カテゴリー「私的コラム(private)」の記事

2021年4月 4日 (日)

マミラリア(サボテン)の子株

Photo_20210404104001

うちのマミラリア(サボテン)ですが、昔のブログを検索すると2008年にはもううちに居ることがわかりました。小さな頃は病弱で非常に手がかかりましたが、すっかり丈夫に育ちました。

しかしすくすくと生長するというのとは少し違って、水平に伸びていくのです。そしてコブみたいな枝が上側にできてきて、これは挿し木できるということがウェブで調べるとわかりました。それでひとつやってみましたが、どうやら無事に生長しそうです。

↑ 2008年のサボテン(マミラリアは左側)とサラとミーナ

 

 

| | コメント (0)

2021年3月27日 (土)

桜便り

Sakura

北総の桜も8~9分咲きました。桜を見たくてこのあたりに住むことにしたという人もいるようです。朝写真を撮影して家に帰ってくると、壁に体長約7mmのハムシが来ていました。葉っぱについてなきゃいけない虫なのに、こんなところで何をしているのでしょう。

帰宅して調べてみると、多分 ムネアカサルハムシ (Basilepta ruficollis) だと思いますが、違っていたらごめんなさい。桜の葉っぱが好物のようです。

Photo_20210327124801

 

| | コメント (0)

2021年2月13日 (土)

オリンピックは無観客でやるべし

Photo_20210213190501

オリンピックは中止という意見が大勢になってきています。
もうどうやってもオリンピックは日本経済にプラスにならないからでしょう。
でも私はどんなしょぼい大会になったとしてもやるべきだと思います。
なにしろ世界的な伝統行事なのですから。

無観客で、選手はPCR検査・隔離をして大会に臨めばオリンピックで感染が爆発することはあり得ません。観客がいなければセキュリティーの負担は大きく下がるでしょう。リーガ・エスパニョーラは無観客で完全に全試合を遂行しています。それで特に問題はありません。無観客だからと言って、選手が手を抜くことはありません。みんな全力で頑張っています。世界中の人々がテレビやスマホで見ているんですよ。当たり前でしょう。

「無観客だとやる意味が無い」などと言っている人もいますが、オリンピック精神にもとるというのは昔の話で、今はアフリカの田舎でもスマホで競技をみることができる時代です。やる意味が無いなどと言うのは競技への情熱が小さいからに過ぎません。

組織委員会会長の選考は定款通りにやるべきで、理事でもない御手洗某などという人が選考委員会を招集して候補を定めるなどというのはあり得ません。副会長・専務理事・常務理事で選考委員会を招集し、候補を選んで理事会にかけるのが当たり前でしょう。菅義偉という人はなんでも介入したがる本当に困った人です。

定款

第21条 理事及び監事並びに会計監査人は、評議員会の決議によって選任する。2 会長、副会長、専務理事及び常務理事は、理事会の決議によって理事の中から選定する。

第29条 理事会は、毎年6月と3月に招集する。ただし、会長が必要と認めた場合又は理事から会議に付議すべき事項を示して理事会の招集を請求されたときは、会長は、その請求のあった日から2週間以内に臨時理事会を招集する。2理事会の議長は、会長とする。3会長に事故あるとき、又は欠けたときは、会長があらかじめ指名した理事が理事会を招集し、議長を務める。4毎事業年度に4ヵ月を超える間隔で2回以上その報告をしなければならない。

| | コメント (0)

2021年1月21日 (木)

自民党の5大失政

1024pxliberal_democratic_party_japan_emb

1.年齢人口構成比の異常を放置し修正できなかった: 時間はたっぷりあって、移民導入によって徐々にでも解決すべきでしたが、自民党コア支持者の国粋主義のため実現できませんでした。このために農業は労働力不足で壊滅の危機に瀕しています。年金・医療は財政を圧迫しています。コロナで医療崩壊しているのも、公的病院や保健所の充実を怠り、むしろリストラしたのが最大の要因です。

2.グローバル貿易主義のために、国内産業の没落を招いた: コロナで明らかになったように一般用マスクはもちろん、N95や防護服も作れないという情けない国になりました。私の下着からオーバーコートまでほとんど外国製です。工業部品メーカーもどんどん消滅し、中国が生産の中心になりました。

3.エネルギーを原発に頼ったために、危うく関東に人が住めないような事態: あの時、使用済み核燃料プールに偶然水が流入してなかったら、関東には人が住めなくなっていました。これは当時の民主党も原発を推進していたので同罪です。ただ自民党はまだ原発に頼ろうとしています。日本はもっと地熱発電に真剣に取り組むべきです。発電所が景観を損ねるなどという考えは、原発の危険にくらべれば無視すべきです。

4.国会の無意味化: 野党の質問にまじめに答えず、ロボットのような答弁を繰り返して国会を無意味化し、ついには忖度のために役人が議事録改ざんや重要な公文書を瞬時に廃棄という末期的な状況を生み出しました。これは民主主義の危機です。

5.反知性主義: 大学に人文科学など不要という驚くべき思想で、科学アカデミーからも歴史をきちんと検証しようという人々をパージしました。自然科学もすっかり衰退し、日本はどんどん科学後進国に転落しつつあります。だいたい国家の最高指導者が官僚の作文を読んでいるだけというのは情けないにもほどがあります。これじゃ頭悪いから知性が嫌いだと思われても仕方ありません。

 

| | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

初詣

Img22

これは近所の神社、昨年の初詣風景です。今年は3日に行ったせいか、コロナのせいか、これよりもっと閑散としていました。一度だけ元日に行ったことがあるのですが、元日の初詣はこんな田舎の神社でも大変で、そこに向かう道が参拝客で混んで車がすれ違えず、ケンカが始まったのを目撃したこともあります。

今年はテントも無く、おみくじも無く(入れ物をさわらないといけないのでやめたと思われます)、破魔矢もありませんでした。仕方がないと言っちゃいけませんが、宮司に家内安全を祈願してもらってお札をいただきました。

年末に大奮闘して次回の生物学茶話の準備をしていましたが、今回はとても難渋しました。もうすこし頑張って明日にはアップしたいと思っています。

コロナは何が何でも緊急事態宣言を出したくない菅政権と、国に頼るしかない自治体が子供じみた対立でいがみ合っているようです。いいかげんな対策では、コロナ終息など夢のまた夢でしょう。とりあえず破綻している医療をどうやって立て直すつもりなのかだけでも明示してほしいと思います。

 

 

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

新年あけましておめでとうございます

Photo_20210101000401

旧年中のご愛読を感謝し、新春のおよろこびを申し上げます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2020年12月28日 (月)

デジタル化社会の穴 クレカ一択はやめてほしい

Img_20201228111601

もう15年くらい前になるでしょうか、バルサ仕様の楽天クレジットカードができたというので喜び勇んで加入したところ、すぐに誰かに使われてしまって困った事態となりました。幸いクレジット会社が気がついてくれて最終的には実損はなかったのですが、この時からクレジットカード恐怖症になりました。

写真は12月26日付けの東京新聞の記事ですが、楽天がまたやらかしましたね。公表されただけ良いのかもしれません。ITだって人間がやることですから、ミスや抜け穴があるのは当たり前で、なんでも電子化すればいいわけではありません。クラウドサービスだって、係が買収されたら機密情報がダダ漏れなんてこともあり得ます。

だいたい零細企業が毎日の売買をPCに打ち込むのだって大変な労力なので、国家を隅々までデジタル化しようなんてことは考えない方がいいと思います。私は都響の会員で今シーズンは多くの演奏会がキャンセルになって払い戻しがあったのですが、1回目は銀行振り込みでしたが、なんと2回目は現金書留でした。おそらく銀行振り込みだと労力とトラブル処理が大変で、現金書留が一番楽だったからでしょう。

犯罪者にとって偽金作りより、セキュリティーホールをみつけてシステムに侵入する方が圧倒的に簡単だと思います。写真の楽天の場合など5年間もセキュリティホールが放置されていたわけで、その間情報がダダ漏れだったわけです。被害は確認されていないなどと記事にありますが、当然被害はあったでしょう。言えない被害もあります。抜き出した情報を売ってPCを破棄しドロンすれば、犯人逮捕は困難でしょう。

コロナ禍で配信が流行していますが、料金払い込みはクレジットカード一択の場合が多く、これは困ります。現金書留とまでは言いませんが、銀行振り込みでもチケットが買えるようにして欲しいと思います。

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

真冬のハイビスカス

Img_3717

真冬に咲いたハイビスカス!
日本では熱帯・亜熱帯型の芙蓉をハイビスカスというらしいです。

ベランダ植物を室内に避難させてから1ヶ月半くらいになりますが、
日当たりが良くて最低10℃くらいの気温があれば咲いちゃうのね。
大柄な花の植物なのに、雑草ぽいところもあって好きです。

 

 

| | コメント (0)

2020年12月16日 (水)

科学とは・・・

513opjcsll_sx341_bo1204203200_

私は科学の源流が好奇心にあるとは思いません。ヒトがサルだった頃から幾ばくかの薬草の知識はあったと思いますし、森から野に出てきたときには猛獣に襲われないために、またエサとしても動物に関する研究には真剣に取り組んだと思います。農耕を始めたら気象の研究、漁業のためには天文の知識が必要になったでしょう。

ただこういうことは言えます。秦の始皇帝は不老長寿薬を探して、徐福に命じて日本まで調査団を派遣したと伝えられています。まさに目的指向的研究ですが、その目的をとげるには多くの知識・ツール・ヒントが必要であって、そうした豊穣な土壌がなけれは果実を得ることは不可能であり、空振りに終わってしまいます。

伝承による薬草は科学には至らないと思いますが、中国で2000年前に刊行された「神農本草経」は薬草を体系的に説明した本だそうで、そうなるともう科学でしょう。日本では牧野富太郎が植物の網羅的記載を行いましたが、そうした地道な努力が薬学の基礎になるわけで、まあ深山幽谷をさまよって珍しい植物の記載を行うという行為は変人の所業と思われがちですが、事物を網羅的かつ体系的に記載することは科学の基本で、それが豊穣な土壌となります。そして深山幽谷は私たちの体の中にもあります。私たちの腸に住んでいる多くの微生物についての網羅的・体系的知識はまだありません。

私は学生時代のクラスメートに民青同盟の人が多くいて、熱心に勧誘されましたが結局参加はしませんでした。彼らはお金をたくさん稼ぐということを人生の目的とはせず、なにか人の役に立つことをしたいという情熱をもって生きようとする人々で、こういう人々は金銭目的の人々と同様に、脳のベクトルが短絡的・目的指向的になり「科学の敵」になりがちなのです。旧ソ連政府がミチューリン・ルイセンコの誤った理論を第2次世界大戦の後まで支持していたという負の実績もあります。

いまやほとんどの日本人が知っているPCR検査も、その発明の源泉はDNAの物性研究と温泉微生物の研究にあります(*)。これらは(研究費の申請書にそれらしきことが書いてあったとしても・・・書いてないと研究費がおりないので)目的指向的研究ではありません。まさしく豊穣な土壌となる研究でした。これは特殊な例ではなく、非常に多くのイノベーションは非目的指向的研究をそのベースに持っています。それはこのブログの一部でありまたトップページからリンクしている「生物学茶話」をみていただければ、たくさんの実例を紹介しています。

*: http://morph.way-nifty.com/lecture/2020/01/post-f9ff70.html

| | コメント (0)

2020年11月 6日 (金)

マイクロソフト・エッジの自動立ち上がりを拒否したい

Photo_20201106101101

慣れ親しんでいたこともありますが、インターネット・エクスプローラーは使いやすいブラウザーでした。それがウィンドウズ10に切り替わって、マイクロソフトはどうしてもEdgeにブラウザーを替えて欲しいらしく、ウィンドウズを立ち上げると自動的にEdgeが立ち上がるような仕様になっていて、ウザいことウザいこと。

Edge はどうもスマホを意識しすぎで、PCで作業をする者にとっては使いづらいソフトです。Firefox の方がまだ使いやすいブラウザーです。なんとかしたいと思っていましたが、次のような方法で設定するとEdgeとお別れできました。といってもマイクロソフトの基本アプリなので削除はリスクがあるかもしれず、ただ自動立ち上がりを遠慮してもらうというだけの意図です。

左下のスタートボタン→設定→個人用設定→ロック画面→背景→「画像」を選択(デフォルトでは「ウィンドウズスポットライト」になっていた) 

ウィンドウズスポットライトが悪の元凶でした。これでEdgeの自動立ち上がりをお断りすることができました🎵

| | コメント (0)

より以前の記事一覧