« 萩原麻未ピアノリサイタル@東京文化会館2020/02/22 | トップページ | サラとミーナ225:雨の日は眠い »

2020年2月23日 (日)

新型コロナウィルスは研究所からの漏出か?

新型コロナウィルスは武漢疾病予防管理センターから漏出した可能性について述べた記事を以前に紹介しました。
こちら1

もうひとつの説は台湾大公共衛生学院の方啓泰教授が述べている説で、中国科学院武漢ウイルス研究所が漏出させたものだというものです。
こちら2

内容を少し引用すると「コウモリの身体に見られるコロナウイルス(RaTG13)と96%一致することがこれまでの研究で判明しているが、ウイルス学の観点に立てば99%以上でなければ一致とは見なせないとした。また、他のコロナウイルスにはない4つのアミノ酸残基が含まれていることをフランスの研究チームが発見したと述べ、進化における突然変異でこうなる確率は非常に低く、実験室の中で人為的に加えられた可能性が考えられるとの見解を示した。」

中国では大学の研究者が実験を終えた動物を業者に売り渡し、それが市場に流出して処罰されたという事件があったそうです。
こちら3

武漢ウィルス研究所や武漢疾病予防管理センターでもそのようなことがあった可能性があります。「現代ビジネス」誌では"新型コロナ、武漢「美人すぎる39歳の研究所長」が握る発生の謎" というタイトルで記事を出版しています。
こちら4

武漢ウィルス研究所や武漢疾病予防管理センターは年報を出しているはずで、もしこれが生物兵器でないなら研究の内容がある程度詳細に書いてあるはずです。

また石平さんというややバイアスのかかった人物の情報ですが、「中国武漢市発の新型コロナウイルスの最初の感染者は、武漢病毒研究所の黄燕珍さんではないかと騒がれている。」という話もあります。これはデマっぽい感じがします。
こちら5

いずれにしても自然のコウモリからなんらかの動物を経由して市場で感染したのではなく、経由したのは研究施設だというのがよりありそうな経路だと思います。

 

 

|

« 萩原麻未ピアノリサイタル@東京文化会館2020/02/22 | トップページ | サラとミーナ225:雨の日は眠い »

健康(health)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 萩原麻未ピアノリサイタル@東京文化会館2020/02/22 | トップページ | サラとミーナ225:雨の日は眠い »