« BS1 文化大革命 | トップページ | ミツバチの災難 »

2016年12月25日 (日)

愕然 もんじゅを廃炉にする方法がない 

>テレビ朝日

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000089584.html

福井県の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府は今月中に廃炉を正式決定しますが、その一方で、技術的にもんじゅを廃炉にするめどは全く立っていないことが分かりました。

高速増殖原型炉もんじゅ

(ウィキペディアより)

------------

放射性物質を含む1次ナトリウム冷却液をどうやって取り出すのか? 水と入れ替えたいのですが、ナトリウムとまざると爆発するのでできません。冷却液といっても200℃以上なので、空気と触れただけでも火災になります。

うまく取り出せたとしてもどうやってどこに保管するのか? こんな危険なものを誰もひきとってくれるわけありません。

だいたい高速増殖炉の内部で普段何が起こっているかもよくわかっていないので、事故時に何が起こるのなんか全く未知との遭遇です。こんなものをやろうとした政府・政党にまず鉄槌をくださないと、これからどうするかなんて考えようがないじゃありませんか。

http://toyokeizai.net/articles/-/119466

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n197245

http://blog.shibayu36.org/entry/20110329/1301399251

|

« BS1 文化大革命 | トップページ | ミツバチの災難 »

私的コラム(private)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/64674490

この記事へのトラックバック一覧です: 愕然 もんじゅを廃炉にする方法がない :

« BS1 文化大革命 | トップページ | ミツバチの災難 »