« ファン投票-2015年度都響公演 もんちゃんの1票 | トップページ | 寄る辺なき記憶の断片のために6: 生物教師 »

2016年4月 3日 (日)

2015~2016 リーガ・エスパニョーラ第31節(クラシコ) レアル・マドリーの術中にはまってバルサ敗戦

Braugranaいよいよクラシコがやってきました。WOWOWでも例年以上に力を入れて盛り上げているようです。その一因としては、レアル・マドリーの力が落ちてきて、バルサやアトレチコの後塵を拝しているという危機感もあるのでしょう。

先週バルサの黄金期をつくったクライフさんが癌で亡くなったということで、今回のクラシコは追悼ゲームということになりました。私はクライフさんのプレーをリアルタイムで見たことがないのですが、引退後も祖国のオランダには住まず、バルセロナに居を構えて、いろいろチームの裏方や評論などをやっていたようです。

バルサはFW:ネイマール・スアレス・メッシ、MF:イニエスタ・ラキティッチ・ブスケツ、DF:アルバ・マスチェラーノ・ピケ・ダニ、GK:ブラボ。いつものメンバーです。ただしメッシは右に出ないで、中央に構えていました。ダニもカウンター警戒からか、サイド深く進入することがないので、右サイドがかなり手薄な感じになりました。

一方マドリーはFW:Cロナウド・ベンゼマ・ベイル、MF:クロース・モドリッチ・カジミーロ、DF:マルセロ・Sラモス・ぺぺ・カルバハル、GK:ナバス。ハメスやイスコをベンチに置いて、中盤底にカジミーロを使ってきたのには驚きました。これはメッシにくっつけて封じ込める作戦かなと嫌な予感がします。悪童コンビのマルセロとペペが、久しぶりにクラシコで共にスタメンということで要注意です。彼らはアンチェロッティ監督時代はおとなしくしていましたが、またダーティーなプレイを復活する恐れがあります。

マドリーはやはりゴール前の人海作戦で、バルサのミスをついてのカウンター狙いという古典的な作戦をとってきました。FWの3人が3人なので、これは非常にバルサにとっては怖い作戦ですが、一応センターラインまではポゼッションさせてくれるので、ペースは乱されないという利点もあります。10分めずらしく右に出て、サイドを突破したネイマールが中央スアレスに絶好のパスを出しますが、スアレスは合わせ損なってチャンスを逸しました。残念無念!16分マドリーのカウンターで、モドリッチからベイルへのパスで右を突破され、あやうく決められそうになりますがなんとか阻止。

16分カルバハルがスアレスを倒してイエロー。しかしFKはメッシが外して失敗。19分にはダニからのクロスをラキティッチが狙い澄ましてシュートしますが、ナバスに止められました。24分にはメッシがエリア内でSラモスに倒されて、これは明らかにPKでしたが、Sラモスがすでに早々とカードを1枚もらっていたので、PKの上にラモス退場では試合の興味が削がれると考えたのでしょうか? レフェリー判断でお咎めなし。ここから流れが変わりました。

25分にはCロナウド、ベイルと立て続けにシュートを打たれ、27分にはぺぺの(例によって)テアトルでスアレスがカードをもらいます。さらに29分にはマスチェラーノがベイルを倒してカード。このFKはCロナウドがはずしてくれました。41分にはそのCロナウドが右SBかと思わせるような自陣深くでの守備。これには驚きました。

43分にはベンゼマに絶好の位置からフリーで打たれますが、これが大ホームランで難を逃れました。これでハーフタイム。

後半開始直後Sラモスがスアレスを倒して普通カードが出るところ、レフェリーが出せません。困ったものです。6分にはベンゼマのシュートをピケが体を張って止めました。頑張ります。9分にはメッシがゴール前で絶好のチャンス。右上隅を狙いますが、ナバスにギリギリでセーブされてしまいました。しかし11分ついにラキティッチのCKに、ピケがペペのマークをうまくはずして頭で合わせ、バルサ先制点ゲット。

ところがこれで少し緩んだのか、中盤でミスがでて一気にカウンターを食い、右に進出したクロースからクロスを上げられて、ベンゼマにうまく決められてしまいました。1:1です。バルサはラキティッチ→アルダのいつもの交代。マドリーはなんとベンゼマを下げてヘセを投入。

このあとスアレスとベイルにこれは決まったかと思われるシュートがありましたが、たがいに決まらず。Cロナウドもフリーでのシュートを上に外してくれました。そうこうするうちに38分、Sラモスがスアレスを倒して2枚目をもらい退場。今日のSラモスは2回退場してもいいくらいのラフプレー連発だったので、これは遅すぎます。

これでエンパテかと思ったのですが、40分なんとカウンターからベイルのクロスをCロナウドにうまく処理されて失点。これは参りました。絶対にエリア内でのワンツーを許さないという堅固な守備から、「一瞬のミスをついてカウンターで殺到して得点」というマドリーの作戦が勝利したゲームでした。

https://www.youtube.com/watch?v=kjbZjtyWLUM
https://www.youtube.com/watch?v=U-BKhK7t264
https://www.youtube.com/watch?v=es4Vb6Lrajo


|

« ファン投票-2015年度都響公演 もんちゃんの1票 | トップページ | 寄る辺なき記憶の断片のために6: 生物教師 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/63435584

この記事へのトラックバック一覧です: 2015~2016 リーガ・エスパニョーラ第31節(クラシコ) レアル・マドリーの術中にはまってバルサ敗戦:

« ファン投票-2015年度都響公演 もんちゃんの1票 | トップページ | 寄る辺なき記憶の断片のために6: 生物教師 »