« ルスティオーニ-都響 R・シュトラウス「イタリアより」@サントリー・ホール2018・6・5 | トップページ | やぶにらみ生物論106: 昆虫の微小脳 »

2018年6月 7日 (木)

JPOP名曲徒然草187: 「Room #602」 by 水越けい子

Imgz気候も身辺もなにかと憂鬱なことが多い梅雨の季節となりました。

想い出や妄想に逃避するのもいいかもしれません。

水越恵子(現 水越けいこ)
 「Room #602」 
作詞・作曲 水越恵子

taurus TATX-2314 アルバム「Sepia」に収録されている1990年の作品です。

長い間アップが1本だけだったのでためらっていたのですが、紹介してみました。

この窓から見える空の景色は、雲が厚くたれこめていなければなりません。

Today, let me be selfish please, in the room #602 of a seaside hotel.
I'd like to ruffle you, appearing always be happy.
Please aware the tenderness of the sound of sea wave now.
.........

https://www.youtube.com/watch?v=zoQwq9fCU-8

水越けいこさんのオフィシャルブログ「M size」
https://ameblo.jp/keiko-mizukoshi/

|

« ルスティオーニ-都響 R・シュトラウス「イタリアより」@サントリー・ホール2018・6・5 | トップページ | やぶにらみ生物論106: 昆虫の微小脳 »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/66803686

この記事へのトラックバック一覧です: JPOP名曲徒然草187: 「Room #602」 by 水越けい子:

« ルスティオーニ-都響 R・シュトラウス「イタリアより」@サントリー・ホール2018・6・5 | トップページ | やぶにらみ生物論106: 昆虫の微小脳 »