« 病床はすでに逼迫しているのでは? | トップページ | 近況 »

2020年7月17日 (金)

児玉龍彦:東京はエピセンター化しつつある

Kodama

東大先端科学技術研究センター 児玉龍彦先生

https://johosokuhou.com/2020/07/17/34537/

短縮版

https://www.fnn.jp/articles/amp/63758

東大先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授が、参院予算委員会の閉会中審査で涙ながらに訴えています。

私は感染しているのに無症状で、しかも抗体もできないというメカニズムがよく理解できませんが、そういう人が実際にいてスーパースプレッダーとなっているのは事実のようです。そのような人が増えていくとかして自律的に感染者を生み出すことになると、その場所はエピセンターとなりウィルスの密度が増すので空気感染が常態化して、3密やソーシャルディスタンスなどという概念は意味を持たず劇場や電車も危険となります。

児玉先生の主張の核心は、エピセンター化しつつある地域を指定して、大量の検査を行って徹底的に押さえ込めということでしょう。先生が言うようにそのためには緊急の法改正が必要です。私はそれは間に合わないので、超法規的措置(晋三得意の閣議決定とか)によって、法令を超えた指示を出せる緊急司令塔を設置しなければいけないと思います。

西村さんは専門家ではありませんが、今政府を引きずっていけるのは西村さんしかいないと思うので、彼にエールを送りたい。頑張れ。

本日293人! 感染再拡大の東京でまた「症状あるのに検査が受けられない」事例相次ぐ
https://lite-ra.com/2020/07/post-5526.html

|

« 病床はすでに逼迫しているのでは? | トップページ | 近況 »

健康(health)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 病床はすでに逼迫しているのでは? | トップページ | 近況 »