« LED光の毒性 | トップページ | 都響・作曲家の肖像 シベリウス@東京芸術劇場2014年12月13日 »

2014年12月13日 (土)

サラとミーナ150: 冬の日は窓辺でひなたぼっこ

A1寒波襲来です。サラは窓辺でひなたぼっこ。

サラは猫に生まれたのが残念です。毎日探索、調査、確認、記憶という作業を熱心にやっています。人に生まれていれば、優秀な科学者になったのではないかと思います。またミーナとは全く異なる、アスリートのような歩き方、そうサラブレッドの速歩のような歩き方で、運動能力も抜群なので、スポーツ選手やバレリーナになっても成功したのではないかと思います。

野生の猫なら、そのような能力も大いに役に立ったかもしれませんが、飼い猫としては全く無駄な能力です。一方ミーナは人に甘えるのが上手で、もうそれだけで飼い猫として十分でしょう。サラは独立独歩で、私ともある距離を置いてつきあっている感じです。それでもサラのような猫は、野生なら決して心を許せる仲間はつくらなかったと思いますが、うちに来たおかげで、私とミーナという仲間ができたことは、サラにとっては奇跡のようなことだと思います。

駅前のヤギも小屋でひとやすみ。

A2


|

« LED光の毒性 | トップページ | 都響・作曲家の肖像 シベリウス@東京芸術劇場2014年12月13日 »

にゃんこ(cats)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サラとミーナ150: 冬の日は窓辺でひなたぼっこ:

« LED光の毒性 | トップページ | 都響・作曲家の肖像 シベリウス@東京芸術劇場2014年12月13日 »