« ラ・リーガ停止 | トップページ | サラとミーナ226: サラの不思議 »

2020年3月14日 (土)

安倍政権はWHOを買収しようとしているのか?

1280pxflag_of_who_svg

情報速報ドットコムの記事によると
https://johosokuhou.com/2020/03/14/27477/

「3月13日にスイスのジュネーブで行った記者会見でテドロス事務局長は「日本政府から今週だけで1億5500万ドル(約166億円)の資金提供があった」とコメント。安倍晋三首相の積極的な政策が感染の抑制に効果を発揮しているとして、安倍首相や日本政府を褒め称えていました。既に日本政府は先月などにも10億円前後の支援を行っており、新型コロナウイルス関連だけでも、合わせて200億円規模の資金提供をしています。事実上のWHO買収と批判する声も多く、国民からは「医療費に使えよ」「海外ばかりにバラ撒き」などと批判の声が相次いでいます。」

・・・だそうです。

あまりに露骨ですね。バッハがオリンピック開催をWHOに投げた途端にこれですから。そんなにお金があるなら日本の病院の感染病棟整備に使えよといいたくなります。こんな時期に異常なお金をあっさり懐に入れるWHOもゆるすぎますね。お金をくれる国の利権を守るWHO? 世界から信頼されてのWHOですから。

後日(3月17日)記:  お金の効用はあったようです。テドロスは「検査、検査、検査が重要。十分にやっていない国がある」と言いましたが、日本を名指しして非難はしませんでした。

 

 

|

« ラ・リーガ停止 | トップページ | サラとミーナ226: サラの不思議 »

健康(health)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラ・リーガ停止 | トップページ | サラとミーナ226: サラの不思議 »