« アリアCDの快挙 | トップページ | 2014~2015 リーガ・エスパニョーラ第26節: ラーヨの高いDFラインを切り裂くバルサ »

2015年3月 8日 (日)

都響 シューマン「交響曲第4番」@池袋東京芸術劇場2015年3月8日

Imga冬に逆行したような寒い雨の日。都響はインバルの登場です。池袋の芸劇に出かけました。Patio de Metro がめずらしく超満員で列をなしていたので、はじめてカフェ奏(かなで)で腹ごしらえ。湯葉のあんかけどんぶりをいただきました。だしがきいていて、飽きがこずに完食。

今年はフルシャをウィーン国立歌劇場に強奪されたので、音楽監督を退任したとは言え、都響の目玉はまだまだインバル指揮のコンサートです。本日のコンマスは四方さん、サブは山本さんです。前半のソリストは河村尚子(かわむらひさこ)さん。ブルーのドレスで登場したのですが、まるで女子プロレスラーのような鍛え上げた感じの体型で、大股で歩く方でした。

シューマンのピアノ協奏曲ですが、演奏は体型から予測されるような切れ味鋭い場面もあり、また非常にロマンティックな部分もあり、完全に自分の世界を持っている方です。都響のメンバーも彼女と会話するような親密な演奏でサポートしました。アンコールはシューマン(リスト編)「献呈」。私は河村さんの音楽は健康的すぎて、ちょっとはいっていけませんでしたね。

後半はシューマンの交響曲第4番ニ短調。これは弦楽アンサンブル勝負の曲なので、都響にとっては大いにやりがいがある作品です。期待通り素晴らしいアンサンブルで、スリリングで気持ちの良い演奏になりました。

ちょっと嬉しかったのは、田口さん(Vn)の復帰です。彼女の演奏には品格が感じられます。これは努力して獲得出来るものではないので、都響にとっては貴重な財産です。都響紹介の動画にも登場しています(なんとお料理のシーンまである)。今日はさすがに最後列で演奏していました。
http://www.youtube.com/watch?v=jqwYlyqMFDM

Imgb会場を出てから気がついたのですが、芸劇には折り鶴の美しいオブジェが飾られていました。

|

« アリアCDの快挙 | トップページ | 2014~2015 リーガ・エスパニョーラ第26節: ラーヨの高いDFラインを切り裂くバルサ »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/61251602

この記事へのトラックバック一覧です: 都響 シューマン「交響曲第4番」@池袋東京芸術劇場2015年3月8日:

« アリアCDの快挙 | トップページ | 2014~2015 リーガ・エスパニョーラ第26節: ラーヨの高いDFラインを切り裂くバルサ »