« 2015~2016 リーガ・エスパニョーラ第30節: ビジャレアルに押し込まれドロー | トップページ | やぶにらみ生物論15: シルル紀の生物 »

2016年3月23日 (水)

熊木杏里 オリジナルアルバム「飾りのない明日」

Imgkuma自分の子供に授乳するという歓び以上の幸福を、神が人に与える必要があるでしょうか? そんな幸福の絶頂にあって熊木杏里はどんな歌をつくるのか? 

熊木杏里 9th オリジナルアルバム「飾りのない明日」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ YCCW-10247/B) (2016.03.16 release)

「ハルイロ」「くちびるの魔法」「ライナーノーツ」と、とても暖かくて明るい曲想がつづきます。それは彼女の現在のシチュエーションを考えれば必然です。タイトルナンバーの「飾りのない明日」は切ないメロディーのバラードですが、前向きな歌詞で、SSWとしてこれからもやっていくぞという宣言のようです。ちょっとキーが高すぎて、齢を重ねるごとに大変になるんじゃないかと心配になりますが。

「白き者へ」はわが子へ話しかける歌。「夏の日」はファンへのサービスのような曲だと思います。あまりそういうことはやらない人のようなので、ちょっとむずがゆい感じもありますが、素直に聴けばなかなかの傑作だと思います。「幻」と「灯び」は残念ながらメロディーがいまいちだと思いますね。「今日を壊せ」は4ビートを効かせた曲。「忘れ路の旅人」は歌詞もメロディーも、クマッキーらしさが横溢する作品で、名曲だと思います。

子育てと仕事を両立させるのは大変だと思います。SSWとしてはOLとはまた違って、時間のやりくりというより心の方向性が芸術的感興に浸っている場合じゃないだろうとなるはずで、そんななかでオリジナルアルバム制作というのは暴挙ともいえるかもしれませんが、よくまあここまでこぎつけたと思います。

母親としての心情が色濃く出ていたりで、ファンにはよく理解できない曲があるかもしれませんが、今後もクマッキーの活動継続を望むなら買うべきでしょうね。私はTYPE-Aを買いましたが、付属のDVDがなかなかよかったと思います。このライヴ(ビルボードライヴ東京)は私は早い回に行ったのですが、これは遅い回の方で、早い回がかなり緊張が感じられたのに比べると、リラックスしている様子で、ベターなテイクだと思いました。TYPE-Bの方も、DVDがまさかあの日本橋三井ホールの音響(ほとんどボーカルを妨害する雑音に近かった)のままということはあり得ないので、落胆をとりかえすためにこちらを買うという手もあると思います。

私はSSWだからといって、エッセイストでなくてもいい、内省的でなくてもいい、と思っています。実際クマッキーの作品の中でも、企業とタイアップ・CMの作品は特に素晴らしいと評価されている(私もそう思います)そうなので、あまり自分にスティックしない外向きの作品=ノベル的作品中心でも、彼女の才能をもってすれば十分に人の心を動かせる力があるのではないでしょうか。

公式プロモーションビデオ(飾りのない明日)
https://www.youtube.com/watch?v=TH4j2WtK7sU

オフィシャルサイト
http://kumakianri.jp/news.html

オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/anri-kumacky/

ライヴ(東京公演)
http://sogotokyo.com/event/detail/?id=2783

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=jNTRBEuZG5k
https://www.youtube.com/watch?v=A6RVinGGmSU
https://www.youtube.com/watch?v=mgcXguAS6-8



|

« 2015~2016 リーガ・エスパニョーラ第30節: ビジャレアルに押し込まれドロー | トップページ | やぶにらみ生物論15: シルル紀の生物 »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/63386045

この記事へのトラックバック一覧です: 熊木杏里 オリジナルアルバム「飾りのない明日」:

« 2015~2016 リーガ・エスパニョーラ第30節: ビジャレアルに押し込まれドロー | トップページ | やぶにらみ生物論15: シルル紀の生物 »