« 2015~2016 リーガ・エスパニョーラ第20節: ビルバオ自滅でバルサ圧勝 | トップページ | やぶにらみ生物論8: 系統樹とその逸脱 »

2016年1月21日 (木)

太陽系に新しい惑星が誕生

A0002_011241カルテック@pasadena USA の天文学者 Konstantin Batygin と Mike Brown が太陽系の新しい惑星を発見したそうです。しかもそのサイズは海王星クラスの巨大なものということで、これは驚きです。

惑星の定義はウィキペディアなどにありますが、2006年に冥王星などが惑星から外されて、8個に減ってしまったのが現状なので、この新惑星は9個目の惑星ということになります。海王星が発見されたのは1846年だったので、170年ぶりの快挙ということになります。

この新惑星は太陽のまわりに楕円の軌道を描き、1万5千年かけて1周するそうです。ちなみに海王星の公転周期は165年です。新惑星は、太陽に1番接近するときで200AU(1AU=太陽と地球との距離)、1番遠いときで~1200AUという気が遠くなるような遠方を巡っています。ちなみに海王星の太陽からの距離は30AUくらいなので、それよりはるか外側をまわっていることになります。

ソース: こちら

原著: http://iopscience.iop.org/article/10.3847/0004-6256/151/2/22

Evidence for a distant giant planet in the solar system
and
(2016).
The Astronomical Journal Volume 151 Number 2

|

« 2015~2016 リーガ・エスパニョーラ第20節: ビルバオ自滅でバルサ圧勝 | トップページ | やぶにらみ生物論8: 系統樹とその逸脱 »

生物学・科学(biology/science)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/63099657

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽系に新しい惑星が誕生:

« 2015~2016 リーガ・エスパニョーラ第20節: ビルバオ自滅でバルサ圧勝 | トップページ | やぶにらみ生物論8: 系統樹とその逸脱 »