« やぶにらみ生物論29: 白亜紀の生物4 | トップページ | 続・投票の構成に疑問 »

2016年8月13日 (土)

アンナ・フェドロヴァ

FedorovaiPod classic が死滅した後遺症はまだ続いていて、手持ちのCDをPCに入力する作業を続けています。なかにはカビが生えているものもあって、アルコールティッシュで拭いて乾かすなどの作業が必要です。それにしても、このカビは何を栄養源にして生きているのでしょうか?

なかにはどうして購入したのか記憶にない、聴いた記憶もないCDもあって、そうなると聴いてみたくなるのは致し方ありません。そして作業は渋滞します。

このアンナ・フェドロヴァのCDもそう。聴いてみるとこれがすごい。正々堂々とした演奏で、変なことは一切やらないぞという頼もしさのようなものを感じました。少々のことではビクともしない重量感があります。情感もたっぷりです。オーケストラのメンバーも安心して、ゆったりとサポートしています。素晴らしい名演奏ですね。

ちょっと調べてみると、今年大阪(フェニックスホール)に来て演奏会を行ったそうです。聴けた人はうらやましいですね。
http://phoenixhall.jp/performance/2016/06/03/3234/

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
現時点で視聴回数 8,483,538 回
https://www.youtube.com/watch?v=rEGOihjqO9w
http://phoenixhall.jp/performance/2016/06/03/3234/

|

« やぶにらみ生物論29: 白亜紀の生物4 | トップページ | 続・投票の構成に疑問 »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/64052722

この記事へのトラックバック一覧です: アンナ・フェドロヴァ:

« やぶにらみ生物論29: 白亜紀の生物4 | トップページ | 続・投票の構成に疑問 »