« スワロフスキー-都響第9@東京芸術劇場2019/12/23 | トップページ | 私の紅白歌合戦2019 »

2019年12月26日 (木)

シェルドン・アデルソンという男

800pxstar_of_david_svg

シェルドン・アデルソンという男がいます。彼はユダヤ系の貧困家庭に生まれ、若い頃からいろんな商売をして財をなした、たたき上げのビジネスマンです。ウィキペディアによるとトランプ大統領の有力なスポンサーのひとりです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Sheldon_Adelson

アデルソンはシオニストなので、トランプがイスラエルに異常な肩入れをしているのはある意味当然でしょう。そのアデルソンが今何をやっているかというと、ラスベガスのカジノ・リゾートのCEOです。彼は世界各地のカジノ・リゾートを経営しており、日本でも統合型リゾート=インテグレイテッド・リゾート(IR)をやろうとしています。

ここからは私の想像です。

そこでトランプは恩義あるアデルソンのために安倍政権に圧力をかけ、IR建設をやらせることにしたわけです。トランプにはひとつ心配がありました。それは厳しく対立している中国が、大統領の資金源を断つためにちょっかいを出してくるのではないかということです。トランプとしては中国にカジノ利権を横取りされてはたまらないので、その可能性をつぶしておきたいところです。

特捜や文春がどのくらいトランプ政権と通じているかは知りませんが、中国とのブローカー役をやっている国会議員のルートを潰しておくと安心です。しかもこの件には野党まで協力してくれます。特捜は久しぶりに国会議員を逮捕できましたし、文春はもうかるし、トランプは恩義をかえせるしで万々歳ですか? そういう事情なので、IRは決してひっくりかえることはないでしょう。築地か豊洲が有力と言われています。

損したのは安倍政権で汚染イメージがつくというダメージを受けました。それを甘受しても、車を米国に売ることの方が重要なのでしょう。白須賀も歯医者をやっていれば良い人生が送れたろうに、ポスター剥がしからはじまって、どうしてこんな小悪党みたいな役回りになってしまったのか、自業自得なのでしょう。

|

« スワロフスキー-都響第9@東京芸術劇場2019/12/23 | トップページ | 私の紅白歌合戦2019 »

私的コラム(private)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スワロフスキー-都響第9@東京芸術劇場2019/12/23 | トップページ | 私の紅白歌合戦2019 »