« やぶにらみ生物論107: 視覚とは | トップページ | サラとミーナ202: サラは閉所恐怖症なのですが »

2018年6月24日 (日)

田部京子 シューベルトPlus Vol.4

A田部ちゃんのピアノリサイタルに行ってきました。新橋から日テレの前を通って汐留駅から大江戸線で朝日新聞社前まで。

浜離宮朝日ホールに来たときには、いつも隣のビルの地下にある和食屋さん(筑紫哲也の古い写真が飾ってある)に寄るのですが、なくなって、普通のオフィスになっていました。

朝日新聞の社員はこういうお店を大事にしないのかなあと思いましたが、事情はどうだかわかりません。

田部ちゃんはFCまである人気者
http://www.kyoko-tabe.com/fan-club.html

なのですが、やや空席があったのにはびっくりしました。

シューベルトの即興曲はまさしく彼女にぴったりの曲で、どんなテンポでもアゴーギグでも即納得できるくらい「シューベルト-田部-私」の波動が一致している感じでした。メンデルスゾーンも同様。ただシューマンの謝肉祭は名曲ではあっても、やや田部ちゃんとは肌が合っていないのかなと思いました。まあシューマンの若いころの才気煥発にまかせた作品なので、年齢的にも落差があるのかな?

同じシューマンの曲でも、アンコールの遺作はこの世のものとは思えぬくらいの美しさでノックアウトされました。次回のリサイタル(12月19日@浜離宮朝日ホール)で交響的練習曲をやるそうで、今から楽しみです。

Schubert  Impromptus Op 90-1
https://www.youtube.com/watch?v=iKn5vbpw_vU

田部京子の演奏
メンデルスゾーン/「夏の名残りのばら」による幻想曲
https://www.youtube.com/watch?v=G-faLeIomyc

|

« やぶにらみ生物論107: 視覚とは | トップページ | サラとミーナ202: サラは閉所恐怖症なのですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/66865654

この記事へのトラックバック一覧です: 田部京子 シューベルトPlus Vol.4:

« やぶにらみ生物論107: 視覚とは | トップページ | サラとミーナ202: サラは閉所恐怖症なのですが »