« 大野-都響: シューマン交響曲第3番「ライン」 | トップページ | 続・生物学茶話111: クオラムセンシング »

2020年9月14日 (月)

福山雅治のジェットストリーム

Index_20200914204801

 

私は寝る前にFM東京のジェットストリームを聴く習慣があるのですが、今春からは福山雅治さんが案内役になっています。この番組は50年以上続いているという超長寿番組です。

福山雅治さんはシンガーソングライターとしても、俳優としても超一流の人で、リスペクトしていますが、この番組だけはどうしても違和感があります。もう半年以上も聴いていますが、全くフィット感がありません。別に選曲に文句があるわけじゃなくて、彼の語り口に不自然さが感じられるのがねえ、うーん。私生活でも仕事でもこういうしゃべり方は決してしない方だからだと思います。もう聴くのやめようかと思うのですが、かわりの番組もないし困りました。

PS なんでジェッッットストリームなの?

 

 

|

« 大野-都響: シューマン交響曲第3番「ライン」 | トップページ | 続・生物学茶話111: クオラムセンシング »

私的コラム(private)」カテゴリの記事

コメント

滑舌の悪さと鼻声をカバーするためなのか、①名詞の後ろで話がとぎれるとか、②英語の発音の悪さ の二つがかなりひどい違和感がある原因では?
発音の悪さは、もうすぐ始まって1年にもなるのに例えば「グラフィティー」が「グラビティー」に聞こえてしまうとか・・・。
まさか両者を勘違いしているとか? ひょっとして英語が苦手??
番組制作者側も気づいているはずだけど、本人がアドバイスを聞かない???

投稿: | 2021年3月 1日 (月) 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大野-都響: シューマン交響曲第3番「ライン」 | トップページ | 続・生物学茶話111: クオラムセンシング »