« ニューヨークが第二の武漢になるおそれ | トップページ | ニューヨークの医療システムが破綻 »

2020年3月21日 (土)

WHO: イブプロフェン服用への注意を修正

1280pxflag_of_who_svg_20200321082701

フランス政府の発表を受けて、3月17日にWHOの報道官が新型コロナウイルス感染症になった場合イブプロフェンでなく、アセトアミノフェンを服用するようにと勧告しましたが、なんと数日で取り消しました。

私は家にある鎮痛解熱剤がすべてイブプロフェン含有だったので、慌てて他の成分の解熱鎮痛剤のストックに走ったのですが、無駄となりました。それに伴い私の3月16日のブログ記事も取り下げます(削除済み)。申し訳ありませんでした。

https://news.nifty.com/article/world/worldall/12145-602992/

|

« ニューヨークが第二の武漢になるおそれ | トップページ | ニューヨークの医療システムが破綻 »

健康(health)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニューヨークが第二の武漢になるおそれ | トップページ | ニューヨークの医療システムが破綻 »