カテゴリー「バルサ(FC Barcelona)」の記事

2022年12月19日 (月)

サラの考察24:ワールドカップ終了 アルゼンチンおめでとう

Img_0290a_20221219161801

サラ「ワールドカップはアルゼンチンが優勝して、Monが一押しのフランスは負けちゃったけど、なにかいいたいことはある?」

私「アルゼンチンはフォワードの3人を抑えるのではなく、その背後の3人(グリーズマン、ラビオ、チュアメニ)を押さえにかかったね。これは良いアイデアだったと思うよ。前半フォワードはほとんど仕事ができなかったからね」

グレチコ「ちょっと修正が遅すぎたけど、さすがに後半になるとデシャン監督はなるべく長いパスで中盤を省略する作戦に出て、アルゼンチンの思惑をようやく外すことができて延長に持ち込んだ」

サラ「延長はきついわね。でも今日はメッシも結構走っていたみたい」

私「もう延長は個の技術と精神力の戦いだね。デンベレはPKの原因まで作って前半でベンチに下がったけど、クンデはヴァランとウパメカノという怪物たちと共によくまあ120分頑張ったね。絶大なる拍手を送りたい」

グレチコ「この試合、メッシとエムバペもPKを1回もはずさないで決めたのは立派」

サラ「これで終わったけど、印象に残った選手は?」

私「メッシとエムバペはまあ別格として、GKのボノ(モロッコ)は強く印象に残ったね。スペインは彼に息の根を止められたという意味でもね。日本人では三苫のタイミングをはずすドリブルが印象的だった」

グレチコ「アルゼンチンのアルバレスもいい選手だったね。印象に残ったよ。彼のふわふわしたドリブルはアンスーを思わせるところもある」

私「マンCで使わないんだったら、レンタルでもバルサでプレーして欲しいよ。ずっとトップをレバンドフスキでやるわけにはいかないんだから」

サラ「じゃ 皆さんお疲れ様でした。ともかくアルゼンチン優勝おめでとう」

私「リーガ・エスパニョーラは大晦日から再開されるそうで、また忙しくなるけど頑張るべし」

| | | コメント (0)

2022年12月15日 (木)

サラの考察23:ワールドカップ5

Img_0290a_20221215120401

サラ「セミファイナル 終わったね」

私「クロアチアもモロッコも全力を出し切った感じだったね」

グレチコ「クロアチアは中心がモドリッチ、コバチッチの高年齢コンビで最後まで保たなかった感じだし、ストライカーの人材不足もあった」

私「メッシは子供の頃からドリブルの天才と言われていたけど、ロナウジーニョに言われてPKとFKの練習をものすごく熱心にやったんだ。彼はこの点では努力の人でもあるんだ。今でもPKとFKは世界一なんじゃないかな。」

サラ「アルゼンチンは疲労を最小限に抑えて、ファイナルまでスタミナを残すようなプレースタイルだったのかな。メッシなんていつも歩いてるし・・・。モロッコvsフランス戦はモロッコの中盤選手が疲労していた感じがしたわね」

私「そうだね。フランスはあの故障がちなエムバペがずっと絶好調だったのが大きいね。バルサのメンバー、デンベレとクンデもずっとスタメンで頑張った。あのメンバーでスタメン張るのは半端じゃないよ。私が一押しのウパメカノが、多分コロナだとおもうけどセミファイナルに出場できなかったのは残念だけど」

グレチコ「ファイナルはどうなるかな?」

私「もちろん死闘になると思うけどフランスが勝つよ。デンベレ・ジルー・エムバペのトリデンテは止められないと思うよ。もちろんベンゼマが出ていたらもっと危なげなかったと思うけどね。フランスが注意しないといけないのはエリア内でのファウルだね。わざとファウルを誘うようなプレーに気をつけないと。メッシはPKうまいから止められないよ」

サラ「予想が当たるといいわね」

 

| | | コメント (0)

2022年12月 2日 (金)

ワールドカップ 日本代表ベスト16おめでとう

1_20221120175801_20221202112101

JvsスペインのゲームにJが勝利しました。これは第一に森保監督の作戦勝ちでしょう。Jは批判を恐れず541の守備的なフォーメーションでスタートしました(テロップがそうなっていないのにはあきれましたが)。しかもワントップの前田がDFとブスケツのラインを切るという戦術です。普通1トップにこのような守備の重荷を課すというのは邪道ですが、ブスケツの年齢と後半の作戦も考慮してやらせたと思います。これでスペインはデフォルトのパスルートがなくなり困りました。

ただJも5バックは経験が少ないのでラインコントロールが難しく、よく頑張ったと思いますが、失点のシーンは少し下げすぎたかな。でも前半1点の失点で終わったのは想定内だったと思います。後半は例によって三笘・堂安の切り札をだして攻撃的なフォーメーションに転換し、2人の大活躍で2点とれました。リードしてからは前回のベルギー戦の敗退の教訓を生かして、徹底した守備に再び戦術変更し逃げ切りました。Jチームおめでとう。

バルサファンとしてはペドリ、ガビ、バルデはいつも通りのプレーができていて良かったと思います。ただブスケツは前田になすすべなく完封されるという失態で、ダメでした。もっと球をもらえるよう動かないといけませんが、もうプレーヤーとして晩年なのかなあとあらためてがっかりしました。スペインのチームはやはりストライカー日照りです。最後にアンスー・ファティが出ましたが、Jのガチ守備の前にいいところなしでした。まあ彼はガラスのエースなので無事で良かったです。スタメンで使わなかったエンリケ監督に感謝です。

Jの次の相手はモドリッチとコバチッチが率いるクロアチアですが、このチームは多分スペインより相当当たりの強いチームだと思います。でも5バックで戦う相手じゃないので、普通のガチンコ勝負でいくしかありませんね。頑張れJ。

 

| | | コメント (0)

2022年11月20日 (日)

2022ワールドカップ開幕

1_20221120175801

2022ワールドカップ@カタールが本日開幕します。私は普段はラ・リーガのバルサの試合しか見ないので、ドイツや英国でやっている選手が多いJのメンバーはよく知りません。スペイン代表(ラ・ロハ)は一応知っている選手が多いです。普通サッカーのファンは特定のチームのファンなので、ワールドカップのようにチームのためでなく、別の目的で選手を持っていかれるのは不安半分です。特にワールドカップは国威発揚やチームとは異なるいろんな組織・会社の利益のために利用されている感じが嫌ですね。それでもJとスペインは応援しますが。

スペイン代表について言えば、FWにバルサのフェラン・トーレスのようなGK正面にしかシュートしないような選手が選ばれている時点でアウトでしょう。まあ最近はやや改善の兆しはありますが。モラタもオルモもアセンシオも一流とは言えませんし、結局ニコ、ピノ、ファティらの若手に期待することになるのでしょうか? バルサファンとしてはファティは何度も手術した選手で、腫れ物に触るように大事に使っているので、ワールドカップでフル出場したりするのはメチャクチャ怖いです。勘弁してほしい。MF・DFには一流選手がそろっているので、簡単には負けないと思いますが。

日本代表は常識的に考えれば歴史上最強のはずです。プレミアリーグやブンデスリーグで活躍している選手が多いので、チームワークさえうまくいけばそこそこいけるのではないでしょうか。久保も頑張るでしょう。カナダとの練習試合を見ると柴崎も好調のようです。でもなんと言っても、プレーを見たい選手は三笘ですね。スペイン代表にはいってもスタメン張れるでしょう。体調が良からんことを祈りたいです。日本代表もスペインと同じで、MF・DFには一流選手が多いようですね。ただカナダ戦を見ていると、スタミナには不安があります。

個人的感情を抜きにすると、グループEで一番国威発揚してほしいのはコスタリカですね。軍隊を持たない国ですから、国威発揚は青天井でOKです。

優勝予想ということになると、ベンゼマが故障しましたがフランスでしょうか。あとはやっぱりブラジルかな。バルサのクンデやラフィーニャには活躍してほしいです。個人としてはバルサの攻撃を完封したフランス代表のダヨ・ウパメカノ(FCバイエルン所属)をリスペクトしているので応援します。

| | | コメント (0)

2022年9月12日 (月)

あるサッカースタジアムでの出来事

1280pxestadiocarranza1

ジブラルタル海峡にほど近く、大西洋に面したカディスというスペインの町があります。日曜日にバルサがやってきてラ・リーガのサッカーの試合がありました。バルサは今週ミッドウィークにFCバイエルンとの大一番を控えて、かなりメンバーを温存したとはいえ、カディスは目一杯頑張って前半は0:0で終了。

後半レバンドフスキらを投入したバルサはようやく2点とってあと試合終了まで10分くらいのところで事件は起こりました。レフェリーが突如試合を中断してベンチに走って行きます。けんかとか暴言だとスタンドの方に走っていくはずなので一体何が起こったのか、視聴者も放送陣も呆然。しばらくするとベンチからAEDが持ち出され、スタンドに投げ込まれました。

写真(ウィキペディアより)のように、このスタジアムはスタンドの傾斜が急でやばいなとは思っていましたが、実際お客さんが転落して心肺停止になったようです。WOWOWの放送は何が何だかわからないまま試合途中で終了という前代未聞のハプニング。結局1時間ほど中断して、選手はトレーニングを行った上で再開されたそうです。ともかくくだんのお客が命をとりとめただけでも幸いでした。
https://twitter.com/Cadiz_CFJP/status/1568800346734206978

放送の段取りなどがぐちゃぐちゃになるなどの問題を乗り越えて、試合を中断した関係者の配慮も素晴らしいと思いました。スタンドで人が生死の境をさまよっているときに、サッカー観戦を楽しむことはできませんね。しかし日本で同じことが起こったらどうだっただろうと考えてしまいました。

チャビ監督談「サッカーを超える状況だった。席から落ちて、心臓発作を起こしたと聞いた。カディスとバルサ、審判三者が試合を中断することで一致した。僕らが話しているのは、一つの人間の命だ。命より大事なものはない。できる限り、早い回復を願っています」(バルサHPより)。

| | | コメント (0)

2022年8月 9日 (火)

2022 バルサ 行く人来る人

Ronaldinho_11feb2007

2022~2023シーズンの開幕がすぐそこまで迫ってきました。
さて今シーズンのバルサはどうでしょう?

行く人

リキ・プッチ(MF)
→ロサンジェルス・ギャラクシー
無双のテクニシャンですが、スピード感のないところがね。

オスカル・ミンゲサ(DF)
→セルタ・デ・ビーゴ
私の好きな選手でした。ファイター系のディフェンダー。
新天地で頑張ってほしい。

フランシスコ・トリンコン(FW)
→スポルティング・リスボン(レンタル)
バルサではデンベレの陰で活躍できず。

ノルベルト・ネト(GK)
→アソシエーション・FCボーンマス
テア・シュテーゲンの陰で第2キーパーでした。
素晴らしい選手なので、レギュラーで活躍できる
チームに移籍できておめでとうと言いたい。

来る人

ジュール・クンデ(DF)
←セビージャ
ドリブルと密着守備が得意。

アンドレアス・クリステンセン(DF)
←ボルシアMG(チェルシーからのレンタル)
位置どりが素晴らしいディフェンダー。

ロベルト・レヴァンドフスキ(FW)
←バイエルン・ミュンヘン
FCB(エフツェーベー)を世界一のチームに押し上げた人。

ハフィーニャ(FW)
←リーズ・ユナイテッド
テクニシャンのストライカー。

フランク・ケシエ(MF)
←ACミラン
つぶし屋っぽいがテクニシャンでもある。

豪華な補強と言えますが、これでオーバメヤン、ファティ、デンベレはともかく、メンフィスやブレイスウェイトに出番があるとは思えません。フェランもいるしどうみてもFWは過剰で無茶です。まるで一昔前のレアル・マドリーのようです。放映権を売ったり相当無理をしているようですが、まあそれもバルサか・・・。

このメンツだとビッグイヤーはともかく、ラ・リーガの優勝はマストでしょう。
これでタイトルを逸するようなことがあれば、ラポルタもアレマニもチャビも辞表を書かなければなりませんね。

Himne del Barca

1.
声を あげよう
われら ブラウグラナ
地の涯からも 集いし友よ
掲げる旗のもと 拳(こぶし)を合わせよう
ブラウグラナは 嵐を呼ぶ
叫べ われらの名

バルサ バルサ バルサ

2.
嬉しい日 悲しい日
どんなときも
心ひとつに 合わせし友よ
掲げる旗のもと 勝利を信じよう
ブラウグラナは 嵐を呼ぶ
叫べ われらの名

バルサ バルサ バルサ

歌 ベト
https://www.youtube.com/watch?v=Vm_CP7L1UxY

バルサ体操
https://www.youtube.com/watch?v=Gshc1pNF-c0

 

| | | コメント (0)

2022年5月29日 (日)

UEFAチャンピオンズリーグ決勝

Uefa_champions_leaguesvg

 

先日のクラシコではバルサになすところなく敗れたレアル・マドリーが、なんとなんとビッグイヤーを獲得してしまいました。私の予想ではマンCかバイエルンが優勝するのではないかと思っていたので意外な結果です。

決勝はサンドニでリバプールとマドリーの争いとなりました。リバプールはがっちりと守備を固めた上にフォワード陣が絶好調で、特にサラ(うちのサラとはRとLの違いがある)は若い頃のような素晴らしいシュートを連発していました。それらを含めてマドリーのGKクルトワは獅子奮迅の大活躍で雨あられのシュートを全部止めました。

アンチェロッティが右エストレーモにフェデ・バルベルデを起用したのが当たり。後半素晴らしいラストパスをゴール前に通して、ヴィニシウスがゴール。マドリーらしい勝利でした。まずはおめでとうございます。

バルサはラ・リーガを2位で終了しましたが、わけのわからないまま終わったシーズンでした。チャビがどんなサッカーをやりたいのかもよくわかりませんでした。結果的にはエストレーモからのクロスを頭で決めたケースが多かったようです。それならずっとルークとオーバメヤンを2トップで使えばいいのにそれはタブーのようでした。FWは数だけは有り余るくらい選手がいて、サラリーキャップにひっかかり今オフは大変な事態になっています。誰が出るのか残るのかさっぱりわかりません。さて来シーズンはどうなることやら。

 

| | | コメント (0)

2021年11月21日 (日)

チャビ・エルナンデスの帰還

1_20211121153201

チャビ・エルナンデスがバルサの監督として帰還しました。スペインサッカー協会のルールでメッシをかかえられなくなったバルサ。故障者が続出する上に補強もままならなくなり、衰退の一途をたどりそうでしたが、チャビが奇跡の再建をなしとげられるかどうか?

今日の試合はエスパニョールが前半ドン引きだったので変化はよくわかりませんが、サイドを突破してからマイナスのパスを中央にもどすという場面が多かったように思いました。PKはご祝儀みたいなものでした。後半はピンチの連続で、よくまあ勝てたものだと思います。ちょっと目を引いたのが、後半右エストレーモで登場したアブデ(アブデサマド・エザルゾウリ)という選手で、ドリブル突破もできるし、クロスも割と正確という・・・なかなかいいじゃないの! 使うべし。
https://www.fcbarcelona.jp/ja/news/2317861/

土曜日にチャンピオンズリーグのライプツィッヒ vs パリの試合を覗いてみましたが、ライプツィッヒのスタジアムは人数制限なしでほとんどマスクしている人はいません。おまけに大騒ぎでチームを応援。これじゃあいくらワクチンパスポートがあっても、感染爆発が起きるのは当たり前です。いいかげんでワクチン至上主義はダメだということを理解して欲しい。私はドイツという国はかなりリスペクトしていたのですが、こんなにバカな人が多くてはどうしようもありませんね。

2_20211121162601

From Worldometer

これにくらべるとカンプノウは7万人入場したそうですが、かなりの人がマスクをしていました。でもしていない人もそこそこいたので、ドイツほどではないにしても、感染再拡大しそうな悪い予感がしました。

(チャビの写真はウィキペディアより)

1_20211121160801

 

 

| | | コメント (0)

2021年11月 2日 (火)

FCバルセロナは生き残れるのか?

1_20211102092201

バルサは今最大の危機に瀕しています。なんとレギュラーメンバーのうち9人が病気やケガで試合に出られません。

欠場者リスト

FW:セルヒオ・アグエロ、アンス・ファティ、マルティン・ブライトバイテ、ウスマン・デンベレ

MF:フレンキー・デ・ヨング、セルジ・ロベルト、ペドリ

DF:ロナルド・アラウホ、ジェラール・ピケ

水曜日のディナモ・キエフ戦は、あり得ないメンバーで戦わなければなりません。
フォルサ・バルサ⚽

ニーチェはツァラトゥストラに次のような言葉を語らせています

「深い黄、熱い赤、わが趣味はそれを欲する-すべての色に血をまぜることを。自分の家を白く上塗りにするものは、その魂も白く上塗りしているに違いない」
(「ツァラトゥストラはかく語りき」 ニーチェ著 佐々木中訳 河出文庫より)

Senyera

カタルーニャの旗

 

| | | コメント (0)

2021年8月14日 (土)

バルサ 2021/2022シーズンの開幕

Photo_20210814112201

メッシの衝撃的な離脱で、戦略の見直しを迫られたバルサですが、将来のエースと期待されたアンス・ファティが昨年大けがをして、その手術が失敗し、さらに追加の3度の手術で今シーズンもリハビリからスタートという悲惨な現実に直面しています。そしてせっかく獲得したアグエロも負傷離脱で、FWの新戦力はデパイのみという不安なスタートとなりました。

デンベレは切り返して一人抜くという一芸だけですからあてにはなりませんし、グリーズマンもストライカータイプではないので、まあそこそこはやるだろうという程度です。ブライトバイテとデパイがかなり活躍してくれないと、とても戦えません。

中盤はコウチーニョ・ペドリ・デヨングがいるので心配していません。ミンゲサは右のSBではなくCBで起用して欲しいのですが、まあ仕方ありません。今シーズンのディフェンサは十分人材豊富なので、ピケも寄る年波で出られない状況にはいずれなるでしょうが、そんなに心配はしていません。やはりFW(デランテロ)が心配の種ですね。

来る人

エリク・ガルシア(from マンチェスター・シティ)DF
セルヒオ・アグエロ(from マンチェスター・シティ)FW 負傷離脱
エメルソン・ロイヤル(from ベティス)DF
メンフィス・デパイ(from オランピク・リヨン)FW

往く人

リオネル・メッシ(to パリ・サンジェルマン)
フランシスコ・トリンコン(to ウルヴァーハンプトン)
ジュニオル・フィルポ(to リーズ・ユナイテッド)
ジャン=クレール・トディボ(to オランピク・ニース)
カルレス・アレニャ(to ヘタフェCF)

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧