« 熊木杏里クリスマスコンサート東京2日目@マウントレーニアホール2014年12月23日 | トップページ | サラとミーナ152: HAPPY NEW YEAR 2015 »

2014年12月27日 (土)

JPOP名曲徒然草151: 「開け放つ窓」 by 阿部芙蓉美

Imgf
「開け放つ窓」作詞・作曲:阿部芙蓉美、編曲:谷本新
FLME FLCF7151 (2008)

美しいウィスパーボイスで究極的な脱力ソングを歌う。エネルギーレベル0です。しかし洋楽風浮遊感のある曲「A thousand days of love」なども歌っています。熱狂的な支持者がいそうなシンガー。こんなにMVをたくさんアップしている人は少ないのでは。

阿部芙蓉美さんは稚内出身1983年生まれ、2007年デビューのシンガーソングライター。Sarah McLachlan https://www.youtube.com/watch?v=nSz16ngdsG0 のファンだそうです。

「開け放つ窓」MV 途中で猫たちが登場・・・あなたの秘密を守るから
https://www.youtube.com/watch?v=hFqX-GOFLdY

ライヴ:https://www.youtube.com/watch?v=tFBJ_Uzd0FY

「highway, highway」MV
すぐに波に洗われてしまうのに、意味も無く棒で線を引く。そして疲れて棒も放り出す。
人生なんてこんなもの・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=wV0QPKE8wqA

ライヴ:https://www.youtube.com/watch?v=4b7gyB3jXzc
(カーペンターズの close to you 付き)
この close to you 私はかなり気に入ってます

「群青」MV 
https://www.youtube.com/watch?v=VjzyACRHoaI

ライヴ:https://www.youtube.com/watch?v=fQ52wtS2QuE

「A thousand days of love」MV この路線で行くべし
https://www.youtube.com/watch?v=LiRX7Sh8wWQ

「革命前夜」MV 途中で切れるが、これは演出
https://www.youtube.com/watch?v=m5UiOcrixLk
https://www.youtube.com/watch?v=lC3gLjnaSD0

「ドライフラワー」MV
https://www.youtube.com/watch?v=ofCoKXpfxwg

「私たちの望むものは」 まさかの岡林信康のカバー
https://www.youtube.com/watch?v=9a5Evs4vwg0&spfreload=1
https://www.youtube.com/watch?v=BPXlr6viKmA

オリジナル:https://www.youtube.com/watch?v=3SP1uzBdGKk
(投稿者が YouTube に著作権侵害警告を取り消させたそうです)

「エイトビート・サッドソング」
https://www.youtube.com/watch?v=5v_1ZVz7nyU

「poets」
https://www.youtube.com/watch?v=294UPGO40VM

「町」あまりにも美しい曲と歌唱
https://www.youtube.com/watch?v=I7UdpINGn-I

Official Web Site: http://www.abefuyumi.com/
Official MySpace: http://www.myspace.com/abefuyumiofficial
FLME 阿部芙蓉美ページ: http://www.forlife.co.jp/abefuyumi

|

« 熊木杏里クリスマスコンサート東京2日目@マウントレーニアホール2014年12月23日 | トップページ | サラとミーナ152: HAPPY NEW YEAR 2015 »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/60874556

この記事へのトラックバック一覧です: JPOP名曲徒然草151: 「開け放つ窓」 by 阿部芙蓉美:

« 熊木杏里クリスマスコンサート東京2日目@マウントレーニアホール2014年12月23日 | トップページ | サラとミーナ152: HAPPY NEW YEAR 2015 »