« 熊木杏里 ニューアルバム「人と時」 リリース | トップページ | プレビュー2 第4章 生命を構成する物質 61.酵素 I »

2019年11月 3日 (日)

熊木杏里 コンサート「人と時」

1_20191103203801  

昨日熊木杏里のコンサート「人と時」に行ってきました。場所は日本橋三井ホール。私が知っているだけでもここで3回コンサートをやっているので、おなじみの場所です。

当日券を売っていたのでちょっと心配しましたが、大盛況で(3回やったうちでも一番だと思います)、これなら中国の巨大マーケットもあるし、当分ヤマハで行けそうだなと安心しました。

ただ登場したクマッキーはやせこけていて、体調が悪いのかとも思いましたが、声は十分出ていましたし、何よりとても楽しそうにしていたので、まあ大丈夫かな? バンド編成は、ギター・ピアノ・ドラムス・ベース(コントラバス)・ヴァイオリン・チェロが出入り自在でやっていました。
https://www.instagram.com/p/B4Y8uiRJmxg/

今回は音響も非常に良くて、おそらくプロデューサー兼コントラバス&ベース奏者の森田晃平氏がきちんと調整したのではないかと推測しました。彼のアレンジの素晴らしさはCDでよくわかりましたが、コンサートもなかなかのものでした。とくに「春の風」をボレロでかましてくれたのには度肝を抜かれました。

私がアルバム「人と時」で一押しの「いつかの影法師」をなかなかやらないので、ちょっと心配しましたが、なんとアンコールの3曲目で演奏。この曲ほんとに好きです。

「どれくらい?」はライヴだと盛り上がりますね。CDではここまでいい曲とは気がつきませんでした。

それにしてもとても素晴らしいコンサートでした。

セットリスト

1.home
2.Best Friend
3.それがいいかな
4.新しい私になって
5.傘
6.あわい
7.君
8.蛍
9.生きかけとして
10.説教と楓
11.雨が空から離れたら
12.私が見えますか?
13.どれくらい?
14.春の風
15.風船葛(ふうせんかずら)

アンコール
1.亡き歌
2.雪
3.いつかの影法師

|

« 熊木杏里 ニューアルバム「人と時」 リリース | トップページ | プレビュー2 第4章 生命を構成する物質 61.酵素 I »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊木杏里 ニューアルバム「人と時」 リリース | トップページ | プレビュー2 第4章 生命を構成する物質 61.酵素 I »