« 西島三重子ライヴ@南青山マンダラ2017年1月14日 | トップページ | やぶにらみ生物論57: ペプチド結合・αヘリックス・βシート »

2017年1月16日 (月)

2016~2017リーガ・エスパニョーラ第18節: アウェイのラス・パルマスは借りてきた猫

Braugranaカンプノウで今季好調のラス・パルマスとの対戦。バルサはFW:アルダ・スアレス・メッシ、MF:ラフィーニャ・Aゴメス・ブスケツ、DF:アルバ・ウムティティ・マスチェラーノ・ビダル、GK:テア=シュテーゲン。ミッドウィークの国王杯で宿敵ビルバオに勝利し、バルサはローテーションを実行。戦力外と言われたビダルまで使ってきました。

ラス・パルマスは1トップ:ボアテング、2列目:ビエラ・Vゴメス・タナ・エル=ザール、ボランチ:ロケ=メサ、DF:エルデル=ロペス・レモス・ダビド=ガルシア・ミシェウ、GK:ハビ=バラス。ボアテングはトップリーグの様々なチームを渡り歩き、ラス・パルマスは9チーム目です。

ラス・パルマスはグラン・カナリアでは躍動するライオンなのに、アウェイだと借りてきた猫のようにおとなしいチームです。今回も守備中心で、バルサとしては勝敗は別として、ホームではやりやすい相手です。さらに開始3分、中心選手のロケ・メサがスアレスに後ろから抱きついてイエローカード。これでさらにやりやすくなりました。

13分ビダルから抜け出したAゴメスにタイミング良くスルーパスが通って、Aゴメスが右サイドに突入。スアレスにマイナスパスで、スアレスが気持ちの良いゴール。先制点はバルサです。しかしラフィーニャとAゴメスのシュートミスで追加点はとれません。

この後ラス・パルマスの守備の要、ダビド=ガルシアが負傷退場でアイタミに交代。バルサにとってさらにやりやすくなりましたが、メッシがGKと1:1のシュートをミスって前半は1:0で終了しました。私はビダルのプレイスタイルは好きで、特にAゴメスやスアレスとは相性が良いと思います。

私はメッシが「非常識」な額でしか契約延長ができないとすると、メッシを放出してAゴメス・アルダ・ビダルを残した方がよいと思います。

後半開始早々はラス・パルマスが攻めの姿勢を見せますが、ボアテングのヘディングシュートがはずれてからはバルサペース。7分ラフィーニャのクロスをハビ=バラスが落球し、拾ったメッシがゴール。11分アルダ→ラフィーニャ→スアレスとパスがつながって、スアレスがゴール。3:0です。

14分カウンター攻撃でスアレスとGK1:1のシュートがGKに当たり、こぼれ球をアルダが押し込んで4:0。35分にはスアレスに代わって出ていたパコ・アルカセルの右からのクロスをビダルがゴール。バルサにきてからはじめてのアレイシュ=ビダルのゴールで、マニータで締めくくりました。

https://www.youtube.com/watch?v=wp9tplLczco

https://www.youtube.com/watch?v=-4s2r6elfzs

https://www.youtube.com/watch?v=pLhEASRixag

https://www.youtube.com/watch?v=w4rl00yoaVc

|

« 西島三重子ライヴ@南青山マンダラ2017年1月14日 | トップページ | やぶにらみ生物論57: ペプチド結合・αヘリックス・βシート »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/64771087

この記事へのトラックバック一覧です: 2016~2017リーガ・エスパニョーラ第18節: アウェイのラス・パルマスは借りてきた猫:

« 西島三重子ライヴ@南青山マンダラ2017年1月14日 | トップページ | やぶにらみ生物論57: ペプチド結合・αヘリックス・βシート »