« ベランダで育ったアゲハチョウの幼虫 | トップページ | 2015~2016 リーガスエスパニョーラ9: スアレスのハットトリックで、乾スタメンのエイバルに勝利 »

2015年10月24日 (土)

サラとミーナ165: あっちみたり、こっちみたり 

B1

B2

サラとミーナが決してそんなに仲良しじゃないことは何度も書いていますが、野良猫でも本当に仲が良いのは親子しかみたことがありません。しかし、野良猫たちも集会を開くことはよく知られています。

この集会についてはいろんな説があります。
http://catman.moo.jp/cat-meeting/

そこで私も就寝前にサラとミーナ、そして私で集会を開くことにしました。寝る時間がくると、サラやミーナが集会をやろうと誘いに来るようになりました。集会はとくに何をやるでもなく、お互いに親密な関係を確認する感じです。例えば昼間に激しく争うようなことがあっても、ネコは気分の動物ですから(エサに関すること以外は、ネコは意外と執念深くありません)、夜になれば穏やかな気分になって、平和的な集会が可能になります。

ネコは時間を決めて何かやるという、ある種の習慣的行動がわりと好きな動物だと思います。時計が無くても10分くらいの誤差でネコは時間を感じることが出来ます。人間も文明から隔絶された土地で暮らしている人々は、そのくらいの誤差で時間がわかるそうです。うちのネコたちも一定の時間にあることをやる習慣をつけると、結構それが好きになって、やらないと騒ぎます。

サラとミーナも大部分の時間はお互いに関係なく、勝手に思い思いの場所で行動している(または寝ている)のですが、ときどき親密にしていたいという気分になるときがあるようで、写真のようになります。私とネコ達も同様です。

|

« ベランダで育ったアゲハチョウの幼虫 | トップページ | 2015~2016 リーガスエスパニョーラ9: スアレスのハットトリックで、乾スタメンのエイバルに勝利 »

にゃんこ(cats)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サラとミーナ165: あっちみたり、こっちみたり :

« ベランダで育ったアゲハチョウの幼虫 | トップページ | 2015~2016 リーガスエスパニョーラ9: スアレスのハットトリックで、乾スタメンのエイバルに勝利 »