« 政府は関西を見捨てるのか? | トップページ | 続・生物学茶話 124: ウルバイラテリアをめぐって »

2021年1月13日 (水)

サラとミーナ 240:16才になりました

16才といってもシェルターから譲渡してもらってから16年ということで、当時サラもミーナも成猫だったのでそれ以前にどうしていたのかはわかりません。ですからもっと永く生きているのかもしれません。

ミーナはすっかり体は老猫になって、視力・嗅覚・筋力はかなり落ちてきました。まあでもとりあえず元気ではあります。それに精神的には全く幼猫でほとんど進歩はありません。サラは触った感じとかでは全く年老いた感じがありません。実に若々しく、最近太ってきたくらいです。まだ洗濯機に飛び上がれます。20才くらいまでは余裕で生きそうです。

Img_3724a

ミーナ 何をにらんでいるの?

Img_3733a

作業している私の膝でくつろぐサラ。

Img_3728a

サラだって、たまにはボーッとしていることもあります

 

|

« 政府は関西を見捨てるのか? | トップページ | 続・生物学茶話 124: ウルバイラテリアをめぐって »

にゃんこ(cats)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 政府は関西を見捨てるのか? | トップページ | 続・生物学茶話 124: ウルバイラテリアをめぐって »