« 2015~2016 リーガ・エスパニョーラ第26節: メッシがFKを決めてセビージャに雪辱 | トップページ | スーパーチューズデイ »

2016年3月 1日 (火)

やぶにらみ生物論11: エディアカラ紀の生物

現在の生物に系統的に密接につながっていると思われる生物が出現するのはカンブリア紀からだと考えられていますが、その直前のエディアカラ紀の地層からも、これは確実に化石だと思われるものが世界各地から発掘されています。エディアカラ紀がいつからいつまでかという問題は、文献によりまちまちで困りますが、とりあえずウィキペディアに従って約6億2000万年前~約5億4200万年前ということにしておきましょう(実は各国のウィキペディアで統一されているわけでもありませんし、日本語の場合も項目によって6億5000万年前~5億年前としてあることもあります)。

エディアカラ紀の生物の化石を最初に発見したのはアデレード大学のデービッドとウィラードということですが、有名なのは同じ大学の学生だったスプリッグです。彼はアデレード近郊のエディアカラの丘でみつけたこれらの化石が、それまで考えられていたようなカンブリア紀のものではなく、より古い時代のものではないかと提案したわけです。これが1946年のことです。すなわち第二次世界大戦の前には、誰もエディアカラ紀の存在などは頭になかったわけです。その後紆余曲折を経て、1958年頃にはほぼ学会でも認められた定説になりました。

下の図はエディアカラの丘(*)とアデレード(赤丸)の位置を示したものです。

Adelaid

エディアカラ紀の代表的な化石はディッキンソニアという生物群で、一見左右相称のように見えます。大きさは1cm~80cm以上のものまでいろいろ見つかっています。

1024pxdickinsoniacostata

Dickinsonia costata

カルニオディスクスという生物も、美しい化石がみつかっています。

Charniodiscus_arboreus

Charniodiscus arboreus

この生物の構造を模式図で示すと、下のようになります。

1


想像すれば海底に根のようなものがあり、海水中では海藻のようにゆらゆらしている感じです。海藻ではないようです。注目すべきはこの生物が左右相称ではないということです。中心軸は存在しますが、左右の枝は互い違いです。ディッキンソニアの場合もよくみると、はっきり互い違いの部分もあり、これらの生物は左右相称生物ではない・・・すなわち節足動物のような体節が形成されている生物ではないと考えられています。

エディアカラ紀の生物がどのスーパーグループに属するか、あるいは近縁かというのは興味深い課題ですが、今のところはっきりしません。ただしロシアでみつかったキンベレラという生物は、殻をもった軟体動物だという説が有力で、それなら堂々たるオピストコンタということになります。

最後に、現在でもカルニオディスクスと一見似たような生物・・・ウミエラが日本近海にもいることがわかっていますが、両者が近縁かどうかはわかりません。下の図は広島大学臨海実験所のサイトから拝借しました(1)。

(山口信雄氏 談) 彼らはなかなか飼育することが難しく、潜る砂にも好き嫌いがあります。最初埋まってくれたウミエラですが、砂質に嫌気がさしたのか、
深さが足りないのか、砂の上にゴロリと不貞寝してしまいました。

餌として3種の珪藻を当実験所で培養したものや、市販のサンゴ用液状餌等を与えています。それでも徐々に痩せていきます。また、水温が高くなるとすぐに腐ります。
水温を低め(25℃以下)に保っておくことがコツです。
綺麗だからといって、安易に飼育にチャレンジしないほうがよさそうです。

A5a6a5dfa5a8a5e9cee0_a5a6a5dfa5a8a5

1) http://home.hiroshima-u.ac.jp/rinkai/index.cgi?%A5%A6%A5%DF%A5%A8%A5%E9%CE%E0

|

« 2015~2016 リーガ・エスパニョーラ第26節: メッシがFKを決めてセビージャに雪辱 | トップページ | スーパーチューズデイ »

生物学・科学(biology/science)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/63287289

この記事へのトラックバック一覧です: やぶにらみ生物論11: エディアカラ紀の生物:

« 2015~2016 リーガ・エスパニョーラ第26節: メッシがFKを決めてセビージャに雪辱 | トップページ | スーパーチューズデイ »