« やぶにらみ生物論129: 神経伝達物質としてのグリシン | トップページ | エッジに日本語を入力すると、直ちにフリーズする → 解決しました »

2019年7月 3日 (水)

サラとミーナ217: サラの表と裏

サラは年を経るにつれてタビーがはっきりみえるようになってきました。ミーナは1才の頃と13才の今と柄もメンタルもほとんど変わりがありませんが、サラはずいぶん変わりました。

Img_3084

猛獣らしい精悍な顔つきは変わりませんが、毎日の調査・点検はほとんどやらなくなりました。そのかわり私の膝でおとなしく休んでいたり、リビングの隅でぼーっとしていたりする時間が長くなりました。やっぱり年なのでしょうか?

Img_3082

背中からもタビーがはっきりと見えます。

|

« やぶにらみ生物論129: 神経伝達物質としてのグリシン | トップページ | エッジに日本語を入力すると、直ちにフリーズする → 解決しました »

にゃんこ(cats)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やぶにらみ生物論129: 神経伝達物質としてのグリシン | トップページ | エッジに日本語を入力すると、直ちにフリーズする → 解決しました »