« ブタルケでの悲惨な敗戦に思う | トップページ | やぶにらみ生物論114: ミツバチは日々記憶をたぐり、考え、判断する »

2018年10月 1日 (月)

福島原発の汚染水 海洋投棄問題

1024pxfukushima_i_by_digital_globe

===情報拡散します===

元情報↓
情報速報ドットコム
https://johosokuhou.com/2018/09/29/9411/

東京電力「福島原発の汚染水浄化、実は嘘でした」

福島第一原発の汚染水タンクが限界に近付いているとして政府と東京電力が検討している浄化汚染水の海洋放出ですが、実際には浄化が出来ていなかったことが分かりました。

東京電力が汚染水タンクの状態から推定したところ、8割以上の75万トンで放射性物質の濃度が環境中に放出する際の基準を上回っていた事が発覚。
トリチウム以外の放射性物質も基準値を超えており、このうち複数のタンクで基準の2万倍近くに達しているとみられる放射性物質もあると発表されています。

政府と東京電力は汚染水が浄化されているという前提で地元に説明し、汚染水放出の方向で調整していました。前提条件となる放射性物質の浄化そのものが出来ていなかったということになり、再び東電や政府の対応に批判が強まっているところです。

(写真はウィキペディアより)

参照(東電が謝罪)

https://johosokuhou.com/2018/10/02/9471/

|

« ブタルケでの悲惨な敗戦に思う | トップページ | やぶにらみ生物論114: ミツバチは日々記憶をたぐり、考え、判断する »

私的コラム(private)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/67229349

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発の汚染水 海洋投棄問題:

« ブタルケでの悲惨な敗戦に思う | トップページ | やぶにらみ生物論114: ミツバチは日々記憶をたぐり、考え、判断する »