« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

多忙(泣)

2~3日前からパニック的多忙のため、しばらくブログの更新ができないかもしれません。都響のコンサートには、もうチケットがあるので行きたいのですが、行けないかもしれません(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

オリンピックスタジアム

オリンピックスタジアムのコンペをやり直すという決定は、トンデモ晋三政権のせめてもの評価出来る政策でした。

但馬スタジアムという施設が兵庫県にあります。

着工 平成8年7月1日
竣工 平成10年10月1日

事業費60億円

http://www.tajimadome.jp/modules/gaiyou/index.php?id=2

これがどんなものかというと、ホームページがあります。

http://www.tajimadome.jp/modules/gaiyou/

このような構造なら屋根に水もたまらないし、東京ドームのように陽圧にしなくてもよいし、お金をかけなくてもできそうです。カーテンのように開閉できるようです。これでサッカーも野球もできます。もちろんコンサートも可。

スタンドの上にこれをつくればいいわけですね。若干より大きめにはする必要があるでしょう。政府は屋根のあるものはお金がかかるからできないと言っているようですが、これなら大丈夫なんじゃないでしょうか? 仙田満十環境デザイン研究所・大建設計共同体の設計だそうですが、できるならコンペに参加して欲しい。

-----

評価出来る政策と言いましたが、下村はやめるべきでしょうね。部下の首を切って、自分は安泰というのは醜い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

これがとどめか

http://lite-ra.com/2015/07/post-1323.html

1

中曽根康弘氏が慰安所を開設したボルネオ島のバリクパパンの現在です(写真はウィキペディアより)。

晋三政権のコアは慰安所開設に国家は関与していないという人々ですから、もはやこの人々に政権を担う資格はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

サラとミーナ161: 時々そばに来るサラとミーナ

Imgaa

作業していると、ときどきミーナが来てごろんと横になっています。

Imgbb

私が気がつくと向こうも気がつきます。そうすると指でごあいさつ。

Imgc

ときにはサラもやってきます。寄ってくるときはサラはいっしょに遊ぼうとかなりしつこく迫ってきます。

Imgdd

まれにですが、2匹でやってきてよりそっていることもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

JPOP名曲徒然草159: 「Two of us」 by 相川七瀬

暑中お見舞い申し上げます

A00_2

夏と言えば花火ですが、私が花火で思い出すのは相川七瀬の「Two of us」です。もう発売されてから18年も経ってしまいました。今やデビュー20周年、3児の母だそうで。

Imga


「Two of us」(作詞:相川七瀬、作曲・編曲:織田哲郎)
アルバム「Paradox」avex CTCR-18002 (1997)のラストナンバーで収録されている曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=aZGJnPMwBOI
https://www.youtube.com/watch?v=AoS1e3T8NDs

これは私にとって特別な曲です。この曲を聴いていると、永年ため込んだルサンチマンが破裂して、人格が崩壊するような気分になります。こんな聴き方をしているのは私だけだと思いますが、歌は歌われてしまえばあとは聴衆のものなので、それもまた許されるのではないでしょうか。ちょっと怖いジャケットです。

Oh my little girl
言わずと知れた尾崎豊の名曲。この料理の仕方には意表をつかれました。
https://www.youtube.com/watch?v=Jdso1wwtO7k

恋心(ピアノ伴奏バージョン)
https://www.youtube.com/watch?v=93adIjvwAoQ

恋心(アコースティック)・・・私のお気に入り
https://www.youtube.com/watch?v=LUVQglYnAkE

恋心
https://www.youtube.com/watch?v=E60c4NyE29I

今でも(アコースティック)
https://www.youtube.com/watch?v=JWSyCrESnLk
https://www.youtube.com/watch?v=ChDINIOp53U

Lovin' You
https://www.youtube.com/watch?v=awzfq01nSYQ

六本木心中(カバー オリジナルはAnn Lewis))
https://www.youtube.com/watch?v=hNIXlRFfe1A
https://www.youtube.com/watch?v=HxONfc9BqbQ

Nostalgia
https://www.youtube.com/watch?v=pcuTscVStn8
https://www.youtube.com/watch?v=ZFtK9FtrV-s

DAHLIA -you're my universe version
https://www.youtube.com/watch?v=0RV_dB8q7DI

Sweet emotion
https://www.youtube.com/watch?v=5kvgzm4DFDY
https://www.youtube.com/watch?v=tXcQ-H90Y78
https://www.youtube.com/watch?v=bk4wdHCybj8

夢見る少女じゃいられない
https://www.youtube.com/watch?v=Is1_245LYug
https://www.youtube.com/watch?v=PAStPdIJXVg
https://www.youtube.com/watch?v=-Z-6l1FqGsY
https://www.youtube.com/watch?v=QlLDSi9Y90s

LIKE A HARD RAIN
https://www.youtube.com/watch?v=InsNw2V6hAA

オフィシャルウェブサイト:http://www.nanase.jp/

ブログ:http://ameblo.jp/hikarinomi11/

トーク
https://www.youtube.com/watch?v=px4zq2OHT7s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

白内障が目薬で治る

250pxlanosterol_skeletal_svgカリフォルニア大学サンディエゴ校の Ling Zhao 博士等が、白内障を目薬で治す方法を開発したというニュースが飛び込んできました。左はその成分であるラノステロールというステロイドの分子構造です。

http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/fig_tab/nature14650_F4.html

これはもともと東京都老人総合研究所の朱宮博士等が、ラノステロール合成酵素の遺伝子が突然変異をおこしたラットが、白内障を発症することを報告した論文にヒントを得たものと思われます。下記の論文です。

Lanosterol synthase mutations cause cholesterol deficiency-associated cataracts in the Shumiya cataract rat
Masayuki Mori, Guixin Li, Ikuro Abe, Jun Nakayama, Zhanjun Guo, Jinko Sawashita, Tohru Ugawa, Shoko Nishizono, Tadao Serikawa, Keiichi Higuchi, and Seigo Shumiya
J Clin Invest. 2006 Feb 1; 116(2): 395-404.

東京都老人総合研究所は石原都知事にいじめぬかれた研究所で、このような重要な研究をやっていたのに目薬まで到達しなかったのは、研究環境が破壊されたのが原因ではないかと想像します。残念!

Zhao 博士等は培養細胞から始めて、ウサギ、イヌでラノステロールが白内障治療に有効であることを確認しています。すくなくとも獣医の領域では、すぐに使われるようになるのではないでしょうか。

目のレンズはクリスタリンというタンパク質などでできているのですが、本来透明度の高いレンズが、クリスタリンが老化変性するとかたまり状となって”にごり”がでることが白内障の原因といわれています。まだメカニズムはよくわかってないようですが、ラノステロールにはこのかたまりをほぐす作用があるようです。

Zhao 博士等の原著:
Lanosterol reverses protein aggregation in cataracts
Ling Zhao et al (2015) Nature  doi:10.1038/nature14650

     
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

氷河期が近づいているのか!?

A0790_001035酷暑の毎日ですが、背筋がぞくっとする話題です。

Maunder minimum (マウンダ-極小期) という言葉を最近知りました。これは1645年から1715年にかけて起こった、太陽の黒点がほとんどみられなかった期間だそうです。この時期にはテムズ川の凍結が起こるなど、地球はミニ氷河期だったそうですが、最近ニューカッスルの Northumbria 大学教授 Valentina Zharkova が英国天文学会で報告したところによると、あと15年前後で地球は再びそのミニ氷河期に突入するとのことです。

報告の内容は私には理解できませんが、権威のある専門誌に論文も発表されているので、信頼できる報告だと思います。私たちも準備する必要があります。私が政府高官なら、嘉手納基地を返還してもらって、首都を沖縄に移転する準備をしますが、どうでしょう。これはまじめな話です。東京は雪が降るとジ・エンドです。いやいやその前に多摩川が凍結したら、どこから水道水を供給するのでしょうか?

ザルコヴァ教授は “The Sun buys us time to stop these carbon emissions” (太陽は二酸化炭素放出を削減するための時間を私たちに買ってくれたのです)と発言しています。そうですね、寒いからと言ってバンバン石油や石炭を燃やしていると、氷河期が終わったときに想像を絶する危機がせまってきます。この太陽がくれた絶好のチャンスに、私たちは地球温暖化を防ぐための施策を完了しなくてはなりません。

News
http://www.iflscience.com/environment/mini-ice-age-not-reason-ignore-global-warming

Hp (ザルコヴァ教授のホームページ)
https://www.northumbria.ac.uk/about-us/our-staff/z/professor-valentina-zharkova/

Abstract of the Paper (論文の要約)
http://iopscience.iop.org/0004-637X/795/1/46/article?fromSearchPage=true

論文: Simon J. Shepherd, Sergei I. Zharkov, and Valentina V. Zharkova (2014)
Prediction of Solar Activity from Solar Background Magnetic Field Variations in Cycles 21-23
The Astrophysical Journal  Volume 795   Number 1

(写真はフリー写真サイト「足なり」より拝借いたしました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

小泉-都響の「名曲の夏」 都響スペシャル

Imgaあまりにも暑い日でした。自宅から駅までのウォークが苦行。汗だくになるので電車に乗ってからも気持ち悪い。都響スペシャルなのですが、2日連続では体が持たないので明日はパス。今日はなんとしてもサントリーホールにたどり着かなければ! 

休日のお昼のコンサートとあって2日ともチケット完売で超満員。クラシックファンなら誰でも知っている名曲コンサートです。指揮者は小泉さん。コンマスは矢部ちゃんで、サイドに四方さんの豪華版。その他今日はなぜかほぼ最強シフトです。

マイスタージンガー前奏曲は個人的にはあまり好みでない曲です。強奏が続いて、パートが埋もれてしまう感じがね。2曲目のチャイコフスキー「弦楽セレナーデ」は隅々まで奏者が息を合わせた素晴らしい演奏でした。ブラボー!!!

後半は軽騎兵序曲の華やかな演奏からはじまり、金管が大活躍。中央アジアの草原にては木管がしみじみと聴かせてくれました。イングリッシュホルンはいつもの南方と違って大植が担当。スペイン奇想曲は大好きな曲です。トランペットとカスタネットがかっこいい曲です。ハープも大活躍。この曲の冒頭の旋律は頭にこびりつく系で、しばらく悩まされそうです。

今日はなんとアンコール有りで、エフゲニー・オネーギンよりポロネーズ(チャイコフスキー作曲)をやってくれました。これがまた素晴らしい演奏で、いつも生真面目に指揮するマエストロ小泉が、なんとちょっとしたパフォーマンスを披露(私は初めての経験)。それにあわせて矢部ちゃんが椅子から飛び上がるという技をみせて、これは示し合わせたとしか思えません。四方さんもつきあってました。

ホールを出て帰途につこうとしたときに、もうひとつのサプライズ。なんと協賛のシャトレーゼからお菓子のプレゼントです。ロハというのも申し訳ないので、写真をアップしときますね。

Imgb


リムスキー・コルサコフ スペイン奇想曲
https://www.youtube.com/watch?v=vLOVVzmEnto
https://www.youtube.com/watch?v=Lh6mDL-VwYw

チャイコフスキー 弦楽セレナーデ
https://www.youtube.com/watch?v=DPBKukl0oc4
https://www.youtube.com/watch?v=GSpCZyMhjYI

シャトレーゼのHP: https://www.chateraise.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

BABYMETAL --- Evangelist of J-culture

A0006_001180ヘビメタというのは、私にとってはるか彼方の未知の世界なのですが、それでもバックバンドも含めて彼女たちが猛烈に練習して、完成度の高いステージをやっているということはよくわかります。どっちかというとアイドル歌謡ぽくはありますが。

BABYMETAL という日本のグループが「Heavy Metal World Cup」で優勝し、イギリスのメタル雑誌『METAL HAMMER』の表紙を飾ることが決まったそうです。なかなか日本の音楽が欧米で認められない中で、きゃりーぱみゅぱみゅ以来の快挙でしょう。件の表紙の写真はオフィシャルウェブサイトに大きく掲載されています。

ジャニーズや秋元のプロデュースだとせいぜいアジアどまりですが、パフィー、きゃりーぱみゅぱみゅ、そしてこのBABYMETALは完全に欧米に受け入れられました。ガーディアン紙は「BABYMETALは悪魔のように手段を選ばぬ天才の策謀家が生み出した新しい音楽。」と評価しているそうです。またビルボード誌にも「音楽から熱意と知性を感じる」と非常に高い評価を得ているというのがすごい。

もっとも BABYMETAL のステージはヘビメタのコアのファンに受け入れられるものではなく、むしろ日本のアイドル文化をヘビメタを通じて欧米に広めたところに意味があります。いったんそのような層ができると後続もやりやすく、欧米の日本化が進行しそうです。

ロンドンでのこの受け入れられかたはすごい
https://www.youtube.com/watch?v=7NL1u9G5CbA

Gimme chocolate!!
https://www.youtube.com/watch?v=WIKqgE4BwAY

https://www.youtube.com/watch?v=S_gui5P3Qvo

Road of Resistance
https://www.youtube.com/watch?v=zTEYUFgLveY

Death 欧米でもオタ芸当たり前!
https://www.youtube.com/watch?v=S7XPh1peAkI

New York opening
https://www.youtube.com/watch?v=fJ_IyycWK_4

Tainted RealityがNYC BABYMETALライブへ行く!(日本語字幕)   
https://www.youtube.com/watch?v=CmLPU6JU0d0

BABYMETAL - Best Live Performances
https://www.youtube.com/watch?v=5636Wde6MnA

Babymetal catch me if you can - mexico city 2015   
https://www.youtube.com/watch?v=rKp1StLImsU

BABYMETAL - WORLD TOUR 2014 - Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=j6cC01au1RY

BABYMETAL THE DARK KNIGHTS BEGIN WORLD TOUR 2015
https://www.youtube.com/watch?v=yLMda4XK54Q

NO RAIN, NO RAINBOW (バラード)
https://www.youtube.com/watch?v=3ROXeszLBys

cf. http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150718-00127664-rorock-musi

オフィシャルウェブサイト
http://en.babymetal.jp/home/

オフィシャルチャンネル
https://www.youtube.com/user/BABYMETALofficial

フェイスブック
https://www.facebook.com/BABYMETAL.jp?fref=nf

非オフィシャルウェブサイト(すごい)
http://babymetal.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEALDs によるわかりやすい解説

安部安保法制を推進したい連中は、ともかくわかりやすく解説されると困るわけです。なんだかわからないまま、官邸の一存でなんでもできるようにするという趣旨ですから、SEALDsが作成したわかりやすい説明動画などは大変困るのです。ですからエージェントを使って徹底的に攻撃と抗議をおこない、YouTubeに動画を削除させました。これは一種の検閲に相当する暴挙だと思います。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7264.html

https://www.youtube.com/watch?v=6LuZDH0GHOE&feature=youtu.be

https://t.co/IoeJrsziLG

http://t.co/3llJml3VEU

http://matome.naver.jp/odai/2143710843618641901

2015a

ものすごくあいまいな記述です。密接な関係ってどうにでも解釈できるでしょう。存立危機事態もどうにでも解釈できますし、国民の自由は現政府がかなり制限していますよ。派遣労働者の増加によって幸福追求の権利も阻害されています。適当な手段とは官邸が自由に判断できますよ。必要最小限の実力行使って、相手が強力だといくらでもより強力な実力行使が必要になります。相手が核兵器をもっていたら、相手が発射する前にこちらが発射することもできそうです。それも官邸が独断でできそうです(国会承認も原則ですから)。つまりどんな戦争でも即座にできるという法律であることは間違いありません。

孔子がお金もなく軍隊も弱小な国から政治をまかされたとき、弟子の子路が「そんな国で先生は何をなさろうというのですか」と問うと、孔子は「まず言葉の定義をただす」と言ったそうです。児童ポルノ単純所持が禁止されましたが、これも非常に定義が曖昧で、すでに出版社が「サンタフェ」を全部捨てたなどという話もでてきました。言葉の定義が明確でないと、国民は何をしていいのかわかりません。本当に困ったものです。

子路曰、衛君待子而爲政、子將奚先、子曰、必也正名乎、子路曰、有是哉、子之迂也、奚其正、子曰、野哉由也、君子於其所不知、蓋闕如也、名不正則言不順、 言不順則事不成、事不成則禮樂不興、禮樂不興則刑罰不中、刑罰不中則民無所措手足、故君子名之必可言也、言之必可行也、君子於其言、無所苟而已矣。

Zi Lu asked, “If Marquis of Wei appoints you as a minister, what will you do first, master?” Confucius replied, “I will surely correct names.” Zi Lu said, “You are it again! You really like roundabout. Why do you need to correct names, master?” Confucius replied, “You are quite rough. Gentlemen must not talk about what they don’t know. If names are not correct, words do not make sense. If words do not make sense, everyone can do nothing. If everyone can do nothing, courtesy and music do not become active. If courtesy and music are not active, punishment does not have fairness. If punishment does not have fairness, the people never feel relieved. So gentlemen must speak correctly with correct names. They must act if they talk. Gentlemen must speak carefully.”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

大津あきら作品集 Memories for you

Imgz

大津あきらさんは天才作詞家でしたが、1997年に47歳で亡くなってしまいました。
彼のあまりにも早い逝去を悼んで「大津あきら作品集 Memories of you」というCDが発売されました。(日本コロムビア COCA-14592 1997出版)。参加した歌手達のリスペクトが込められた作品だと思います。

「愛という名の勇気」などは今聴いてもすばらしい作品だと思います。作曲は安部恭弘さん。その他も名曲ぞろいです。ヒット曲ではありませんが、私は「ジュテーム」や「乱火」などは大好きな曲です。この記事を書いているうちに、水越恵子 「ワインナイト」という名曲を発見したのはラッキーでした。ビバ・ジャイアンツの作詞をやっていたことも初めて知りました。

「心の色」

中村雅俊
https://www.youtube.com/watch?v=1ei4G0d7maA
https://www.youtube.com/watch?v=xkx_Rr_GYoA
https://www.youtube.com/watch?v=bOaoZf_2RWE
http://v.youku.com/v_show/id_XMTI4NTk0NDM4NA==.html?from=s1.8-1-1.2

石川さゆり
https://www.youtube.com/watch?v=G-oWjkU1HVk

「さよならのオーシャン」

杉山清貴
https://www.youtube.com/watch?v=7nNpVgAEL80
https://www.youtube.com/watch?v=fLMyYZe5Nfc
https://www.youtube.com/watch?v=JhKx6cL915A

Akio
https://www.youtube.com/watch?v=18eOWyuMBOc

「愛という名の勇気」

岩崎宏美
https://www.youtube.com/watch?v=YKKREsDej7U
https://www.youtube.com/watch?v=KcUwv3Iqh4w

美登利
https://www.youtube.com/watch?v=yZrv7HfM5Q0

「恋に落ちた日」「ブルーベイの淑女」

壊滅中

「ジュテーム」

坪倉唯子

https://www.youtube.com/watch?v=EKzYc2zGEyM
https://www.youtube.com/watch?v=zPMLrb9oofs

緑子
https://www.youtube.com/watch?v=gMhokN0qhms

「Lonely Heart」

クリエイション
https://www.youtube.com/watch?v=CHAHzftH7dc
https://www.youtube.com/watch?v=FziR_dOrbD8
https://www.youtube.com/watch?v=OQjCZReJmAo

野口久和バンド
https://www.youtube.com/watch?v=X0HEQ3-sY_8

「輝きながら」

徳永英明
https://www.youtube.com/watch?v=WPObavJ1yWQ
https://www.youtube.com/watch?v=S7wxeqQ7MFE
https://www.youtube.com/watch?v=MWGdd6ww53s
https://www.youtube.com/watch?v=NXgecDuxojQ

Daisy
https://www.youtube.com/watch?v=ACths3JcCAc

吉田拓矢
https://www.youtube.com/watch?v=GwIE9xTMMoI

「約束」

渡辺徹
https://www.youtube.com/watch?v=a0VJIDk1oHU
https://www.youtube.com/watch?v=vXcV03j3Deg
https://www.youtube.com/watch?v=ce_4t36G2_k

「miss.dreamer」

杉山清貴
https://www.youtube.com/watch?v=xl4eF8Eym6A
https://www.youtube.com/watch?v=UsaDNEUi8oY

「あなたにあげたい愛がある」

壊滅中

「for you」

高橋真梨子
https://www.youtube.com/watch?v=wYHZSW6TbDs
https://www.youtube.com/watch?v=4U2gUK_9oj8
https://www.youtube.com/watch?v=hDvsZ7NAyMc

kei
https://www.youtube.com/watch?v=syEeiSYKNE8

makigon
https://www.youtube.com/watch?v=27pm6hc7e70

宇山ともみ
https://www.youtube.com/watch?v=PRnXmxEui2g

「心の色」

データはありませんが、大津あきらさん自身の歌唱が最後に収録されています。是非CDを入手して聴いてみてください。
--------------------------

CDはここまで 以下はエクストラトラックです(大津あきら作詞)

水越恵子 ワインナイト
https://www.youtube.com/watch?v=Ndf47Q6Rv1w

中森明菜 乱火
https://www.youtube.com/watch?v=eDUaiiEhOZI
https://www.youtube.com/watch?v=p8stMt1w6oE
https://www.youtube.com/watch?v=W_ZTAPbqZtQ

(moco momo)
https://www.youtube.com/watch?v=aDWB1N_KgGs

中川興一  ビバ・ジャイアンツ
https://www.youtube.com/watch?v=Dt7hMlR_JlQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

グスターボ・ヒメノ-都響のベートーヴェン交響曲第7番@サントリーホール2015年7月12日

Imgb

本格的な夏到来で、いよいよエアコン始動です。サントリーホールにでかけると、カラヤン広場の滝に異様な光景が出現していました。滝の裏側が満員です。しかも滝の裏側に行くために行列ができていました。サントリーホールはもう開場していたので、そのお客ではないと思います。滝の裏に来るためにカラヤン広場に来たのでしょうか? 謎です。

Imga
本日のコンマスは山本さん、サブはゆづき。ビオラのトップに見馴れない外国人奏者がすわっていました。日曜昼とあってチケット完売。会場はかなり混み合っていました。指揮者のグスターボ・ヒメノさんはアムステルダム管弦楽団の首席指揮者で、この秋に来日するロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の指揮もするそうです。貴公子系のかっこいい人で、背広で登場です。

最初のリゲティの曲は、リゲティにしてはわかりやすい曲ですが、だからといって彼が天才だという感じはありません。2曲目はアランフェス協奏曲で、アイドル奏者パク・キュヒさんの登場です。マイクとスピーカーを使用。実際とても可愛い感じの人でした。もちろん腕も達者で、スペイン情緒に加えて不思議なやさしさの様なものが感じられ、独特の魅力があります。南方のイングリッシュホルンも快調。満場の拍手に応えて、アンコールもやってくれました(↓)。ただ音量が小さかったのはやや不満が残りました。アンプのセッティングミスだと思います。

Imgc


休憩後はベートーヴェンの第7交響曲。マエストロ・ヒメノはバレンシアの出身だそうですが、まさにラテン魂炸裂のベートーヴェン。颯爽と駆け抜けるベト7で気分爽快です。聴く方はそれでいいのですが、演奏する方は大変だったと思います。都響の皆さま誠にお疲れ様でした。

Gustavo Gimeno (グスターボ・ヒメノ)
https://www.youtube.com/watch?v=mc29i-0g9pg

Gustavo Gimeno インタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=WyTwjOVUQDk

朴 葵姫(パク・キュヒ)
https://www.youtube.com/watch?v=zQnBstCaosE
https://www.youtube.com/watch?v=9bmsJMMp5_U
https://www.youtube.com/watch?v=I6MrGIldd_k

朴 葵姫 フェイスブック
https://www.facebook.com/kyuheeparkguitar

(後記) カルロス・クライバーのベト7は、第4楽章など地底からマグマが噴き出すような熱い強烈な躍動感の演奏ですが、グスターボ・ヒメノは乾燥した爽やかな風が吹き抜けるような演奏で、全然違います。私はヒメノ-都響の演奏は結構楽しく拝聴しました。この暑い夏にはぴったりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

晋三 vs 辻本

集団的自衛権の行使による自衛隊の出動が、下記の質疑から不可解なものであるということがよくわかります。本当にこんなことをやろうとしているというのが信じられません。

私はPKO活動は、国連の存在意義がかかっているもので、自衛隊の参加もやむを得ないと考えます。その場合部隊の行動はそのPKOを統括する責任者の指示に従うべきであって、国連の決定だけには日本は従うべきだと思います。それ以外の有志連合による武力行使などにはそもそも参加すべきではないし、日本が攻撃されれば個別的自衛権で対処すべきだと思います。

「くろねこの短語」さんのブログから引用させていただきました。
http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-7c08.html

以下引用----------

7月10日衆議院 平和安全法制特別委員会 

◆辻元清美議員

細野さんはこう聞きました。
「自衛隊だけ途中で撤収するということ、それはできるんですか?本当にそれで海外の国に対して責任を果たせるんですか?」と質問されたんですね、総理は「まさに戦闘現場になったらただちに撤退するのが当然であろう。それを前提に自衛隊は活動するわけでございます」と話していらっしゃいます。

でも、やはり私はそれは国際社会では通用しないと思いますし、そんな
国とは一緒に活動できないなと思われかねないなと思いますが、いかがですか?

◆安倍晋三 内閣総理大臣

「これはもう、そういう運用で 今回ですね、法律をつくっているわけでありますから、当然これは、確かにですね、そういう状況になれば、自衛隊は撤収をするわけでございます。

後方支援を止めるわけです、戦闘現場になればですね。
補給を受けるほうにとっては、確かにそう辻元さんがおっしゃったような意味合いもあるかもしれません。しかしですね、私たちの法律によって定められているこれは、まさに、運用の基本的な考え方であります。

まさに、われわれは、後方支援については武力行使と一体化しない、
我が国独自の憲法との関係においてですね。
憲法一体化論も、あるわけでありますから
それを理解した上での後方支援しか行われないということであります。
われわれの自衛隊はですね、PKOについてもゴラン高原においてですね。
自衛隊は撤収をしたという事例もあるわけであります。

◆辻元

「先日、お示しした、総理と百田尚樹氏の対談の本です。あのあと、拝読いたしました。
こういうくだりがあるわけですね、36ページ当たりですが、

安保法制懇の説明をASEAN各国首脳に説明するというくだりです。

・・・引用・・・

総理『日本は、ここは戦闘地域になったので、私たちはこれで撤退します。
お先に失礼しますが、オランダ軍のみなさん、どうかがんばってください、と言い残して帰国することになります。と個別案件について説明しますと、ASEANのどこの国のリーダーも非常に驚かれます。』

百田『国際社会では、まったく通用しないことですね。』

総理『通用しません。そんな国とはともに活動したくない、と思われて
当然です。インドネシアのユドヨノ大統領にも、そのように話をいたし
ました。』

・・・

今回の法案、国内では撤退すると言い、インドネシアの大統領にこうおっしゃったと書いてあるんですけど、外国では国際的にはまったく通用しない、そんな国とは一緒に活動したくないというご認識を示されたということで、まちがいないですか?

◆安倍首相

「いま、辻元議員の述べていらっしゃることはですね、PKOについて

(辻元「イラクです、もし、よろしければ、(本を)どうぞ」)

あ、あの、あ、イラクですね。イラクのオランダ軍につきましてはですね、武力行使をしているところの 後方支援活動ではない、ということですから、

そ、それは、ま、まさに、いわばPKO活動ではございませんが、いわば、
えー、人道、人道復興支援の活動になるわけでございます。
いわば、人道復興支援という文脈においてですね。

いわば、駆けつけ警護的な、そこではちょっと弱冠正確性にはかけますが、

(辻元、本をどうぞ、と差し出す)

いや、それは結構ですが、

PKOにおける、いわばPKOにおける駆けつけ警護のことも念頭に置きながら、それを述べたわけでございますが、PKOについても駆けつけ警護等は可能になるわけでございますからその点は相当改善されたと、いうことにあるわけでございます。

先ほど私が答弁しましたのはまさに、これは後方支援でありますので 後方で支援をする。戦闘現場になるかならないかということで、文脈で申し上げている通りです。

いずれにいたしましても、いま私は総理大臣として
この新たな法制について申し上げているわけですから
今までのたてつけのなかとは変わり、新たな仮説の中で私が申し上げて
いることは、その申しあげている通りでございます。

◆辻元議員

「総理は、この本でイラクでのサマワでの活動のことをおっしゃっていて この法案も、途中で撤退することになっているわけですよそしてそこを取って、国際的には通用しないと、そんな国とは一緒に活動したくないと思われて当然、と言われている。

今回の後方支援も、同じたてつけになっているわけですよ。

(総理、「違うちがう」と手を振る)

同じですよ。これ、法案の根幹なんですよ。

総理は、本心では「国際的には通用しないな、途中で活動を止めることは。」とおもっていながら、「そんな国とは活動したくないと思われて当然」、と思っている法案の中身をお出しになっている。

それで、総理大臣がそう思っている法案にしたがって、
自衛隊員のみなさんが 命がけで海外に出ていくんですか?

私、これを読んで愕然としました。
今PKOだとかいろいろおっしゃったけど、全部言い訳だと思います。

(総理、首を横に振る)

今回の法案も、途中で活動を止めるわけでしょう?
前と同じでしょう?

そうすると、ココでおっしゃっているように、国際的には通用しないと。

総理、もし、通用しないとそう思ってらっしゃる、しかし憲法の制約があるので、それができない、もし、思ってらっしゃるんでしたら、そういわれたらいいと思いますよ。いかがですか?

◆安倍総理

「まさに私の念頭にあったのはですね、基本的に他国部隊が襲われた時
にですね、その部隊から助けてくれといわれても、それは襲われたとい
う状況になったことをかんがみて、われわれは、「失礼します、と。助けることはできません」危険な状況になったから失礼します、ということになりますよ、という意味のことでございます。

今度の法改正に置いては、駆けつけ警護はできるようになったわけでございます。
駆けつけ警護そのものを皆さんは否定しているわけでありますが。それはできるようになったということでございます。

それとは別にですね、まさに武力行使をしているところの後方支援でありますから、これはサマワにおける人道復興支援活動とも 全く根本的に違うわけであります。

人道復興支援活動は限りなく、かなりですね、いわば平和維持活動に近づいて行く活動であります。

ただ、国連にもとづく、PKO活動ではなかった、ということであります。

それを述べていることと、いわば後方支援活動を混同させるべきではない。事実PKOについてもそうですが、後方支援活動においても、そういう状況になれば、撤収するのは当然のことであり、PKOについてもゴラン活動においてもわれわれは、撤収をしている、ということであります。

そもそも法律の中に置いて、できることしか、できない。それは当然でありまして、順法精神のもとにおいて、それを行うのは当然のことであろうと。

私がどう思うか、思わないかは全く関わりのないことだと思います。これはまさに、法律そのものを見ていただきたいと思います。

◆辻元議員

「苦しい答弁だと思います。

ここ(本)にですね。
「日本は、ここは戦闘地域になったので、私たちはここで撤退します。お先に失礼します、オランダ軍のみなさん、どうか頑張ってくださいと言い残して帰国する。これは、国際的に非常識だ」と、総理はおっしゃってるわけですよ。

私は今回、この法案、無理があるし、私たちはこの点をずっと指摘してきたわけですよ。
途中で 中断できますか?できないでしょ?と

特にイラクのサマワよりももっと危険地帯に、後方支援は弾薬も運ぶんですよ。
そこに送るということで、今の自衛隊、途中で撤収できるか?

だから憲法違反だと言われているんです。
武力行使と一体化すると。」

◆辻元議員

「ここにですね、「イラク人道復興支援活動行動史」陸上幕僚幹部がつくった内部文書があります。

イラク派遣の成果と教訓をまとめたものと言われています。

ジャーナリストの布施祐仁さんという方が入手されて、情報公開で入取されて、私も防衛省から入取いたしました。

これをみますと、イラクの中で、さっき撤収のはなし、

私は先ほどの総理の姿勢は、海外で言ってること、本で言ってることと法案、まったく違っていることを言っていて、国民や自衛隊のみなさんに対して不誠実だと思います。

では、イラクでどうだったか、と。

今日、岡田議員もですね。イラクの活動の内容の検証をしっかりしないとですね、今回、後方支援に出すのは、無理であると。そういう話があって

これ、見ていただいたらわかるんですけど、どんどん黒いんですね。
(内部文書の黒塗りの部分を示す)

で、中谷防衛大臣、第一次イラク復興支援軍長の
番匠こういちろうさん。この方は中谷大臣と防衛大学校で同期じゃないでしょうか?

前書きも番匠さんがお書きになった。この方、とても誠実な、一生懸命
イラクでまじめに働かれた方だと思うんですけど、

この審議にあたって、黒塗りの部分は公開していただかないと、この法案の実のある審議ができないと思いますが、防衛省として、公開していただけますか?いかがですか?

◆中谷元 防衛相

「その文章はですね、イラク特措法に基づく陸上自衛隊の活動に関する実績等において、研究とか、各種教育訓練の資とするためにまとめられたものです。

番匠さんは私と同期でありまして、レンジャーも一緒に訓練したこともございますが、非常に優秀な隊員で、第一次の支援隊長として派遣されて、大変すばらしい仕事をされたと思います。

今後の参考にとしてまとめられた文書でございますが、公表等につきましては、適切に情報公開をしてですね、しっかりとした議論を行うことが重要だと考えておりまして、
これまで「不開示」としていた部分につきましても、検討を始めておりまして、速やかに結論を得ておきたいと思っております。

◆辻元議員

「今ですね、速やかに公表を検討して、結論を得たい、とおっしゃいました。本委員会に、イラクの問題を、しっかりと検証しないとですね、話にならないですよ、委員会で。そう思いませんか、みなさん。

(そうだ、そうだ)

委員長、この審議中に、しっかりとこの衆議院の本委員会に黒塗りのところ、公開していただくことを理事会で協議してください。

◆委員長

「理事会で協議いたします。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

北総ニュース(イオン・・・裏の顔)

千葉NT中央イオンモールの閉店ラッシュは必ずしも商品が売れないせいではないようです。パンデイズが閉店すると聴いて、あんなにお客が多い店が ・・・ といぶかしく思いました。

http://chibanewtown-aeonmall.com/special/lists/closed

聞き込みをすると、なかには突然1ヶ月後に立ち退いてくれと言われたお店もあるそうで、要するにイオンの上層部が紙の上に絵を書いて、その通りの計画を粛々と進行させているのでしょう。それにしては1ヶ月というのは、かなりずさんな計画のようにも思えますが・・・。

1ヶ月しか猶予がなくて閉店を強いられると、チェーン店であっても従業員も解雇せざるを得ないでしょう。イオンはテナントの労働者のことなど何も考えていないということです。テナントというのは資本家にとっては非常に便利なシステムであることがわかります。

しかもイオンはテナントとの契約時にとんでもない条件を出してくるそうです。

http://www.sentaku.co.jp/category/economies/post-1622.php

情報誌「選択」は断言しています。

===イオンは小売り流通業者の仮面を被った「場所貸し」である。

要するにショッピングモールの良いところは、車で買い物に行けるというところだけです。UR都市整備公団と印西市がそういう街に設計したということで、住みやすい街として上位にランクされる印西市ですが、その裏では泣かされるテナントや従業員がいるということですね。

URが個人商店街を排除するような都市計画を行い、それを住民が支持したわけですが、これはURとイオンの思うつぼにはまっているだけで、他の街の形態を考えさせないようにされているだけです。個人商店街でも駐車場さえあればいいわけですから。このような街に住んで失うものも多い、ということがわかったころには手遅れで、イオンとURにさんざん巻き上げられて後の祭りです。私もその中のひとりですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

ヘッドフォン(AKG K142 HD)の修理

Images_2土曜日に秋葉原のヨドバシカメラに、修理の終わったヘッドフォンを回収に行ってきました。内部断線だったのですが、ヨドバシに預けて2週間くらいたつと、家に電話がかかってきて「○○円になりますが、修理して良いか」と訊かれます。それでOKと答えると修理が開始され、1週間後くらいに「修理が完了しましたので、とりにきてください」という電話がかかってきます。

昔は2~3日で修理してくれるような故障だったので、ためいきがでます。本当に日本はダメになったんだなあと実感します。それでもヨドバシは店内に修理のカウンターがあって、きちんと対応してくれるので良しとしなければなりません。

ヨドバシカメラは日本語より中国語が目立ちます。ちょうど中国の団体ツァー客が買い物をしていました。有難いことです。シャープやパナソニックも、中国で家電を売ることができれば赤字など出さずにすんだかも知れません。政府の努力も不足しています。ここでのひとつの楽しみは、丸福で昔ながらのホットケーキ(メープルシロップまたは黒蜜つき)をいただけることです。

AKGはオーストリアのメーカーで、ヨドバシで販売しているヘッドフォンのなかでも主力メーカーのひとつです。K142HDはポップスを聴くのに向いています。レスポンスが俊敏でありながら、刺激的ないやな音が全くしないというところが気に入っています。クラシックの深々とした音を聴くには足りないところがありますが、その手のものは4~5万はしますので、ちょっと手が出ません。私の耳にはこれで十分です。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

JPOP名曲徒然草158: 「赤いスイートピー」 by A-Show

A0960_003071「赤いスイートピー」のオリジナルはもちろん松田聖子の歌で、作詞:松本隆・作曲:ユーミン(呉田軽穂)の1982年の作品です。甘酸っぱい青春歌謡という感じですが、AーShow(旧・壽屋音次郎)の歌で聴くとドロドロ感がはいってきて、やるせない失恋の歌というイメージが新鮮に感じました。

残念ながらこの曲のCDはないようです。廃盤のようですが「TRUST~シンジルモノハスクワレルラシイ~」というアルバムが中古で入手できるようです。

さすがにものすごい数のカバーがアップされています。とても紹介しきれません。とりあえずいろいろ聴いてみましたが、やはり A-Show の歌が私は一番のお気に入りです。Diana Garnet の歌もなかなか素晴らしくて、これが2位かな? 

A-Show 「赤いスイートピー」
https://www.youtube.com/watch?v=aGcV_EUGidA

Patti Austin 発表当時にカバー
https://www.youtube.com/watch?v=fni9hqoeiBM

Diana Garnet 日本語で
https://www.youtube.com/watch?v=CABJUVb0vng

奇妙礼太郎 最近TVCM (all free)に出てる?
https://www.youtube.com/watch?v=M7-NSB9Jg-g
https://www.youtube.com/watch?v=AiJYbd4wmGI
https://www.youtube.com/watch?v=iUGnsAUUYkQ

德永英明
https://www.youtube.com/watch?v=pslQbZg0nNI

嗣永桃子
https://www.youtube.com/watch?v=-WP4jxDaKGA

小嶋陽菜
https://www.youtube.com/watch?v=f-iMEMM6W_M

佐々木彩夏
https://www.youtube.com/watch?v=iioaIjmA7BI

松たか子
https://www.youtube.com/watch?v=GqNebFR4PC0

松浦亜弥
https://www.youtube.com/watch?v=IKu0lwA0CPA
https://www.youtube.com/watch?v=dtFH8x_3DLQ

マナカナ
https://www.youtube.com/watch?v=BH9kx1yZ8Mg

綾瀬はるか すべての思惑技巧を捨てた素朴さが良い
https://www.youtube.com/watch?v=Ft3Zfhmn2LQ

KENN
https://www.youtube.com/watch?v=KTqBE0fpjF0

オヤジズム
https://www.youtube.com/watch?v=3RtH8IlqKsY

宇治朝霧コーラス
https://www.youtube.com/watch?v=--7j5ltwaFw

鏡子 むぅぅ
https://www.youtube.com/watch?v=x2uaOF3NKRM

オリジナル
https://www.youtube.com/watch?v=COYNJQMiqz0
https://www.youtube.com/watch?v=IXCEQdOy0Go

A-Show

「Hard Times」
https://www.youtube.com/watch?v=OBOCRXXooBM

「今夜いつものバーで」
https://www.youtube.com/watch?v=fvY27LdUBNU

「Positiveな凡人のBlues」
https://www.youtube.com/watch?v=-4ln1srvMRc

「夢をきかせて」
https://www.youtube.com/watch?v=1usZgvgt-C8

公式ツイッター:https://twitter.com/hoperecordsmusi

ブログ:http://ameblo.jp/soultojiro/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

ポーラ美術館は大丈夫か?

Photo

ポーラ美術館が危機に瀕しています。

群馬大学早川由紀夫教授の箱根火砕流の予測地図では、ポーラ美術館は完全に火砕流の領域に含まれています。

7月3日現在セザンヌ展をやっていて、まだ通常営業しています。所外の散歩道だけが閉鎖されています。

ここに今ある、セザンヌらの名画の数々が焼けてしまったらどうなるのでしょうか? たとえ保険金で損害賠償ができても、焼けた絵は返ってきません。

写真にもみられるような美しい美術館で、私が大好きな場所です。なんとか無事にこのまま火山活動がおさまってくれるように祈りたいですが、しばらく作品を疎開できないものでしょうか。万一のことがあると、世界中から非難が集中しそうです。

ポーラ美術館
http://www.polamuseum.or.jp/

火砕流予想 by 早川由紀夫
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-696.html
http://blog-imgs-71-origin.fc2.com/k/i/p/kipuka/owakuontake.png

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

サラとミーナ160: スミレを食べたい

梅雨になると猫たちも意気上がりません。ベランダに出そうとしても出ないこともあります。足がぬれるのが嫌だったりします。昔野生生物だった頃も、雨の日はエサとなる生物も野に出てこないので、体力を温存するのがベターだったのでしょう。

Imgaしかしそんな猫たちもやりたいことがひとつあって、それはロウバイの鉢に生えているスミレを食べたいということです。

すっかり食べ尽くしてしまって、ほとんど残っていないのですが、それでも必死に食べられそうなものがないか探しています。

ミーナがあきらめて去った後も、サラは奥の方を探索します。

Imgb




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

大江戸線は危険すぎる

A0002_000705


昨日新幹線で焼身自殺があり、巻き添えで亡くなった人が出たそうですが、このような危険があるのは新幹線だけではなく、むしろ大江戸線などはより危ないのではないかと思います。2007年に停電があったときに、大江戸線が停止し、お客を降ろすのに2時間もかかったそうです。ヘリも救急車も地下鉄にはきません。2時間も蒸し暑い車内に閉じ込められれば病人もでます。大江戸線は窓から外に出られませんし、たとえハンマーでたたき割ってもスキマが狭すぎて歩けません。出口は最前部と最後部にしかありません。これでは大勢の乗客がいる場合など、まさしく雪隠詰め状態になるに違いありません。

このような状況で火災・テロリストの発砲・有毒ガス・地震・停電・洪水などがあると、逃げ場所がないので悲惨なことになりかねません。新幹線なら外を走っているわけですから、排煙もできますし、いざとなれば各車両のドアを開けて線路を歩くことも可能です。ヘリや救急車もやってきます。大江戸線は日本の窮乏の象徴みたいなもので、戦前にできた地下鉄よりもずっと貧乏くさく、トンネルの大きさがとても狭くなっています。いざというときに動ける駅員も極めて少数になっているのでしょう。どうして戦前にはできた仕様に現在ではできないのでしょうか? 何かが間違っているに違いありません。

可動式の屋根をつけると軽く3000億円を越えると思われる豪華なオリンピックスタジアムですが、そんな異常なものに500億円も使うくらいなら、東京都としては大江戸線のトンネルの拡幅と車両の仕様変更を考えた方が、よほど良いと思います。

一番怖いのは津波による水の流入です。大江戸線は埋め立て地など特に標高の低い地域を走行しています。地震があってから、お客を2時間もかかって降ろし終わっても、そこはまだ地下鉄のトンネルの中です。駅まで歩いて高層ビルに逃げられるでしょうか? とうてい間に合わないのではないでしょうか? いまのままなら、なるべく大江戸線には乗らないのが賢いと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=q-pMTmMHxMU

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3456467.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »