« アグーチ (agouti) 遺伝子の機能 | トップページ | プリンターの死 »

2019年4月14日 (日)

バルサ 新戦力でウェスカとドロー

Braugrana_67

ミッドウィークはオールドトラッフォードで、世界での人気をバルサと争うマンUと死闘。前半にスアレスのヘディングがショーの肩に当たってゴール。この有難い1点を守り切って、バルサはアウェイでの貴重な勝利を勝ち取りました。

テア・シュテーゲン、ピケ、ラングレのGK・CBは絶賛に値します。

https://www.youtube.com/watch?v=Sbxw5MqSdYw

そして土曜日のリーガは、カタルーニャのお隣のアラゴンでウェスカと対戦。マンUとの激戦で疲弊したバルサは控え選手総出場のシフトです。

試合は見るべきものもなく0:0のエンパテで終わりましたが、若い選手の顔とプレイが見られたのは新鮮でした。このなかから次世代のバルサを背負う選手が出てくることを期待します。

顔を覚えるための写真を貼っておきます。ムリージョはコロンビア、ヴィダルはチリ、ワゲはセネガルの選手です。その他スペイン・ドイツ・フランス・ブラジルの選手もいて国際色豊かでした。

アレニャーもこのメンバーでやるのははじめてとあって、全くまとめられません。個々の判断と技術で局面をつくっていくという原始的なサッカーでは、さすがに勝てませんでした。ただバルサにはめずらしい3バックを、初めてのメンバー(ウムティティ・ムリージョ・トディボ)で組んで0点に抑えたのはよかったかな。

New_1

トディボはとてもスポーツ選手とは思えない柔和な顔です。リキ・プッチは素晴らしいイケメンで、活躍すれば人気が出そう。デンベレはどうみてもコメディアンの顔。

 

|

« アグーチ (agouti) 遺伝子の機能 | トップページ | プリンターの死 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アグーチ (agouti) 遺伝子の機能 | トップページ | プリンターの死 »