« 都響 ガラガラポンに踏み切る | トップページ | 新型コロナ ゆるみすぎてるよね »

2020年6月26日 (金)

官邸 専門家会議を切り捨てる

1_20200626115901

コロナの専門家会議が記者会見を開いた翌日に廃止とは、この政権の感情的とも言える政策にはあきれるほかありません。おそらく専門家会議は東京の現状に危機感を持っていたと思いますが、官邸はそのような専門家会議に危機感を持っていたのでしょう。
御用学者の進言すら捨て去った晋三は、ボルソナーロやトランプの道を選ぶのでしょうか? ブラジルやアメリカがどうなっているのか知っているはずですが。

だいたい 官邸-西村-専門家会議 という政策決定プロセスが異常でしょう。
官邸-厚労省-専門家会議というのが、どう見ても感染症対策としては正常なプロセスです。
吉村はもう一歩先を行っていて、緊急事態宣言は意味がないといっている学者を集めて政府に圧力をかけようとしています。
学説に批判はつきもので、緊急事態宣言の効果に疑問を持っている学者がいるのはうなづけますが、もし武漢を閉鎖しなかったら中国がどうなっていたかを考えれば、人の移動に制限を加えることが一般的に無意味だという人はいないでしょう。

欧米とアジアではウィルスまたはホストに差があるのは確かなようですが、日本はアジアの中では死者は多いですし、国民が危機感を共有していたのでこの程度でおさまっていたのであって、みんなが安心して元の生活にもどったら何がおこるかわかりませんよ。

http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/648.html

(写真はウィキペディアより)

 

|

« 都響 ガラガラポンに踏み切る | トップページ | 新型コロナ ゆるみすぎてるよね »

健康(health)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 都響 ガラガラポンに踏み切る | トップページ | 新型コロナ ゆるみすぎてるよね »