« 続・生物学茶話131: ギャップ結合が召喚したゴルジの亡霊 | トップページ | 加藤陽子著 「戦争まで」 »

2021年3月 1日 (月)

サラとミーナ243: ミーナが1日で一番緊張する瞬間

Img_3779a

春が近づき、そろそろジョージⅢ世君(ヒヨドリ)ともお別れする季節がやってきました。
今年はずっと配偶者を連れて来ていました。暖かくなると行動範囲を広げるせいか、食べ物が他で見つかるせいか、ベランダにはやってこなくなります。

ジョージⅢ世がベランダにやってくると、ミーナは最初の頃は興奮して窓ガラスに激突したりしていましたが、今はただ見つめるだけです。それでもミーナにとっては一番緊張する瞬間です。目がらんらんと輝いています。サラはたまにチラッと見るくらいです。

|

« 続・生物学茶話131: ギャップ結合が召喚したゴルジの亡霊 | トップページ | 加藤陽子著 「戦争まで」 »

にゃんこ(cats)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・生物学茶話131: ギャップ結合が召喚したゴルジの亡霊 | トップページ | 加藤陽子著 「戦争まで」 »