« やぶにらみ生物論115: 昆虫の単眼 | トップページ | The surf girls »

2018年10月14日 (日)

大野-都響 フルネ没後10年記念コンサート@東京芸術劇場2018・10・13

Img芸術の秋です。第一弾は都響永久名誉指揮者ジャン・フルネ没後10年記念コンサートです。マエストロ大野がプレトークでフルネさんの想い出を語りました。アンサンブルが整うまで、同じフレーズを10回もやり直させたというお話をうかがいました。

本日のコンマスは四方さん。サイドは矢部ちゃんです。ジャン・フルネの最後のコンサートですが、私はどうしてもの仕事で行けなかったのは残念な思い出です。

大野さんはいつもきちんとした仕事で信頼は厚いのでしょうが、本日のプログラムは特に自家薬籠中のものらしく、ノリノリでした。

ただラヴェルのピアノ協奏曲は、ソリストのリーズ・ドゥ・ラ・サールにペースを奪われて、彼女のなすがまま。こんなピアノは日本人や中国人やドイツ人には弾けないんでしょうね。参りました。でも第2楽章でイングリッシュホルンの南方とはアイコンタクトなどとりつつ合わせていました。いい感じでしたね。

終了後大歓声でソリスト・アンコールもやってくれました。
(ドビュッシー前奏曲集第1集からパックの踊り)

いい感じと言えば、ステージの中心でイケメン男子がフルートを吹いています。やわらかくていい音色です。上野星矢というそうで、HPをみるとまるでアイドルタレントです。
http://www.mori-music.com/seiya.html

こういう人が中心にいるとオケのイメージが変わります。エキストラだったのでしょうが、彼は基本ソリストでやっていくみたいで、団員にはなってくれないでしょうね。

久しぶりでフルートの小池さんが演奏していました。休み明けにしては妙にやつれた感じがしたのはどうしたことでしょう?

都響提供の動画
https://www.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=id9bFs4kEig&app=desktop

ジャン・フルネさんのインタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=C-muFcrrbH0

ジャン・フルネさんの指揮
https://www.youtube.com/watch?v=nxtKmbkLoi0

リーズ・ドゥ・ラ・サールさんの演奏
https://www.youtube.com/watch?v=wZG5hOS6blk
https://www.youtube.com/watch?v=gLg1jPVRqzo

|

« やぶにらみ生物論115: 昆虫の単眼 | トップページ | The surf girls »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/67270973

この記事へのトラックバック一覧です: 大野-都響 フルネ没後10年記念コンサート@東京芸術劇場2018・10・13:

« やぶにらみ生物論115: 昆虫の単眼 | トップページ | The surf girls »