カテゴリー「バルサ(FC Barcelona)」の記事

2020年9月28日 (月)

バルサ 新シーズン開幕

1_20200928155301

リーガ・エスパニョーラは今シーズンも無観客ではじまりました。日本の約10倍の感染者が日々でているので、これはやむを得ないでしょう。その代わり異常に華やかな花火が打ち上げられました。

バルサの緒戦相手はビジャレアル。久保は先発ならずベンチで観戦。

新生バルサの戦術やいかにと見ていたら、コウチーニョがコントロールするチームになりました。メッシをダミーにして、左サイドのアルバ&アンスーにパスを出すという作戦がはまってあっという間に3点とってしまい、オウンゴールのおまけまでつきました。

前半右サイドのセルジ、グリーズマン、メッシはほとんど機能せず。ほぼ片肺飛行でした。
フレンキーがビルドアップと守備の仕事に専念していたので、守備は安定しました。これは今シーズンの肝でしょう。ブスケツはちょっとパフォーマンスが落ちていて、シーズンが進むと問題が出てきそうです。

後半は多分指示が出て右からも攻めていましたが、ダメでした。やはりデンベレかトリンカオを使ってみたい。右SBも新戦力を使いたいところです。後半はアルバがバテてしまって、左サイドも不発でした。

前シーズンの終盤からみると、見違えるようにレベルアップしたバルサでとりあえず安心しました。

久保は終盤に出場しましたが、特に見せ場もなく終了しました。

1.

声を あげよう

われら ブラウグラナ

地の涯からも 集いし友よ

掲げる旗のもと 拳(こぶし)を合わせよう

ブラウグラナは 嵐を呼ぶ

叫べ われらの名

バルサ バルサ バルサ

2.

嬉しい日 悲しい日

どんなときも

心ひとつに 合わせし友よ

掲げる旗のもと 勝利を信じよう

ブラウグラナは 嵐を呼ぶ

叫べ われらの名

バルサ バルサ バルサ

 

プロが歌うイムノ(バルサアンセム) ベトかっこいい

https://www.youtube.com/watch?v=Vm_CP7L1UxY

https://www.youtube.com/watch?v=istGQ0xTCms

https://www.youtube.com/watch?v=QS3Um8Zekw4

 

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

バルサ 遅ればせながらシーズン開幕 行く人来る人

1_20200926113001

いよいよバルサの新シーズンが日曜日にはじまります。コロナ禍もさることながら、プレシーズンは事務能力に欠けたバルメトウ会長の失態が続いて大混乱に陥ったバルサです。直前までドタバタ劇はつづきましたが、どうにか開幕までこぎつけました。

バルサ行く人来る人

行く人:

ネルソン・セメド
→プレミアリーグ・ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ

ルイス・スアレス
→アトレチコ・マドリー

アルトゥーロ・ビダル
→セリエA・インテル・ミラノ

イヴァン・ラキティッチ
→セヴィージャ

アルトゥール・メロ
→セリエA・ユベントス


来る人:

フランシスコ・トリンコン(トリンカオ)
←ポルトガルリーグ・SCブラガ
今シーズン獲得した選手の中で最も期待されている選手でしょう。6000万ユーロオファーのプレミア入りを断って、3100万ユーロのバルサにきてくれました。

ミラレム・ピャニッチ
←セリエA・ユベントス
若くて有能なアルトゥールを放出して、もう峠を越えたベテランを獲得するとは誰もが不可解だと思うわけですが、どうも会計帳簿上の理由でこんな理不尽なトレードが行われたようです。

ペドリ
←ラス・パルマス
まだ17才の攻撃的MF。海のものとも山のものとも判断がつきません。

フィリペ・コウチーニョ
←FCバイエルン(レンタルから復帰)
メッシがいたために実力を発揮できなかった選手。メッシがあと1年いることになったバルサでどうか?

セルジーニョ・デスト
←アヤックス
左右どちらのSBも可

フアン・ミランダ
←ブンデス・シャルケ04
シャルケとは2年レンタル契約でしたが、急遽1年に短縮することで合意しました


予定外でメッシがあと1年バルサでプレイすることになり、メッシなき攻撃陣をどう立て直すかというミッションがグダグダになりました。さてどうまとめるかというところがクーマン最大の課題となりましたが、もっと直接的な危機はCBにあります。攻撃陣は余るくらい選手がいるのですが、CBとボランチは経験豊富な選手が不足しています。ピケもウムティティも峠を越えて故障がちで、ラングレしかいないという状況が発生する可能性が高いと思われ、そうなったらどうするのでしょう。ブスケツをCBで使うのでしょうか? そうするとボランチが不安になります。トディボはレンタルで出したので、あとはトップチームでの経験が少ないアラウホくらいしかいません。徹底したポゼッションサッカーをやっていた頃はCBは暇でしたが、クーマンはそのような作戦はとらないと思います。

バルサ公式サイト
https://www.fcbarcelona.jp/ja/



 

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

リスボンの悲劇に思う

1024px2014__ms_que_un_club__camp_nou__ba

by Luis Miguel Bugallo Sánchez


バルサは14日にリスボンでFCバイエルンに2:8の壊滅的敗退を喫し、それを受けて17日監督のキケを解任しました。

バルサの老朽化は1昨年くらいからささやかれていて、それはメッシやスアレスが結果的に得点をあげていたことから隠されていましたが、彼らの運動が低下していることがチームに負担をかけるようになっていることは明らかでした。さらにブスケツやラキティッチもフルタイムで働くことはできなくなってきて、しだいにチームの沈没が進行していきました。ピケやウムティティのCB陣も故障が増えてきて、それに拍車をかけます。

ですから今回の屈辱的敗戦で吹き出したバルサ破滅の責任は、キケの解任で済むものではなく、チームの若返りを怠ったフロントや理事会を含めた全体に帰することは明らかです。

誰が次期監督になるかはわかりませんが、ともかくコロナでチームにお金がないので強力な補強ができません。ですからメッシ、スアレス、ブスケツを中心としていたチームの骨格を若返らせるためには、レンタルの選手達をもどすしかありません。特にアラニャー・トディポ・ワゲはもどさないと選手が足りなくなりそうです。

超人ブスケツの存在があってこそのワンボランチシステムだったのですが、彼に代わる人材はいないのでブスケツが出場するときも含めて、今後はダブルボランチシステムとして、いままでのバルサとは全く違ったサッカーに転換しなければいけません。ビダル、ピャニッチ、セルジ、ラキティッチの奮起に期待したい。

CBは大きな心配の種です。ウムティティはコロナにも感染したとききますし、最近のパフォーマンスは決して俊敏とはいえないので、使いたくないですね。そうするとピケとラングレだけというまずい状況です。トディポの成長に期待したいですが、ここはどうしても補強したいところです。良い補強ができれば3バックというオプションもありとなって、システムの可能性が広がります。SBはスーパーじゃないですが、まあ大丈夫でしょう。ワゲは戻すべきですが。

攻撃陣はアンスー、リキ・プッチ、デンベレ、フレンキー、グリーズマン、アラニャーで何とかなるのではないかと思いますが、甘いですかね。まあ好調時のスアレスやメッシの代わりはいないでしょうが、いつまでも昔の夢に浸っているわけにはいかないでしょう。

しかしこのようなチーム沈没のさなかでも、バルサはカンプノウの命名権収入をすべてコロナの研究に寄付するというのは素晴らしい決断だと思います。まさにメスケ・ウン・クルブです。

 

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

リーガ・エスパニョーラは開幕しましたが

1_20200614200701

リーガ・エスパニョーラは開幕しました。フェイクの大観衆には驚きました。無観客のはずなのに、誰かが試合中に侵入して中断したのにもびっくり(誰やねん!)。マヨルカの久保君はなかなか活躍していました。バルサは前半のマヨルカの消極的な作戦に助けられての勝利。調子はまだまだですが勝てたことは非常に有難いです。
さて日本でもJリーグ・プロ野球などが来週にもはじまろうとしていますが、感染者数はどうでしょうか?

1_20200614200702

残念ながら東京都の感染者数は本日47名で、感染経路不明者も20名以上のようです。コロナ収束は遠しです。クラブや風俗は密接しないと意味の無いところですから、まだ解禁すべきじゃないですね。人が複数いるところで、大声出したり歌ったりするのもだめですね。これでどんどん感染者が増えるようだと、元の木阿弥になりかねません。今週は注目する必要があります。解禁ありきで検査をしぼるかどうかについても注視する必要があります。

ここで疑念がわくのは、これだけ東京都と密接な往来がある千葉県の感染者数が少なすぎることです。千葉にも大きな繁華街や夜の街もあるので、もっと積極的に検査してみればまだまだ出るのではないかと思いますが。

ゴール

ビダル:左からのクロスを、DFがついていたにもかかわらず力で押さえ込んでヘディングでたたき込む。

ブライスウェイト:左からのパスをショートバウンドでゴール上隅に決める。

アルバ:オフサイドぎりぎりでメッシのパスを受けて抜け出しゴール。

メッシ:プレゼントパスをゴール前で受け、左から右に走って右足でゴール。

バルサの左CBがアラウホだったのには驚きました。メッシが7:3分けだったのにはもっと驚きましたが。アルバとブライスウェイトは絶好調。セルジも髪型を変えて頑張っていました。メッシ、デ・ヨング、ピケはまあまあ。グリーズマンはまだまだでした。スアレスは後半出場しましたが、切れありません。

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

リーガ・エスパニョーラ 再開幕へ始動

1_20200501210501

2万数千人の新型コロナ死者を出しているスペインですが、ようやくピークは越えたようです。
とはいえ流行が終わったわけでは全然ありません。そんななかで・・・
リーガ・エスパニョーラは選手全員のPCR検査をやって、完遂するよていだそうです。
スペイン国民のサッカーに対する情熱は素晴らしいものがあります。

東京都も都響メンバー全員のPCR検査をやって、無聴衆コンサートをやれば🎵
と言いたくなりますね。

Lionel_messi_20180626

⚽ ⚽ ⚽ ⚽ ⚽

5月4日~5日:トレーニンググラウンドなどの検査

5月6日~7日:選手たち・コーチ陣の感染検査

5月8日~9日:検査結果の通知

5月8日~11日:トレーニング再開

6月21日:ラ・リーガ再開

1ヶ月+1週間で11試合やって7月中にリーガ終了

8月にチャンピオンズリーグの残り試合を実行

おそらく全部無観客でやるのでしょうが、ひょとするとポツポツと観客がいるような感じでやるのかもしれません。

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

ラ・リーガ停止

Covid19barca

直前になって今週末のラ・リーガが中止になりました。スペインの蔓延は当分終わりそうにないので、おそらく今シーズンはこれで打ち切りでしょう。そうなるとバルサは2ポイント差で優勝です。クラシコで完敗したのですが、次週になんとマドリーが敗れてこの結果。きつねにつままれたような感じです。

バッハIOC会長も今年のオリンピック開催を投げたようで、欧州の状況を見ればそれも頷けます。バッハが投げたなら延期もありで、トランプの言うとおり1年延期になるのでしょう。

都響の3月公演もようやく全部中止の案内が公式サイトに出ました。やれやれです。砂漠に放り出されたような気分ですね。

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

日本より新型コロナウィルス対応がやばい国

Pedro_snchez_in_2020

ペドロ・サンチェス首相

日本より新型コロナウィルス対応がやばい国 それはスペインです。

ようやく昨日くらいから政府も慌てて動き始めたようですが、もう相当感染者が増えていて買い占めなども始まっているようです。

私はリーガ・エスパニョーラが好きなので、いつ中止になるか戦々恐々としていましたが、事ここに至ってなんとまだ週末の試合が中止されていません。いくらなんでものんびりしすぎなんじゃないかな??? 先週あたりにはクラシコ普通にやっていましたし、あまりに何もやっていないので、私はまだまだスペインは圏外かと思っていましたが、どうもそんな感じじゃないようです。イタリアの二の舞にならないように祈りたいです。

http://www.spainnews.com/cgi-bin/keijiban.cgi

より: 

とにかくここの国民は、日本民族と違い、基本的に 
「手を洗わない」、「ボディコンタクトが普通」、
「衛生観念が低い」、「至近距離で大声で話す」、、、
と言うのが普通です(笑)
今朝も、スーパーで、近所に住むスペイン人の
おばあちゃんと久しぶりに会いましたが、
こんな状況でも、彼女の方から喜んで近寄って来て、
何の疑いも無く、チュッ、チュッ と左右のキス
をして来ました。
これだけ感染者や死亡者が出ていても、私が健康
保菌者だったら、、、、なんて考えもしないよう
ですね~(^^;
とりあえず、今は、スペインを含め、ヨーロッパ
への旅行は考えない方が良いと思いますよ。

数時間後: ようやくラ・リーガが2週間中止となりました。ほっとします。
ただレアル・マドリーの選手たちが隔離されたというのは衝撃です。
隔離明けですぐ試合は無理でしょう。残念!

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

バルサ 伝統のスタイルでグラナダに辛勝

1_20200120205501

監督交代後初めての試合でちょっと緊張しました。もちろん選手たちもそうでしょう。はじまってみればなんと3バック。これは全く予想しませんでした。ジョルディ・アルバの守備の負担を減らし、左サイドに張り付かせて攻撃する作戦です。一方右のセルジは3バックの一員でほぼ守備専任です。ピケとウムティティは非常にやりやすい感じで、このシステムははまりそうです。

そして昔懐かしいポゼッションサッカーの復活です(83%)。これが伝統のバルサスタイルサッカーですね。ヴィダルとラキティッチがこのシステムにはまっているのを見ると心配は杞憂に終わりそうです。アルトゥールは問題ないとしてあとはフレンキーですが、どうでしょうかねえ?

なかなか点が取れなくて、スアレス不在がきいてきましたが、ヴィダルのノールックのバックパスからメッシが決めてやっとこさの勝利でした。それにしてもシーズン途中の交代最初の試合で、これだけ変化させるとはキケという人物もすごいヒトです。まあこれがベストであるかどうかはわかりませんが、古いバルササポーターには受けるだろうことは予想されます。

Visca el Barca  !

https://www.youtube.com/watch?v=S_xD5-EvkfI

https://www.youtube.com/watch?v=vgK62BliyQk

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

バルサ シーズン途中で監督を解任

1_20200114110401

バルサが首位争いをしている中で、シーズン途中で監督を解任しました。新監督はバルサとは縁もゆかりもない、サンタンデール出身のキケ・セティエン氏です。

バルベルデはバルサスタイルのサッカーを捨てて、ともかく今シーズンの優勝をめざすことを決断し、アラニャーのレンタルやヴィダル・ラキティッチの中盤登用など手を打ってきましたが、それがバルサファンと首脳部の逆鱗に触れたようです。現在のバルサは平均身長は180cmを超えていますし、抱える選手もフィジカルが強くて瞬発力もある選手がそろっていて、ショートカウンターを狙うには十分なのですが、ファンはそれを拒否したわけで、それもまたありだと思いますが、スアレスの長期離脱もあって新監督は大変なことだと思います。

キケはそのポゼッションサッカー信奉のスタイルが支持されたのだと思いますが、アラニャーも出したばっかりでいったいどうするのかと心配になります。とりあえず今のスタイル(デヨング・ラキ・ヴィダルのMF)で行くのか、(今シーズンは優勝を半分諦めて)ガラガラポンにするのか注目です。個人的には監督交代よりFWを補強するのが先だと思いましたが。

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

彷徨うバルサ エル・クラシコの落胆

1_20191221114701

私はもともとバルサのファンじゃなくて、ロナウジーニョのファンだったのですが、当時パリ・サンジェルマンの試合をテレビで観戦する方法が無くて落胆していたところ、彼がバルサに移籍するかもしれないといううわさが流れて、いったいバルサとはどんなチームなんだろうということで関心がわいてきたのです。

幸いにして、当時からバルサの試合はWOWOWで放映していたので見てみました。FWはクライファート(オランダ人)とサビオラ(アルゼンチン人)という頼りないツートップで、あまり強くないチームでしたが、中盤のパス回しがうまくて面白いところがありました。ロナウジーニョとエトオが加わってからバルサはスペインを代表する強豪チームとなりました。

それからずっと首位争いに加わっていますが、今年のエル・クラシコを見たバルサファンのほとんどはががっかりしていると思います。それは結果(0:0のエンパテ)じゃなくて、中盤のポゼッションで完全にマドリーに負けて、バルサらしさが全く発揮できなかったことです。

マドリーの意図は明らかで、序盤で押し込み、サイドからどんどんクロスをゴール前に放り込んで、多少のリスクを冒してもバルサゴール前に選手を集めて先取点をヘッドでたたき込み、あとはがっちり守り勝つというという作戦です。

これはまあいつものことで、15分くらい我慢してあとはバルサらしいポゼッションを取り戻してメッシになんとかしてもらうはずだったのですが、いつまでたってもポゼッションで優位に立てず、必死に守ってカウンターを狙うという状況が後半まで続きました。

要するにブスケツとアルトゥールが欠場すると中盤でボールを支配できないことが明らかになりました。だったらもう最初からヴィダルを出して瞬殺カウンターを狙うサッカーにすればいいのにと思いますが、そこまでバルサスタイルを捨てる覚悟がなかったのでしょう。

ブスケツも年なので、彼がいないバルサはフレンキーやヴィダルを中盤に置く瞬殺カウンターサッカーをやるか、アラニャーやリキプッチを中心にした伝統のバルサスタイルで行くかの決断を迫られると思います。どっちかはっきりした方がいいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=sgHUPO7cnpE

https://www.youtube.com/watch?v=zqGroTwTI98

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧