カテゴリー「バルサ(FC Barcelona)」の記事

2018年10月29日 (月)

2018クラシコ: バルサなんとメッシ抜きでマニータの勝利

Img_2679

美しく彩られたカンプノウで、いよいよクリロナ&メッシのいないクラシコ。

バルサはやはり冒険はせず、デンベレは使わないでラフィーニャを右デランテーロに起用。右SBはセルジ。マドリーは左デランテーロにイスコを起用(メディアプンタ=トップ下としてプレーすることも多い)。右SBはナチョです。

マドリーはなんと現在7位という信じられない順位で、それにふさわしい脆弱な右サイドの守備でした。ジョルディ・アルバが自由に動けるのでバルサは楽です。得意の深く進入しての折り返しをコウチーニョが決めてバルサ先制。ヴァランがスアレスの突入を止めてPKで加点。前半は2:0で折り返し。

楽勝ムードだったバルサですが、さすがに後半はロペテギもフォーメーションを変更して、なんとカゼミーロがCBの3バック。ルカス・バスケスを投入して中盤を支配し、バルサは完全に主導権を奪われました。これであれだけ警戒していたマルセロに得点を許し、危機感は頂点に達しました。

バルサが活路を見いだしたのはカウンター攻撃。セルジのクロスをスアレスがデスヘッドでゴール。さらにスアレスがもう一発決めてハットトリック。完全にマドリーの息の根を止めました。

最後はコウチーニョと交代で出たデンベレのクロスを、やはり途中出場のヴィダルがヘッドで決めてマニータ。5:1でバルサ勝利でした。うまく行きすぎたようなクラシコでしたが、メッシがいなくても、とりあえずバルサは戦えることを証明しました。

https://www.youtube.com/watch?v=o8jMLaLNAPE&feature=onebox

https://www.youtube.com/watch?v=-qtsZxlkdWc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

メッシ骨折の衝撃 来週はクラシコ

Braugranaなんとクラシコを目の前にしたセビージャ戦で、メッシが腕を骨折するというアクシデント。自分で地面についた手ですから、誰にも文句は言えません。

試合はまさしくバルサスタイルの絶妙のなショートパスの連続からコウチーニョが決め、さらにカウンターからメッシがお得意の中央に切れ込んでの左足シュートを決める、という理想的展開で4:2で勝利しました。

とはいえセビージャは3322という変則的なフォーメーションで、3列目サイドのアラーナとヘスース・ナヴァスが左右から攻め込むというのが止めにくく、手こずりました。試合開始からしばらくの間、この2人が引き気味だったのがラッキーでした。

メッシが引っ込んだ後デンベレがでましたが、もうデンベレはポジションフリーでやらせた方がはるかに良いということがわかっているはずなのに、この試合では右固定でした。これでは彼の良さが引き出せません。鎖につながれた猛獣のような感じですね。ミスも多かったと思います。

クラシコでは彼を完全フリーでやらせて欲しいですね。そうすればコウチーニョやスアレスとのコンビネーションもうまくいきます。私のカンでは、バルベルデは使ってこないような気がします。おそらくセルジを使うのでしょう。まあその方が安全策ではありますが。

Barca vs Sevilla
https://www.youtube.com/watch?v=lDl2nBU7mZQ

エル・クラシコ:

ゴール集
https://www.youtube.com/watch?v=ZbXTZQ5tGds

アクシデント
https://www.youtube.com/watch?v=b0o9rc66F0M

バルサのアート
https://www.youtube.com/watch?v=_lHClR8TO24

直前スペシャル(WOWOW)
https://www.wowow.co.jp/detail/113947/-/01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

ブタルケでの悲惨な敗戦に思う

Braugrana
ブタルケでの悪夢=最下位のレガネスに完敗・・・は今バルサが抱えている深刻な問題を露出させました。

最大の問題はSBです。週に2回ずつ試合があるバルサにとってSBを2人でまかなうことは不可能です。左サイドのアルバが休むときはヴェルマーレンで間に合うという考え方が全く間違っていることがこの試合で証明されました。

だいたいMF達が彼を壁にしてワンツーをやろうという意思もなく、どうしようも出しどころが無いときしか球を渡しません。これじゃあヴェルマーレンもモチベーションを失ってしまうと思います。みていてがっかりしている場面が多かったように思います。これが最初の失点につながったというのが私の印象です。彼は本職はCBでありSBには向いていなので、ウムティティが休むときにCBで出場させるべきです。レングレを獲得したので、彼をSBに使ってみるのも現状では一案です。

右SBにも問題があります。セルジはメッシとの連携を期待されて出場していることはわかっているので、どうしても前線で仕事をせざるを得ず、カバーにまわるラキティッチが前に出ると右サイドが空っぽになって狙われます。これも最初の失点につながりました。

セメドを盛んにディスる解説者もいますが、彼はきちんと標準以上の仕事をしています。メッシのパートナーをSBに求めるというのは無茶な話です。2人目のダニはどこを探してもいません。右の正SBはセメドがやるべきで、そういうサッカーがこれからのバルサに求められると思います。この試合でもメッシは前半で売り切れで、後半はほぼ消えていました。なんでもかんでもメッシ中心に特殊なシステムを構築するのはここまでにして欲しい。

メッシをほとんどの試合フルで使う場合、彼はスタミナを保たせるためにあまり動きませんし、専門のパートナーが必要なので、チームにひずみが生まれてしまいます。私はメッシは後半15分くらいから出場すればよしとして、彼のいないシステムをデフォルトとして考える時が来ていると思います。スアレスやブスケツももう選手として晩年を迎える年齢なので、彼らのいないシステムも考えなければなりません。私はSBの問題さえ解決すれば(左SBを補強)なんとかなると思いますが、どうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

バルサレポート18-19: 開幕3連勝はしたけれど

Braugrana18-19シーズンに突入して3試合が終わり、バルサは”運良く”3連勝です。ここから見えてきたことは何か?

デンベレが自由を与えられて、縦横無尽に活躍できるようになりました。今年は攻撃のキーマンがメッシからデンベレに移行する年になりそうです。私はメッシを引き継ぐのはコウチーニョだと思っていたので、意外な展開でした。

コウチーニョは前でデンベレが動き回るので、自分のペースでサッカーができず、どうしたらよいのかわからないような状態でしたが、3戦目でようやく少し連携の芽がでてきたように見えたので、これからどうなるか注目です。コウチーニョ ← soccer → デンベレがこれからのバルサの生命線になりそうです。

バルサにとって最大の課題は両SBです。右サイドをセルジにやらせると、彼はもともとMFでSBは素人。帰りが遅れてアルバがカバーに走るというシーンも何度かありました。そのアルバも攻撃参加は日常なので、ウェスカのようにカウンターのときにどっと人数かけてくる相手だと、ゴール前でバルサが数的劣位になることもしばしばです。上位のチームにこれをやられると、もちそうにありません。

私はセメドを起用して、2列目の右はセルジとラキが相手関係や疲労度を測って交代で勤めれば良いと思います。右サイドもこうした難しい問題をかかえていますが、左サイドはさらに深刻です。ディニュを放出したため、アルバ一人となって、彼が故障したらどうしようもありません。MFは余るくらい補強して、左SBは補強無しです。

アルバ故障の際はBチームから連れてくれば良いと考えているようですが、そのBチームにも左SBはミランダひとりしかいないので、急場は凌げても苦しくなることは目に見えています。スペイン代表からアルバを外したのは、そういった事情を考えてルイス・エンリケが配慮してくれたと思いますが、そんな忖度をしてもらうほど落ちぶれちゃいけませんね。アルバのバックアップはきちんと準備しておかないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

WOWOW ラ・リーガ放映を決定

Braugranaぎりぎり、ぎっちょんちょんでWOWOWが放映を決定。ここまでぎりぎりで交渉するというのはスペインらしいとも言えます。

はやまって余計な契約や、物品購入をしなくてよかったです。放送権を複数年獲得とはWOWOWも頑張りましたね。昔の映画もWOWOWでみているので、私的には契約をどうしようか考えなくてよい状況になって胸をなでおろしました。

WOWOWの告知です↓
----------

いつもWOWOWを視聴いただきまして、誠にありがとうございます。
権利元の都合により放送未定となっていた世界最高峰のサッカーリーグ「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を昨シーズンに引き続き今シーズンもテレビ独占で放送することが決定いたしました。

またこの度の契約で同リーグの放送権および配信権を複数年にわたり獲得いたしました。

ご心配をおかけいたしました皆さまに、改めてお詫び申し上げるとともに、放送を心待ちにしてくださった皆さまに感謝いたします。

世界王者レアル・マドリード、メッシを擁するバルセロナ、
W杯で大活躍した日本代表の乾貴士所属ベティス、柴崎岳所属ヘタフェなど、
注目の「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ2018-19シーズン」をWOWOWでお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

ラ・リーガファンに激震

Braugrana

突然のニュースです↓。

いつもWOWOWを視聴いただきまして、誠にありがとうございます。
プログラムガイド8月号に掲載いたしました「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン」は、
権利元の都合により放送未定となりました。

放送を心待ちにしてくださっているみなさまには、深くお詫び申し上げます。
放送が決定し次第、WOWOW番組内およびWOWOWオンラインにてご案内させて頂きます。

-------------------

DAZNがプロ野球、Jリーグ、世界のサッカー中継を一手に引き受けることになるのでしょうか、まあスポーツだからかまわないという見方もあるでしょうが・・・。DAZNはテレビ局じゃないわけですし。スマホでリーガを見るというのはやはり嫌ですね。テレビで見る方法を考えないといけません。ちょっと不愉快な気分。WOWOWはそれなりに充実した放送だったので。

DAZNの評判はあまりよくないようです。

エスパルス研究所:http://blog.livedoor.jp/skenblog/archives/22616965.html

視聴トラブル連発:http://arutopi.net/archives/681

【必見】話題の DAZN(ダゾーン) を契約してみた:https://jets94.com/22819/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

ワールドカップ: 民族の団結を粉砕した移民パワー

Braugranaウムティティvsラキティッチの試合はウムティティが制し、フランスはワールドカップを獲得しました。デンベレは同じポジションにエムバペというスーパースターがいて出番が少なかったのは残念でした。

フランスのメンバーのなかにはウムティティやデンベレもそうですが、移民か移民の子供が23名中19名いるそうです↓

http://nofootynolife.blog.fc2.com/blog-entry-3461.html

移民が国家に底知れない活力を与える好例となりました。

晋三政権が久しぶりに実行した良い政策として、外国人の就労拡大があります。外国人が我先にやってくる国は自慢できる立派な国であり、恐れることはありません。彼らが日本人のなかにはいりやすく、日本人も彼らに親しく交際できるような政策を進めることが重要です。

まず日本は物凄い勢いで没落しつつあることをみんなが認識することが重要です。日本人だけの力ではこの危機は突破できないことを私は確信しています。逆ピラミッド型の年齢構成になって、国家が老化することは数十年前からわかっていて、それなのに何ら有効な対策を打てなかった日本の歴代政権をみてみるだけでもそれは明らかでしょう。「日本人はケガしてから安全対策を考える」という揶揄がありますが、本当に将来を見据えて計画的に事を進めるという遺伝子が、日本人には欠けているように思います。

まず人種差別禁止法を制定し、言語を通じるようにする活動をサポートする(日本語学校の無料化など)ことからはじめるよう政権に求めたいところです。小学生に英語を教えるというのは移民と融和するためにはあまり役立たないでしょう。クラス分けして仏語や中国語を教えるのは良いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

2018 FIFAワールドカップ バルサ選手も参戦

800pxfifa_world_cupいよいよワールドカップが近づいてきました。西野朗率いる日本代表も、ようやく誰を使えば良いかわかってきたようです。

酒井高徳と乾貴士が絶好調なのは頼もしい。柴崎・岡崎・香川・酒井宏樹が出場できる状態なのも頼りになります。

緒戦のコロンビアには、普通にやっていては勝つチャンスはほぼゼロですから、引き分けるための戦術的なサッカーをやらなければいけません。是非451でやってほしいと思います。後半途中まで失点ゼロでおさえれば、スタミナ勝負に持ち込んで勝てるチャンスもあると思います。

セネガルとポーランドには、普通に4231か442で全力でぶつかるのみです。最終ラインのコントロールを、心を合わせてきっちりやってほしいと思います。

バルサ選手も、多くが各国チームから参戦します。リストを作ってみました。

Braugrana

=====================
スペイン
---------------------
ジェラール・ピケ
セルヒオ・ブスケツ
ジョルディ・アルバ
(アンドレス・イニエスタ)
=====================
ウルグァイ
---------------------
ルイス・スアレス
=====================
フランス
---------------------
サミュエル・ウムティティ
ウスマヌ・デンベレ
=====================
アルゼンチン
---------------------
リオネル・メッシ
=====================
クロアチア
---------------------
イヴァン・ラキティッチ
=====================
ブラジル
---------------------
フィリペ・コウチーニョ
パウリーニョ
=====================
ドイツ
---------------------
テア=シュテーゲン
=====================
ベルギー
---------------------
トーマス・フェルマーレン
=====================
コロンビア
---------------------
ジェリー・ミナ
=====================

註:イニエスタはヴィッセル神戸に移籍

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

イニエスタ ヴィッセル神戸入団決定

Img_2464バルサを退団したイニエスタ(Andrés Iniesta Luján)がヴィッセル神戸に入団することに決まりました。

イニエスタは左サイドのテクニシャンで、ドリブルで相手を交わしてゴール前にショートクロスを供給するとか、一瞬のスキをついてスルーパスやループを、フォワードの突入に合わせるとかが得意のプレーヤーです。

若い頃には同じタイプのロナウジーニョがいて、しかもロニーはシュートもうまかったので、なかなかスタメンを張れずにブー垂れていたこともありました。イニエスタはシュートは基本的に下手です。

イニエスタは走る距離が長いと鈍足なので、守備を固めてカウンターで得点を狙うチームには向きません。そして意外にもトップ下でゲームをコントロールするのは苦手です。バルサの監督も、よく「もっとゲームをコントロールしろ」と注文をつけていたようですが、なかなかうまくいきませんでした。それは彼にはチャビの様な大局観がなく、瞬間の人だからです。一瞬相手より早く動いて、抜き去ったりパスを出したりする職人なんですよ。ですから相手の一瞬のもたつきをついて球を奪うのも得意です。

私はヴィッセル神戸の試合を見ていないのでどうなるか想像できませんが、イニエスタを使うならトップ下ではなく、左サイドの攻撃的MFとして使って欲しいですね。433なら左のFWでもいいと思います。

ただ彼もバルサでコントロールタワーの役がうまくいかなかったので、なんとか晩年にはトップ下をやって成功したいという希望があるかも知れません。それがモチベーションでサッカーを続けたいというならそれもいいかな。あともういい年齢(34才)で足も故障がちなので、適宜休ませつつ使って欲しいですね。

Biglobe news
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0524/ori_180524_7169102616.html

Livedooer news
http://news.livedoor.com/article/detail/14759345/

youtube
https://www.youtube.com/watch?v=b87INOIr6tw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

バルサ クラシコを踏ん張って無敗続行

Img_2446ホームでのクラシコ。10万人収容のスタジアムが満員で盛り上がりました。レアル・マドリーもBBCそろい踏みで役者が揃いました。お馴染みのメンバーです。イニエスタは最後のクラシコです。バルサも目立った故障者もなく、最強メンバーで迎え撃ちます。

私にとって永年レアル・マドリーとの戦いはイコール:ペペのヴァイオレンスとの戦いであり、異常に興奮したものですが、彼が居なくなってやや脱力してしまいました。

もうひとりの問題児マルセロはペペとはまた違って、彼の哲学はおそらく「サッカーとはいかに人をだますかというゲームだ」というものでしょう。ある意味でそれは真実であり、フェイントもノールックパスもそうです。ただ彼のはレフェリーに見られないようにファウルするとか、シミュレーションでレフェリーをだますとか、誰も見ていないところで足を踏みつけるとか、そういうダーティーなプレーが持ち味です。

セルジ・ロベルトもさんざんマルセロにやられていたので堪忍袋の緒が切れたのでしょうが、レッドカードをもらってしまったのではマルセロの思うつぼです。マルセロのプレーはレフェリーもよく承知しているので、ほんとにファウルを受けたときに損をすることもあります。今回もPKくさいのが取ってもらえませんでした。

1人少ない状態でがまんできたのは今シーズンのバルサの強さですね。ラキティッチ・ブスケツ・パウリ-ニョで守って失点を防ぎました。そしてスアレスとメッシが得意のプレーで点を取りました。結果はドロー。ただレフェリーの判定でツキもありました。こういうのがないとシーズン無敗なんて実現できないでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧