« 堀米ゆず子の変幻自在 | トップページ | 続・生物学茶話160:グリア細胞 その1 研究史・起源と進化 »

2021年10月 3日 (日)

サラとミーナ255:晩年をのんびりとすごすミーナ

Img_4052a 

所定のベッドで昼寝するミーナ。サラはせっかくベッドを置いてもそこには来ません。自分が「発見」した寝心地のよい場所で寝ます。ミーナは体重はすっかり減りましたが、介護食などを食べていて、特に元気がないということはありません。

Img_4062a

ソファーにはなんとか自力で上がれるので、私の足にアゴを置いて休むのも好きです。

次回の都響は「ツァラトゥストラはかく語りき」ということで、予習としてニーチェの件の本を読んでいるのですが、ひとつわかったことはニーチェ=ツァラトゥストラは猫が嫌いだということです。狡猾なコソ泥というくらいの理解しかないのです。ちなみにツァラトゥストラのペットは鷲と蛇です。

 

| |

« 堀米ゆず子の変幻自在 | トップページ | 続・生物学茶話160:グリア細胞 その1 研究史・起源と進化 »

にゃんこ(cats)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 堀米ゆず子の変幻自在 | トップページ | 続・生物学茶話160:グリア細胞 その1 研究史・起源と進化 »