« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月31日 (金)

続・生物学茶話103: 動物分類表

神経系の進化を見ていく前に、動物の分類と進化を復習しておきましょう。動物門と進化について図103-1を示します。この表のオリジナルは(1)で、私が日本語化し一部改変しました。右端に並んでいる〇〇動物というのが門の名前で、( )内はその代表的な種の名前になります。もちろん現在でもあいまいな部分もあるので、これからの科学の進歩に応じてこの表も進化するべきものです。字が細かいですが、クリックすると拡大できます。

Photo_20200731225101

図103-1 動物分類表

あまり系統樹的でない表現なので違和感がある方もおられるかもしれませんが、実はここに記した多くの門が成立したのは昔考えられていたようなカンブリア紀ではなく、さらに昔のエディアカラ紀以前だったことが近年わかってきました。そうすると化石がなかなかみつからないので形態学的分析が難しく、現存する生物のDNAから関係を類推するしかありません。それはなかなか困難な作業で、とりあえずずらずらと並べたというのが現在の科学のレベルだというわけで、これは致し方ありません。

一番上に記した海綿動物だけは胚葉がありません。したがって臓器や組織らしきものもありませんが、細胞による分業は行っています。平板動物には背と腹が存在し、2胚葉(外胚葉と内胚葉)を持つようです(2)。有櫛動物(ゆうしつ)動物や刺胞動物は明らかに組織が存在し2胚葉動物と言えます。一般的に2胚葉の生物は体の内側(内胚葉)と外側(外胚葉)に別の細胞群を配置し、内側は主に消化管で栄養をとるために存在し、外側は皮膚と感覚器官、そして神経を形成します。3胚葉になるとこれに中胚葉が加わり、骨・筋肉・血管などを形成します。

直泳動物と二胚動物は胚葉についてはよくわかりません。というのは両者とも寄生生物であり、もともとは複数の胚葉をもつ生物だったようですが、寄生を続けるうちに組織が退化してしまい、よくわからなくなってしまいました。扁形動物以下の生物は3胚葉(外胚葉・中胚葉・内胚葉)性と考えられます。

無腸動物と珍渦虫動物は、動物進化の初期段階に位置すると思われるめずらしい動物で(3、4)、表では前口動物と後口動物の間の位置に配置しました。これは仮の位置であり、研究が進めば別の位置となる可能性が高いと思われます。とはいえ左右相称動物なので海綿やクラゲよりは私たちに近い生物ではあります。ふたつあわせて珍無腸動物門とすべきだという説もあります(3)。

この表にあるどの門もカンブリア紀あるいはそれ以前から地球に存在し、ほとんどの生物が消滅してしまうような絶滅時代を乗り越えて現代でも棲息している種をかかえています。もちろんその間に環境に適応するべく遺伝子も変化させてきたことでしょう。ですからどの生物が高等でどの生物が下等であるなどとは言えません。人間の感覚から強いて言えば、神経系が発達しているものほど高等ということになりますが、それはそのように特殊化してきたに過ぎないとも言えます。

参照

1)Shared information of genetic resources (2019)
http://shigen.nig.ac.jp/algae_tree/MetazoaE.html

2)ウィキペディア: センモウヒラムシ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%82%A6%E3%83%92%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%B7

3)ウィキペディア: 無腸動物
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E8%85%B8%E5%8B%95%E7%89%A9

4)ウィキペディア: 珍渦虫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8F%8D%E6%B8%A6%E8%99%AB










 

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

ハイビスカス

Ready

ベランダで咲いたハイビスカス(アポロ4)

どうやら関東の梅雨明けは8月にずれ込みそうです。こんな天気でもちゃんと咲いてくれるアポロ4は偉い。素晴らしい園芸品種です。

========

実は現在このブログは激しいコメント攻撃を受けています。ちょっと気を許すとすぐに1000単位のジャンクコメントがついてしまいます。必死で火消しをやっていますが、とても全部のコメントを個々にチェックできる数ではないので、いただいたコメントを消してしまっている可能性が大です。申し訳ありません。ジャンクコメントの犯人は主として偽ブランド業者です。これはプロバイダーにも止めようがないでしょう。困ったものです。

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

続・生物学茶話102: ニューロンという細胞

脳神経組織の主役はニューロンという細胞(神経細胞)です。こんなに響きの美しい名前をつけられた細胞はほかにあまりみあたりません。名付け親はウィルヘルム・フォン・ワルダイエルというドイツの解剖学者で、1891年に造語したそうです。どんな細胞なのでしょうか? とりあえずウィキペディアに102-1、102-2のような模式図があります。ニューロンの特徴は核のある細胞体から細長いパイプのような構造体が突き出していることです。その突き出し方によって4種類のタイプに分類されます(図102-1)(1)。とはいっても、実際にはもっと複雑な形態のものが多いので、これらは典型的なものを示しているにすぎません。

1021
図102-1 ニューロンの4つのタイプ

1本の長いパイプと数本の短い突起体が突出している細胞が典型的な形態のニューロンです(図102-2)(1)。長いパイプは軸索と呼ばれ、通常ミエリン鞘というサヤで覆われています(覆われていない軸索もあります)。サヤを作っているのはシュワン細胞で、この細胞によるシールドは電線の被覆のようにぴっちり覆っているのではなく隙間が存在して、それはランヴィエ絞輪(こうりん)と呼ばれています。ミエリン鞘やランヴィエ絞輪については後に詳述します。長い軸索に対して、短い突起体は樹状突起と呼ばれています。たとえばヒト脊髄に存在する軸索には長さが1メートルくらいのものがありますが、樹状突起は数マイクロメーターの長さが普通です。

1022

図102-2 ニューロンとシュワン細胞

複雑なニューロンの構造を精細に記載し、その機能について正しく指摘したのはスペインの神経科学者カハールでした。図102-3は彼がスズメ視蓋(脳の一部)の組織切片をスケッチしたものです(2)。カハールのスケッチはスワンソンらによって復刻され、出版されているので、現在でも容易に閲覧することができます(3)。それまで中枢神経は多核の細胞が切れ目の無い網のような構造とっていると考えられていたのですが、カハールは図102-3のようなニューロンが多数集合した、非連続的な細胞の集合体であるという、いわゆる「ニューロン説」を唱えました。さらにニューロン同士はシナプスという特殊な接合部で連絡すると考えました。

1023_20200729125601
図102-3 カハールと彼が遺した鳥類脳のスケッチ

カハールは大学卒業後軍医として就職しましたが、赴任地となったキューバでマラリアと結核になり、長い療養生活を強いられました。しかしそのおかげでアカデミック世界に復帰し、マドリッド、サラゴサ、バレンシアで研究を続けましたが、バルセロナで銀染色の手技を身につけたことが、彼の人生を変えました。この方法によって神経細胞が鮮明に見えるようになったのです(4)。カハールは1906年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。この時同時に受賞したゴルジは網構造説を支持していました。ニューロン説は後にシナプスの構造が電子顕微鏡で明らかにされることによって、正しい学説であることが証明されました(図102-7)。

さて、ではニューロンはどのような方法で情報を伝達するのでしょうか? それは軸索とシナプスで大きく異なります。軸索での情報伝達に主役として関わるのは NaK-ATPase という細胞膜にはめ込まれた酵素です。この酵素を発見したのはロバート・ポストとイェンス・スコウです。

イェンス・スコウは麻酔薬の作用機構を研究していて、麻酔薬がナトリウムチャネルを解放することによって神経細胞内のイオン濃度を変化させ、麻酔の効果が現われると考えていました。チャネルというのは水路という意味ですが、細胞にはさまざまなチャネルがあり、それぞれ水門を持っていて開けたり閉じたりすることができます。ただし水位(濃度)が低いところから高いところへは分子を移動させることはできません。そのためにはエネルギーを消費して駆動するポンプが必要です。

イェンス・スコウは1958年にウィーンの学会でロバート・ポストに会い、ポストが赤血球で2分子のカリウムイオンが細胞内に汲み入れられると同時に3分子のナトリウムイオンが細胞外に汲み出されることを発見していたことを知りました。ポストはそのポンプの阻害剤としてウアバインを使っていましたが、スコウが研究していた神経細胞のナトリウムポンプ酵素もウアバインで阻害されることがわかり、スコウの酵素NaK-ATPaseがNaKポンプの実体であること判明しました(5、図102-4)。

1024

図102-4 ナトリウム/カリウムポンプの発見

イェンス・スコウはNa+K+-ATPaseの発見の功績によって、1997年のノーベル化学賞を受賞していますが、この発見にはロバート・ポストも大きく貢献したことは間違いありません。これを端緒として、軸索における情報伝達は何らかの刺激によってNa+チャネルが解放されて、Naイオンが細胞内に流入することによって活動電位が発生し、それが軸索に沿って伝播することによって情報が伝達されることがわかりました(図102-5)。

ニューロンは通常はNa+を細胞外に排出するために(ナトリウムポンプを動かすために)、生成したATPの70%を消費しています(6)。カリウムはNa+K+-ATPaseのはたらきで細胞内にとりこまれますが、実はカリウムイオン漏洩チャネルという常時開放している穴を通って外に出てしまうため、イオンの密度勾配にはあまり貢献せず、実質ナトリウムの濃度勾配が電位を決めています(7)。ナトリウムイオンのチャネルは通常は閉じていて、活動電位を発生させるときに開きます(7、図102-5)。チャネルが開くと、濃度勾配にしたがってナトリウムイオンは細胞内に流入します。

1025
図102-5 活動電位の発生

活動電位は両側に伝播しますが、神経細胞体が刺激を受けた場合、軸索が1本の細胞では軸索と反対側は行き止まりで、実質軸索内を軸索末端の方向に伝播します(図102-5)。軸索まで到達したシグナルは、さらに軸索末端からシナプスを通じて隣接する細胞に受け渡されます(図102-6)。シナプスでの信号伝達は後記するように一方通行なので、活動電位が両側性であっても、神経系における信号の流れは結果的に一方通行になります。

シナプスはカハールのニューロン説の基盤になっていたわけですが、その名付け親はカハールではなくシェリントン(Charles Scott Sherrington 1857-1952)です。シェリントンは筋が収縮すると、その逆側の筋(拮抗筋)が弛緩するという「シェリントンの法則」を発見したことで有名ですが、「脳は多数の反射を有機的に統合して複雑な運動を作り上げる作用をもっている」という学説を提唱して、近代神経生理学の基礎を築いた人です(8)。1932年にアクションポテンシャルの研究で有名なエドガー・エイドリアンとともにノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

シナプスでは図102-6のようにシナプス小胞に含まれている化学物質が前シナプス細胞(図102-6の上側細胞)と後シナプス細胞(図102-6の下側細胞)の隙間に放出され、そのシグナルを後シナプス細胞が表層で受け取ることによって隣接する細胞に情報が伝達されます。

1026
図102-6 シナプスとは

ニューロン説やシナプスが19世紀から唱えられ、また発見されていたにもかかわらず、20世紀の半ば以降にシナプスが電子顕微鏡で観察されるようになるまで、それらは一般に認知されませんでした。このあたりの事情は齋藤基一郎と佐々木薫の総説などに詳述されています(9、10)。カハールのニューロン説を勝利に導いたのは、エドゥアルド・デ・ロバーティス、ジョージ・パラーデらによる電子顕微鏡観察の研究結果でした(11、12、図102-7)。パラーデとは細胞分画法を確立し、リボソームと小胞体の関係を解明して1974年にノーベル生理学医学賞を受賞したあのパラーデです。

1027

図102-7 電子顕微鏡によるシナプスの撮影

文献9によると、デ・ロバーティス、パラーデ達の研究結果から「これによるとシナプス前膜とシナプス後膜は二枚の離れた厚さ7nmの膜であり,両者はシナプス溝(幅約20nm)の間隙によって隔てられており,シナプス前膜側にある神経伝達物質を含むシナプス小胞は直径50nmのサイズであることが明らかにされた」とあります。

前膜・後膜という名前からわかるように、シナプスにおける情報伝達には方向性があり、シナプス小胞が存在する側から存在しない側に一方通行で情報が伝達されます。シナプス小胞には神経伝達物質が含まれており、エキソサイトーシスまたは輸送体によってシナプス間隙に放出され、シナプス後膜の受容体によって受け取られます(13、図102-6)。

神経伝達物質としては 1.アミノ酸(グルタミン酸、γ-アミノ酪酸、アスパラギン酸、グリシンなど)、2.ペプチド類(バソプレシン、ソマトスタチン、ニューロテンシンなど)、3.モノアミン類(ノルアドレナリン、ドパミン、セロトニン)とアセチルコリンなどが知られています(14)。神経伝達物質の種類によってその受容体が異なるので、その後に起こることも違ってきますが、典型的には受容体がイオンチャネルであり、伝達物質の結合によってナトリウムが通過して活動電位が発生します。これによって電気シグナル(軸索)→化学シグナル(シナプス)→電気シグナル(樹状突起)→電気シグナル(軸索)という形でシグナル伝達が行なわれることになります(図102-7)。

シナプスにおける化学情報伝達の典型例は次のように考えられています(15)。

1.前シナプス細胞の軸索を活動電位が伝わり、軸索末端に達する。

2.活動電位によって、軸索末端膜上に位置する電位依存性カルシウムイオンチャネルが開く。

3.するとカルシウムイオンがシナプス前細胞内に流入し、シナプス小胞がエクソサイト-シスにより細胞外に放出される。

4.神経伝達物質はシナプス間隙を拡散し、シナプス後細胞の細胞膜上に分布する神経伝達物質受容体に結合する。

5.シナプス後細胞のイオンチャネルが開き、細胞膜内外の電位差が変化する。

参照

1)Wikipedia, neruron:
https://en.wikipedia.org/wiki/Neuron

2)Santiago Ramon y Cajal、"Estructura de los centros nerviosos de las aves", Madrid, 1905

3)Larry W. Swanson et al., Beautiful Brain: The Drawings of Santiago Ramon y Cajal., Harry N. Abrams Inc., New York (2017)

4)Wikipedia, Santiago Ramon y Cajal:
https://en.wikipedia.org/wiki/Santiago_Ram%C3%B3n_y_Cajal

5)Wikipedia, Jens Christian Skou
https://en.wikipedia.org/wiki/Jens_Christian_Skou

6)Wikipedia, Na+/K+-ATPアーゼ
https://ja.wikipedia.org/wiki/Na%2B/K%2B-ATP%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BC

7)Wikipedia, 膜電位
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%86%9C%E9%9B%BB%E4%BD%8D

8)サイエンスジャーナル 第32回ノーベル生理学・医学賞 シェリントン・エイドリアン「All or none low」 (2012)
http://sciencejournal.livedoor.biz/archives/3778846.html

9)齋藤基一郎、佐々木薫.電子顕微鏡によるシナプス研究の歩み その超微構造と働き、茨城県立医療大学紀要第6巻 pp.23-36(2001)
https://ci.nii.ac.jp/els/contents110000487031.pdf?id=ART0000878702

10)William A. Wells.From the archive., The discovery of synaptic vesicles. 
Published Online: 3 January, 2005 | Supp Info: http://doi.org/10.1083/jcb1681fta4
http://jcb.rupress.org/content/jcb/168/1/13.2.full.pdf

11)De Robertis, E.D.P., and H.S. Bennett., Some features of the submicroscopic morphology of synapses in frog and earthworm., J. Biophys. Biochem. Cytol. vol.1, pp. 47–58 (1955)
http://jcb.rupress.org/content/1/1/47?ijkey=606ed65709e41ffb73559e700fc15f6bfac2c752&keytype2=tf_ipsecsha

12)Palade, G.E., and S.L. Palay. 1954. Anat. Rec. 118:335. (1954)

13)脳科学辞典 シナプス小胞
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%97%E3%82%B9%E5%B0%8F%E8%83%9E

14)Wikipedia, 神経伝達物質
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E4%BC%9D%E9%81%94%E7%89%A9%E8%B3%AA

15)Wikipedia, シナプス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%97%E3%82%B9

 

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

弘田三枝子さんに哀悼の意を表します

Photo_20200307161701_20200728212901

歌手の弘田三枝子さんが21日に亡くなっていたそうです。
彼女は筒美京平氏とともにJPOPを創始した人です。

残念です。衷心よりご冥福をお祈りします

「渚のうわさ」(1967年リリース)からJPOPというジャンルがスタートしました。
歌:弘田三枝子、作詞:橋本 淳、作曲:筒美 京平
https://www.youtube.com/watch?v=LXZoBRnsF0U

踊りあかして
https://www.youtube.com/watch?v=cLWRz7Mtmvk

紅白歌合戦の弘田三枝子 「悲しきハート」
https://www.youtube.com/watch?v=thOhypbFC0E

私の過去記事
http://morph.way-nifty.com/grey/2011/04/by-4db7.html
http://morph.way-nifty.com/grey/2007/10/mico_is_pops_qu.html

 

| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

Dr.岡部のお話

Inoue

岡部さんはマエストロ井上の同級生&お友達で、ふたりでコロナについて対談している動画を見たことがあります。

https://www.youtube.com/watch?v=dP1zUgIn4tk

岡部さんは感染症の専門家ですが、行政側の人なのでちょっと市民感覚とはずれていると思いますが、きちんとお話してくれています。でもこのような状況になっているのは、岡部さんにも責任が多少はあると思いますよ。

川崎市健康安全研究所所長の岡部信彦氏談
(m3コムより)

「当初の段階では、そもそも感染症法の2類疾患扱いでやっている以上、検査は行政機関、つまり感染研あるいは私の研究所のような各自治体にある衛生研究所でやらなくてはいけないので、既存の熟練した人材と検査機器で対応せざるを得ず、検査数を大幅に増やせるものでもありませんでした。また検体の採取、手続き、衛生研究所への搬送は保健所がやらなくてはいけないので、おのずからキャパシテイーを考えなくてはいけない。そうなると、重症例あるいは重症化が危惧される例にまず対象を絞る必要がありました。」

(管理人:それダメでしょう)

「検査機器、試薬、検査に当たるスタッフなどの問題のほか、感染症法の2類疾患扱いの場合、病原体は、3重包装の特殊容器に冷蔵状態の検体を入れ、さらにジュラルミンの箱に入れて、陸路で運ばなければいけないなど、幾つかの規制があります。もともとこれはバイオテロ対策として取られた規制ですが、検体を提出、搬送する側には大変な負担となります。例えば天然痘の病原体を検査研究のために運んでいる時に、途中で奪われたり、飛行機事故とともに病原体がばらまかれたら大変、というところがもともとの発想です。ですので、いくら民間の検査会社で検査体制を整えても、法律上の手続きと検体の運搬が足かせになりました。また既に欧米で大量のPCR検査に必要な機材・試薬が消費されているので、これらを海外産に頼っていた日本では緊急的に注文しても入手できにくい状態が続きました。」

(管理人:それダメでしょう)

「トータルは増えているのかもしれませんが、例えば私がいた感染研の感染症情報センター(現感染症疫学センター)の予算、研究費の扱い、さらに人材確保は厳しくなってきていると聞いています。その割に仕事量は増えています。保健所は統廃合で減ってきています。保健所の所長は医師でなければならず、なり手が少ないので、複数の保健所を兼務しているところも少なくありません。地方衛生研究所でも、予算や人材が増えているところは限られています。ここ(川崎市健康安全研究所)は恵まれている方ですが、それでもやりくりには四苦八苦です。」

(管理人:それダメでしょう)

マエストロ井上も現在では少し考えが変わったかな?

| | コメント (0)

2020年7月24日 (金)

未曾有の長江大洪水

Gouhi

中国の豪雨被害はとどまるところを知りません。重慶や武漢だけではなく長江下流の都市まで被害が拡大しています。

合肥市というのはよく知りませんでしたが、大阪や横浜より巨大な都市で、すっかり水没しています。超高層マンションがたくさん見えますが、いまやボートでしか外出できません。

梅雨明けは近いと思いますが、あと数日も雨が続けば南京も危うくなりそうです。

安徽巣湖(合肥市)
https://www.youtube.com/watch?v=yb8is7s4Skk

安徽銅陵
https://www.youtube.com/watch?v=uYS5jVbeO-c

猛烈に放水する三峡ダム(リアルタイム)
https://www.youtube.com/watch?v=bzCoErY3PoE

 

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

玉川総研の手柄

Tama12323_400x400

どうして日本のPCR検査がいつまでたっても増えないのか疑問だったのですが、今朝の玉川総研(羽鳥慎一モーニングショー)でようやく腑に落ちました。それは日本の感染症対策コミュニティーにハンセン病で敗訴したというトラウマがあるということでした。つまりPCR検査の擬陽性者を強制隔離したら裁判で負けるという恐怖があるから増やせないということです。

しかしハンセン病は一生隔離という問題なのに対して、コロナは1週間ですし、3日後にもう一度検査すればまた擬陽性という可能性は極小なので、もっと短くて済む可能性もあります。第一隔離は強制ではなく、事情があれば回避できます。自宅にいてもらうだけでも、フリーに出勤したり飲みに行ったりするのとは全然違うでしょう。番組では隔離は国民の義務という方向でしたが、事情があれば隔離は回避して家でおとなしくしていてもらうということで良いのではないかと私は思います。それなら人権侵害で訴えられることもないでしょう。

ところがこれで終わりではなく、玉川が厚労省に問い合わせたところ、厚労省はハンセン病のトラウマを否定して、擬陽性者を隔離することによって隔離施設や病院のキャパシティーが圧迫されるという理屈を提示してきました。しかしそれは検査の基準を精査して、怪しい場合は「あなたは陽性かもしれないが明確ではないので、注意して生活して下さい」というようなことでとどめておくとか、いろいろなやり方があると思います。無症状者は東京ドームでもいいと思いますよ。あそこは換気もちゃんとできています。ニューヨークやバイエルン、北京などではPCR検査によってコロナ蔓延を断ち切るのに成功している例もあるので、日本でも「しのごの言わずに」きちんとPCR検査をやることが重要です。本当に情けない政府だと思います。西村よ、しっかりやれ。

北京
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/07/f577624943580d82.html

ニューヨーク
https://news.yahoo.co.jp/articles/7b168c6a645a7b5cf814f48e167d9c15c3335884

| | コメント (0)

Go to hell

800pxhellfrescofromraduil

7月22日の新型コロナ感染者数
(NHK調べ)

東京  238
埼玉  62
神奈川 68
千葉  40
大阪  121
兵庫  30
愛知  64
福岡  61

これでGOTOキャンペーンとはまさしく万歳アタックですね。
今の政府を見ていると、第二次世界大戦で玉砕を繰り返した
大本営もさもあらんという気がします。
この進歩のなさにはあほらしくなってくる。

(あるいは Go to hell campaign?, 画像はウィキペディアより)

 

 

| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

続・生物学茶話101: 脳神経科学の源流

ようやくほぼ1年かかった生物学茶話1~100の編集作業が終了し、次のステップに進むことができる状況になりました。自給自足は安上がりですが、それで快適な生活をするためには様々なノウハウが必要です。編集作業も同じで、1年間文章やソフトウェアと格闘して、ようやくなんとか最低限の格好がつけられるようになりました。そういうわけで今日からブログの再出発にとりかかります。とりあえず続・生物学茶話として、以前の記事を改訂する形で、また101から再出発したいと思います。


私がヒポクラテスという人を知ったのは二宮睦雄氏の「知られざるヒポクラテス」という本(1)によります。ヒポクラテスはソクラテスやデモクリトスと同時代の紀元前5世紀頃に生きていた人で医学の祖と言われています。彼は宗教・哲学・呪術などではなく、実地の治療の経験を元にした知見だけを用いて医療を実施するという「経験学派=エンピリキ」の指導者でした。

ヒポクラテスはトルコに近いコス島の出身(B.C.460年頃の生まれ)で、経験に基づいたまともな医療を行なう医者のグループを結成し、ギリシャ全土にその名を知られるようになりました。図101-1のようにコス島はギリシャ本土から離れた辺境の地で、このような場所であったからこそ、既得権益から離れた革命的な医療集団を結成することができたのかもしれません。現代でも手かざしで病気が治るとか、にんじんジュースでがんが直るとか怪しい治療はいくらでもあります。ましてヒポクラテスの時代には祈祷師や呪術師が跋扈していたのでしょう。原子論の創始者であるデモクリトスですら、霊魂は球形であるなどとわけののわからないことを言っていました(1)。

1011

彼がその木の下で講義したという「すずかけの木」がいまでもコス島の広場にあるそうです(図101-2)。後の時代に植え替えられた木だとは思いますが、多分場所は同じだったのでしょう。彼の技術や思想は死後に刊行された「ヒポクラテス全集」によって知ることができます。彼のグループや弟子達の知識は西洋医学に大きな影響を与えました(2)。

1012

アリストテレスはニワトリが首を切られた後も走り回るとか、死者の心臓は温かいのに脳は冷たいなどの知見から脳を重視しませんでしたが(3)、彼より1世紀も前からヒポクラテスはてんかんの原因が脳にあることを指摘していました。

「脳科学メディア」というサイトの記事を引用すると「ヒポクラテスは自身の著書『神聖病論』の中で、大脳は知性を解釈するものであるとして“我々は、とりわけ脳によって思考したり理解したり見聞きしたりし、醜いものや美しいもの、悪いものや良いもの、さらには快・不快を知るのである”と述べた。心が脳にあるというヒポクラテスの考えは、脳の働きに関する真理としての初めての発見であるといわれている。今日に至る脳研究の歴史は、この時代から始まったといえる。」と述べられています(4)。

ヒポクラテスの時代から100年以上経過した頃に活躍したアレクサンドリアの解剖学者ヘロフィロス(B.C.335-B.C.280)は、脳と脊髄に神経が集中していることや脳の中に脳室が4つあることを発見し、4つの脳室のうち第4の脳室に心の座があると考えていたそうです(4、図101-3)。彼はヒトの屍体をはじめて組織的かつ科学的に解剖した人物としても知られています(5)。彼の主な業績はハインリッヒ・フォン・シュターデンによって翻訳され、英語で出版されています(6)。驚くべきことに、ヘロフィロスは神経には感覚神経と運動神経の2系統があることを発見していました(6)。

1013

ヘロフィロスが生まれた頃に、マケドニアのアレクサンドロス大王はエジプトを征服し、その地に自分の名前をそのまま使ったアレクサンドリアという都市を建設し、この都市はヘレニズム文化の中心地となりました。アレクサンドリアにはレベルの高いムセイオンという研究所があって、ヘロフィロスの他にもエウクレイデス(ユークリッド)やアルキメデスという卓越した科学者達を生み出しましたが、紀元後には衰退してしまいました。

紀元前1世紀以降医学の発展が滞ってしまったのは、ユダヤ教やキリスト教では「死者たちは生きていた時の肉体をともなって最後の審判で神の前に呼ばれる」と考えていたため、人体の解剖が禁止されてしまったことが一つの要因とされています(4、7)。この間ヒポクラテス医学のエヴァンゲリオンとして、ローマ帝国時代の2世紀に活躍したガレノスが有名ですが、彼は解剖学を革命的に進展させることはできませんでした。

中世において滞っていた解剖学をルネサンスの時代に復活させたのは、16世紀のベルギー人解剖学者アンドレアス・ヴェサリウス(1514-1564)でした。彼はガレノスの教科書がヒトではなく動物の解剖に基づいていることを指摘し、自分で人体を解剖して正しい知識を教科書にまとめました。弱冠28才の時です。それが通称ファブリカと呼ばれる大著「 “De humani corporis fabrica” (人体の構造)」で、ここに掲載されている人体解剖図は現代でも通用する正確さで描かれています。当時から人気書で海賊版も出版されていたそうです。しかしこの本を出版するとヴェサリウスはすぐに大学をやめて、神聖ローマ皇帝の侍医として生きる道を選びました。当時のベルギーは神聖ローマ帝国の領地だったので、自国の官僚に就職したわけです。この後はファブリカの改訂などはやりましたが、アカデミックな世界には戻ってこず、生涯医師として生きたようです。

図101-4の左図はヴェサリウスの肖像画、右図はDe humani corporis fabrica の表紙で、中央下部の屍体の左側に居るのがヴェサリウス、画のちょうど中央あたりに骸骨のような風貌の死神が見えます(8)。

1014

図101-5はDe humani corporis fabrica に記載されている脳底部の解剖図で、視神経交叉、嗅球、小脳などが精細に描かれています。当時は屍体がなかなか入手できませんし、防腐処置や冷蔵が上手くできない時代だったので、正確な解剖図を描くには途方もない努力が必要だったと思われます。私は未読ですが、ヴェサリウスについて詳しく知りたい方は日本語の書物も出版されています(9)。ウェブサイトにも彼の生涯を要約したような文献がアップされています(10)。推理小説もあります(11、12)。業績の一部は電子書籍として安価に入手できます(13)。

1015

ヴェサリウスはイェルサレムへの巡礼の旅の帰途、海難事故によってイオニア海のザキントス島に座礁し、そこで病を得て見知らぬ土地で49才の生涯を閉じました(14)。

参照

1)二宮睦雄 「医学史探訪 知られざるヒポクラテス ーギリシャ医学の潮流ー」 篠原出版(1983)

2)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%9D%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%B9

3)http://sora-shinonome.jp/brain/post_35.html

4)脳科学メディア 紀元前4世紀から21世紀まで、脳研究2500年の歴史を辿る。
http://japan-brain-science.com/archives/59

5)https://en.wikipedia.org/wiki/Herophilos

6)Heinrich von Staden, Herophilus: The Art of Medicine in Early Alexandria: Edition, Translation and Essays., Cambridge University Press (1989)
https://books.google.co.jp/books?id=rGhlIfJZkVoC&redir_esc=y

7)akihitosuzuki's diary ルネサンスの解剖学とその発展 はじめに 古代・中世の解剖学と近代解剖学の連続と断絶
http://akihitosuzuki.hatenadiary.jp/entry/2015/07/29/185102

8)https://en.wikipedia.org/wiki/De_humani_corporis_fabrica

9)坂井建雄 「謎の解剖学者ヴェサリウス」 ちくまプリマ-ブックス (1999)

10)鈴木秀子 貴重書紹介 アンドレス・ヴェサリウス『人体の構造についての七つの書』1543年 バーゼル オポリヌス書店刊
http://www.lib.meiji.ac.jp/about/publication/toshonofu/suzukiA01.pdf

11)ジョルディ・ヨブレギャット 「ヴェサリウスの秘密」 集英社 (2016)

12)麻見和史 「ヴェサリウスの柩」 東京創元社 (2006)

13)ヴェサリウス解剖図: De corporis humani fabrica libri septem Kindle版
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%E8%A7%A3%E5%89%96%E5%9B%B3-corporis-humani-fabrica-septem-ebook/dp/B00QKZX6KK/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1522037008&sr=1-1&keywords=De+corporis+humani+fabrica+libri+sep

14)ウィキペディア: アンドレアス・ヴェサリウス

 

| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

報道極小の中国大洪水

1_20200721220201

中国の長江流域では、とてつもない被害が発生しており、危機的な状況にあります。中国政府はどうもこの情報を大きく取り扱わないように操作しているようです。

このような中でFNNはウェイボーにアップされた動画を使って報道しています。

https://www.youtube.com/watch?v=RRDRVOhP6RM

下流の街を守るために、上流の堤防を爆破して決壊させるというような方法も行われているようです。田畑や家が冠水した農民はちゃんと補償してもらえるのでしょうか? 他国のことながら気になります。また食糧危機に陥るのではないかというのも心配です。

個人的には中国に注文を出している商品があるので、それが届かないかもしれないという不安にさいなまれています。

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

大量に検査をやるしか方法がないのに、どうしてやらないのか??

Koutai_20200720120601

デイリーテレグラフ紙によると、英国政府は数百万単位の抗体検査キットを無償配布することにしたようです。このキットは98.6%の正確性で、手指の血液からの検体を用いて20分で抗体検査ができるそうです。Gotoキャンペーンだって、もちろんやるべきではありませんが、もしやるのだとしても抗体検査マイナスの人に旅行を許可するというのが適切なやり方でしょう。それなら東京を除外する必要はありません。東京→他県OK、他県→東京NGでいけるでしょう。まあ大阪も行くのはやめた方がいいですが。

ずっと前から多くの人が日本でも大量の検査をやれと言っているのに、さっぱり話が進まないのが不思議です。そんなに厚労省の壁は厚いのでしょうか? 大学も医学部・薬学部を閉鎖するというのは愚の骨頂で、いまこそ旅行業者ではなく大学や研究所に活躍してもらわなければ困るのです。西村が指揮をとって、ともかく超法規的にでも、日本にある機器と人材を活用してPCR・抗原・抗体検査のキャパを広げ、直ちに実行してもらいたい。検査→隔離がこの泥沼から抜け出す唯一の道です。

こちら

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

近況

040012

コロナは遠い郊外の団地にも重大な影響を及ぼしています。なにしろ多くのことを決める管理組合総会ができなかったので(市が会場の使用を禁止したのでどうしようもありません)、ずるずると延期になって今日に至りました。

ようやく開催できたら、いつもは70人くらい出席する会議なのに15人くらいしか出席せず、低調な会議となりました。それでも議論は喧々諤々で、午前9時からお昼休みなしで午後2時までかかるというロングラン。疲労困憊です。それでも昨年・一昨年のような凶悪な雰囲気ではなかったので平穏に終了しました。

団地に食い込もうとする企業とどう付き合うか、貯水槽方式をつづけるか水道直結方式にするか、監視カメラをどういうルールで取り扱うかなど難しい問題はいろいろありますが、なにより平和的な議論ができたことは良かったと思います。

今シーズンのリーガはマドリーにやられてしまいました。バルサもそろそろメッシ抜きのシステムをつくっていかないと、長いトンネルにはいってしまうおそれがありますメッシの出場機会を減らすという作戦は監督の一存ではできないことなので、理事会が後押ししてあげることが必要です。

今情報速報ドットコムに驚愕のニュースが掲載されました。引用します。

「7月19日に大阪府が発表した新型コロナウイルスの感染者情報が衝撃的な内容となっていました。

感染経路不明となっているのは濃厚接触者を含めて89人全員で、感染経路を特定することが出来た人は驚愕の0人。
検査の実施件数は859件となっていることから、陽性率も10.5%に上昇しました。

東京都と比べて数倍の差があるのにこの数字、明らかに大阪は検査数が不足していて、取り逃がしている感染者が大量に居る状態が続いているのだと推測されます。
深刻な市中感染が広がっている恐れもあり、大阪府は1万人規模の検査をやって感染者を徹底的に見つけ出さないと、周囲の県にも感染が広がることになるでしょう。」

(引用終了)

吉村 どうするんだ

 

| | コメント (0)

2020年7月17日 (金)

児玉龍彦:東京はエピセンター化しつつある

Kodama

東大先端科学技術研究センター 児玉龍彦先生

https://johosokuhou.com/2020/07/17/34537/

短縮版

https://www.fnn.jp/articles/amp/63758

東大先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授が、参院予算委員会の閉会中審査で涙ながらに訴えています。

私は感染しているのに無症状で、しかも抗体もできないというメカニズムがよく理解できませんが、そういう人が実際にいてスーパースプレッダーとなっているのは事実のようです。そのような人が増えていくとかして自律的に感染者を生み出すことになると、その場所はエピセンターとなりウィルスの密度が増すので空気感染が常態化して、3密やソーシャルディスタンスなどという概念は意味を持たず劇場や電車も危険となります。

児玉先生の主張の核心は、エピセンター化しつつある地域を指定して、大量の検査を行って徹底的に押さえ込めということでしょう。先生が言うようにそのためには緊急の法改正が必要です。私はそれは間に合わないので、超法規的措置(晋三得意の閣議決定とか)によって、法令を超えた指示を出せる緊急司令塔を設置しなければいけないと思います。

西村さんは専門家ではありませんが、今政府を引きずっていけるのは西村さんしかいないと思うので、彼にエールを送りたい。頑張れ。

本日293人! 感染再拡大の東京でまた「症状あるのに検査が受けられない」事例相次ぐ
https://lite-ra.com/2020/07/post-5526.html

| | コメント (0)

2020年7月15日 (水)

病床はすでに逼迫しているのでは?

1_20200715225901

都や国はベッドが十分に用意されていると言っていますが、実際には東京都では324人もの人が入院や施設での隔離がなされないで待機状態にあるようです(赤矢印)

https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

ここで渋滞しているというのは不安ですね。
入院できないで病状が悪化している人もいるかもしれません。
まあちゃんと発表されているだけ上等とはいえますが。

 

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

CDのプリントミス こんなことがおこるとは!?

Weblog

あってはならないこともときにおこるのが事実。
天下のソニーのCDがプリントをまちがえているものを購入してしまいました。2枚組じゃないとおこらない事故です。
CD表面のプリントとは全然別の曲がはいっていた経験もあるのでそんなには驚きませんでしたが、プライベートレーベルならともかくソニーでこんなことがおこるとは?
これって交換してもらってもきっと同じだと思うので、泣き寝入りすることにしました。

Disc 1(のはずが Disc 2 に収録)

マーラー 交響曲第3番ニ短調

第一部

序奏 「牧神(パン)が目覚める」
第1楽章 「夏が行進してくる(バッカスの行進)」 

第二部

第2楽章 「野原の花々が私に語ること」
第3楽章 「森の動物たちが私に語ること」
-----------------------------------------------------
Disc 2(のはずが Disc 1 に収録)

第4楽章 「夜が私に語ること」
第5楽章 「天使たちが私に語ること」
第6楽章 「愛が私に語ること」

バッハ 管弦楽組曲(マーラー編曲版)

エサ=ペッカ・サロネン指揮 ロスアンジェルス・フィルハーモニック
(独唱 アンナ・ラーセン)

私はサロネンとは妙に同じ様に呼吸している感じがして気に入っています。
序奏が威圧的でないのがいいです。

昔都響でこの曲を聴いたときの感想文
http://morph.way-nifty.com/grey/2018/04/post-2f86.html

YouTube(フィナーレだけ)
https://www.youtube.com/watch?v=JyJYeB4oJT0

 

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

やさしさに包まれたなら

Imgb_20200712130201

今日はユーミンの音楽の中でも異彩を放っている「やさしさに包まれたなら」(アルバム MISSLIM に収録)のカバーをYouTubeで視聴してみました。リリースされたのは1974年ですが、ジブリの「魔女の宅急便」で使われたことから、若い人にも知られるようになりました。カバーするシンガーも多いです。

この曲はユーミン本人が歌うのはやや違和感があります。ややおとなしめのアイドル歌手が歌うとはまる感じがします。miwaや土屋太鳳がこれにあたるかな。

# miwa
https://www.youtube.com/watch?v=-QRB0zPWf7Y

# 土屋太鳳
https://www.youtube.com/watch?v=BzAQYAJSroQ

でも私が一番はまるのは、この声

# 「M'size」
https://www.youtube.com/watch?v=C2ldDYn5wlk

 

ちょっと正統的でないおしゃまバージョン

# ユリア
https://www.youtube.com/watch?v=A-oaHXRc_AM

 

ロリ系はそれなりに楽しいですが、意外にはまっていない気がします。

# 近藤真由
https://www.youtube.com/watch?v=6Y6qKdAt7_A

# リーフシトロン
https://www.youtube.com/watch?v=QlItuynJG4M

 

意外にもメンヘラ風味の味付けがいけてる。

# 藤原さくら
https://www.youtube.com/watch?v=cSUwAJY91_w

# ツヅリ・ヅクリ(ドラマーはゾンビか??)
https://www.youtube.com/watch?v=QjCiTWMPpA4

 

一転して健康的でフォーキーなのもよくて、この曲の懐の広さ。

# 山根かずきバンド(唯一男声ですが、違和感は意外にない)
https://www.youtube.com/watch?v=R7JYKpLqqoE

# 博多フォーク同好会
https://www.youtube.com/watch?v=a4XrIR1V4Cg

 

ゴスペルになると、曲は単なる素材という気もしますが、そこは

#才人の絢香で素晴らしい仕上がり
https://www.youtube.com/watch?v=kIUO6jN4BGk

The Grory Gospel のはちょっとアレンジしすぎでパス。




リズム重視のちょっと変わったバージョン

# 森恵
https://www.youtube.com/watch?v=ItEHug97IHE

メロディー重視の植村花菜。以前にJPOP名曲徒然草でとりあげたこともありました。本当に美しい歌唱。
https://www.youtube.com/watch?v=ZW9Dp6Hvfm4
https://www.youtube.com/watch?v=pIBSEnsJ-4o



英語バージョン(in English)

# Lululu
https://www.youtube.com/watch?v=HfmjNZMImT8

# この曲を研究している人のお話
https://www.youtube.com/watch?v=2izew3HJYYs

# 最後にやっぱり本家本元
https://www.youtube.com/watch?v=LfQ0MVIYFnM
https://www.youtube.com/watch?v=d8C-LXbTjXE

ユーミンは時代遅れという人もいますが、彼女の音楽はもうクラシックと言ってもいいのではないでしょうか。シューベルトが時代遅れといっても意味ありませんからね。私がのめり込める音楽ではありませんが、リスペクトしている音楽で、作者は国民栄誉賞とか人間国宝以上の存在とは言えます。国も高尾山の頂上あたりにでも、銅像くらい設置してあげたらどうでしょう。こんな天才音楽家はもう数百年のうちには日本に生まれてこないように思います。

 

| | コメント (0)

2020年7月10日 (金)

サラとミーナ232:お行儀良くノビをしよう

Imga_20200710113401

梅雨は人間だけでなく、猫も気分がすぐれず落ち込みがちになります。
雨が降ったり、水がたまっていたりするとベランダにも出ません。
せめてストレッチでもしようかな ミーナ。

まきちゃんぐ 「雨と傘と繋いだ手」
https://www.youtube.com/watch?v=rQQqs4lQF0c

 

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

コロナ時代の旅行

Index_20200708115001

他県への移動の是非が話題となっていますが、旅行に関して言えば解決策はあります。

それはバスに乗り込む前に抗体検査をして陰性の人だけ乗り込めるようにすればいいのです。陽性の人はもちろんウィルスをばらまいている可能性があるというだけですが、今回は申し訳ないが遠慮してもらいます(まだ1%くらいしかいないでしょう)。陰性の人々だけだと他人に移す可能性はないので、他人から移される心配だけすれば良いことになります。バスを降りない限り、他人から移される心配はありません。

お盆に帰省して墓参りなどしたい人も多いでしょうから、このような人々のために旅行会社は抗体検査つきのバスツァーを企画すればいいのです。まだ地方の感染者は少ないので、バスを降りたら実家の車かタクシーを利用すれば大丈夫でしょう。

お盆帰省に限りません。温泉旅行でも同じようにして部屋に温泉があり、食事は部屋に運んでもらえるタイプの旅館を選べば、まず感染する可能性は限りなく低いでしょう。抗体検査が陰性だからと言って100%ウィルスを持っていないとはいえませんが、そのくらいのリスクは旅行の楽しみと引き換えに受け入れるべきでしょう。社会もこの程度のリスクなら、経済を動かすために受け入れるべきでしょう。秘境めぐりのツァーは密にならないのでおすすめです。

万一このようなツァーで感染が起こっても、住所氏名がわかっていますし、旅行経路もあきらかなので追跡は容易です。

国会が閉じられているのが不可解なのですが、すぐにでも法整備が必要なのでしょう。

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

ブラックスワン

1280pxthreegorgesdamchina

日本は今九州の豪雨で大変で、被災者の方々は誠にお気の毒です。気象庁の雨のエリアの報告を毎日注目しているわけですが、そこには中国南部の様子も映し出されます。そこがずっと黄色か赤なのでどうなっているのか調べてみると、やはり大変な事態になっているようです。

すでに1900万人が被災して、被害は6300億円に達しているそうです。これは日本での豪雨被害の何倍にも相当するのではないでしょうか。豪雨の領域は長江の流域とほぼ一致していて、場合によってはブラックスワン(三峡ダムの決壊)もあり得ると中国当局者が認めだしています。

ブラックスワンがおこると4億人が被災するとのことで、しかも日本も含めて世界の大企業の多くが流域に工場を持っているので、その影響は計り知れません。流域は大穀倉地帯でもあり、水没すると世界で食糧危機が発生するのではないでしょうか。中国では飲料水が枯渇するとも報道されています。秦山には原発もあります。武漢には病原ウィルスも保管されています。中国だけでなく世界がとてつもない脅威にさらされています。

https://www.youtube.com/watch?v=qwtJwOJRqVM

(写真はウィキペディアより)

 

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

検査態勢が不十分なのでは?

Coronavirus_virion_struc

尾身さんという人は、自分が経営する東京新宿メディカルセンターで大規模なクラスターを発生させるという失敗をしておきながら、専門家会議やそれが廃止された後の新分科会(分科会長)も仕切るという人で、普通の感覚なら辞任して当然だと思います。

https://www.hatsune.info/archives/3267
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000183262.html

その尾身さんが、まだ新型コロナウイルス感染症の調査・検査を行う保健所の体制が整っていない不安を口にしているようです。ただ検査に制限を設けるような話もしていたので、これは困ったことです。保健所の体制強化は2010年に厚労省が提言を行っていますが、晋三政権は握りつぶしました。それどころか弱体化させてきました。これは政府だけでなく、維新大阪もやってきたことです。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/36912

病院にベッドの余裕があるとは報道されていますが、保健所の調査・検査態勢が十分だとは誰も言いません。これで大規模なクラスターがあちこちで発生したらどうなるのでしょうか? 小池さんが検査態勢を強化すると明言しているので注視したいと思います。分科会がブレーキをかけないように願いたい。

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

鈴木亜紀 ニューアルバム「雲と波」

Img_20200703234401

このコロナ禍のなかで、よく制作できたと思います。
おめでとう🎵🎵🎵

鈴木亜紀さんのライヴには一度だけ行ったことがあります。
現代の吟遊詩人だと思いますが、今時そのような職業が成立しているのが不思議。
キャッチーなメロディーは作りませんが、吟遊詩人とはそんなものでしょう。
でも 聴いているうちに笑ったり泣いたりします。

ハムカツサンド
https://www.youtube.com/watch?v=_XsOfMc4qUs

甘夏
https://www.youtube.com/watch?v=cz1uGQ-vBUQ

黒い犬 ほか 
・・・なぜだか知らぬが青い空 お前の匂いは生きてる証拠
https://www.youtube.com/watch?v=JuaXkwaJEtI

草ヒバリ
https://www.youtube.com/watch?v=V-VfSrGfz8M

Posadena Linda
https://www.youtube.com/watch?v=-9zoGHC4pSY

鈴木亜紀 CD『旅の空』(前作のトレイラー)
https://www.youtube.com/watch?v=K3XBS0stDes

 

HP:https://suzukiaki.com/


| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

為政者は何らかの有効な手を打つべし

1024pxcoronavirus_virion_structure_svg

今日の感染者数は >120人らしいです。
こちら1

大変な事態ですが、それより大変なのは東京都が発表した7月1日の感染者数を67名から125名に修正したとのこと。
こちら2

これでは隠蔽がバレそうになって、あわてて正しい値にしたと思われても仕方ありません。
実際都知事候補の宇都宮氏が、発表数値がウソであることを追求していました。
こちら3

為政者があわてふためいていたのでは、住民はどうしていいのかうろたえてしまいます。

このまま放置していると、2週後くらいには東京を都市封鎖するか、米国やブラジルのようになるかの2択になってしまうかもしれません。

個人的には土日の公共交通機関を止める、平日も曜日を決めて止めるというような手はあると思います。

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

まずいことになってきました

1280pxcoronavirus_virion_structuresvg

SARS-CoV-2 Virus from wikipedia

東京都7月1日の新型コロナ感染者が67名ということで、これはヤバいことになってきました。毎日20名くらいの感染経路不明者がいるので、まだ誰も知らない大勢の感染者が東京某所でウィルスをまき散らしているということになります。

こちら1

そろそろまた都庁とレンボーブリッジを赤で染めないといけない状況が迫っています。リモートワーク、マスク、3密回避、客と密接する商売の禁止ですね。あとは本庶佑氏が言っているように、1)検査をやれるだけやって、ひとりでも多くの感染者をみつけて隔離、2)外国からの侵入を水際で阻止 くらいしかやれることはないでしょう。

しかし困ったことに空港での検疫が限界に近づいているようです。

こちら2

もっと人とお金を空港に投入しないと大変なことになります。これは政府の義務です。

それにしてもアメリカ人の馬鹿さ加減にはあきれます。マスク反対運動が盛り上がって大変なことになっているとはね。

こちら3

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »