« 続・生物学茶話197:円口類の嗅覚 | トップページ | 熊木杏里のニューアルバム「風色のしおり」 »

2022年12月15日 (木)

サラの考察23:ワールドカップ5

Img_0290a_20221215120401

サラ「セミファイナル 終わったね」

私「クロアチアもモロッコも全力を出し切った感じだったね」

グレチコ「クロアチアは中心がモドリッチ、コバチッチの高年齢コンビで最後まで保たなかった感じだし、ストライカーの人材不足もあった」

私「メッシは子供の頃からドリブルの天才と言われていたけど、ロナウジーニョに言われてPKとFKの練習をものすごく熱心にやったんだ。彼はこの点では努力の人でもあるんだ。今でもPKとFKは世界一なんじゃないかな。」

サラ「アルゼンチンは疲労を最小限に抑えて、ファイナルまでスタミナを残すようなプレースタイルだったのかな。メッシなんていつも歩いてるし・・・。モロッコvsフランス戦はモロッコの中盤選手が疲労していた感じがしたわね」

私「そうだね。フランスはあの故障がちなエムバペがずっと絶好調だったのが大きいね。バルサのメンバー、デンベレとクンデもずっとスタメンで頑張った。あのメンバーでスタメン張るのは半端じゃないよ。私が一押しのウパメカノが、多分コロナだとおもうけどセミファイナルに出場できなかったのは残念だけど」

グレチコ「ファイナルはどうなるかな?」

私「もちろん死闘になると思うけどフランスが勝つよ。デンベレ・ジルー・エムバペのトリデンテは止められないと思うよ。もちろんベンゼマが出ていたらもっと危なげなかったと思うけどね。フランスが注意しないといけないのはエリア内でのファウルだね。わざとファウルを誘うようなプレーに気をつけないと。メッシはPKうまいから止められないよ」

サラ「予想が当たるといいわね」

 

| |

« 続・生物学茶話197:円口類の嗅覚 | トップページ | 熊木杏里のニューアルバム「風色のしおり」 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・生物学茶話197:円口類の嗅覚 | トップページ | 熊木杏里のニューアルバム「風色のしおり」 »