カテゴリー「私的コラム(private)」の記事

2019年1月 6日 (日)

フランス人の怒り爆発

フランスのデモ隊、ついに庁舎に侵入(日本経済新聞)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39686320W9A100C1I00000/

800pxarc_triomphe

なぜフランスの市民は怒っているのか?
https://ceron.jp/url/www.youtube.com/watch?v=KYloGJEX3To

https://www.youtube.com/watch?v=WZDHmbwXQpk

https://johosokuhou.com/2019/01/06/11634/

https://www.youtube.com/watch?v=NVStFkKnq7g

https://www.youtube.com/watch?v=AKRXM_XbfH4

https://www.youtube.com/watch?v=MZUVolCMuoU

https://www.youtube.com/watch?v=el__sDV8C3I

https://www.youtube.com/watch?v=hI3CRpiVjXo

当たり前のことですが、発展途上国と貿易戦争をやれば、食糧・衣料・日用品はほとんど安価に生産できる発展途上国が勝利し、先進国の基底産業は空洞化します。それでもいくつかの産業部門ではその代償を独占し利益を得ることが出来ます。

トランプはやっとそのことに気がつき改善策を講じているわけです。マクロンはまだその特定の産業に資金をつぎ込んで国家を維持しようとしているのでしょう。日本も基本的に同じで、米国に車を買ってもらうために戦闘機を買っているのが現実です。日本の食糧自給率はフランスよりずっと低いでしょう。

日本は危機を先送りしているので、おそらくどうしようもなくなってから自民党は政権を手放すのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日)

事件の涙-自殺した研究者

Photo_2年末に見たテレビ番組で最も印象に残ったのはNHKの「事件の涙」です。番組第2回でとりあげたのは、九州大学箱崎キャンパスおこった、九大法学部出身の男が研究室で焼身自殺したという事件です。

自殺した男は貧困のため高校に進学できず、自衛隊に入隊し資格を取って22才でようやく九大法学部に入学。大学院に進学して修士号を取得し38才まで在学しましたが、ついに博士論文を書けずに退学。以後大学の非常勤講師やその他のアルバイトで生計を立て、夜研究室に来て研究を続けていましたが、非常勤講師を雇い止めになり、生活の目処がたたなくなって研究室に目張りをして放火し、焼け死んだという事件です。

博士論文というのはともかくまとまりそうなテーマを選んで、そこそこ要領よく書けばできるものなのですが、彼は超生真面目な人間だったらしく、難しいテーマにとりくんで結局結論を出せなかったという、ありがちな要領の悪い人間だったようです。

非常勤講師の雇い止めは事務員から通告されてそれであっさり終わりで、それまで講義のために準備した資料がゴミになってしまうので誠に残念なことなのですが、問題の本質はそれでも何とか生活を維持して、研究を続けることができなかったということです。これは日本の奨学金制度に原因があります。

下の図をみていただくと、世界には

1.授業料が高く、奨学金も充実していない
2.授業料が高いが、奨学金が充実している
3.授業料が安く、奨学金が充実していない
4.授業料が安く、奨学金も充実している

の4つのグループがありますが、OECD加盟国の中で1.のグループは日本だけです()。しかも日本の奨学金は原則全額返済です。

この自殺した男も700万円の奨学金を返済しなければならず、このことが生活困窮の最大の要因だったと思われます。

1

こんなに教育・学問が軽視されるというのは、日本という国家と日本人のメンタリティーに根本的に関わる問題です。反知性主義の安倍政権が独裁支配するのを国民が許容するのも、そのようなメンタリティーが根本にあります。その本質は「今だけ、金だけ、自分だけ」というポリシーです。

今回自殺した男の専門である法学の観点から言えば、政権の都合によって公文書も自在に書き換え、お仲間であれば犯罪を犯しても(どんなに動かぬ証拠があっても)、やはりお仲間の検察を動かして無罪・・・というご都合主義ですから、法律なんて都合によってどうにでもなるという彼らにとって、学問=法学というのは邪魔なだけです。

より詳しい情報は下記参照

http://blue-black-osaka.hatenablog.com/entry/20180916/1537106400

https://togetter.com/li/1302992

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

Merry Christmas

A0790_001284ようやく風邪から回復してきたら、もうすぐクリスマスです。

「Merry Chrismas Darling」

カレン・カーペンターの歌はあまりに真に迫りすぎていて、聴いていてつらくなってきます。

https://www.youtube.com/watch?v=YR1ujXx2p-I

クリスチーナ・ペリーはちょっぴり甘ったるく歌っているのがいい感じです(xmas)。

https://www.youtube.com/watch?v=gSbf4VFl0X0

「Something About December 」
https://www.youtube.com/watch?v=OR2LXXIX8ro

「Happy Xmas (War Is Over) 」
https://www.youtube.com/watch?v=_GTb0un87Pw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

病に伏す

A0002_007513

写真は足なりのモデルさんで私ではありません。2日間医者に行く気力も無いくらいグダグダになってしまって、動物のようにひたすら暗い場所でおとなしくうずくまるという生活でした。

非常用ストックの缶詰のおかゆを食べてしまいました。今日は少し元気が出たので医者に行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

高輪ゲートウェイ?

A0006_003022一昔前に東武野田線がアーバンパークラインに改名しましたが、このときアンケートでは、答えた人のわずか3%しか是としなかったそうです。

私もこのセンスの悪さにはあきれてしまいました。今でも私は東武野田線と言います。私は国粋主義者ではありませんが、どうして日本の鉄道路線にわざわざ英語を使う必要があるのでしょうか?
https://j-town.net/saitama/column/gotochicolumn/127509.html?p=all

今回JRはわざわざ公募までしているのに、非常にわずかな人(多分ほとんどサクラ)しか発案しなかった「高輪ゲートウェイ」を山手線新駅の駅名にしました。自分が決めた名前にしたければ、どうして公募なんてするのでしょうか?
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6305547

ゲートウェイ(ほんとはゲイトウェイ)は「(塀・生け垣の木戸のついた)出入り口」で、英検準1級、TOEIC730点以上の難しい単語です。

どうしてこんな名前になったのかを、へりくつをこねて説明し強行しましたが、そういうメンタルな人を高いポジションにつけるという企業の体質が問題です。どうして普通に公募最高位の「高輪」じゃいけないのか、素直になれないのか。

いっそのこと駅名に英語を使うのを禁止する法律を作ってはどうかと思います。そうすると「高輪木戸」とか「高輪入り口」などという名前がつくことになりますが、それって良い名前なのかな?? まあ千葉県には**木戸という名前の駅や地域がいくつかありますが、それは馬の出入り口のことです。

JRにせよ、NHKにせよ、疑似国営企業が一番ダメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

パリが大変なことに!!!

800pxarc_triomphe

https://www.youtube.com/watch?v=m8B0chGfrts
https://www.youtube.com/watch?v=vee-28EPbJ8
https://www.youtube.com/watch?v=GMjY6Eb3wsY
https://www.youtube.com/watch?v=obMM00CCKSY
https://www.youtube.com/watch?v=2cStjvXlVUo
https://www.youtube.com/watch?v=U6L0FzB13SU
https://www.youtube.com/watch?v=MFxspXXEXmk

パリで暴動が起きているようです。

そういえば最近は勝手に銀行が個人の口座を封鎖するとか、そうとう危ない状況になってきているという兆候はうかがえました。

日本も政府が大借金で米国から武器を買うなど無茶をやっていると、近未来にこうなることは見えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

ランタナ

Imgion

目  :  シソ目 Lamiales 
科  :  クマツヅラ科 Verbenaceae 
属  :  シチヘンゲ属 Lantana 
種  :  ランタナ L. camara

ランタナをウィキペディアで調べると、「南アメリカ原産。 世界中に帰化植物として定着している。日本では小笠原諸島、沖縄諸島に移入分布している」・・・・・となっています。しかしなんと千葉ニュータウン中央のイオンの南側壁沿いには大量の野生のランタナが咲き誇っていました。11月まで満開でした。

気候変動と共に、様々な南方系の植物が日本に進出してきていて、ランタナも侵略的外来種の代表とされていますが、野生の植物なのにまるで栽培品種のような美しい花を咲かせる植物を、悪者にするのはどうかと思いますね。

気候が変われば住む動植物も変わっていくのは、やむを得ないことのように思います。

いろんな園芸品種があって、育てるのも簡単なようです。
https://lovegreen.net/flower/p104488/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

言論弾圧は忌まわしい時代への回帰を想起させる

Bundesarchiv_bild_14620050119_kurt_クルト・ワイル(写真)について前記事で少しふれましたが、ウィキペディアによると:
「1920年代後半より1930年代初頭には彼の劇場音楽や声楽作品が大衆の間で大流行し、アルバン・ベルク、アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー、ダリウス・ミヨー、イーゴリ・ストラヴィンスキーからも称賛を受け、一躍有名になる。しかし、高名なユダヤ人作曲家であったことから、ナチスの当局から危険視されるようになり、後期の作品の発表時には、コンサートの会場でナチ党員によって組織された暴動が何度も起きた。実際、交響曲第二番の演奏会や「マハゴニー市の興亡」組曲("Aufstieg und Fall der Stadt Mahagonny" 、1930年)の演奏会、、『人質』("Die Burgschaft" 、1932年)、『鏡の湖』("Der Silbersee" 、1933年)などの舞台作品の上演は、ナチス当局による暴力的な干渉のため中断せざるをえなかった。」だそうです。
こちら

実はこれと同じようなことが現代日本でも起こっています。それは香山リカ氏の京都府南丹市での講演会(明日24日開催予定だった)が右翼の脅迫によって中止に追い込まれたという事件です。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00000095-asahi-soci

百田尚樹であっても、香山リカであっても講演会を中止に追い込むことは言論の弾圧であり、忌まわしい時代への逆行を想起させます。講演会の中で誹謗中傷・人種差別・虚偽などの不適切な発言があったときには、それについて批判し、また場合によっては法律で取り締まるべきです。日本はまだ言論の自由を守るための法律(不適切発言に対するペナルティーも含めて)が不備だと思います。政権交代したら枝野は必ずこの種の法律を整備しなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

ミニ救助

A0001_002518今日京成線に乗っていたら、ふたつ離れた席の見知らぬおばちゃんが突然私に倒れかかってきて、助けてくれと言うのです。

そして「次の駅で降りますか?」と訊くと、そのまま倒れ込んで吐いてしまいました。意識が途切れているようです。

向いに座っていた乗客の1人が車掌に知らせに行ってくれたので、私は次の駅で彼女を抱きかかえて降車させました。

駅のホームに寝かせていると、車掌が駆けつけてくれて、駅員も来たので私は席に戻り、電車は数分遅れで発車しました。

まあそれだけのことなのですが、それで思い出したのは、学生時代丹沢大山に登山しているとき、突然道ばたの崖をよじ登ってきた2人の登山者が現れたとこのことです。どうやら沢登りをしていて最後に道に迷って、なんとか登山道にたどりついたようでした。沢登りをしているとありがちなことです。

ところがそのうちの1人の顔が真っ青で息も絶え絶えだったので、これは救助しないと命が危ないかもしれないという状況でした。携帯電話もない時代だったので、麓と連絡することも出来ません。

そこで同行登山者数人であたりの木の枝を集め、みんな上着を脱いでつなぎ合わせて担架をつくり、電話のあるヤビツ峠まで下ろしました。担架はにわか造りですし、道が滑るので非常に危険な救助でした。

私が人生で人の救助をしたのはこの2回だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

管理人からのお知らせ

A1180_001239このブログのアネックスのひとつである、「生物学茶話@渋めのダージリンはいかが」の増補改訂にとりかかりました。

http://morph.way-nifty.com/lecture/

多少わかりやすくなるかもしれません。この改訂は「やぶにらみ生物論」には反映されません。

ココログはいろんなスタイルを選べますが、ここでは右カラムのスタイルにしています。右カラムのタイトルは白い押しピンでとめてありますが、このうち「カテゴリー」または「バックナンバー」のタイトルをクリックすると、2006年にこのブログをはじめて以来のすべての記事にアクセスできます。

カテゴリー別に古い過去記事にアクセスしたい場合、カテゴリーピンの下の各カテゴリーをクリックするか、上記の「カテゴリー」をクリックし、例えばさらに「にゃんこ」をクリックして記事を表示させ、下端までスクロールすると古い記事にアクセスできます。

記事をひとつづつ古い方から順番に読むには、記事の最下部にある「固定リンク」をクリックすると読みやすいかもしれません。固定リンクにすると記事はひとつだけ表示され、一つ前または次の記事に進むには、最下部の前の記事名または後の記事名をクリックします。

「ドメイン内で検索」で、下のボックスに入力して検索してもヒットする確率は低いと思います。これはココログの昔からの弱点です。むしろグーグルで「渋めのダージリンはいかが  and 検索したい言葉」で検索した方が、圧倒的にヒットする確率は高いです。

では どうぞごゆっくり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧