« やぶにらみ生物論58: オリゴペプチド・ポリペプチド | トップページ | テロ等組織犯罪準備罪 »

2017年1月26日 (木)

サラとミーナ183: ミーナの執念

Imgaサラとミーナは不思議な関係です・・・というのは動物としてみるからで、言葉がないことを除けば、人間と同じと考えればわかる場合が多いと感じます。

この写真はミーナはサークルに入りたいのですが、サラが先着しているのでやや遠慮しているんです。ですから中途半端に縁に体を預けています。

先着優先というのは、ミーナだけでなくサラもそのルールはわかっているようです。ストーブの前にミーナが座っているのを押しのけたりはしません。

ただしずっと我慢が続けられるかというと、それは人間と同様限界というものがあります。それでもそこで闘争がおこるかというとそうでもなく、先着者が多少譲る場合が多いです。

下の写真では、ミーナが我慢できず進入してきますが、サラは場所を多少譲っています。

Imgbただどうしてもサラが我慢できないのは、ミーナが寝返りを打ったときに、足が頭に当たることで、この場合は激怒します。そうすると家中2匹で走り回ることになります。

こうなるとお互い我を忘れてしまうので、ときには追う側と追われる側が入れ替わることもあります。しかし感情の高揚が終わると、何事もなかったかのように接しています。

お互いに噛みつき合うくらいの激しい闘争でも、すぐ仲直りできるというのはちょっとうらやましく思います。


|

« やぶにらみ生物論58: オリゴペプチド・ポリペプチド | トップページ | テロ等組織犯罪準備罪 »

にゃんこ(cats)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/64813232

この記事へのトラックバック一覧です: サラとミーナ183: ミーナの執念:

« やぶにらみ生物論58: オリゴペプチド・ポリペプチド | トップページ | テロ等組織犯罪準備罪 »