« どうしてベッドがあまりにも少ないのか? | トップページ | ベニスに死す »

2020年4月 5日 (日)

新型コロナウイルス感染症治療薬アビガンをめぐって

1280pxfavipiravir_svg

 

新型コロナウィルス感染症の特効薬として脚光を浴びているアビガンの成分は、ファビピラビル(Favipiravir、構造式は上記)といって、富山大学と富山化学工業(現:富士フイルム富山化学)が共同研究で開発した核酸アナログでRNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤です。

RNAを遺伝子とするウィルスには、感染するといったん遺伝子から相補DNAを合成し、それを元にウィルスRNA遺伝子をつくるタイプのものと、RNAから相補RNAを作成して、それを元にウィルスRNAをつくるタイプのものがあります。

コロナウィルスは後者であり、遺伝子を増幅させるためにRNA依存性RNAポリメラーゼという酵素が必須です。ファビピラビルはこの酵素活性を阻害します。したがってコロナウィルスは増殖に支障をきたします。

問題はヒトもこの酵素を持っていることです。ウィキペディアによると「ウイルスのみならず多くの真核生物もまたRNA依存性RNAポリメラーゼを持ち、真核生物のRNA依存性RNAポリメラーゼはRNA干渉におけるsiRNAの増幅に関与している。 この場合、RNA依存性RNAポリメラーゼは二次的なsiRNAを転写を行う。増幅されたsiRNAへは続いて3型アルゴノート (SAGO) が結合し、標的のmRNAを抑制する」と記載されています。つまりファビピラビルはヒトのRNA依存性RNAポリメラーゼ活性を阻害する可能性があります。

開発者の古田氏が書いた総説をみると(1)、ファビピラビルはヒトのDNA依存性DNAポリメラーゼやDNA依存性RNAポリメラーゼには無効と書いてありますが、ヒトのRNA依存性RNAポリメラーゼへの効果については記載がありません。これは絶対にやっておかなければならない実験なのにどうして記載がないのか不可解です。

実際にファビピラビルには催奇性が認められており、妊婦に投与してはならないとされています。ではsiRNAは胎児でしか機能していないかというと、そんなことはありません。成人でも副作用が発生する可能性は十分に考えられます。

日本政府が要望のある各国にアビガンを無償提供することにした(2)のは、どの程度の副作用が出るかみてみたいという本音があるからでしょう。

1)古田要介 ファビピラビル:ウイルスRNA ポリメラーゼ阻害薬 日本化学療法学会雑誌 Vol.65 No.5 pp.736-744 (2017)
http://www.chemotherapy.or.jp/journal/jjc/06505/065050736.pdf

2)https://johosokuhou.com/2020/04/05/28803/

|

« どうしてベッドがあまりにも少ないのか? | トップページ | ベニスに死す »

健康(health)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どうしてベッドがあまりにも少ないのか? | トップページ | ベニスに死す »