« 第13回音楽大学オーケストラフェスティバル | トップページ | サラの考察22:ワールドカップ4 »

2022年12月 6日 (火)

サラの考察21:ワールドカップ3

Img_0305a

サラ「Jは終わったね。がっくり」

グレチコ「あのPKは駒野の亡霊にとりつかれていたね」

私「そうそう、絶対ふかしちゃいけないという呪縛」

サラ「クロアチアのGKは方向を確認してから動いていたわね」

私「ひとつ監督に言いたいことは、三苫はSBじゃなく、ヴィニシウスやロドリゴのようなエストレーモ(サイドアタッカー)として使うべきってこと」

グレチコ「サッカー協会は監督の続投をもくろんでいるようだけど」

私「私の意見としては、リカルド・ロドリゲスにJを率いてほしい。森保監督とは全く違う景色のJをみてみたいね。浦和を解任されたみたいで、ちょうどいいんじゃない」

グレチコ「浦和がフランクフルトに4:2で勝った試合はすごかったね。でも協会はロドリゲスのサッカーは好まないと思うよ」

サラ「日本人はサッカーはいかにして人をだますかという詐欺師のスポーツだということを理解していないのよ」

私「そうだね。パワー・スピード・根性 vs テクニック・コンビネーション・詐術
というのは アングロサクソン・ゲルマン vs ラテン という昔からのテーマではある。ところでサラ まだ眠っちゃいけないよ。あの弱いスペインを応援しなくちゃ」

| |

« 第13回音楽大学オーケストラフェスティバル | トップページ | サラの考察22:ワールドカップ4 »

にゃんこ(cats)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第13回音楽大学オーケストラフェスティバル | トップページ | サラの考察22:ワールドカップ4 »