, P, Org, and heavy metal)
https://www.youtube.com/watch?v=hKq8xsUr5dA
https://www.youtube.com/watch?v=aQwq5s9zKN4
https://www.youtube.com/watch?v=9vV_WGa0gK8
https://www.youtube.com/watch?v=BHANdi0IbPY

平原綾香
https://www.youtube.com/watch?v=K7rob0JVlfE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

A favorite photograph --- まきちゃんぐ

Photo

「ハニー」
デビュー曲だそうです。歌詞が強烈すぎるけれど、これがまきちゃんぐ。
独特のグルーヴ感。
https://www.youtube.com/watch?v=FTWraGxrgRs
https://www.youtube.com/watch?v=rZF2dE6GdGA

「鋼の心」
青い鳥という映画の主題歌。私は残念ながら見ていませんが、耳に残るメロディーですし、歌詞もインパクト強いと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=Rt7qFfmBmq8
https://www.youtube.com/watch?v=uYpaQ33ADz8

「愛と星」
ドラマ「でかわんこ」の主題歌だそうですが、このドラマも見ていません。まきちゃんぐにしては穏やかなバラード。
https://www.youtube.com/watch?v=XI468c7Hlxk

「愛の雫」
まきちゃんぐらしいアイロニーや毒素もたっぷりですが、あまりにも美しいメロディーに溶解して、すべてが包まれる曲。
https://www.youtube.com/watch?v=ESAqbWBsPjQ

「満開」
あなたの手足は何のために生えている・・・という言葉は「らしさ」ですね。これは自分へのがんばれソングなんだろうね。
https://www.youtube.com/watch?v=JqFf8cU2dBk

「赤い糸」
強烈に歌い上げるバラード。まきちゃんぐがライヴで全力投球で歌うと、ホール全体が恐ろしいほどの緊張感でつつまれます。
https://www.youtube.com/watch?v=X9F7Qgr9QE4

中島みゆきの「夢だもの」をまきちゃんぐがカバー。
https://www.youtube.com/watch?v=hgpeMBRxbdU

私のフェイバリットはアップしていないようです。

でも「雨と傘と繋いだ手」はカバーしている人がいました。
https://www.youtube.com/watch?v=-O_URAYHK5Q

「木漏れ日の中で、夏」はさがしましたが、みつかりませんでした。
CD「ハナ」を買いましょう。
1曲ダウンロードもできます。
http://recochoku.jp/song/S1006149449/

オフィシャルHP:http://makichang.info/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

グラーフ-都響&スカナヴィ@サントリーホール2018・8・25

Img酷暑がぶり返しましたが、都響定期会員なのでサントリーホールに行ってきました。本日の指揮者はハンス・グラーフ、コンマスは山本さん、サイドはゆづきです。90%くらいの集客です。

その山本さんが音合わせをピチカートでやって爆笑。彼にこんなユーモアのセンスがあったとは!?最初はモーツァルトの交響曲第34番。アーティキュレーション勝負の曲だと思いました。グラーフの見事なコントロールで文句なしの名演。

オーボエが大活躍の曲なのですが、広田氏のオーボエはどう聴いてもオーボエの音にきこえません。この音になってから慣れの問題かなとずっと思ってきましたが、やっぱり慣れません。これでいいと思ってやっているのでしょうが、疑問です。マエストロ・グラーフはいちいちべっとり指をなめてから楽譜をめくるのが非常に気になりました。

2曲目はサン・サーンスのピアノ協奏曲第2番。本日のソリスト、カティア・スカナヴィは日本人に受ける感じの美人で、ピアノもとても繊細かつクリアなタッチで素晴らしい演奏でした。

ただ演奏の姿勢が極端にかがむ感じで、頸椎を痛めそうな感じがしました。満場の拍手の後、アンコールのショパン・ノクターンを弾いたときには姿勢が良くなっていたので、プレッシャーがかかると姿勢が悪くなる人のようです。アンコールがあまりにも素晴らしかったので、アマゾンでCDを注文しました。それで気がついたのですが、フライヤーの写真はCDの写真の流用じゃありませんか。こんなところで手を抜かないで欲しいし、だいたい2回分の演奏会をフライヤー1枚で済ませるというのは手抜きも甚だしく、恥ずかしいことだと思います。

後半はドヴォルザークの交響曲第8番。部分的に見ればどこも文句なしの名演なのですが、何か乗れませんでした。オケが指揮者の意図に忠実に従おうとするあまり、全体の流れが悪くなった感じがします。ドヴォルザークにしては重厚すぎるのかもしれません。あるいはこの指揮者が客演向きじゃないのかもしれません。

スカナヴィ
https://www.youtube.com/watch?v=Y6BxGsQBShE
https://www.youtube.com/watch?v=yAa5S69Lq-o
https://www.youtube.com/watch?v=pQmUnJ0Mjl4
https://www.youtube.com/watch?v=4yl92M5BHJU
https://www.youtube.com/watch?v=qYkCbzVcUlI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

JPOP名曲徒然草188:「時には母のない子のように」 by カルメン・マキ

Imga寺山修司を知る人ももう少なくなったと思いますが、古い競馬ファンならいつもフジテレビの競馬放送にゲストで出演していたので、よくご存じだと思います。

本職は歌人&シナリオ作家ですが、そちらの方は私はよく知りません。私は彼の競馬小説のファンで、すべて読みました。47際の若さで病没したのは誠に残念でした。

このカルメン・マキのアルバムは、全曲寺山修司が作詞した特異な作品です。なかでも「時には母のない子のように」は大ヒットしました(作曲は田中未知)。こんなに脱力する歌は、これ以降聴いたことがありません。

もともとカルメン・マキは寺山修司が主宰する劇団の団員であり、本職は女優です。しかしこの曲の大ヒットで1969年の紅白歌合戦に出場することができました。1972年にはカルメン・マキ&OZというとてつもないバンドを結成し、数々の名唱を残しました。最後の「私は風」を聴いてみてください。

アルバムの中に「かもめ」という曲がありますが、浅川マキの「かもめ」とは別の曲です。ただし浅川マキの方も作詞は寺山修司です。

時には母のない子のように
https://www.youtube.com/watch?v=uhRaSYyols4
https://www.youtube.com/watch?v=f6I-Shd9Oqk
https://www.youtube.com/watch?v=TuN03KG8Ymk

(ハーモニカ)
https://www.youtube.com/watch?v=pl3bNeIhb50

(ギター)
https://www.youtube.com/watch?v=Sq1hm0bE89s

山羊にひかれて
(aki)https://www.youtube.com/watch?v=KkvP8ul3Q-k
(三上ナミ)https://www.youtube.com/watch?v=0AIQMrcb1oc

さよならだけが人生ならば
https://www.youtube.com/watch?v=TDy_axc7Jd0

かもめ
https://www.youtube.com/watch?v=FCIQ6ubaNMk
https://www.youtube.com/watch?v=gFlUcQ9ELHk

二人のことば
https://www.youtube.com/watch?v=BUKSw8DG2zk

マキの子守唄
https://www.youtube.com/watch?v=684dyWEYQcQ

時計を止めて
https://www.youtube.com/watch?v=9HBYpo-cGqY

記憶の海
https://www.youtube.com/watch?v=F_HHfn43UJY

空へ(これは貴重な映像・音源だと思います)
https://www.youtube.com/watch?v=__Vog1kE2KU

私は風
https://www.youtube.com/watch?v=zVPU9U0GWpY
https://www.youtube.com/watch?v=HLEQCKVfy44
https://www.youtube.com/watch?v=7ewJjSmfFBw
https://www.youtube.com/watch?v=s93kMH_5syM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

西島三重子 Birthday Live 2018 @ 原宿ラドンナ セットリスト

2



最近ではめずらしく、かなり昔の歌をやってくれました(大歓迎)!

想い出づくり、きのうよりごきげん、星めぐり、双曲線、池上線は40年くらい前の曲です。

私的には「陽ざかりの午後」と「夜間非行」が聴けたのは望外の幸運でした。

「花のように 鳥のように」はすぎもとまさとさんのカバーです。

サポートメンバーは

ギターとマンドリン:平野融、 ピアノとキーボード:織原洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

西島三重子 Birthday live 2018 が開催されます

Imga西島三重子さんは本名で、(株)西島畜産の社長令嬢です。新井薬師の西島ミートプラザはテレビでも何度か紹介されています。私も一度行ったことがありますが、素晴らしいお店です。
https://n-meat.co.jp/

子供の頃のことなどを「ヤクシ団欒物語」(有朋堂 1996年刊)という本にまとめて出版されています。歌詞はあまり書かない人ですが、散文をまとめるのはうまいなと思いました。昭和の庶民の生活が生き生きと描かれています。

小学校から短大まで川村学園に通われていたそうです。同級生の方にうかがうと芸能に優れていたばかりでなく、理系の科目も得意で成績優秀な生徒だったそうです。大学では化学部に所属されていたと聞いています。

そんな彼女がなぜかシンガーソングライターとして1975年にワーナー・パイオニアからデビュー。同期は岩崎宏美・山崎ハコ・中島みゆき・矢沢永吉・憂歌団らです。デビュー曲は「ろくでなし」。「ろくでなし」というタイトルで思い出すのはサルヴァトーレ・アダモの曲(原題 Mauvais Garcon) です。
https://www.youtube.com/watch?v=BM_2igjbxjc

アダモは西島さん(以下みーちゃん)がデビューした年にも中野サンプラザで3日連続のコンサートをやっているので、一度アダモの「ろくでなし」を意識したのかと本人に訊いてみましたが、怪訝な顔をされてしまいました。全く無関係のようです。

ともあれこの曲はヒットせず、2曲目のシングル「池上線」が大ヒットしました。私は当時西島三重子という名前は全く知らなかったにもかかわらず、この曲はよく覚えています。

私がはじめて彼女の名前を憶えたのは5枚目のアルバム「シルエット」が発売された頃です。この頃は所属芸能事務所がファンクラブを組織していて、当時の様子は私の過去記事を参照していただくと雰囲気が判ると思います。会誌を復刻しました。
http://morph.way-nifty.com/grey/2015/02/post-955d.html
http://morph.way-nifty.com/grey/2015/02/post-e8c5.html

ワーナー時代のみーちゃんは一応フォーク歌手というジャンルに分類されていて、ほんわかとしたフォーキーな曲を歌っていたのですが、ワーナー時代最後のアルバム「シルエット」は一転して甘酸っぱい青春とかシンガーの主張とかを排した、ひんやりと暗く切実な音楽です。欧米で生まれたアシッド・フォークとは全く異なる形のフォークの進化形・新ジャンルです。以下の5曲はすべてこのアルバムの収録曲です。

かげろう坂
https://www.youtube.com/watch?v=9lXoV9dILio

いそしぎ
https://www.youtube.com/watch?v=0FTtMYSpZF4

メランコリー・イエスタデイ
https://www.youtube.com/watch?v=hRMxnpJFzj8

びしょぬれワルツ
https://www.youtube.com/watch?v=QWJswBCIZSw

千登勢橋
https://www.youtube.com/watch?v=0TYECCELT6c

新しいジャンルの音楽を創始したみーちゃんですが、なんと「シルエット」をリリースしたあとさらに驚くべき大転換を行ないます。

ひとつには「シルエット」の完成度が高すぎて行き詰まってしまったのかもしれませんが、あるいは自分自身のキャラから音楽が離れすぎたことに違和感を感じたのかもしれません。ともかくレコード会社もテイチクに移籍してフォーク色を一掃し、ポップスをはじめてしまいました。この頃私生活にも変化があったのかもしれません。

それまでのファンを置き去りにするというような変身がよくできたと思いますが、私はもともとポップスが好きだったので、全く違和感なく新アルバム「Bye-Bye」の世界にはいっていけました。

ただ事務所も変わり、ファンクラブも解散したので、コアのファンとしては激震が走った記憶があります。当時の様子は自主FC「風」を立ち上げた蛭田氏が詳しい記録を残しています。この記録に名前が出ている方は全員面識があるので、当時のことを思い出すと何かこみあげてくるものがあります。
http://www.sasabe.com/MIE/kaze/kaze.html

しかし今の時代では、かなり集客力のあるシンガーソングライターでもフリーは当たり前。自分でサイトをつくって、バンドメンバーを集めて、チケット売って、楽器を弾いて歌うのは普通ですから時代は変わりました。

当時の自主FCの機関誌「風」創刊号を復刻したという記事をアップしておりますのでご覧下さい。
http://morph.way-nifty.com/grey/2015/02/post-4f3e.html

テイチクでは4枚のアルバムをリリースしますが、私はこの4枚が西島三重子の最高傑作だと信じて疑わず、テイチク派を自認しています。それまでの心理的制約を解き放たれ、沸々とあふれ出した才能を感じます。以下は当時の曲でYoutubeにアップされているものをピックアップしました。

ロンリーガール
https://www.youtube.com/watch?v=i7L6ix0DuMQ
https://www.youtube.com/watch?v=FZlRH-oMHQw
https://www.youtube.com/watch?v=nVGkoWcf8r8

ジェラシー
https://www.youtube.com/watch?v=SH_sn__dCq0&list=PLUejwattuJFHgh6wyjktkjnQb0bOg3eJE&index=6

Imagination Canvas
https://www.youtube.com/watch?v=7cdNRmqB4zU

5年目の夏
https://www.youtube.com/watch?v=jME73_dMbR0

「Lost Hour」
https://www.youtube.com/watch?v=EqQPfZmseto

そのうち年齢もいい年になってきたので、ポップスはやめて南米音楽やシャンソンを取り入れて、大人っぽいバラード路線に転換しようということになったのでしょう。そこでまたレコード会社を変えて「東芝EMI」に移籍することになりました。リリースしたのは「Shadow」と「寝物語」という2枚のアルバム。以下は収録曲です。

SEQUENCE OF MEMORIES~思い出のページ
https://www.youtube.com/watch?v=kaAtY_Bjdc8

泣かないわ
https://www.youtube.com/watch?v=fDgnIbRpiXk

夜間非行
https://www.youtube.com/watch?v=Fh3UWa6DdPs

冬なぎ
https://www.youtube.com/watch?v=H60uso4xpDA

冬のカルナバル
https://www.youtube.com/watch?v=KI0GbDxfYU0

ラストワルツ
https://www.youtube.com/watch?v=qY6mCEA8yXc

このあと南米音楽やシャンソンのカバーアルバムを2枚出版します。またこの頃、今はない第一家庭電気のサポートで45回転の超高音質LP「地球よ廻れ」が出版されました(非売品)。第一家電でレコードプレイヤ-のカートリッジを買うともらえた記憶があります。素晴らしいアルバムです。どなたが権利を持っていらっしゃるのかわかりませんが、是非ともCD化して欲しいと思います。
http://morph.way-nifty.com/grey/2013/09/by-b827.html

そうこうしているうちになんと東芝EMIの経営が破綻し、みーちゃんもフリーになってしまいますが、時を経てメディアリングから復活することになりました。「つまんないものよ 私の心」と「夢のあとさき」というアルバムを出版するのですが、これはなんだかいわゆる歌謡曲に傾斜したような内容になっています。みろくさんという歌謡曲の作詞ができる人をみつけたことも影響しているでしょう。

わたしが残していくもの
https://www.youtube.com/watch?v=hw0A1gNoR3E

おひさまのたね
https://www.youtube.com/watch?v=VM8fTFxHkFk

若い頃からソングライターとして、様々な歌手に曲を提供してきたみーちゃんですが、この頃になると水森かおりなどの演歌歌手への提供が中心となり、そのせいもあってか演歌っぽい曲を歌うようになりました。

水森かおり 飛鳥坂(みーちゃん自身の歌唱はアルバム「十三夜」 pony canyon に収録)
https://www.youtube.com/watch?v=siPeaVIWkeg

水森かおりさんはみーちゃんの曲がお気に入りで、「池上線」のカバーも出版しています。みーちゃんも「池上線ふたたび」という曲をリリースしました。
https://www.youtube.com/watch?v=NsJgqd68qeM

Ddsbgfyvaaakhie212x300
そして新曲「目黒川」に至るわけです。これなどはコード進行もシンプルにして、カラオケで歌いやすい曲にしようという狙いなのでしょう。

次回ライヴは8月17日(金)@原宿ラドンナ

←フライヤー

ラドンナ原宿 03-5775-6775

アオイスタジオ 03-3585-6178(平日10時~17時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

ミンコフスキ-都響 「くるみ割り人形」 @ミューザ川崎2018・8・5

1

皮膚感覚はだいぶ暑さに慣れてきて、30℃だと涼しいと思うようになったくらいですが、内臓が参ってきて活動力がなくなってきました。それでもいままでフェスタサマーミューザでの都響の演奏は大変素晴らしいものだったので、今日も期待して出陣。

本当はつばめグリルで食事したかったのですが、内臓に自信がなくドトールでがまん。

本日の指揮者はマルク・ミンコフスキ。コンマスは矢部ちゃんでサイドはマキロン。ミューザ川崎は席に座っただけでテンションが上がるような素晴らしいコンサートホールです。曲目は「くるみ割り人形」全曲。

図のパンフレットに記してあるように、もともと指揮者の意図で若干カットして休憩無しで演奏する予定だったのですが、急遽カット無しで休憩有りとなりました。ホールとしては休憩時間の売店の売り上げはバカにできませんよね。体力的にも休憩有りは賛成です。残念ながら満席には至らず、9割くらいの入りでしょうか。

エンカナがロングヘアを大胆にカットして、さっぱりとした雰囲気で登場。ミンコフスキはそれに合わせたわけではないでしょうが、優雅さを犠牲にしても、キビキビとして生気あふれる演奏を繰り広げました。矢部ちゃんはもちろんですが、見せ場満載のフルート軍団をはじめ管楽器が全力でささえます。バレエの実演を伴わないことで、このような演奏が可能になったのでしょうが、音楽ファンとしてはテンションが上がる楽しい演奏でした。これで踊るのは無理だと思いますが。

終了後聴衆は大歓声で指揮者と都響を讃えました。最後はスタンディング・オベーション。素晴らしい演奏会でした。

ミューザ川崎シンフォニーホール:https://twitter.com/summer_muza

こんな曲です:https://www.youtube.com/watch?v=xtLoaMfinbU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

ザ・ビーチ・ボーイズの「サーファーガール」

ドキュメンタリーを見た方も多いと思いますが、20世紀ポップス史に金字塔を打ち立てた希有の天才ブライアン・ウィルソンは、あまりに音楽にのめり込んで、ついには薬物やアルコール依存症で人間廃業寸前まで追い込まれましたが、年老いてようやく健康を取り戻し、かつて率いていたビーチ・ボーイズを復活させることもできました。

1024pxthe_beach_boys_may_29_2012

左から Brian Wilson, David Marks, Mike Love, Bruce Johnston, Al Jardine

「サーファーガール」は彼の作品の中でも、忘れることの出来ない曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=scnruHOgas8

The Beach Boys live 1964  Surfer girl
https://www.youtube.com/watch?v=CWWusowYad0
https://www.youtube.com/watch?v=OSjuvK85clA

The Beach Boys live 1980  Surfer girl
https://www.youtube.com/watch?v=sLvi9pspSD4

みんなじいさんですが、この演奏が一番と思うのは私だけかな?
(最初に rolling stone のタイトルが出ます)
The Beach Boys live 2012  Surfer girl
https://www.youtube.com/watch?v=hu-bXvuPm7c

The Beach Boys- Surfer Girl (Lyrics on screen)
https://www.youtube.com/watch?v=Qp7nZhRc-CA

賛美歌のようなバージョン
Beach Boys - Surfer Girl - alternative version
https://www.youtube.com/watch?v=OahqdCYo72Y

covered by the four freshmen
https://www.youtube.com/watch?v=qp67XrbBYqc

covered by Paul Simon
https://www.youtube.com/watch?v=acu-wGt0wKA

covered by BBS (これわりと好き)
https://www.youtube.com/watch?v=1DGf62cvGmo

「壊れた天才」ブライアン・ウィルソン(評論)
http://www.page.sannet.ne.jp/equinox/beachboys.html

Brian Wilson - Pet Sounds live, part 1/3
https://www.youtube.com/watch?v=oaYs_zECQaQ

Brian Wilson - Biography
https://www.youtube.com/watch?v=Z7zwg2Z3SF4

The Beach Boys - Warmth Of The Sun  (With Lyrics)
https://www.youtube.com/watch?v=Ir27H9tSZcw

In My Room - The Beach Boys  (with Lyrics)
https://www.youtube.com/watch?v=-b5WsEDZvsE

Good Vibrations the Lost Studio Footage
https://www.youtube.com/watch?v=uVlSVkzbJDA

Sloop John B by The Beach Boys live (1980)
https://www.youtube.com/watch?v=H6Uc_Gi7gdM

Covered by The Fendertones - Sloop John B
ここまでくると、すごいと言わざるを得ない
https://www.youtube.com/watch?v=GmJ6e06eYcM

Beach Boys - Barbara Ann
https://www.youtube.com/watch?v=-zgcM6gchZo

The Beach Boys - California Girls (with lyrics)
https://www.youtube.com/watch?v=B8yph3rb27o

最後はやっぱりこれか
The Beach Boys Live - Surfing USA
https://www.youtube.com/watch?v=svkC3LJMFcs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

「くるみ割り人形」全曲 ミンコフスキ-都響 ・・・に期待

A1180_003065フェスタサマーミューザ川崎が開催されています。都響も8月5日(日)に参加します。場所はもちろんミューザ川崎シンフォニーホール。演目はチャイコフスキーの「くるみ割り人形」全曲(指揮マルク・ミンコフスキ バレエの実演はありません)。
https://www.kawasaki-sym-hall.jp/festa/calendar/detail.php?id=2289

全曲というのがミソです。チャイコフスキー自身が演奏会用組曲を作ったため、バレエを伴わない演奏会では組曲を演奏するのが普通で、なかなか全曲を聴くチャンスはありません。私はWOWOWでバレエの公演を見て、素晴らしい作品だと思いました。

特に組曲では第1幕の主要な部分が抜け落ちているので、この作品のエッセンスを味わうことは出来ないと思います。今回の都響の公演では第1幕のクライマックスでの児童合唱はあるようです(TOKYO FM 少年合唱団)。

この曲は1891年にサンクトペテルブルクのマリンスキー劇場の依頼でつくられたもので、さすがにこの劇場の公演はダンスも演奏も演出もすごいです↓。ネズミ軍団と人形軍団の戦闘の場面は白眉でしょう。しかもクララが自分の靴をネズミの王様に投げつけて勝利するのです(手元が狂って当たらなかったらどうなるんだろうとはらはらしますが)。

マリンスキー劇場の「くるみ割り人形」
https://www.youtube.com/watch?v=Llgxg_bZE7M

木管楽器が大活躍するので、都響奏者としては腕の見せ所でしょう(オーボエ首席の広田によると都響の木管には穴が無いそうです *^_^* )。

チャイコフスキーは1890年に永年スポンサーだったフォン・メック夫人に支援を打ち切られており、この曲は生活のかかった大勝負だったのでしょう。世に認められないLGBTだったチャイコフスキーとしては、このような現世離れしたおとぎ話に曲をつけるというのは、大変腕をふるいやすかったのではないかと思われます。

初演の舞台のスケッチがウィキペディアに出ていたので、貼っておきます。夢のある舞台だったことが伺えます。この曲が人気があるのは、<世の中にうんざりしたときの逃避場所>が提供されているということもあるのではないかと私は思っています。

Nutcracker_design

チャイコフスキーは1893年には亡くなっているので、このあと作曲された「悲愴」交響曲ともども、晩年に素晴らしい作品をよく残してくれたと改めて思いました。

[情報]!!

本公演は、指揮者ミンコフスキ氏の意向により当初は一部カットを入れて休憩なしで演奏予定でしたが、最終的にノーカットとし、第1幕と第2幕の間に休憩をはさんで演奏することとなりました。

https://www.kawasaki-sym-hall.jp/festa/news/detail.php?id=970

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

アラン・ギルバート-都響@東京芸術劇場2018・7・21

Imga


まだまだ炎暑が続く東京。体調はダメですが、先週もアラン・ギルバート-都響の演奏会にはいけなかったので、今日こそはということで、なんとか芸劇にたどりつきました。本日のコンマスは四方さん、サイドは矢部ちゃん。指揮者は今月から主任客演指揮者に就任したアラン・ギルバート。

南方がイングリッシュホルンを持って座っていたので、とりあえず安心。そしてなんとホルン軍団が向かって右側に? 非常に違和感があります。シノトモと美里が1Vn最後列に座りました。彼女たち、今日は本来は降り番だったのでしょうか?

あれれ、フルートはメンバーじゃなくてエキストラ・・・って高木綾子じゃありませんか。どういう風の吹き回しでしょうか?

アラン・ギルバートの「新世界より」の演奏はちょっと変わったものでした。特に第2楽章は非常に宗教的な雰囲気が感じられてびっくりしました。月刊都響を読んでみると、ドヴォルザークはこの曲を作るに当たって、黒人霊歌を参考にしたらしいということが書いてありました。いつもはテンシュテット-ベルリンフィルの演奏を愛聴していますが、こういうのもなかなかいいものです。来て良かったと思いました。

高木さんのフルートは音が違うんですね。びっくりしました。サトー・高木・鷹栖・長は黄金のスクエアでした。彼らだけでなく今日はすべてのパートが生気に満ちていて素晴らしい演奏だったと思います。

個人的にクラシックのオケがジャズっぽい曲をやるのはあまり好きじゃないので、後半は省略します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧