カテゴリー「バルサ(FC Barcelona)」の記事

2024年5月16日 (木)

ある日のバルサ

Riga

リーガ・エスパニョーラ上位チームの成績表(Yahoo Japan の記事より)

紺色:1~4位 UEFAチャンピオンズリーグ出場圏内
橙色:5~6位 ヨーロッパリーグ出場圏内
緑色:7位 UEFAカンファレンスリーグ出場圏内

バルサは今シーズン優勝の望みは絶たれ、激しい2位争いをしているというのが現況です。バルサは今低迷期にあります。それはひとつはジェネレーションギャップの問題で、図のようにベテラン勢とティーンエイジャーが主力のメンバーなので、コンビネーションがうまくいかないことです。しかしもっと困るのは、スペインサッカー協会が厳しいサラリーキャップを設けて、チームの倒産を防ぐことにしゃかりきになっていることです。これはバルセロナの民族的ファンに圧倒的に支えられているバルサにしてみれば非常に迷惑な話で、バルサつぶしの政策と受け取られても仕方がありません。

Photo_20240516113001

今シーズンマドリーと勝負にならなかったもう一つの原因は、せっかくブラジルから獲得したロケを実戦で育てるのを首脳陣が怠ったことにあります。35才のレヴァンドフスキに頼って、ようやく2位にしがみつくという方針は全く納得できません。ロケに加えて、故障組のガビとバルデが加われば来シーズンはそこそこ戦えると思います。ただガビとバルデの故障はかなり重いものだったので不安があり、日本人の私としてはFC東京の松木玖生あたりを引き抜いてメンバーに加えて欲しい。

ひとつ気になるのは、スペインのサッカー関係者にはドラッグやマフィアとの関係で、ブラジルに反感を持っている人が結構いるのではないかという可能性です。ロケが意味不明なイエローカードをもらったこともありました(しかもそのときレフェリーが「ここはブラジルではない」とロケに言ったそうです)。日本にいるとわからないこともあるのかもしれません。バルサがロケを売りたがっているというニュースが出ているそうですが、獲得したばかりなのにすぐ売るというのは裏になんらかの事情がからんでいるとしか思えません。もし本当に売るのなら、器用さとスピードがあるセンターフォワード(デランテロ・セントロ)を補強しなければ、首位争いは不可能です。

最後に、これはバルサファンみんなが思っていることだと思いますが、全盛期のバルサを支えたボランチ(ピボーテ)のブスケツに代わる人材がみつからないということです。サラリーキャップの問題があって理想的な人材を採用できないということであれば、別のスタイルのサッカーをめざすしかありません。ただ来シーズンもレヴァンドフスキに頼るのであれば、たとえブスケツの代わりがみつかったとしても首位争いはできないと思います。クリステンセンはシーズン途中でポジションをボランチに変更しましたが、ヘディングで点もとれるし頑張っていると思います。

バルサはカタルーニャ人という民族にささえられチームですが、図のメンバーを見るとカタルーニャ人はヤマルとクバルシしかいませんし、ヤマルはアフリカ系でもあります。強いチームをめざすとき、メンバーはインターナショナルでなければなりません。そこには人種差別はしない、カタルーニャをサポートしてくれる人であれば積極的に受け入れたいという彼らの願いがこめられていると思います。

 

| | | コメント (0)

2023年10月23日 (月)

あり得ない快挙

Fc_barcelona_crestsvg_20231023153701

長い間サッカー見てますけど、こんなのははじめてです。なにしろはじめてバルサの試合に出てきた17才のマルク・ギュー(Marc Guiu)という選手が、34秒後のファーストタッチでゴール、しかもそれが決勝点というとんでもないことが起こりました。私は知らなかったので、誰?という感じだったのですが、ヴィッセル神戸との練習試合には出場していたようです。

バルサはホームですがカンプノウが工事中のため、モンジュイックの丘での試合です。試合はまったくアスレチック・ビルバオのペースで、バルサはレバンドフスキーなど故障者も多く、なんとかGKテア・シュテーゲンの活躍もあって0:0で命脈を保っている状態で後半に突入。途中出場したギュ-選手がオフサイドラインぎりぎりで待機していたところにパスがきて、ここぞとDF裏に侵入してファーストタッチ、そしてシュートがGKの手をはじいてゴール。出場34秒後のことでした。試合はそのまま1:0で終了。大殊勲でした。

ゴール:
https://www.youtube.com/watch?v=_PS819PLCLw
https://www.youtube.com/watch?v=pxktsbg5nmA

インスタグラム:
https://www.instagram.com/marcguiu9/

まだトップチームで出場したことがなかったのに。フォロワー45.5万人というのも驚きました。バルサ・カンテラの人気もたいしたものです。

 

 

| | | コメント (0)

2023年9月25日 (月)

アンス・ファティ 三苫と共に

1a_20230925184801

左 アンス・ファティ(ブライトンでは31)

右 三苫薫(ブライトンでは22)

アンス・ファティはバルサでは起用の機会が少なくブライトンに移籍しましたが、そこには三苫薫がいました。動画を見る限りでは、彼はブライトンで成長していけるという期待に胸が膨らみます。彼を失ってバルサはスペインのテイストを失いつつあります。

それにしても三苫の活躍は目を見張るものがあります。ファティを宜しくね。

https://www.youtube.com/watch?v=PxxMExxQPng

30秒と4分10秒に注目

https://www.youtube.com/watch?v=bnlEV2HBx9M

3分54秒と8分0秒に注目

(画像はウィキペディアより)

 

| | | コメント (0)

2023年8月28日 (月)

ラミネ・ヤマル 16才の衝撃

Yamal-images

昨シーズン15才で衝撃のトップチームデビューを果たしたラミネ・ヤマルは、6才からバルサのカンテラに所属している生粋のバルサチルドレンです。彼は今シーズン退団したデンベレの後を引き継いで、右サイドのフォワード(エストレーモ)でレギュラーとなっていますが、なにせベテランのような落ち着いたプレーで驚かされます。

デンベレのように派手な切り返しでDFをぶち抜いていくというスタイルではなく、ヤマルは瞬間瞬間でベストのプレイを選択するそのクールなスタイルが持ち味です。まわりをいつもきちんと見ていますし、自分で突破しようと思えばその能力は高いし、シュート力もあります。いやはやとんでもない選手がでてきたものです。

ただ今シーズンのバルサが安泰かというとそうではありません。ビジャレアル戦でも3点もとられてしまいました(4点とって勝ちましたが)。セルジ・ロベルト、クンデ、クリステンセン、マルコス・アロンソのDFでアロンソは前目ですから、残りの3人では心許ない感じで、攻撃力が強いチームと当たるとスカスカ突破されます(泣)。アラウホの負傷が癒えるまでなんとか頑張らないと。

(写真はウィキペディアより)

 

| | | コメント (0)

2023年8月23日 (水)

U-NEXTでラ・リーガにたどり着くには

Fc_barcelona_crestsvg_20230823164801

すぐに改善されるとは思いますが、今夏はじまったばかりなのでたどり着くのに難儀しました。

1.U-NEXT  https://video.unext.jp/

2.左端にメニューが出ていれば「サッカー」をクリック 出ていなければ検索窓にサッカーと入力してリターン 左端にメニューが表示されるようにして「サッカー」をクリック

3.「一覧から探す」をクリック

4.「すべての作品」をクリック

5.検索窓をクリック(何も入力しなくてよい)

6.ライブ配信の「サッカー一覧」をクリック

7.ラ・リーガをクリック

上の方はライブ配信の予定
下にスクロールすると見逃し配信が出てくる



| | | コメント (0)

2023年6月 5日 (月)

バルサ来日

Fc_barcelona_crestsvg_20230605163501

日本時間の今朝、セルタの残留に手を貸してしまったバルサ。試合終了後ただちに現地エアポートから日本に向かい、明日はヴィッセル神戸と試合とはいくらなんでも酷すぎる強行スケジュールじゃないですか?

もう見え見えのお遊びで、よくまあこんなスケジュールを組んだものです。それでも楽しむ人が居て儲かるんなら結構とも言えますが、故障者がでるのだけは勘弁して欲しい。

昔はちゃんと試合の間隔を開けて、親善試合とは言え横浜マリノスなどかなり真剣に取り組んでいました。

放送は日テレG+で6月6日18:30からあります。

飛行機内のメンバーの様子 180度で寝てるからまあラクチンと言えばそうですが。

https://twitter.com/FCBarcelona

応援歌 イムノ デル バルサ

https://www.youtube.com/watch?v=atzdPyR6rP0
https://www.youtube.com/watch?v=Vm_CP7L1UxY

日本語
http://morph.way-nifty.com/grey/2015/11/cd-353c.html

 

| | | コメント (0)

2023年5月17日 (水)

Love FC Barcelona

FCバルセロナ(通称バルサ)は世界に2億人以上のファンがいると言われているサッカークラブです。1899年に創設されましたが、1990年初頭頃から強力なチームになってエル・ドリームチームと言われるようになりました。当時のメンバーにはストイチコフ、ラウドルップ、グァルディオラ、クーマンなどが名前を連ねています。この頃のバルサは私は全く知りません。

その後暗黒時代があって、ロナウジーニョが加入するんじゃないかと言う噂があり、私もWOWOWに加入してバルサの試合を見始めました。その後実際にロナウジーニョが加入し、さらにエトオ、デコらも加入して2回目のドリームチームとなりました。カードにもEL NOU(New) DREAM TEAM と印刷してあります。

Imgbarca

後列左から ロナウジーニョ、ファン・ブロンクホルスト、マルケス、エトオ、オレゲール、バルデス(GK)

前列左から ラルソン、ベレッティ、デコ、チャビ、プヨール

当時のバルサにも弱点はあって、点取り屋がエトオしかいなかったんです。ロナウジーニョは実はいつもどこにキラーパスを出すかを第一に考えている人で、トップ下メンタルでした。私はいつもロニー(ロナウジーニョ)の頭の中に居てバルサのサッカーを見ていました。さあいまエトオやデコがどこにいるかを確認し、彼らが何を考えているかを想像し、どこにボールを出せば彼らがシュートできるか? それが不可能なら○○とワンツーで抜けるか、ドリブルで交わすか、などと可能性の計算をしてプレーするのが実に楽しい、不思議なサッカーの観戦になるんですね。こんな経験はその後ありません。日本人だと遠藤保仁の感覚に近いですが、ロニー=保仁+超絶技巧 かな。

サミュエル・エトオは瞬発力で勝負するタイプのストライカーで好きでしたね。現在はカメルーンサッカー連盟会長をやっています。ロニーはサッカーではあんなに頭の良いプレーをやっていたのに、引退後は馬鹿なことばかりやっていて本当に不思議です。

Imgfw

左:エトオ、右:ロナウジーニョ

当時の中盤の中心だったチャビとデコです。チャビは現在のバルサ監督、デコは選手のマネージャーをやっているようです。

Imgmf

左:チャビ、右:デコ(本名は Anderson Luís de Souza)

当時のディフェンスの中心だったプヨールとマルケス。プヨールはよくプジョルと呼ばれていますが、カタルーニャの現地人はプヨールと発音しているようです。ファイタータイプで、鈍足なのになぜか間に合ってました。マルケスはクレバーなディフェンダーで、ボランチとしても一流でした。現在はバルサのBチームの監督をやっています。

Imgdf

左:プヨール、右:マルケス

チームを率いたライカールト監督。現地人の発音を聴いているとリカーと聞こえます。このあと3回目のドリームチームを作ったグァルディオラ(愛称ペップ)は偉大で、実際彼のチームはおそらくバルサ史上最強のチームだったと思いますが、見ていてなぜか取り込まれてしまうのはライカールトのチームでした。

Imgkantoku

ライカールト

| | | コメント (0)

2023年5月16日 (火)

バルサ リーガ・エスパニョーラを制す

Fc_barcelona_crestsvg

バルサはエスパニョールに4:2で勝利し、リーガ・エスパニューラ優勝を確定しました。往年の名MFチャビを監督に迎えてはじめての優勝です。いろいろ困難な問題を抱える中での優勝なので、みなさん喜びもひとしおでしょう。

みんな頑張りましたが、私が選ぶ殊勲者ベスト3は

1.テル・シュテーゲン 体が大きいのに驚異的な反射神経の止め技
2.アラウホ 私が見てきたここ25年のバルサで1番信頼できるCBです
3.レバンドフスキ 点をとった人

Best3  

(写真はウィキペディアより)

バルデ、ガビ、ペドリ、ケシエ、デ・ヨングはバルサの未来を開いてくれるでしょう。

デンベレ、トーレス、ファティ、ハフィーニャは物足りない1年でした。
でもみんな問題を抱えながら進化しました。来シーズンに期待したいです。

 

| | | コメント (0)

2022年12月19日 (月)

サラの考察24:ワールドカップ終了 アルゼンチンおめでとう

Img_0290a_20221219161801

サラ「ワールドカップはアルゼンチンが優勝して、Monが一押しのフランスは負けちゃったけど、なにかいいたいことはある?」

私「アルゼンチンはフォワードの3人を抑えるのではなく、その背後の3人(グリーズマン、ラビオ、チュアメニ)を押さえにかかったね。これは良いアイデアだったと思うよ。前半フォワードはほとんど仕事ができなかったからね」

グレチコ「ちょっと修正が遅すぎたけど、さすがに後半になるとデシャン監督はなるべく長いパスで中盤を省略する作戦に出て、アルゼンチンの思惑をようやく外すことができて延長に持ち込んだ」

サラ「延長はきついわね。でも今日はメッシも結構走っていたみたい」

私「もう延長は個の技術と精神力の戦いだね。デンベレはPKの原因まで作って前半でベンチに下がったけど、クンデはヴァランとウパメカノという怪物たちと共によくまあ120分頑張ったね。絶大なる拍手を送りたい」

グレチコ「この試合、メッシとエムバペもPKを1回もはずさないで決めたのは立派」

サラ「これで終わったけど、印象に残った選手は?」

私「メッシとエムバペはまあ別格として、GKのボノ(モロッコ)は強く印象に残ったね。スペインは彼に息の根を止められたという意味でもね。日本人では三苫のタイミングをはずすドリブルが印象的だった」

グレチコ「アルゼンチンのアルバレスもいい選手だったね。印象に残ったよ。彼のふわふわしたドリブルはアンスーを思わせるところもある」

私「マンCで使わないんだったら、レンタルでもバルサでプレーして欲しいよ。ずっとトップをレバンドフスキでやるわけにはいかないんだから」

サラ「じゃ 皆さんお疲れ様でした。ともかくアルゼンチン優勝おめでとう」

私「リーガ・エスパニョーラは大晦日から再開されるそうで、また忙しくなるけど頑張るべし」

| | | コメント (0)

2022年12月15日 (木)

サラの考察23:ワールドカップ5

Img_0290a_20221215120401

サラ「セミファイナル 終わったね」

私「クロアチアもモロッコも全力を出し切った感じだったね」

グレチコ「クロアチアは中心がモドリッチ、コバチッチの高年齢コンビで最後まで保たなかった感じだし、ストライカーの人材不足もあった」

私「メッシは子供の頃からドリブルの天才と言われていたけど、ロナウジーニョに言われてPKとFKの練習をものすごく熱心にやったんだ。彼はこの点では努力の人でもあるんだ。今でもPKとFKは世界一なんじゃないかな。」

サラ「アルゼンチンは疲労を最小限に抑えて、ファイナルまでスタミナを残すようなプレースタイルだったのかな。メッシなんていつも歩いてるし・・・。モロッコvsフランス戦はモロッコの中盤選手が疲労していた感じがしたわね」

私「そうだね。フランスはあの故障がちなエムバペがずっと絶好調だったのが大きいね。バルサのメンバー、デンベレとクンデもずっとスタメンで頑張った。あのメンバーでスタメン張るのは半端じゃないよ。私が一押しのウパメカノが、多分コロナだとおもうけどセミファイナルに出場できなかったのは残念だけど」

グレチコ「ファイナルはどうなるかな?」

私「もちろん死闘になると思うけどフランスが勝つよ。デンベレ・ジルー・エムバペのトリデンテは止められないと思うよ。もちろんベンゼマが出ていたらもっと危なげなかったと思うけどね。フランスが注意しないといけないのはエリア内でのファウルだね。わざとファウルを誘うようなプレーに気をつけないと。メッシはPKうまいから止められないよ」

サラ「予想が当たるといいわね」

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧