« やぶにらみ生物論32: 現代の大絶滅 | トップページ | リーガ2016~2017 第3節: マスチェラーノ絶不調でアラベスに敗戦 »

2016年9月10日 (土)

インバル都響-シューベルト交響曲第8番

Imga今年の夏は日照時間が短く、9月には台風がどんどんやってきて気候不順でした。私も健康状態が思わしくなくてろくなことがありませんでした。それでも今日のコンサートに出かけられるまで恢復したことはラッキーでした。

本日の指揮はエリアフ・インバル、コンマスは矢部ちゃん、サイドはゆづき。インバルは少しダイエットしたのでしょうか。80歳になりますが、非常に元気そうです。前半はエルガーのチェロ協奏曲で、ソリストはターニャ・テツラフ。真紅のドレスで登場しました。

演奏はカドのとれた流麗なスタイルで、エルガーの暗いロマンティシズムを適切に表現していました。

ターニャ・テツラフの演奏↓
https://www.youtube.com/watch?v=774Ajdk00jQ

終了後はガッツポーズも出ました。アンコールはJSバッハ:チェロ組曲第3番ハ長調サラバンドを演奏してくれました。

後半はエキストラもはいった大編成で、シューベルトの交響曲第8番。インバルはやや速めのテンポで、引き締まった緊張感のある進行です。広田さんがリードする木管が全体をリードし、アンサンブルも良好。なかなか最後まで楽しく聴かせてくれました。

シューベルトはこの曲が演奏されるのを聴かずに死んだそうです。私が不思議に思うのは、これだけ大規模な交響曲なのに、なぜ打楽器がティンパニだけなのかということです。せめて小太鼓とか、トライアングルとかを使えば第4楽章などもっと華やかになったのにと思います。生前に聴いていれば、シューベルトは改訂したかも知れないとちょっと思ったりします。

マチネは暗くなる前に帰宅できるので、疲労が少なくて有難いです。北総の駅に明るいうちに帰ってきて空を見上げると、うろこ雲が見えました。もう秋です。

Imgb




|

« やぶにらみ生物論32: 現代の大絶滅 | トップページ | リーガ2016~2017 第3節: マスチェラーノ絶不調でアラベスに敗戦 »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/64185325

この記事へのトラックバック一覧です: インバル都響-シューベルト交響曲第8番:

« やぶにらみ生物論32: 現代の大絶滅 | トップページ | リーガ2016~2017 第3節: マスチェラーノ絶不調でアラベスに敗戦 »