« 阪神タイガース4タテでCS突破 日本シリーズへ その2 | トップページ | プロ野球 ミニヒストリー »

2014年10月20日 (月)

2014~2015 リーガ・エスパニョーラ第8節: エイバルのワナにはまりつつも、バルサ美しいゴールで快勝

Braugranaエイバルはプリメーラ(トップリーグ)初登場ということですが、バスクのチームだそうです。エイバルという街は石器時代から集落があったところらしく、住みやすい場所なのでしょう。初登場にしてはすでに9ポイント獲得で、決して侮れません。

バルサはFW:ネイマール・メッシ・ペドロ、MF:セルジ・マスチェラーノ・ペドロ、DF:アルバ・マチュー・ピケ・ダニ、GK:ブラーボ。エイバルはFW:ベルホン・カパ、MF:ララ・ガルシア・エラスティ、DF:アブラアム・エキサ・アルベントサ・リージョ・ボベダ、GK:イルレタゴイエナ。エイバルには知っている選手がいません。532というめずらしいフォーメーション。

532というのは難しいやり方です。ともかく中央でのドリブル突破・スルーパス・ワンツーを完封することを目的としています。MFの外側が空くので、アルバとダニがフリーで上がってきますが、クロスを上げられても中央で対処します。というより相手の攻撃をサイドからのクロスに誘導して、カウンター攻撃につなげようという作戦のようです。これは何度か成功したので、532もあるかなという気がしました。

バルサもエイバルの作戦にはまり気味だったのですが、それでも時には強引に突破をはかります。20分にはダニからスルーパスでメッシがまんまと抜け出し、GKと1:1になりますが、シュートは止められてしまいました。25分にはメッシがパスカットからシュートしますが、これははずれ。40分にはネイマールがわけのわからないカードを1枚もらってしまいました。41分にはカパにスルーパスが通って、裏に抜け出されてGKも交わされ、がら空きのゴールにシュートされますが、なんとカパがはずしてしまいました。さらに44分にはDFからのロングパス1発がベルホンに通って、またもや1:1でシュートを打たれますがブラーボが止めました。これで前半終了。

後半まずダニのクロスがゴール前のいいところに上がりますが、なんとメッシとネイマールが重なってのヘディングでうまくいきません。バルサはセルジをイニエスタに交代させます。エイバルもララをピオヴァッカーニに交代。ここでバルサは奇策に出ます。メッシとチャビが位置を交換して、メッシからチャビへのスルーパス。チャビがDF裏に突入してゴール。

そして27分にはダニが右サイドから絶妙なショートクロスをネイマールに。ネイマールはピッタリのボレーで文句なしのゴール。さらに29分にはメッシ→ネイマール→メッシの芸術的ワンツーが決まって、メッシがゴール。3:0でエイバルも力尽きました。ネイマールとメッシは、先週はアジアにいたのですが、今日はその疲労を感じさせないプレーを見せてくれました。

https://www.youtube.com/watch?v=SIQrazSTqqc
https://www.youtube.com/watch?v=3SZ5F0O5q2M
http://soccer-douga.com/douga/15818/

|

« 阪神タイガース4タテでCS突破 日本シリーズへ その2 | トップページ | プロ野球 ミニヒストリー »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/60513598

この記事へのトラックバック一覧です: 2014~2015 リーガ・エスパニョーラ第8節: エイバルのワナにはまりつつも、バルサ美しいゴールで快勝:

« 阪神タイガース4タテでCS突破 日本シリーズへ その2 | トップページ | プロ野球 ミニヒストリー »