カテゴリー「音楽(music)」の記事

2017年6月21日 (水)

都響・大野-ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」@東京芸術劇場2017年6月21日

Imgaaa_2久しぶりの都響ですがなんと暴風雨。これは矢部ちゃんが雨男から嵐を呼ぶ男に昇格したのでしょうか? いや今日は彼はサイドで、コンマスは四方さんでした。指揮は音楽監督・小野和士。

池袋芸劇のホールにはいると、ビデオカメラが10台くらい設置してあり、ブルーレイ/DVDに収録するようです。ほぼ満席で、平日昼のコンサートは営業絶好調です。

メンバーはほぼ最強シフト。「牧神」はお馴染み曲ですが、いつもは南方担当のイングリッシュホルンを大植が担当。立派にミッションコンプリート。フルートソロは柳原でしたが、しょっぱなだけちょっと硬い感じでした。しかしその後素晴らしい演奏でミッションコンプリート。良い感じでした。

ダンディ「フランス山人の歌による交響曲」は、ホールで聴いたのは初めてです。ピアノが効果的に使われている曲でした。メロディや雰囲気もなかなか良い曲です。CD買ってみようかな。いや今日の演奏のDVDが出版されるまで待つべきか?

後半のベートーヴェン「田園」交響曲はマエストロ大野&都響の真骨頂でした。エレガントで繊細、隅々までコントロールされた完璧な演奏というのはこういうものですか・・・。

しかし何というか、硝子ケースの向こうにある、匠細工のジュエリーペンダント(数千万円?)を眺めているという感じで、もどかしい。都響と大野だけで近寄りがたい神がかった世界で遊んでいて、私たちはそこに連れて行ってくれないし、もちろん仲間には入れてもらえないという不思議な気分。カラヤン&ベルリン・フィルの演奏でもそういう気持ちになったことがあります。

マエストロ大野がベストテン上位からはずれるというのも、そういう感覚が影響しているのではないかと思いました。ですからこんなにすごい演奏なのに、客席の反応はわりとあっさりなんですね。

ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」
https://www.youtube.com/watch?v=06qDsdcqm1M

ダンディ「フランス山人の歌による交響曲」
https://www.youtube.com/watch?v=g5nIkXsW86Q 

ベートーヴェン「田園」交響曲
https://www.youtube.com/watch?v=aW-7CqxhnAQ

(↑ダニエル・バレンボイムはちゃんと連れて行ってくれる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

2016都響ベストテン

A0960_005280_2都響 あなたが選ぶ、想い出に残った公演《2016年度》の結果が発表されました。

大野-国塩のコンビになってから、いまいち盛り上がりに欠ける感じです。大野さんも小泉さんも優等生タイプで立派な人すぎるというのが問題なのかも知れません。

インバルさんや井上さんには、何か負のエネルギーのような勢いが感じられます。

1位 7/24・25 アラン・ギルバート マーラー 交響曲第5番 他

2位 12/13・14 ヤクブ・フルシャ マ-ラ- 交響曲第1番 他

3位 2/26 ダニエレ・ルスティオーニ ベルリオーズ《幻想》交響曲 他

4位 9/20 エリアフ・インバル ショスタコーヴィチ交響曲第8番 他

5位 1/10 小泉和裕 ブルックナー交響曲第5番

6位 4/12 フランソワ=グザヴィエ・ロト ストラヴィンスキー《ペトルーシュカ・火の鳥》 他

7位 3/26 大野和士 プロコフィエフ《ロメオとジュリエット》 他

8位 9/10 エリアフ・インバル シューベルト交響曲第8番《ザ・グレート》 他

9位 3/5 井上道義 ドヴォルザーク交響曲第8番 他

10位 9/15 エリアフ・インバル バルトーク:管弦楽のための協奏曲 他

だいたい予想通りでしたが、ロトの《ペトルーシュカ・火の鳥》が少し低かったかな。私的にはこれがナンバーワンでした。《ペトルーシュカ》はオケが必死のパッチでしたが、後半《火の鳥》の指揮者&オケが一体となった切れ味の良い音楽の素晴らしさには圧倒されました。ロトが常任になったら、都響はとてつもないオケになるんじゃないかと想像してしまいました。

私の2位はフルシャのマーラー交響曲第1番。これはフルシャ自家薬籠中の曲らしく、ちょっとラフな感じでも思いきり都響をドライヴして、アドレナリン全開のマーラーを聴かせてくれました。こういうかしこまらないマーラーもなかなかいいもんです。

大野が7位にしかはいらなかったことを多くの方が指摘していますが、私も川崎でのショスタコーヴィチ交響曲第5番以外に印象に残る演奏がないのはどうしてでしょうか? 不満だったこともほぼないのですが。井上の演奏は逆に、強く印象に残っています。

毎年書いているのですが、エヴァ・オリカイネンをまた呼んで欲しいと思います。彼女&都響のブラームス「悲劇的序曲」は堂々とした押し出しの良い素晴らしい演奏でした。シベリウスじゃなくてブラームス/ベートーヴェンの交響曲を是非聴いてみたいと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=IEK_8CINK6A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

都響-小泉 シューマン交響曲第2番@東京文化会館2017年5月31日

Imga最近収入を伴わない多忙で、都響の演奏会にもすっかりご無沙汰してしまいました。マエストロ・ブラビンスの音楽を聴けなかったのは残念です。ようやく上野の東京文化会館に出撃です。

本日の指揮者は小泉さん、コンマスは山本さん、サイドはマキロンです。平日のコンサートにしては結構集客しました。>80%くらいでしょうか。

ベートーヴェンの「皇帝」協奏曲の第2楽章は私の大好きな音楽です。マエストロ小泉の音楽を聴いていていつも感じるのは、京都古刹の手入れの行き届いた庭の情景です。隅々まで配慮が行き届いた清潔な音楽は、いつ聴いても気持ちが良いのです。

ただ庭の池から突然アリゲータが顔を出すというような面白みには欠けるかもしれません。いや一度だけアドレナリン大噴出の演奏を聴いたことがあります。大植さんの代役のときです。
http://morph.way-nifty.com/grey/2012/07/post-6b53.html

ソリストのエル=バシャさんは、音楽的趣味がマエストロ小泉と一致しているようで、端正な音楽を聴かせてくれました。

後半のシューマンも、この晦渋な音楽をすっきりとわかりやすい演奏で聴かせてくれて、ちょっとびっくりしました。精神病でなやまされていた頃のシューマンが書いた音楽とはとても思えないくらい、活気があって健康的な音楽のように感じました。

ところで1Vn 美里は最近次第に体型や演奏スタイルがマキロンに似てきた感じですが、彼女が永遠に都響のアイドルであることには変わりはありません。決して無理にダイエットなどして、体調を崩さないようお願いします。

こんな音楽です

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番第2楽章 浅田真央とともに
https://www.youtube.com/watch?v=_LUIph2WC_Q

シューマン:交響曲第2番第2楽章
https://www.youtube.com/watch?v=8UnZOse43dI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

西島三重子 貴重映像

Img昔はビデオテープをたくさん持っていたのですが、まずβがダメになり、VHSも見た目変わりはなくても、デッキで再生できなくなって廃棄。この時のショックは言葉に出来ないものでした。結局20世紀のものはこのDVDだけが残りました。

西島三重子の若い頃の映像は、YOUTUBEで出たり消えたりのカラオケだけかなと思っていたのですが、 

https://www.youtube.com/watch?v=fYRbd146omI

56ABENDさん、懐唄逸郎さんが「千登勢橋」の驚きの映像をアップしてくださいました。

ずいぶん首を振りながら、歌っているので驚きました。

うーん それにしても若い!!!!!

千登勢橋
https://www.youtube.com/watch?v=45MVYFVAuPA
https://www.youtube.com/watch?v=nQ3zwJet61k

池上線
https://www.youtube.com/watch?v=Rn8Yx6UiJ2c

56ABENDさん、懐唄逸郎さん 有難う

========================
YOUTUBEの西島三重子名作集
========================

目白通り
https://www.youtube.com/watch?v=Cb3KqZ8mIUk

口笛を吹かないで
https://www.youtube.com/watch?v=Ock2wY2XbTM

朝顔(しののめぐさ)
https://www.youtube.com/watch?v=uptGuFThJkM

セザンヌの絵
https://www.youtube.com/watch?v=vfCtCp6Krn8
https://www.youtube.com/watch?v=Vt5IHi4Rw3c

星めぐり
https://www.youtube.com/watch?v=34t_VTW07Zc

----------------------------

そうよ Smile again
https://www.youtube.com/watch?v=YvzFbk7R60c

SEQUENCE OF MEMORIES~思い出のページ
https://www.youtube.com/watch?v=kaAtY_Bjdc8

ラストワルツ
https://www.youtube.com/watch?v=qY6mCEA8yXc

冬のカルナバル
https://www.youtube.com/watch?v=KI0GbDxfYU0

夜間非行
https://www.youtube.com/watch?v=Fh3UWa6DdPs

サライ・サライ・サライ
https://www.youtube.com/watch?v=X1mS6Cb6qHg

ロンリーガール
https://www.youtube.com/watch?v=i7L6ix0DuMQ

(Ena)
https://www.youtube.com/watch?v=nVGkoWcf8r8

Jealousy
https://www.youtube.com/watch?v=SH_sn__dCq0

Imagination Canvas
https://www.youtube.com/watch?v=7cdNRmqB4zU

----------------------------

代表曲「池上線」をはじめ数々の名曲を世に送り出してきた

西島三重子が贈る、夏のスペシャルライブ!

日 時:

2017年8月17日(木)

開場18:00/開演19:00

会 場: ラドンナ原宿 (東京都渋谷区)
  JR山手線・原宿駅より徒歩7分
出 演: 西島三重子(Vo.)・平野融(Gt.)・織原洋子(Pf.)
料 金: 前売5,000円(1ドリンク込)当日5,500円 5/13(土)発売開始
プレイガイド: ◯ アオイスタジオ 03-3585-6178

ラドンナ原宿HP予約フォーム 

03-5775-6775

お問い合わせ:

◯ アオイスタジオ 03-3585-6178(平日10時~17時)
Mail:info@nishijima-mieko.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

小泉都響-メンデルスゾーン交響曲第3番@オペラシティー2017年4月29日

Img昼間にサンクンガーデンに行った記憶が無いのですが、子供達が多くて大変賑っていました。サントリーホールが改装ということで、オペラシティー・コンサートホールでの代替開催です。本日のコンマスは矢部ちゃん、サイドはマキロン、指揮は小泉さんです。

このホールは非常に見にくいホールですが、音響は素晴らしい。うるさいくらいに音が響きます。いつもの都響の演奏も、ここでやるとグレードアップされた感じがします。ゴージャスな音響が実に心地よい。

それでも私はこのホールは好きになれません。ステージの半分も見えない席が結構あるというのは、聴衆をバカにしているとしか思えません。

マエストロ小泉は慌てず騒がずの堅実な演奏で、じっくりとベートーヴェンとメンデルスゾーンを聴かせてくれました。これだけ素晴らしい音響だと、オケも指揮者もソリストもぐぐっとテンションが上がって、アグレッシヴな演奏だったような印象を受けました。客席は満員ではありませんでしたが、非常にうまくいった演奏会だったと思います。私のテンションも上がりました。ライヴレコーディングの会場としては最高のホールだと思います。

ソリストのキム・ソヌクは、おそらくベートーヴェンが得意なのでしょう。完全に自分のスタイルでやりきっていたと思います。まだ20代ですが、もはや巨匠のような雰囲気です。ただできあがりすぎという感じもしました。演奏終了後、矢部ちゃんと握手して欲しかったと思いますが、ちょっと舞い上がっていたのかな。

終了後、マエストロがメンバーを立ち上がらせて拍手するわけですが、なんと南方は楽器にヒラヒラとワイパーをくっつけたまま立ち上がる。はなたれ小僧みたいでした(爆)。

こんな演奏家です↓↓

キム・ソヌク

https://www.youtube.com/watch?v=7MpLN8gjxaA

https://www.youtube.com/watch?v=_1vvBT9MnVE

小泉和裕-都響

https://www.youtube.com/watch?v=wJRZPxddOk4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

JPOP名曲徒然草179: 「六甲おろし」 by 矢井田瞳

Summer Koshien 2009 Final.jpg

いろんなバージョンの六甲おろし(正式には阪神タイガースの歌)を聴いてきましたが、

矢井田瞳の歌が一番だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=NxxygB9WqC0

https://www.youtube.com/watch?v=iFeBjUQ0Jjs

https://www.youtube.com/watch?v=JNY-Guacfs8

https://www.youtube.com/watch?v=7RD9hbFKV48

今まで聴いた中でもっともひどい六甲おろし(by トーマス・オマリー 昔阪神タイガースの4番バッターだった人です)

https://www.youtube.com/watch?v=6uio6ayqpOk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

アラン・ギルバート&都響 エロイカ by ベートーヴェン など@東京芸術劇場2017年4月22日

Img


今日は池袋芸劇で都響のC定期です。雨の予報でしたがコンマス矢部ちゃんの行いがやや良かったのでしょうか、終演時にも降っていませんでした。サイドは四方さん。指揮アラン・ギルバート。

出かける前にミューザ川崎のサイトにアクセスして、フルシャの「わが祖国」のチケットを予約。開始時間まで待機してアクセスしたのですが、ブロックごと全部売り切れの場所もあって、かなり慌てました。

エキチカを歩いて行くと、芸劇入り口のパティオ・ドゥ・メトロが改装中でお休みとはがっかりです。ここの焼きカレーが好きなもので。

前回は男性奏者が全員白の蝶ネクタイだったのですが、今回は通常モードにもどりました。美里もロングドレスからいつものボディコンパンツに復帰。

アラン・ギルバートはしなやかで強靱な音楽をやりたいようです。風貌に反して彼なりのエレガンスがゆきとどき、特に弦の音がやせたり、硬くなるのを避ける音作りをしています。都響のためには非常に良いことではないでしょうか。ただどんな曲でも同じコンセプトで金太郎飴という感じがしないでもありません。とはいえ、最初の「エグモント序曲」からヴィヴィッドな演奏でテンション上げてくれます。

2曲目のラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」で、ソリストのイノン・バルナタンが登場。この人は非常に繊細なピアノ演奏をしますが、かなり小柄で、腕力と体重が足りないような感じがします。ロシア風でも米国風でもない、彼独特の繊細なラフマニノフですが、私はこの人はコンチェルトよりも独奏や室内楽の方が向いているように思いました。その証拠に、ソリストアンコールの J.S.バッハ:『わが楽しみは、元気な狩のみ』BWV208より「羊は安らかに草を食み」の素晴らしかったこと。いや参りました。

彼の部屋に私たちオーディエンスが招き入れられて、聴かせていただいた感じです。「私の音楽を聴きたければ、私の中にはいっておいで。外にこれ見よがしに発散するのはあまり好きじゃないんだよ」というイメージでしょうか。

休憩後の「エロイカ」はじっくりと聞かせてもらいました。特に弦の音とまとまりと躍動感が気持ち良い演奏でした。広田氏のオーボエをはじめとして、いつものことながら管楽器(ホルンを除く)・打楽器も素晴らしいと思いました。

アラン・都響の演奏が公開されています。↓のサイトにアクセスし、少し下にスクロールしてクリック。

ベートーヴェン交響曲第7番第4楽章
http://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/detail/detail.php?id=3029&year=2017&month=4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

アラン・ギルバート&都響:「シェヘラザード.2」 by ジョン・アダムズ @東京文化会館2017年4月17日

Imgaまた雨ですか~。矢部~。といっても今日は矢部ちゃんはサイドで、コンマスは四方さん。指揮はマエストロ=アラン・ギルバートです。ついに新年度の都響定期演奏会開幕です。男性奏者は全員白の蝶ネクタイで、これは楽団が配布したんでしょう。ただエキストラさんが目立ちます。これはどうしたわけですかねえ。私にはわかりません。

月刊都響にはひとつ大きな変更がありました。楽曲解説に英文版がついたのです。最近は外国人のお客さんも多いので、このようなサービスはあった方がいいですね。ただ集客を狙うなら、中国語版・韓国語版で中国・台湾・韓国のお客さんをターゲットにした方が有効だと思います。

開幕演奏会の集客はいつものウィークデイ夜の定期レベルで70%くらいの入り。空席が目立ちました。まあ現代音楽の本邦初演では致し方ないかも。確かに本邦初演ということになれば、楽団の業績として認められるわけですが、それで集客がうまくいかないのでは本末転倒です。

前半はラヴェルの「マ・メール・ロワ」。バレエ用の拡大版で、非常に楽しめました。やはりラヴェルは音響の天才です。アラン・ギルバートは無骨な感じですけど、この曲は都響には向いている音楽で、演奏は夢のように美しい。前半だけでも来た甲斐はありました。

休憩後の後半はソリスト、リーラ・ジョセフォヴィッツの登場。細いパンツなのですが、なんと膝くらいまでスリットが入っているという風変わりなコスチュームです。演奏は若い頃のようなエグさが軽減して、彼女も円熟してきたのかなと思いました。舞台を見渡すと、3分の1くらいの幅を占めるゴングが壮観でした。普段はティンパニ担当の久一さんが演奏。

ジョン・アダムズの曲「シェヘラザード.2」は、ラヴェルの「マ・メール・ロア」とかなり似ているところがあります。ただツィンバロン・タムタム・ゴング・大太鼓などを多用して、より派手な効果をねらっています。残念ながらラヴェルには遠く及びません。学者が頭で作った音楽という感じが払拭できないのです。聴き所は結構あったように思うのですが、個人的にこの音楽には全くのめりこめませんでした。もちろんリムスキー・コルサコフのシェへラザードとは比べる意味もないくらいの作品でしょう。シェヘラザード.2というネーミングも納得できかねますね。

というわけでそこそこ楽しめましたが、CDを買って帰ろうという気にはなれませんでした。それにしても四方さんのヴァイオリンは、いつもながら心がリフレッシュされるような素晴らしい音です。退任される前に、何でもいいから都響とコンチェルトを演奏して欲しいと思います。

リーラの演奏

ブルッフ バイオリン協奏曲 第1楽章
https://www.youtube.com/watch?v=e6S-XWlGmjw

カフェ・コンサート
https://www.youtube.com/watch?v=-s4K_nVhYYk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

ジェットストリーム

A1820_000007FM東京の番組ジェットストリーム(1)は、今年で50周年だそうです。良く続いたものだと思います。最近また聴く機会が多くなって、というのは夜のネコ会議の時間なので、やることがなく、小さな音でFM東京を聴くことになりました。

猫たちは音楽を聴いているわけではありませんが、トランペットが高周波を発したりすると、「あれ、何だろう」という感じで耳をそばだてます。サラはリズミカルに指圧をすると気持ちが良いようで、そういう意味ではリズムは理解できるようです。

会議は毎日の習慣なので土日も深夜FM東京を聴いているのですが、土曜日はゆきりん(2)、日曜日はナベサダ(3)が別番組をやっています。ゆきりんは非常に頭が良いという印象です。何事も的確にてきぱきこなしていくような人物で、フェミニンな雰囲気はほとんどありません。女子力もゼロに近いと想像します。むしろ会社の上司や部下がこんな人だったらいいのにという感じです。

ナベサダは自身の40年以上前のライブ録音をかけたりしています。ものすごいのですが、深夜の放送にふさわしいかどうかは疑問です。最近引っ越しで疲労困憊しているようです。どの本、どのレコード・CD、どの石(石収集が趣味)、どのゴルフクラブを棄てるかで悩ましいと語っていました。

ナベサダの後、横山幸雄(4)が登場してクラシック番組になります。横山幸雄は超人ピアニストで、ショパンのピアノ曲は166曲あるそうですが、それを暗譜で18時間かけて全部演奏したそうです。昨年「上野学園大学の経営に不正の疑いがある」として経営陣を刑事告発し、それに対し「業務妨害」として2017年3月13日付で大学を解雇されたとのことです(5,6)。

ジェットストリームはいつも、DJ大沢たかおの語りはなるべく少なくして、音楽を垂れ流すという印象なのですが、直近の金曜日に2回続けてユーミンが登場してびっくりしました。そこでユーミンのデビュー曲「出さない手紙」(7)がかかったのですが、私には全く記憶がなくてもう一度驚きました。非常に地味な曲で、ご本人の話だと300枚しか売れなかったそうです。

ユーミンの twitter (8)をみていると、頻繁に更新しつつ、ファンの質問にもきちんとウィットをもって答えているようで、結構マメな人だと思いました。

1) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%B9%B8%E9%9B%84
2) http://yukiring.jp/
3) http://www.sadao.com/
4) http://yokoyamayukio.net/
5) https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/201944
6) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%B9%B8%E9%9B%84
7) https://www.youtube.com/watch?v=zx-0FP_ZN6k
8) https://twitter.com/yuming_official

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

JPOP名曲徒然草178: 「いくたびの櫻」 by ふくい舞

Imga_2今年は3月が寒かったですが、桜は昨今の暖かさでいつも通りの北総スケジュールで、4月第2週に満開になりそうです。現在8分咲きくらいか。ただ現在の天気は悪くて雨模様。良い写真がとれるかどうか心配です。

ふくい舞さんはシンガーソングライターですが、この「いくたびの櫻」は作詞:山上路夫、作曲・編曲 佐藤博の作品です。この曲は佐藤博さんの飼い犬への追悼曲だそうです。

めったにシングルは買わない私ですが、曲の良さに惹かれてつい買ってしまいました。

ふくい舞さんはネバリッ気の多い重厚な歌唱ですが、この曲にはマッチしていると思います。いろいろ他の曲も聴いていくと、この人は洋楽の造詣が深い方だということがわかります。ちょっと宇多田ヒカル的な曲もあるかな?

https://www.youtube.com/watch?v=9vwVMyKuZxw
https://www.youtube.com/watch?v=abi05nEjbD0
https://www.youtube.com/watch?v=IHJMmaz8gxc

アコースティックバージョン
https://www.youtube.com/watch?v=iiHTS4JCo9c

「アイのうた」
https://www.youtube.com/watch?v=gsmDdmrkxD0
https://www.youtube.com/watch?v=6TT4qu9irTw 
(in English)
https://www.youtube.com/watch?v=5FBKV5lB0lU
https://www.youtube.com/watch?v=nXZmhG9pnj0

「Rain-bow」
https://www.youtube.com/watch?v=6VP1gnd36og

「Believe」
https://www.youtube.com/watch?v=aBHxqGa8m4g

「Beautiful Days」
https://www.youtube.com/watch?v=c4NmoTD9qdc

「約束の場所」
https://www.youtube.com/watch?v=RFY5oq-gVuk
https://www.youtube.com/watch?v=72ZpPROoUic

「悲しみよこんにちわ」
https://www.youtube.com/watch?v=5BYiJDo_PK0

「Cancan」
https://www.youtube.com/watch?v=c0YPEti5pvc

神戸ハーバーランドにてストリートライヴ
(思い切りエモーショナルに、でもナチュラルにやっています)
https://www.youtube.com/watch?v=Wc3PTMG5jP0

オフィシャルサイト:http://fukuimai.net/
Twitter: https://twitter.com/fukuimai



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧