« 報道特集:ゲノム編集 | トップページ | JPOP名曲徒然草194: 「もっとje-vous-aime」 by 石川秀美 »

2019年3月24日 (日)

ゲノム編集という言葉は不適切

そもそも編集と言うからには、削除・修正・追加という3つの作業ができなければいけません。ところがゲノム編集では削除しかできないのですから、編集という言葉を使うことは不適切です。
この技術は人間が発明したのではなく、細菌がそのDNAに侵入してくるウィルス(バクテリオファージ)を排除するために発明したものであり、人間はそれを利用させてもらっただけです。もともと進入してくる敵対遺伝子を無効にするためのメカニズムですから、それで特定の好ましくない遺伝子を好ましい遺伝子に改善したり、好ましい遺伝子と入れ替えたりすることはできません。ですからゲノム編集というのは間違った表現で、正しくは遺伝子無効化と言うべきでしょう。
そんなことは百も承知であえてゲノム編集という言葉を使っているのは、こ分野の研究者のいかがわしい臭気を感じさせます。このような連中ですから、科学的真実を隠蔽しても、大衆受けや商業利用の推進を優先するということはあり得ることでしょう。孔子の言葉を思い出します。
-------------------------------
孔子はある小さな国の政治をやってくれないかと頼まれました。しかしその国には予算は少なく、軍隊も弱い状態でした。弟子である子路は心配して、孔子に「そんなところで、先生は何をなさるのですか」とききました。すると孔子は
必也正名乎。名不正則言不順、 言不順則事不成。
(かならずや名をたださんか。名正しからざれば則(すなわ)ち言(げん)順(したが)わず、言順わざれば則ち事成らず)
という有名な言葉で答えました。この意味は「私はまず言葉を正しく定義する。もし言葉の定義が正しくなければ、何を言っているか意味がわからない。何を言っているかわからなければ、何事もできなくなってしまう」 
-------------------------------
http://morph.way-nifty.com/lecture/2017/12/post-7e2f.html
http://morph.way-nifty.com/lecture/2017/12/post-7b78.htm

|

« 報道特集:ゲノム編集 | トップページ | JPOP名曲徒然草194: 「もっとje-vous-aime」 by 石川秀美 »

私的コラム(private)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 報道特集:ゲノム編集 | トップページ | JPOP名曲徒然草194: 「もっとje-vous-aime」 by 石川秀美 »