カテゴリー「音楽(music)」の記事

2017年4月29日 (土)

小泉都響-メンデルスゾーン交響曲第3番@オペラシティー2017年4月29日

Img昼間にサンクンガーデンに行った記憶が無いのですが、子供達が多くて大変賑っていました。サントリーホールが改装ということで、オペラシティー・コンサートホールでの代替開催です。本日のコンマスは矢部ちゃん、サイドはマキロン、指揮は小泉さんです。

このホールは非常に見にくいホールですが、音響は素晴らしい。うるさいくらいに音が響きます。いつもの都響の演奏も、ここでやるとグレードアップされた感じがします。ゴージャスな音響が実に心地よい。

それでも私はこのホールは好きになれません。ステージの半分も見えない席が結構あるというのは、聴衆をバカにしているとしか思えません。

マエストロ小泉は慌てず騒がずの堅実な演奏で、じっくりとベートーヴェンとメンデルスゾーンを聴かせてくれました。これだけ素晴らしい音響だと、オケも指揮者もソリストもぐぐっとテンションが上がって、アグレッシヴな演奏だったような印象を受けました。客席は満員ではありませんでしたが、非常にうまくいった演奏会だったと思います。私のテンションも上がりました。ライヴレコーディングの会場としては最高のホールだと思います。

ソリストのキム・ソヌクは、おそらくベートーヴェンが得意なのでしょう。完全に自分のスタイルでやりきっていたと思います。まだ20代ですが、もはや巨匠のような雰囲気です。ただできあがりすぎという感じもしました。演奏終了後、矢部ちゃんと握手して欲しかったと思いますが、ちょっと舞い上がっていたのかな。

終了後、マエストロがメンバーを立ち上がらせて拍手するわけですが、なんと南方は楽器にヒラヒラとワイパーをくっつけたまま立ち上がる。はなたれ小僧みたいでした(爆)。

こんな演奏家です↓↓

キム・ソヌク

https://www.youtube.com/watch?v=7MpLN8gjxaA

https://www.youtube.com/watch?v=_1vvBT9MnVE

小泉和裕-都響

https://www.youtube.com/watch?v=wJRZPxddOk4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

JPOP名曲徒然草179: 「六甲おろし」 by 矢井田瞳

Summer Koshien 2009 Final.jpg

いろんなバージョンの六甲おろし(正式には阪神タイガースの歌)を聴いてきましたが、

矢井田瞳の歌が一番だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=NxxygB9WqC0

https://www.youtube.com/watch?v=iFeBjUQ0Jjs

https://www.youtube.com/watch?v=JNY-Guacfs8

https://www.youtube.com/watch?v=7RD9hbFKV48

今まで聴いた中でもっともひどい六甲おろし(by トーマス・オマリー 昔阪神タイガースの4番バッターだった人です)

https://www.youtube.com/watch?v=6uio6ayqpOk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

アラン・ギルバート&都響 エロイカ by ベートーヴェン など@東京芸術劇場2017年4月22日

Img


今日は池袋芸劇で都響のC定期です。雨の予報でしたがコンマス矢部ちゃんの行いがやや良かったのでしょうか、終演時にも降っていませんでした。サイドは四方さん。指揮アラン・ギルバート。

出かける前にミューザ川崎のサイトにアクセスして、フルシャの「わが祖国」のチケットを予約。開始時間まで待機してアクセスしたのですが、ブロックごと全部売り切れの場所もあって、かなり慌てました。

エキチカを歩いて行くと、芸劇入り口のパティオ・ドゥ・メトロが改装中でお休みとはがっかりです。ここの焼きカレーが好きなもので。

前回は男性奏者が全員白の蝶ネクタイだったのですが、今回は通常モードにもどりました。美里もロングドレスからいつものボディコンパンツに復帰。

アラン・ギルバートはしなやかで強靱な音楽をやりたいようです。風貌に反して彼なりのエレガンスがゆきとどき、特に弦の音がやせたり、硬くなるのを避ける音作りをしています。都響のためには非常に良いことではないでしょうか。ただどんな曲でも同じコンセプトで金太郎飴という感じがしないでもありません。とはいえ、最初の「エグモント序曲」からヴィヴィッドな演奏でテンション上げてくれます。

2曲目のラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」で、ソリストのイノン・バルナタンが登場。この人は非常に繊細なピアノ演奏をしますが、かなり小柄で、腕力と体重が足りないような感じがします。ロシア風でも米国風でもない、彼独特の繊細なラフマニノフですが、私はこの人はコンチェルトよりも独奏や室内楽の方が向いているように思いました。その証拠に、ソリストアンコールの J.S.バッハ:『わが楽しみは、元気な狩のみ』BWV208より「羊は安らかに草を食み」の素晴らしかったこと。いや参りました。

彼の部屋に私たちオーディエンスが招き入れられて、聴かせていただいた感じです。「私の音楽を聴きたければ、私の中にはいっておいで。外にこれ見よがしに発散するのはあまり好きじゃないんだよ」というイメージでしょうか。

休憩後の「エロイカ」はじっくりと聞かせてもらいました。特に弦の音とまとまりと躍動感が気持ち良い演奏でした。広田氏のオーボエをはじめとして、いつものことながら管楽器(ホルンを除く)・打楽器も素晴らしいと思いました。

アラン・都響の演奏が公開されています。↓のサイトにアクセスし、少し下にスクロールしてクリック。

ベートーヴェン交響曲第7番第4楽章
http://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/detail/detail.php?id=3029&year=2017&month=4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

アラン・ギルバート&都響:「シェヘラザード.2」 by ジョン・アダムズ @東京文化会館2017年4月17日

Imgaまた雨ですか~。矢部~。といっても今日は矢部ちゃんはサイドで、コンマスは四方さん。指揮はマエストロ=アラン・ギルバートです。ついに新年度の都響定期演奏会開幕です。男性奏者は全員白の蝶ネクタイで、これは楽団が配布したんでしょう。ただエキストラさんが目立ちます。これはどうしたわけですかねえ。私にはわかりません。

月刊都響にはひとつ大きな変更がありました。楽曲解説に英文版がついたのです。最近は外国人のお客さんも多いので、このようなサービスはあった方がいいですね。ただ集客を狙うなら、中国語版・韓国語版で中国・台湾・韓国のお客さんをターゲットにした方が有効だと思います。

開幕演奏会の集客はいつものウィークデイ夜の定期レベルで70%くらいの入り。空席が目立ちました。まあ現代音楽の本邦初演では致し方ないかも。確かに本邦初演ということになれば、楽団の業績として認められるわけですが、それで集客がうまくいかないのでは本末転倒です。

前半はラヴェルの「マ・メール・ロワ」。バレエ用の拡大版で、非常に楽しめました。やはりラヴェルは音響の天才です。アラン・ギルバートは無骨な感じですけど、この曲は都響には向いている音楽で、演奏は夢のように美しい。前半だけでも来た甲斐はありました。

休憩後の後半はソリスト、リーラ・ジョセフォヴィッツの登場。細いパンツなのですが、なんと膝くらいまでスリットが入っているという風変わりなコスチュームです。演奏は若い頃のようなエグさが軽減して、彼女も円熟してきたのかなと思いました。舞台を見渡すと、3分の1くらいの幅を占めるゴングが壮観でした。普段はティンパニ担当の久一さんが演奏。

ジョン・アダムズの曲「シェヘラザード.2」は、ラヴェルの「マ・メール・ロア」とかなり似ているところがあります。ただツィンバロン・タムタム・ゴング・大太鼓などを多用して、より派手な効果をねらっています。残念ながらラヴェルには遠く及びません。学者が頭で作った音楽という感じが払拭できないのです。聴き所は結構あったように思うのですが、個人的にこの音楽には全くのめりこめませんでした。もちろんリムスキー・コルサコフのシェへラザードとは比べる意味もないくらいの作品でしょう。シェヘラザード.2というネーミングも納得できかねますね。

というわけでそこそこ楽しめましたが、CDを買って帰ろうという気にはなれませんでした。それにしても四方さんのヴァイオリンは、いつもながら心がリフレッシュされるような素晴らしい音です。退任される前に、何でもいいから都響とコンチェルトを演奏して欲しいと思います。

リーラの演奏

ブルッフ バイオリン協奏曲 第1楽章
https://www.youtube.com/watch?v=e6S-XWlGmjw

カフェ・コンサート
https://www.youtube.com/watch?v=-s4K_nVhYYk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

ジェットストリーム

A1820_000007FM東京の番組ジェットストリーム(1)は、今年で50周年だそうです。良く続いたものだと思います。最近また聴く機会が多くなって、というのは夜のネコ会議の時間なので、やることがなく、小さな音でFM東京を聴くことになりました。

猫たちは音楽を聴いているわけではありませんが、トランペットが高周波を発したりすると、「あれ、何だろう」という感じで耳をそばだてます。サラはリズミカルに指圧をすると気持ちが良いようで、そういう意味ではリズムは理解できるようです。

会議は毎日の習慣なので土日も深夜FM東京を聴いているのですが、土曜日はゆきりん(2)、日曜日はナベサダ(3)が別番組をやっています。ゆきりんは非常に頭が良いという印象です。何事も的確にてきぱきこなしていくような人物で、フェミニンな雰囲気はほとんどありません。女子力もゼロに近いと想像します。むしろ会社の上司や部下がこんな人だったらいいのにという感じです。

ナベサダは自身の40年以上前のライブ録音をかけたりしています。ものすごいのですが、深夜の放送にふさわしいかどうかは疑問です。最近引っ越しで疲労困憊しているようです。どの本、どのレコード・CD、どの石(石収集が趣味)、どのゴルフクラブを棄てるかで悩ましいと語っていました。

ナベサダの後、横山幸雄(4)が登場してクラシック番組になります。横山幸雄は超人ピアニストで、ショパンのピアノ曲は166曲あるそうですが、それを暗譜で18時間かけて全部演奏したそうです。昨年「上野学園大学の経営に不正の疑いがある」として経営陣を刑事告発し、それに対し「業務妨害」として2017年3月13日付で大学を解雇されたとのことです(5,6)。

ジェットストリームはいつも、DJ大沢たかおの語りはなるべく少なくして、音楽を垂れ流すという印象なのですが、直近の金曜日に2回続けてユーミンが登場してびっくりしました。そこでユーミンのデビュー曲「出さない手紙」(7)がかかったのですが、私には全く記憶がなくてもう一度驚きました。非常に地味な曲で、ご本人の話だと300枚しか売れなかったそうです。

ユーミンの twitter (8)をみていると、頻繁に更新しつつ、ファンの質問にもきちんとウィットをもって答えているようで、結構マメな人だと思いました。

1) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%B9%B8%E9%9B%84
2) http://yukiring.jp/
3) http://www.sadao.com/
4) http://yokoyamayukio.net/
5) https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/201944
6) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%B9%B8%E9%9B%84
7) https://www.youtube.com/watch?v=zx-0FP_ZN6k
8) https://twitter.com/yuming_official

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

JPOP名曲徒然草178: 「いくたびの櫻」 by ふくい舞

Imga_2今年は3月が寒かったですが、桜は昨今の暖かさでいつも通りの北総スケジュールで、4月第2週に満開になりそうです。現在8分咲きくらいか。ただ現在の天気は悪くて雨模様。良い写真がとれるかどうか心配です。

ふくい舞さんはシンガーソングライターですが、この「いくたびの櫻」は作詞:山上路夫、作曲・編曲 佐藤博の作品です。この曲は佐藤博さんの飼い犬への追悼曲だそうです。

めったにシングルは買わない私ですが、曲の良さに惹かれてつい買ってしまいました。

ふくい舞さんはネバリッ気の多い重厚な歌唱ですが、この曲にはマッチしていると思います。いろいろ他の曲も聴いていくと、この人は洋楽の造詣が深い方だということがわかります。ちょっと宇多田ヒカル的な曲もあるかな?

https://www.youtube.com/watch?v=9vwVMyKuZxw
https://www.youtube.com/watch?v=abi05nEjbD0
https://www.youtube.com/watch?v=IHJMmaz8gxc

アコースティックバージョン
https://www.youtube.com/watch?v=iiHTS4JCo9c

「アイのうた」
https://www.youtube.com/watch?v=gsmDdmrkxD0
https://www.youtube.com/watch?v=6TT4qu9irTw 
(in English)
https://www.youtube.com/watch?v=5FBKV5lB0lU
https://www.youtube.com/watch?v=nXZmhG9pnj0

「Rain-bow」
https://www.youtube.com/watch?v=6VP1gnd36og

「Believe」
https://www.youtube.com/watch?v=aBHxqGa8m4g

「Beautiful Days」
https://www.youtube.com/watch?v=c4NmoTD9qdc

「約束の場所」
https://www.youtube.com/watch?v=RFY5oq-gVuk
https://www.youtube.com/watch?v=72ZpPROoUic

「悲しみよこんにちわ」
https://www.youtube.com/watch?v=5BYiJDo_PK0

「Cancan」
https://www.youtube.com/watch?v=c0YPEti5pvc

神戸ハーバーランドにてストリートライヴ
(思い切りエモーショナルに、でもナチュラルにやっています)
https://www.youtube.com/watch?v=Wc3PTMG5jP0

オフィシャルサイト:http://fukuimai.net/
Twitter: https://twitter.com/fukuimai



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

JPOP名曲徒然草177: 「未来へ」 by 熊田このは

A0790_000529_2ご存じの方も多いと思いますが、からおけバトルですごい中学生をみました。

その名は!熊田このは!

薬師丸ひろ子・白鳥英美子以来の声の美しさで、その歌のエクスタシーは聴衆を圧倒する素晴らしさ。バラードシンガーになりたいそうで、期待したいです。

未来へ(作詞・作曲 玉城千春)
オリジナル・キロロ

https://www.youtube.com/watch?v=Civrh2ZI4rQ

https://www.youtube.com/watch?v=qHmzzqLhDj4

https://www.youtube.com/watch?v=xtCJz503jjc

original
https://www.youtube.com/watch?v=yeemyGtk9wY

 

YELL

https://www.youtube.com/watch?v=3JfJ2SShURg

https://www.youtube.com/watch?v=Bgw-Ok_e-U8

https://www.youtube.com/watch?v=J-KS0JhkTGE

https://www.youtube.com/watch?v=aiC1IGqKOt8

春よ、来い

https://www.youtube.com/watch?v=C-FS-6r1sUQ

https://www.youtube.com/watch?v=u9xojLnE9Nk

十五の君へ

https://www.youtube.com/watch?v=CaeN2rwtddw

みんな空の下

https://www.youtube.com/watch?v=fvWtv2R5RC8

365日の紙飛行機

https://www.youtube.com/watch?v=LE2HwxlYJhM

==========

ありがとう (路上ライヴ これが一番いいかも)

https://www.youtube.com/watch?v=UHcMOXIFVqk

明日への手紙 (路上ライヴ これが一番良いかも)

https://www.youtube.com/watch?v=QKC_kb1kd5s

ライヴ in 目黒 (13才)

https://www.youtube.com/watch?v=IJApgOJnGUA

You Raise Me Up

https://www.youtube.com/watch?v=OYUlFe0--_c

---------------------------------

twitter: https://twitter.com/konohakumada

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

さっちん 活動再開

A0001_0127322010年06月20日、この日から鈴木早智子は姿を消しました。そしてその日のメッセージを残したブログは、7年経過してもそのまま残されています。なぜだろう?

http://blog.livedoor.jp/sachikosuzuki/

などと思っていたら、昨年から(こっそり)活動再開していましたね。

おめでとうございます。そしてご活躍をお祈りしております。

公式HP
https://sachiko-suzuki.amebaownd.com/

Wink:

愛が止まらない
https://www.youtube.com/watch?v=9OuplY3_X8s
https://www.youtube.com/watch?v=U449EUWNdew

淋しい熱帯魚
https://www.youtube.com/watch?v=F88DEpvS_Dc
https://www.youtube.com/watch?v=X4jlKvEbVrs

いつまでも好きでいたくて
https://www.youtube.com/watch?v=iUlyoVg6XvU
https://www.youtube.com/watch?v=QUTXzOckQOE

私たちらしいルール
https://www.youtube.com/watch?v=R-QtIl14EmU
https://www.youtube.com/watch?v=OB3tiyTi_WI

Solo:

止まった時計
https://www.youtube.com/watch?v=eomucGyZs98

ノスタルジア
https://www.youtube.com/watch?v=Mi4_5yIKKxI

雨音はショパンの調べ
https://www.youtube.com/watch?v=TlfzrDCEVA8

永遠に・・・
https://www.youtube.com/watch?v=zKPp2KaA3EM

シェスタ
https://www.youtube.com/watch?v=S-kkd0xY_HM

days
https://www.youtube.com/watch?v=Jg2dQa5UwGI

only one
https://www.youtube.com/watch?v=yPCGyr-mh4k

一年前の恋人
https://www.youtube.com/watch?v=4J2x5fRDqOs

帰りつく場所に
https://www.youtube.com/watch?v=lVYlBOckDVE

朝焼けのバルコニー
https://www.youtube.com/watch?v=Iw2yS9BV0Pw
https://www.youtube.com/watch?v=rOSD4TdZsU0

Joanna
https://www.youtube.com/watch?v=ND_chAI5cSc

ラスト・ダンスは頬よせて
https://www.youtube.com/watch?v=7Ixz8f-7Id4

心に響く歌唱というのは、どこか”ダメ”な人間の特権なのかな・・・。
さっちんの歌を聴いていてそんな気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

大野-都響:ブラームス交響曲第4番@東京文化会館2017年3月21日

Imga_2雨の東京文化会館へ。ここは傘をさして歩く距離が非常に短いので助かります。それにしてもほとんど好天だった3月のこの悪天候の日にコンサートとは、大野か矢部の行いがよほど悪かったに違いない。

本日のコンマスは矢部ちゃん、サイドは山本さん。指揮は音楽監督の大野さんです。ソリストはルガンスキーさんの予定だったのが病欠で、ヴラダーさんに交代。平日夜の演奏会にしては異常にお客が詰めかけ、ほぼ満席の大盛況です。

ブラームスのピアノ協奏曲第1番はかなりおどろおどろしくはじまるというイメージがあったのですが↓↓↓
ミュンヘン・フィル(指揮 チェリビダッケ)
https://www.youtube.com/watch?v=KE93NdTBBvc

大野・都響は清々しく小綺麗なスタート。これはちょっとした驚きでした。ヴラダーさんの演奏もスーッと一体感を持った感じではじまりました。ヴラダーさんの演奏を聴いていて、これは大野・都響が彼の趣味・演奏スタイルに合わせたに違いないと思いました。

満場の拍手に答えて、ヴラダーさんはソリストアンコールでリスト:コンソレーション第3番 変ニ長調を演奏してくれました。これがまた絶品。

Imgb休憩後はブラームス交響曲第4番。第1楽章ではフレージングがいちいち作為的に感じられて、これは相性悪いなと思ったのですが、第2楽章からはそれがなくなって指揮者のタクトに乗っていけました。

昔はこの曲は寂寥枯淡のシンフォニーというイメージだったのですが、ここ10年くらいそんな演奏を聴いたことがありません。今日の都響も休憩前の協奏曲の高雅な雰囲気から一転して、肉食系の強烈な演奏で聴衆を圧倒してくれました。

終演後には、本日の演奏会をもって都響を卒業するヴァイオリン奏者の小池賢治さんとヴィオラ奏者の渡辺眞さんへ花束贈呈がありましたが、小池さんの花束がまず矢部ちゃんに渡されたので、「矢部退団か!」と勘違いして腰が抜けそうになりました。矢部経由で小池さんに手渡されてやれやれ。退団する彼らにとっても、今日の素晴らしい演奏会はよい思い出になったのではないでしょうか。

マキロンのハイヒールは似合ってないと思います。スカート着用ならまだしもね。今日は1人だけ逆ストロークなどもあって目立ってました。

ヴラダーさんの若かりし頃の演奏
https://www.youtube.com/watch?v=D8AaEE7hkLQ







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

井上-都響 ドヴォルザーク交響曲第8番他@八王子オリンパスホール2017年3月5日

Imga八王子へは2時間30分はかかるので、ロングトリップです。それでも行ってみようと思わせるメンツと曲目でした。駅前のオリンパスホールは素晴らしいホールでした。特に2Fのデザインが落ち着いて聴ける感じで気に入りました。ステージも広い印象があり、フルオーケストラも余裕を持って展開できます。立ち席があるというのもめずらしい。

ただ信じられない問題がひとつありました。2F・3Fへの階段があり得ないくらい狭く、ひょっとすると、もともとエスカにするはずのところが、何らかの事情で階段にかわったのではないかと思いました。

それが1ヵ所だけですから、終演後もいったん全員止めて、少しずつ誘導するというとんでもない状況になります。火でも出てパニックになったらどうなってしまうのでしょうか? 誰が設計したのか知りませんが、これは欠陥建築物です。

ホールに入る前にそば屋で昼食をとりました。案内された席について、ふとふりかえるとそこに本日のマエストロ井上さんが座っておられました。例によってオーラを噴出しつつ、フラフラと出て行かれました。コンマスは山本さん。サイドはマキロン。客席は80%くらいの入りでしょうか。

演奏はやはり、はるばるやってきた甲斐がありましたね。最初の「中央アジアの草原にて」から、壮大なスケールのスペクタクルで圧倒されました。南方さんのイングリッシュホルンの茫漠たる響きが良い雰囲気を醸し出します。柳原やサトー氏も良い味出してました。

2曲目はラフマニノフのコンチェルト。超人横山のピアノは京懐石の味わいで、都響もすごいコンセントレーションでサポートしていました。やまない拍手とマエストロの指示に従って、ソリストアンコールもやってくれました。曲目は横山幸雄:オマージュ・ア・ラフマニノフ ~ヴォカリーズ~ でした。これ名曲だと思います。

休憩後のドヴォルザーク交響曲第8番は井上・都響の本領発揮で、ボヘミアの美しい台地と民俗を沸々と想像させてくれました。管も弦も実にニュアンス豊かな演奏で堪能させてくれました。日本人には茶目っ気出すとかえってしらける感じの人が多いのですが、井上さんは板についていて、これは指揮者として圧倒的に有利です。独特の指揮スタイルがはまっていますね。

横山幸雄

https://www.youtube.com/watch?v=lI0grn8uaE0

https://www.youtube.com/watch?v=W9gu5YuQqbw

井上道義

https://www.youtube.com/watch?v=yEnak1NCsbg

https://www.youtube.com/watch?v=D4lEJQGQ8oI

マエストロ井上のお言葉

人は良く言う「なんだか時の過ぎるのが早くって・・・あらまあ、さっきお正月だと思ったらもう桃の節句・・・嫌だわ、年取るのも無理がないわね」
みたいな会話にはいつも賛同しないで嫌われる。
 
「そりゃ、楽しい事をやってないからなんじゃないの?生き甲斐のある時間を過ごしていないんじゃないの?」
とか言う俺だ。ひひひ。
 
特に俺は夜には必ず夢を見るんで、1日が何だか2倍ぐらい長く感じるイカレポンチだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧