« 加藤陽子著 「戦争まで」 | トップページ | 続・生物学茶話132: 化学シナプスの実在とカルシウムチャネル »

2021年3月 6日 (土)

ミッドナイトブルー Music Bee 賛

私はもちろんLP時代を知っている世代ですが、いまでもLPはファンがいて売っているそうです。私も捨てられないLPを片手の幅くらいは所有していますが、もう2度と聴かないと思います。

だってLPを聴くには、まずニトムズのコロコロのようなクリーナーで表面のほこりを掃除して、カートリッジの針圧調整の1円玉をのせて、おもむろに針を下ろすんですよ。最初から聴くならまだいいのですが、途中の曲を聴くにはそこに命中させないといけません。

LPを光線でトレースする技術はあったにも関わらず、買い換えを期待したのかメジャーな企業は販売を放棄して、一気にCDになだれ込みました。そして最近はCDも買わないで、契約配信で音楽を楽しむ人が多くなったようです。

私はまだまだCD派ですがCDを回すのではなくて、いったんMP3かFLAC形式に落としてPCで聴くことが多くなりました。検索が簡単であることがその最大の理由ですが、ほかにも理由はあります。

私がPCで音楽を聴くときに愛用しているのは「MusicBee」というフリーソフトです。アップルの人は iTunes でいいと思いますが、ウィンドウズ派にはおすすめです。

まず 表示 → スキン → Blue → Midnight で画面のデザインを指定すると下のような画面になります。

Photo_20210306100901

この色調が落ち着いていて、さあ音楽を聴こうかなという気分になります。

ひとつ不満があるのは、ときどき曲順がいれかわってしまうことです。ここに出した画面にもそうなっている曲があります。これを手動でもどすことができません。なんとかしてほしいのですが、無料のソフトなので文句は言えません。

エミリー・シモン
http://morph.way-nifty.com/grey/2014/08/post-6dce.html

 

 

|

« 加藤陽子著 「戦争まで」 | トップページ | 続・生物学茶話132: 化学シナプスの実在とカルシウムチャネル »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 加藤陽子著 「戦争まで」 | トップページ | 続・生物学茶話132: 化学シナプスの実在とカルシウムチャネル »