« メッシも柴崎もキラーパスを供給できずドロー | トップページ | アンリ・ヴュータンのヴァイオリン協奏曲第7番イ短調 »

2018年2月15日 (木)

平野歩夢の風格

Freeresourcessnowboardphotos07平昌オリンピックたけなわです。

これまでのところ、私が一番印象に残ったのは、ハーフパイプの平野歩夢です。

まだ19才の学生だそうですが、その話し方や物腰には風格が漂っています。尊敬に値しますね。聞いていて実に気持ちが良いです。

いつも恐怖と戦ってきて、それを克服したという清々しさがそうさせるのでしょうか?

私もこのようにありたいとは思いますが、結局まねしようと思っても、そんな試みは破綻するに違いありません。

彼の演技は、おそらくショーン・ホワイトより優れた演技だったとされていますが、

http://pyeongchang.yahoo.co.jp/column/detail/201802140008-spnavi

そんなくやしさはおくびにも出さずインタビューに応じていました。

本人のキャラもさることながら、親の育て方もよかったのでしょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000509-san-spo

|

« メッシも柴崎もキラーパスを供給できずドロー | トップページ | アンリ・ヴュータンのヴァイオリン協奏曲第7番イ短調 »

私的コラム(private)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/66396088

この記事へのトラックバック一覧です: 平野歩夢の風格:

« メッシも柴崎もキラーパスを供給できずドロー | トップページ | アンリ・ヴュータンのヴァイオリン協奏曲第7番イ短調 »