« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月28日 (日)

2014~2015 リーガ・エスパニョーラ第6節: ネイマール ハットトリックでグラナダに圧勝

Braugranaラ・ロサレーダではマラガの厳しいディフェンスに完封されたバルサ。おかげでバレンシアが首位になり。バルサは2位に陥落です。カンプノウに帰って相手がグラナダですから、勝つのは当然で、バルサペースのサッカーを取り戻さなければいけません。めずらしく明るいうちのキックオフ。カンプノウのスタンドは大盛況です。

バルサはFW:ネイマール・ムニールの2トップ。MF:チャビ・メッシ・ラキティッチ、底:ブスケツ、DF:アドリアーノ・マチュー・マスチェラーノ・ダニ、GK:ブラーボ。バルサは攻撃時は両SBアドリアーノとダニがMFより前に出るというフォーメーションです。SBの攻撃参加はダニにとっては日常ですが、システムとしてそうなっているのはやはりバルサの新基軸のひとつではあります。このシステムだとスアレスが出場出来るようになると、ペドロの出番がなくなりそうです。

グラナダはFW:エル=アラビ・サクセス、MF:ハビ=マルケス・ジェステ・イトゥーラ・フラン=リコ、DF:フルキエ・ムリージョ・バビン・ニョム、GK:ロベルト=フェルナンデス。このチームはフルキエ・ニョムの両SBに突破力があるので、彼らからのクロスにうまく合わせられるかどうかが勝負のようです。バビンはカリブ海に浮かぶ島であるマルティニークというフランスの海外県の出身で、県であるにもかかわらず国旗(蛇4匹という不思議な紋章)があるという不思議な地域です。

7分早速フルキエが左翼深くに侵入してクロス。頭で合わせたエル・アラビの球はクロスバーに当たってはじかれました。10分にはバルサが攻め込み、左からマチューがゴール前でフリーのムニールにパスを出しますが、ムニールはシュートミス。まさしく柳澤状態です。バルサと互角に渡り合っていたグラナダですが、26分ジェステの横パスが緩すぎてネイマールが楽々とカット。シュートはバビンに当たって、ゆっくりとゴールに吸い込まれました。

43分メッシがゴール右サイドにドリブルで侵入し、ゴール前にショートクロス。これをラキティッチが頭で合わせて、美しいヘディングシュートでゴール。45分にはメッシが前を抜け出すムニールに縦パス。これをGKが出てはじくところをネイマールが拾ってゴール。あっという間に3:0になってしまいました。ネイマールはゴール前でいつもクールに判断出来るところが最大の長所だと思います。

後半グラナダはリコ→ピティ、ジェステ→エディの交代で攻めようとしますが、もう調子に乗っているバルサには通用しません。17分には年に1回あるかないかの美しいゴール:チャビから右のダニに浮き球のパス→ダニはダイレクトクロスを中央へ→メッシがキレイにヘディングで決める。21分にはネイマールがハットトリック。37分にはメッシがCBから球を奪ってゴール。6:0の勝利となりました。

https://www.youtube.com/watch?v=1dL_YLrqQqY

https://www.youtube.com/watch?v=3WMr5YMxvQY

https://www.youtube.com/watch?v=mnoWbjXCuyc


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

都響 突然スイス公演中止

都響のスイス公演が突然中止になったそうです。
9月27日零時の段階では、まだジュネーヴのヴィクトリアホールのHPには下記のスケジュールがアップされていました。

Lundi 13 octobre 2014 19h00

Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra

Charles Dutoit direction
Krystian Zimerman piano

Johannes Brahms
Concerto pour piano no 1

Yasushi Akutagawa
Triptyque pour orchestre a cordes

Camille Saint-Saens
Symphonie no 3 dite ≪avec orgue≫

Location Espace Ville de Geneve, Grutli, Geneve Tourisme, Cite Seniors, Centrale Billetterie T 0800 418 418 (Suisse), T +41 22 418 36 18 (Etranger), Fnac, T 0800 418 418 (gratuit), Service culturel Migros Geneve, rue du Prince 7, T +41 (0)22 319 61 11
Organisation Classiques Alternances

----------
ところが突然都響のHPに中止のお知らせが!
私が聴きに行くわけではありませんが、スイス・日本の両政府ともメンツがつぶされたわけで、Classiques Alternances はとんでもないことをやらかしてくれたものです。いくら何でも決断が遅すぎるでしょう。この会社は決して怪しい会社ではなさそうなので、何か裏があるのでしょうか? でなければ、今からでも政府か東京都がお金を工面して公演を実現出来ないものでしょうか? 海外渡航を予定していた期間は日本での公演ができないわけですから、実害もありますよ。

---------

都響の告知↓

【急告】都響ジュネーヴ公演・中止について
(10/13、日本・スイス国交樹立150周年記念特別コンサート)

この度、本年10月13日に出演を予定しておりました《日本・スイス国交樹立150周年記念特別コンサート》(会場:ヴィクトリアホール、スイス・ジュネーヴ)が、現地主催者の事情により急遽中止されることとなりましたのでお知らせいたします。

本公演は、スイスの音楽事務所クラシック・アルテルナンス(Classiques Alternances)社が主催者として、スイス連邦政府の後援を得て企画していたもので、指揮者シャルル・デュトワ氏、ピアニスト クリスチャン・ツィメルマン氏とともに、当団がスイス大使館を通じて招待を受け、出演する予定でした。

これまで、出演者・関係者による現地での打合せを含めた相互連絡のもと制作が進められておりましたが、9月22日に、突然同社より資金難により実施が不可能となった旨、通告がありました。

当団、デュトワ氏、ツィメルマン氏とも、この事態に大変驚き、当団から同社に対して事実確認と抗議をいたしましたが、解決策は得られないことが判明いたしました。

主催者からはお詫びの表明があったものの、このように一方的に、かつ公演直前に中止決定がなされたことは誠に遺憾であります。

公演を楽しみにしてくださっていた皆様には、直前にこのようなお知らせを申し上げることとなり誠に申し訳ございません。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

--------

コンマス矢部達哉 談: 「空いたその日程でお墓参り、歯医者、病院には行くつもり」
https://twitter.com/tatsuya_yabe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

KA Links

窓絵
https://www.youtube.com/watch?v=PYGK5SI3Jbg
https://www.youtube.com/watch?v=36i2gHdbVR8
http://v.youku.com/v_show/id_XNzQ1Mjg0NzEy.html?s=362628
https://www.youtube.com/watch?v=XaoRSkbsHQo

 

Xxx2

 

夏蝉
https://www.youtube.com/watch?v=x3FV-qimxdM
https://www.youtube.com/watch?v=INu-PqINm6U
https://www.youtube.com/watch?v=a2vW-dOCdUU
http://v.youku.com/v_show/id_XMjY4OTc3NDQ0.html?from=y1.2-1-95.3.15-2.1-1-1-14

寿(この曲は熊木杏里の出発点だと思う)
https://www.youtube.com/watch?v=MdiLErxuiqg

風のひこうき
https://www.youtube.com/watch?v=eWhcX1kMQik

心のまま
https://www.youtube.com/watch?v=rj0VGUdEwes

夏の気まぐれ
https://www.youtube.com/watch?v=Rw4swIFyieM

ゴールネット
https://www.youtube.com/watch?v=pcAh0O78JpM


https://www.youtube.com/watch?v=a6_1LGDYd0o

夢のある喫茶店
https://www.youtube.com/watch?v=PEzTIUn53p8

今日になるから
https://www.youtube.com/watch?v=Sm6hvd1w_IY
https://www.youtube.com/watch?v=4bYhhtjvGuM

こと (youku のはすごい)
https://www.youtube.com/watch?v=iWfCmIDnvQQ
https://www.youtube.com/watch?v=e1trLWYklhA
https://www.youtube.com/watch?v=flu-vgSJGrs

http://v.youku.com/v_show/id_XNzQ1MjkxNzky.html?s=362628

(with Spanish)
https://www.youtube.com/watch?v=fVr6M9WHfms

(cover: Meimy&Mei.K)
https://www.youtube.com/watch?v=0L2X83v9OQk

あなただった
https://www.youtube.com/watch?v=KrZBJmYcybM

春隣
https://www.youtube.com/watch?v=aKOYaXjLoBE
http://v.youku.com/v_show/id_XMjk4NTg0NDky.html?s=362628
http://v.youku.com/v_show/id_XMTU3MzI0MjQw.html?from=y1.2-1-95.3.17-2.1-1-1-16

 

Xxx3


朝日の誓い
https://www.youtube.com/watch?v=5HTStNt831Y
http://v.youku.com/v_show/id_XNjE4NzIwOTI=.html

やっぱり
https://www.youtube.com/watch?v=VDggqIL6-HE

Hello Goodbye Hello
https://www.youtube.com/watch?v=gNCh3DWPkRg
https://www.youtube.com/watch?v=rWQHGNp9IWA
https://www.youtube.com/watch?v=NkdSam9N1is
http://v.youku.com/v_show/id_XNTIyMjg3MTY0.html?from=y1.2-1-95.3.4-2.1-1-1-3

https://www.youtube.com/watch?v=7l2WU3j9V_0 (caption in English)

 

Xxx4


時の列車
https://www.youtube.com/watch?v=uMhmZ_QxE1o
https://www.youtube.com/watch?v=FsLjj2BnWIY
http://v.youku.com/v_show/id_XNTczMjg1NjQ=.html

春の風
https://www.youtube.com/watch?v=vN1KzNUyCts
http://v.youku.com/v_show/id_XNzQ1Mjc2NDk2.html?s=362628
http://v.youku.com/v_show/id_XMTU5NTA5ODQ=.html?from=y1.2-3-95.3.9-2.1-1-1-8
http://v.youku.com/v_show/id_XMTU5NTA5ODQ=.html?from=y1.2-1-95.3.11-2.1-1-1-10

風の記憶
https://www.youtube.com/watch?v=Rdmmve8alhc
http://v.youku.com/v_show/id_XMzE4Nzk5ODE2.html
http://v.youku.com/v_show/id_XMzAxNDc1MzE2.html?s=362628
http://v.youku.com/v_show/id_XMTkyNzYyNjg0.html?from=y1.2-1-95.3.17-2.1-1-1-16

戦いの矛盾
https://www.youtube.com/watch?v=CVuJM7JwWdo
http://v.youku.com/v_show/id_XNTQ5MjYxMTY=.html
http://v.youku.com/v_show/id_XNzQ1Mjg2OTUy.html?s=362628

 

A0940_000153


最後の羅針盤
https://www.youtube.com/watch?v=MAarY-IIoaw
https://www.youtube.com/watch?v=kCFSclWPxhQ
http://v.youku.com/v_show/id_XMzAxNzg0MTc2.html?s=362628

君の名前
https://www.youtube.com/watch?v=goRVnSLxkGM
http://v.youku.com/v_show/id_XOTk1Njk1OTI=.html

咲かずとて
http://v.youku.com/v_show/id_XMTU5NTI5NzY=.html

 

太陽の種
https://www.youtube.com/watch?v=NolZH1--8eU


https://www.youtube.com/watch?v=m9dyZSHxYyc

一千一秒
https://www.youtube.com/watch?v=CWXKQDEIWys

夢見の森
https://www.youtube.com/watch?v=RTBUaWrDixs
https://www.youtube.com/watch?v=8hCtQKe2_mw

一等星
https://www.youtube.com/watch?v=SOtYJNpEGyc
https://www.youtube.com/watch?v=diKzqk9DpcM
http://v.youku.com/v_show/id_XNzQ1Mjk2NDEy.html?s=362628


https://www.youtube.com/watch?v=38ueSkXeivo

You don't know
https://www.youtube.com/watch?v=2qVDo1ekgk8

新しい私になって
https://www.youtube.com/watch?v=BLufYWFc2jM
https://www.youtube.com/watch?v=F783yfQAtr4

新しい私になって (cover)
https://www.youtube.com/watch?v=H3c8GVF6sZc
http://v.youku.com/v_show/id_XMzc2NzA2ODIw.html

 

Xxx5


モウイチド
http://v.youku.com/v_show/id_XNDE4ODg0MTY=.html?from=y1.2-1-95.3.1-2.1-1-1-0

ひみつ
https://v.youku.com/v_show/id_XMTAwMjQ4ODA0.html?debug=flv
http://v.youku.com/v_show/id_XNjk4NDU1NDg=.html?from=y1.2-1-95.3.11-1.1-1-1-10 

あなただった
https://www.youtube.com/watch?v=KrZBJmYcybM&feature=youtu.be

ファイト
https://www.youtube.com/watch?v=FIlr1s9yRhA
https://www.youtube.com/watch?v=mgcXguAS6-8

願いの糸
https://www.youtube.com/watch?v=DaIGtn9IpMs

オルゴール
https://www.youtube.com/watch?v=J3hv135nTWU

飾りのない明日
https://www.youtube.com/watch?v=TH4j2WtK7sU

カレーライス
https://www.youtube.com/watch?v=3jeHwFpmnuQ

いつかの影法師
https://www.youtube.com/watch?v=dLKT0kM1FsM

 

桜坂(福山雅治のカバー)
https://www.youtube.com/watch?v=3A24G0ffclQ

桜 (コブクロのカバー)
https://www.youtube.com/watch?v=NAnBxv8hJU0
http://v.youku.com/v_show/id_XNzQ1NDA0NzA4.html?s=362628

少年時代(井上陽水のカバー with 植村花菜)
https://www.youtube.com/watch?v=DV3xQ_eSKzA

雨が空から離れたら(ライヴ)
https://www.youtube.com/watch?v=K7ef6m-e6Mk (東京競馬場パドックにて)
https://www.youtube.com/watch?v=p90lqwxN7KQ (HBC)

(写真はフリーフォトサイト足なりからダウンロードしたものです 足なりさんありがとう)

長野電鉄屋代線90年 24.4kmの思い出 ありがとう屋代線
https://www.youtube.com/watch?v=3Oq40BhsAmc

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

2014~2015 リーガ・エスパニョーラ第5節: マラガ鉄壁の守備でドロー

Braugranaアンダルシアのラ・ロサレーダでマラガFCと対戦。夜10時からの試合にもかかわらずスタジアムは満員の盛況です。

マラガはFW:アムラバト・ドゥダ・カスティジェホ、MF:ファンピ・カマーチョ・ダルデール、DF:ミゲル=トーレス・ヴェリグトン・セルヒオ=サンチェス・ロザーレス、GK:カメニ。433ですが、むしろトリプルボランチという感じのシステム。ファンピって妙な名前だと思ったら、やはりニックネームで本名は Juan Pablo Anor Acosta というベネズエラ人だそうです。

バルサはFW:ネイマール・ペドロ、MF:イニエスタ・メッシ・ラキティッチ、底:ブスケツ、DF:アルバ・ピケ・バルトラ・ドウグラス、GK:ブラーボ。マチューとダニはお休みでベンチにもはいりませんでした。

芝が悪くて危険です。開始早々ペドロが躓いてケガしそうでした。8分にはカメニのキックが直接アブラバトに届いて、あやうく突破されそうになりましたが、なんとかGKがシュートをキャッチして事なきをえました。15分には絶好の位置からFKを得ましたが、メッシがはずしてしまいました。

マラガは4バックの間隔が狭く、さらにその前にトリプルボランチが立ちはだかっているので、中央のドリブル突破は不可です。スルーパスも困難なくらい間隔が空いていません。DFラインが低いので、今シーズンの売りである一発裏へという作戦も困難です。唯一左右のSBが攻撃参加でクロスを上げることはできますが、中の人数が違うのでカウンターのおそれもあり、どんどん上げるというのはそれなりの危険も伴います。しかしそれしかないので、アルバとドウグラスは忙しい試合です。26分にアルバがペドロに左からクロスを上げて、ペドロが胸に当てますが、惜しくもそれてしまいます。43分にもアルバが左からゴールを横切るクロスを供給しましたが、メッシの突入が間に合わず、抜けてしまいました。完全にマラガのペースにはまって、0:0で前半終了。

後半16分、CKからバルトラがヘディングで狙いましたがきまらず。ついにエンリケはネイマールとペドロを、サンドロとムニールの交代という劇薬を処方しました。しかしさしたる効果は無く、逆に23分には左をえぐられ、クロスからロサーレスのミドルシュートを食ったり、26分にはドゥダに代わったルイス=アルベルトのFKをブラーボがさわった球がポストに当たるという危険な瞬間もありました。37分にはメッシがヴェリグトンの「のどわ」で倒されるというヴァイオレンスがありましたが、イエローカードで済んでしまいました。「のどわ」は格闘技の技なので、レッドカードが妥当と思います。

こういうどうにもならない試合では、ブスケツとイニエスタ(アドリアーノに交代した方が良いが)をCBに下げて、ピケとバルトラをヘディング要員としてゴール前に出すというような思い切った作戦も必要ではないかと思いました。

https://www.youtube.com/watch?v=GVI0Dv2Ht4k

https://www.youtube.com/watch?v=Xhsl08iKd_c

https://www.youtube.com/watch?v=qBJOf49-v2o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

2014~2015 リーガ・エスパニョーラ第4節: 新基軸のバルサ・サッカーが躍動

Braugrana雨のシウタ・デ・バレンシアでレバンテと対戦。レバンテはケガ人が多くまだ今シーズンの得点がゼロだそうです。レバンテはブラウグラナがチームカラーで(FC東京もそうですが)、バルサのユニフォームはオレンジです。それにしてもレバンテのゲームシャツ胸にカエルのイラストで、”幸運のかえる”と日本語のロゴが??? 今シーズンはエイバルもブラウグラナでややこしくなりました。

レバンテはFW:モラーレス・ビクトル・バラル、MF:ディオプ・マテ・カマラサ、DF:トーニョ=ガルシア・ヴィントラ・ロダス・ペドロ=ロペス、GK:ヘスース=フェルナンデス。バルサはFW:ネイマール・ペドロ、MF:イニエスタ・メッシ・ラキティッチ、底:ブスケツ、DF:アルバ・マチュー・マスチェラーノ・ダニ、GK:ブラーボ。ネイマールがようやくスタメンで出場出来るほど回復してきました。ネイマールとペドロの2トップで、メッシが司令塔という形を完成したいところです。

前半のレバンテはなかなか元気でした。9分ディオプがDFの隙間を狙ってシュート(GKキャッチ)、14分にはモラーレスが右を抜け出し、危険なクロスを放ちますが、間一髪ラキティッチが間に合ってセーヴ。24分にはトーニョのロングフィードをバラルがゴール前でヘディングしましたが、はずれました。

バルサも今シーズンのトレンド、後方からの一発パスをDF裏にというのが25分に出ました、マスチェラーノからネイマールへのロングパスですが、ネイマールのヘディングははずれ。そのあとまたモラーレスにゴール前に突入されますが、マチューがなんとか対応。バルサは35分にメッシからネイマールにキラーパスが出て、ネイマールはGKがはじくところを拾ってゴール。メッシのMFも板に付いてきました。彼はもうあまり貪欲に点を狙いに行く必要は無く、アシストに徹したほうがチームのためには良いようです。

40分メッシがゴール前で、ゲームシャツをつかまれて引き倒されPK。しかしなんとメッシがはずして得点ならず。ただヴィントラがレッドカード退場となり、バルサ圧倒的有利となりました。44分にはこぼれ球をエリア外からラキティッチがあわせて、豪快なシュートを決めました。0:2で前半終了。

後半立ち上がりにネイマールが倒されて、サンドロと交代。本人は引き続きやりたかったようで、重傷ではないようです。12分にゴール前に突入したメッシから、サンドロにプレゼントパス。サンドロがきれいに決めて3点目。17分にはブスケツを下げて、チャビを投入。これはミッドウィークのゲームを配慮してのことで、バルサ余裕です。

19分にはアルバが左に突っ込み、中央のペドロがゴール。4点目です。この後メッシが「俺も1点」という焦りの見られる動きをして、彼もまだまだ青いなと思いましたが、なんと相手GKフェルナンデスがスローイングミスでメッシに球がはいるという幸運。メッシがループで決めて5点目です。首都の両雄がもたついている間に、逃げられるだけ逃げましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=Fll3qp8b0DI

https://www.youtube.com/watch?v=Lm2uXfn1GCQ

https://www.youtube.com/watch?v=F7A8qpJyGuE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

放射性微粒子→恐竜の細胞

Eテレ サイエンスZERO シリーズ 原発事故(13)
2014年9月21日(日) 「謎の放射性微粒子を追え!」

福島第一原発の事故で大量に放出された放射性物質・セシウム。
これまでは放射線量などをもとに調査されていたが、その実際の形態はよく
分かっていなかった。しかし、電子顕微鏡を用いた巧みな調査で、セシウム
は不溶性の球形粒子として存在するものも多いことが明らかになった。
この粒子が肺に入ると、従来想定されていた水溶性粒子に比べて長くとどまる
ために、内部被ばくの影響が強くなるのではないかと危惧されている。
----------------

上記の番組が急遽
「恐竜の細胞が見える!? 化石研究新時代」に差し替えになりました。

個人的には恐竜にも興味があるのですが、露骨にもみい=官邸がNHKの番組
編成に介入したことが想像される変更で、それが事実なら、私はまだ
NHKに視聴料を支払っていますが、考えないといけませんかねえ。

----------------
テレビはすべて有料にして、視聴者が選んだ局だけ視聴出来るようにすべきです。
もちろんNHKを選ばないことも可とします。広告は非営利の団体に管理させて、
スポンサーや広告代理店が番組内容に介入できないようなシステムにするのが
ベスト。そうしないと偏った情報ばかりが流れて、民主主義が成立しません。
ニュースヘッドラインやお天気災害情報など最低限必要な情報は、スマホなどで
閲覧出来るので、テレビが有料になっても大丈夫でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スコットランドとカタルーニャ

300pxflag_of_scotland_svg

810pxflag_of_catalonia_svg

スコットランドの独立は不発に終わりましたが、ここまで盛り上がるとは驚きました。やまだひさし氏の分析によると、イングランドの管理社会化(監視カメラと重罪化による国民の管理)と新自由主義化が進んで、共同体社会をめざすスコットランドとの乖離が目立ってきたことが根底にあるそうです。お金や仕事のつながりで、独立すると困る人々が多いと思いましたが、なんと45%もの人が独立を支持したというのは驚きでした。

http://saigaijyouhou.com/

日本もイングランドと同様な管理社会化が進んでいるので、別の選択肢がある国はうらやましく思います。日本のほとんどのマスメディアが、グローバル化が進むのが自然のなりゆきだと視聴者に刷り込もうとしているのがおぞましい。やはり自民党の対立軸であるべき民主党が、監視社会と新自由主義(新自由主義社会では明らかな負け組=犯罪予備軍が多数となるので、彼らを監視し抑圧するシステムが必要になる)に反対する立場を明確にしないと、国民の選択肢が限られてしまいます。前原や長島がこれに反対するなら維新にでも出て行ってもらえばいいでしょう。沖縄が分離独立するにしても、グローバル化に反対する人々が集結して住むには狭すぎます。

グローバル化は多国籍企業の利益を最大化させるためのシステムであり、それによってもたらされる被害ははかりしれないものがあります。生物学的に言っても、社会の均質化は大きな絶滅のリスクを伴います。

https://sites.google.com/site/nekodemokeizai/chi-xu-ke-nengna-jing-jiheno-lue/okaneni-yi-cunshinai-jing-jiha-ke-nengka

スコットランドの住民投票を受けて、カタルーニャでも11月9日に独立是非の国民投票を行うことを州議会が決定しました。カタルーニャの場合は少しスコットランドとは異なっています。カタルーニャの人々はスペイン語ではなく、全く違った語源のカタラ語を話していますし、もともとソ連など外国の介入がなければ、スペイン内戦後には独立していたはずの地域で、スコットランドとは比べものにならないくらい民族意識が強いと思われます。英国と違って政府がこの住民投票を認めていないので、ひともんちゃくあることは間違いありません。暴力的な対決にならないことを祈りたいです。そうなればリーガ・エスパニョーラもクラシコも消滅です。

グローバル企業が国家を使って世界のグローバル化を進めようとすればするほど、ローカル化=国家の分裂が進むことは避けられません。領土を持って別れることができればいいですが、国民が対立したまま同じ土地で暮らさなければならないのは悲劇です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

JPOP名曲徒然草146: 「Solitude」 by Favorite Blue

Imgaフェイバリットブルーは1996年~2002年に活動した、松崎麻矢(Vocal) と木村貴志(Giutar, Key Board, Programming) からなるユニット。木村貴志はその後 m.o.v.e で活動していたそうですが、m.o.v.e も2013年に解散したようです。フェイバリットブルーより1年前にデビューしたパメラと構成・音楽が非常に類似しています。解散したのも同じ2002年。

私は曲はパメラの方を高評価したいですが、ボーカリストとしての力量は松崎麻矢が素晴らしかったと思います。ただしフェミニンな芸風ではありません。松崎麻矢さんは白井高校出身とのことで、数少ない千葉ニュータウン出身の芸能人。

Solitude は作詞:松崎麻矢、作編曲:木村貴志。アルバム「Solitude」(1999年出版 Avex AVCD11713) に収録されています。このアルバムは現役盤ですが、中古品は1円から入手可能。

Solitude  しみじみしたバラードで名曲だと思います
https://www.youtube.com/watch?v=ToooDN8FIyw

True gate
https://www.youtube.com/watch?v=a9UWRsl4WAU
https://www.youtube.com/watch?v=BL6AT4Hhklk

愛よりも激しく、誰よりも愛しく
https://www.youtube.com/watch?v=ezB_jyBH8vc
https://www.youtube.com/watch?v=XIQRmLIKBxU

Movin' oN  --- これは小室哲哉風
https://www.youtube.com/watch?v=aZmZ-F_rWwo

Change By Me  --- 同上
https://www.youtube.com/watch?v=2OSxkNki3t8

さよならより永遠の中で  ---これはZARD風
https://www.youtube.com/watch?v=hEk6H5Mb7Nc

Missing place  ---同上
https://www.youtube.com/watch?v=1ZAm2_PY3v8

過去記事(パメラ)
http://morph.way-nifty.com/grey/2013/07/candle-by-pamel.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

フルシャ-都響 「時の神秘」「ブラ4」@サントリーホール2014年9月14日

Imga晴天の日曜日は久しぶりかな。サントリーホールに出かけました。カラヤン広場には多くの露天商店が出ていて、賑わっています。栗拾いまでやっていました。ホールのお客さんの出足も良いようで、ごった返していました。

開演前に指揮者のフルシャと通訳がステージに現れ、フルシャが英語でプレトークを行いました。まあ挨拶程度のものでしたが、カベラーチ「時の神秘」の本邦初演ということで、気合いが入っていたのでしょう。この曲が名曲かどうかはよくわかりませんが、都響が非常に頑張ってきちんと演奏していたことは確かです。本日のコンマスは矢部ちゃん、サブはゆづき。

バスクラリネットのきこえるかきこえないかくらいのピアニッシモからはじまり、次第に盛り上がるという趣向。クライマックスのエネルギーはすごいものがあります。この部分は確かに私たちの脳に、ある種のインパクトを与える力があると思いました。最後はまた静かになって終わります。

フルシャ指揮フィンランド放送交響楽団の映像が YouTube にアップされていました。
https://www.youtube.com/watch?v=UgeYpx-azF0

CDも発売されているようです
こちら

この曲に関するフルシャのトーク
https://www.youtube.com/watch?v=RR9jHtbza8M

後半はブラームスの交響曲第4番。この曲は私のイメージでは清澄枯淡の音楽でしたが、フルシャ-都響の演奏はむせかえるような暖気でつつまれた第1楽章にはじまり、若々しくプロレスラーのように筋肉質の第4楽章に終わるという意外なものでした。30才台というフルシャですから、ブラームスの最後の交響曲がこのように演奏されるのもわかります。それはそれでなかなかついていって楽しめる音楽でした。他の曲もこの調子で盛り上がって欲しいと思います。もちろん彼が還暦を迎えたときに、このような音楽をやっているとは思えませんが。

今日はめずらしくアンコールがあり、ドヴォルザークのスラヴ舞曲第10番を演奏してくれました。これも大変丁寧に、息の合った演奏を聴かせてくれました。

カルロス・クライバーのブラ4 フルシャ-都響の演奏と比べるとずいぶんあっさりしているように思えますが、これが普通でしょう。
https://www.youtube.com/watch?v=yCaaPaQx5zg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

2014~2015 リーガ・エスパニョーラ第3節: ネイマールが流れを変える

Braugranaスコットランドに触発されて、カタルーニャでは独立機運が盛り上がっているようです。カタルーニャはもともとフランコ軍に負けてひどい目にあったわけではなく、無政府主義者の台頭をおそれたソ連(現ロシア)がカタルーニャに介入して運動を分断したため、カタルーニャ軍が内部崩壊してフランコ軍と戦うどころではなくなってしまったからです。ソ連の介入さえなければ、カタルーニャはとっくに独立していたはずですし、今日戦う相手のビルバオが所属するバスクも、カタルーニャの支援を得て独立していたと思います。

http://morph.way-nifty.com/grey/2008/06/post_c3a6.html

カンプノウにビルバオを迎えてのゲーム。バルサはダニの故障でモントーヤが代役。FW:ペドロ・ムニール、MF:イニエスタ・メッシ・ラキティッチ、底:ブスケツ、DF:アルバ・マチュー・マスチェラーノ・モントーヤ、GK:ブラーボ。ビルバオはアドゥリスのワントップ、2列目:ムニアイン・ベニャ・スサエタ、ボランチ:ミケル=リコ・イトゥラスペ、DF:バレンシアガ・ラポルト・グルペギ・デ=マルコス、GK:イライソス。

ビルバオはDFラインを上げて、厳しく絡んで攻め込む作戦です。前のシーズンまでのバルサなら、ダニとアルバにサイドを走らせてDFラインを下げさせる作戦ですが、今シーズンは中央後方から空中ロングをDFラインの後ろに出して、ムニールとペドロを走らせるという新機軸です。スアレスの加入も計算しての作戦でしょう。これをしつこく繰り返しますが、肝腎のムニールとペドロのシュートがいまいちで得点ならず。一方ビルバオはムニアインの突破力に期待しますが、モントーヤは振り切れても、ゴールには至りません。

30分にはマスチェラーノがアドゥリスにもろに顔を蹴られて脳しんとう。結局後半はピケに交代しました。ピケは腰痛だそうですが、後半のプレーを見ていると心配は無いようです。前半終盤はバルサペースで、ラキティッチのロングクロスをメッシが頭に当てたり、メッシのロンググラウンダーパスがムニールに入ったりしましたが、得点はできません。後半にはいってもバルサペースで進行しますが、ネイマール投入も得点はならず、いらいらはつのります。そして33分にはバルサのエリア内で、明らかにピケが足を高く上げて、PKも覚悟しましたが、なぜかお咎めなしでラッキーでした。ただしイニエスタが報復のヒジ打ちをくらいましたが。

膠着状態を打破したのは、やはり後半18分にムニールに代わって投入されたネイマール。34分メッシからのスルーパスがぴったり決まり、これを慎重に決めてようやく先制。やはりネイマールはお金の取れるFWです。さらに39分、今度は深くつっこんだメッシからもどしのパスがネイマールへ。また慎重に決めて2点目。FWはシュートを打てる位置にいることと、GKのいないところにシュートを打つことが仕事であることを、あらためて教えられました。

https://www.youtube.com/watch?v=4b0dNPJbFv4

https://www.youtube.com/watch?v=vTzQa3L7IwM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

ドイツの国家予算は借金ゼロですか・・・

1163machifrank
ロイター通信によると、ドイツ政府は、1969年以来となる新規国債発行額がゼロの2015年予算案を閣議決定したそうです。低失業率と安定成長が過去最高の税収につながる一方、低金利で連邦債務の利払いなどが減少。こうした好循環により、新規国債発行なしに来年の歳出見込み額3000億ユーロを賄うことが可能になるとのこと。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0PD2SA20140702

わが国を顧みると、当然のように巨額の新規赤字国債を組み込んだ予算を予定している上に、アベノミクスの失敗のツケを、さらなる新規国債の積み増しでもみ消し、またもや40兆円という借金財政でまわそうとしています。どこまでバカなのか? ドイツができることをどうして日本はできないのでしょうか? 国会議員は歳費を使うなら、ドイツに行って、彼の地の農村がいかにやりくりしているのかを研究してきたらどうかと思います。

ロータリー交差点だけは最近日本もまねをしはじめたようですが、あれは農道の交差点のようなところでは極めて有効ですが、ドイツの農村でも人が集まる商店やレストランがあるようなところは普通の信号です。

私たちの領域で言えば、日本の科学研究はプロジェクト制が中心で、プロジェクトが終わればチームは解散し、研究テーマも雲散霧消ですが、ドイツでは何代教授が代わっても、同じひとつのタンパク質に関する研究が、同じ研究室で数十年も続けられていたりします。それによる知識の累積は他の追随を許しません。同様に国家も百年の大計をもってやっているので、「なんとか今年1年政権を持たせなきゃ」というような軽々しい思惑で借金を重ねるということはやらないのでしょう。

民主党政権はむちゃくちゃにマスコミにたたかれましたが、現政権よりは予算の拡大・公共投資の規模を押さえ込んだりしてそれなりに努力はしていたと思います。現政権は年金を株価維持に使うわ、物価高を奨励するわ、借金は青天井を許容するわで、結局売れないのに値上げ、人手不足なのに賃下げで、スタグフレーションまっしぐらです。安倍政権をボコボコにたたくマスコミが少ないのは、政権にコントロールされてしまっているからで、そういうことに惑わされず、私たちは政権選択をしなければいけません。

日本の借金時計(財部誠一)
http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html

日本政府がここ10年のうちに最低でもやるべきこと

1.食糧の70%を自給する(公共事業は農村整備を中心に)
2.山間部過疎地の住民を地方都市に移住させる
3.原発を廃止し、自然エネルギーの開発をいそぐ
4.第3子から5万円/月の子ども手当を出す
5.水を輸出するための体制をととのえる


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

サラとミーナ147: 私のベッドでツーショット

P9088455うちの猫たちはこれから寝ようとする飼い主には興味が無く、すぐにどこかに行ってしまいます。もう何をしてもレスポンスがないので、つまらないことを学習しています。

そろそろ起きそうだという時間になると、ベッドに上がって待機します。しかしスペースを半分くらいぶんどってしまうので困ります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

フルシャ-都響 マルティヌー:カンタータ「花束」@サントリーホール2014年9月8日

Imgaようやく咳も出なくなって、月曜日の演奏会にぎりぎりで間に合いました。先週の金曜日には、とてもこの演奏会にはいけそうもないと思っていたので、不幸中の幸いでした。本日のコンマスは山本さん、サブはゆづきです。山本さんの体型崩壊は私よりひどい感じで、何とかした方が良いと思いました。まあ音は崩壊してませんでしたが。

月曜夜のコンサートとしては7~8分の入りで、結構賑わっていた方ではないでしょうか。マルティヌーのシンフォニーは第3楽章以外はよく理解できませんでした。特に第4楽章はスクリャービンのシンフォニーのようにただの騒音にしか聞こえませんでしたね。

一方で、後半のカンタータ「花束」は大変面白い作品で、大いに楽しめました。ソリストを全員チェコから招聘するという力の入れようで、ピアノ2台とハルモニウム、混声合唱に、児童合唱まではいる大規模な編成の曲ですが、内容は中世農村のお祭りの出し物という感じで、普段教会や領主に抑圧されていた鬱憤を晴らすという趣旨なのでしょう。

8曲の構成ですが、どの曲も聴衆を飽きさせないウィットやエンターテインメントに満ちたせりふと音楽で楽しませてくれます。マルティヌーはモラヴィア地方に伝承される民俗詩をメインの素材として曲を制作したそうです。例えばクリスマス・キャロルは、民族衣装で出演した児童合唱団がなかなかかわいいアダムとイヴの物語ですが、まるで神と悪魔がしめし合わせたペテンにはめられて、アダムとイヴがリンゴを食べさせられたというようなお話になっていました。

1前奏曲(シンフォニーからは想像できないくらいきれいに整理された佳曲)
2毒を盛る姉(ドラマティックな展開で、最後は姉が壁に埋められる)
3牧歌(のどかな雰囲気がいいですね)
4牛飼いの娘達(ソリストが素晴らしいし、合唱とオケのからみも美しい。ソプラノの金城さんは代役出演でしたが、とても可愛い声でした。プラハ国民劇場専属歌手だそうです)
5間奏曲
6家族に勝る恋人(農家というのは昼も夜も家族との生活なので、それなりにストレスもたまるのでしょう 中世でもお金を払えば出獄できたんですね この曲でもソリストが大活躍)
7クリスマス・キャロル(上述のアダムとイヴのお話)
8人と死神(死神は突然現れ、どうにもなりません 鈴木さんのビオラが奏でるエレジーがせつない)

フルシャはチェコ国外でこの曲を演奏するのははじめてだそうですが、チェコでは昔から定番の曲らしく、カレル・アンチェル盤はじめ、多くのCDが出版されているようです。今夜の演奏も、歌手・コーラス・オーケストラすべて好調でうまくいったので、是非CDを出版して欲しいですね。フルシャにミーハー的人気があるとみて、終了後サイン会を用意した都響ですが、人は集まってないようでした。なお彼は2018年まで契約を延長したそうです。

YouTube:
https://www.youtube.com/watch?v=6bgw91NYObM
https://www.youtube.com/watch?v=rSVb4PO-TSE (コーラスとイングリッシュホルンが美しいクリスマス・キャロルが冒頭から楽しめます)

https://www.youtube.com/watch?v=Guxu1ZYdWtA

フルシャによる解説: https://www.youtube.com/watch?v=5zgRIflUi8M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

Elfrun Gabriel の音楽

Img3エルフルン・ガブリエルのピアノを初めて聴いたのは、ショパンの24の前奏曲でした。その表面的な美しさを排した、仄暗く内省的な演奏に瞠目させられました。この演奏を聴いた後では、どんなにすごいテクニックや情感たっぷりのピアニストの演奏を聴いても、何か違うという印象を受けるようになりました。 

10年くらい前は、日本ではほとんど知られていない演奏家でしたが、今では日本アマゾンにアーティストストアができるほど知られるようになってきました。おそらくブリュートナーレコードと契約して、何枚かブリュートナーのピアノを弾いたCDを出版したので、ピアニストに知られるようになったのがきっかけではないでしょうか? いまでもこの24の前奏曲は私の心の友です。

彼女についての記事を書くのは3回目だと思いますが、気がついたら結構 YouTube で聴けるようになっていたのであらためてアップしました。

過去記事:http://morph.way-nifty.com/grey/2007/09/post_fc46.html

ブリュトナーレコードから出版されている「ショパンのピアノソナタロ短調」からラルゴ。
エルフルン・ガブリエルのピアノの素晴らしさをたっぷりと聴くことができます。

https://www.youtube.com/watch?v=O7Pa8fADra0

ショパン バラード第4番ヘ短調
https://www.youtube.com/watch?v=TMSkklnXwfQ

ショパン ワルツ第5番変イ長調
https://www.youtube.com/watch?v=pYG_Naq9kIo

HP: http://www.elfrun-gabriel.com/cms/front_content.php?idcat=57&lang=1

Amazon International:
http://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss?url=search-alias%3Dus-worldwide-shipping-aps&field-keywords=elfrun+gabriel

Arkiv Music: http://www.arkivmusic.com/classical/albumList.jsp;jsessionid=C2F518C09B0A271F2542D4423B6E220C?name_id1=30746&name_role1=2&bcorder=2

Discography: http://www.cduniverse.com/search/xx/music/artist/Elfrun+Gabriel/a/albums.htm

iTunes: https://itunes.apple.com/us/artist/elfrun-gabriel/id212295378

エルフルン・ガブリエル奨学金:https://www.hfm-weimar.de/964/?L=1&type=123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

サラとミーナ146: ようやく落ち着いた猫たち

猫たちは咳が嫌いです。私に叱責でもされているように感じるのでしょうか? すぐにどこかに行ってしまいます。やっと私の風邪もなおってきたので、猫たちも落ち着きを取り戻したようです。ベッドが2つあるのにひとつをシェア-するサラ(右)とミーナ(左)。

Img1

Img2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

なぜか風邪をひく

いわゆる夏風邪ではなく、普通のインフルエンザのような風邪にかかってしまいました。今週の初めに鼻がおかしくなってストナリニを服用していたところ、だんだん咳が出てきて悪寒もしてきて、発熱寸前までいきました。私はこのようなときに熱い風呂に入って(シャワーはだめです)、強制的に体温を上げます。そうするとそれがスイッチになって生体防御システムが起動し、治癒にむかうようです。

なんとか発熱だけは阻止したのですが、猛烈に汗をかいて一晩で2回も着替えてしまいました。ストナリニや鎮咳剤を服用すると体がグダグダになります。気分は猛烈に汗をかいて、スポーツの後のような爽快感なのですが、体は体重が2倍になったような重さで動けません。夕方になってようやく少し動けるようになってきました。

デング熱が話題になっていますが、症状から私の風邪はデング熱ではないと思います。

http://onodekita.sblo.jp/article/103153936.html

http://blogs.yahoo.co.jp/kotyannomama/16822506.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

日本のレベル4施設は動いてなかった!

A1750_000037私は学生時代に筑波理研のレベル4施設を見学に行ったことがあります。大変立派な施設だったので、当然研究をやっているものと思っていましたが、実は周辺住民の反対で、筑波理研および新宿国立感染症研究所のレベル4研究施設は稼働していないのだそうです。2001年の米国同時多発テロ以降は、各国のレベル4施設が外国人を排除するという傾向になってきて、日本人研究者は海外での研究もできないことになり、国内には施設がないばかりか、研究者がいなくなって、エボラ出血熱などが発生した場合に、確定診断もできないような状況だというのです。

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-22-t188-2.pdf#search='%E6%97%A5%E6%9C%AC+%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB%EF%BC%94'

日本はもともと離島が多くてレベル4研究・治療には適した地勢なのに、そのための施設が人口密集地の新宿とか、日本の知能が集合した筑波にしか施設がなく、しかも動いていないというのはおかしな話です。施設を造るなら佐渡ヶ島の丘陵地域(写真 from 足なり)などは適した場所のように思われます。自衛隊の施設もあるので、テロリストの進入にも対応できそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

東電はグダグダみたいだけど、大丈夫なのか?

東電が地下水バイパスをつくって原子炉地下への地下水流入を防ぐと言ったときには、なるほどそれはしかたないかなと思いました。ところがなんと5ヶ月経過して2万5千トンの水を海洋に放出しても、建屋地下への地下水流入は減っていないというのです。これはもともと地下水は別の経路で流れていたとしか考えられませんが、東電はさらにあと数ヶ月様子をみると言っています。

http://radiation7.blog.fc2.com/blog-entry-4377.html
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201408/2014082500808

ALPSにもかなり期待していたのですが、結局不調で汚染水を処理しきれないばかりか、処理したはずの汚染水も十分きれいになっていないということが判明したそうです。ALPSが成功したとしても、トリチウムの問題が残っているので困ったことになると思っていましたが、今やそれ以前の段階で止まっていて事態は深刻です。

http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20140802k0000m040161000c.html

凍土壁を作って汚染水の海洋流出を阻止しようという作戦も、どうしても凍らない部分があって失敗に終わったそうです。これは地下水はどんどん流れているし、地下の核燃料も燃えているので、素人考えでもとうてい無理だと思っていたので意外ではありませんが、本当に困ったことです。

http://www.asahi.com/articles/ASG8M62KTG8MULBJ00Y.html

要するに東電は現在の福島第一原発と周囲の状況を把握出来ていないわけで、ですから行き当たりばったりの作業ばかりでグダグダになってしまいました。さらに東電は放射性物質の放出量などについてもウソをつくのが常で困ったものです。東電は「もうダメだから、はやく国が廃炉と汚染水処理作業を引き取ってくれないか」とサインを出しているようにみえます。しかし誰が東電より福島第一原発のことを知っているというのでしょうか?

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2900.html

最後にALPSや壁がうまくいって、ストロンチウムやセシウムの流出が止まった後も、トリチウムはいくらでも海洋に放出していいという考えはだめですよ。南極条約を改定してトリチウム水を南極に捨てられるようにすべきです。それ以外に太平洋を守る方策はないと思います。このままいくと、巨大台風でトリチウムの豪雨が日本を襲うことになりそうです。政府は福島の現状を各国に訴えて、はやく条約の改定に取り組まなければいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

2014~2015 リーガ・エスパニョーラ第2節 サンドロのゴールでバルサ辛勝

Braugrana隣接州バレンシアのエル・マドリガルでビジャレアルとの対戦です。ビジャレアルは今季絶好調で、練習試合やEL戦など5連勝中です。FW:チェリシェフ、ジョバニ・ドス・サントス。2列目:ピナ、カニ、トリゲロス。ボランチ:ブルーノ・ソリアーノ、DF:ジャウメ・コスタ、ビクトル・ルイス、ムサッキオ、マリオ・ガスパール、GK:アセンホ。バルサはFW:ムニール、ペドロ、2列目:ラフィーニャ・メッシ・ラキティッチ、ボランチ:ブスケツ、DF:アルバ・マチュー・ピケ・ダニ、GK:ブラーボ。

ビジャレアルは特に激しくチャージはしてこなくて、普段着のサッカーをやろうとしているようです。とりあえず球は回せるので、ミドルは打てます。ムニールやメッシが試みますが、そう簡単に点はとれません。やっと15分、メッシから左のペドロにパスが出て、ペドロが強烈なドリブルシュートを試みますが、アセンホが右手1本ではじき出しました。ビジャレアルもドス・サントスが右からクロスを入れて、フリーのビクトル・ルイスが膝で押し込もうとしますが、これははずれ。

バルサはイニエスタがいない(膝故障)ことがこたえたのか、中央や左からの突破ができず、右SBのダニからのクロス頼みのサッカー。ムニールとペドロが狙っても、いつもゴール前には5~6人守っているので、ゴールにはほど遠い感じです。これはダメなパターンです。それでもダニがエリアラインギリギリでファウルをもらい、メッシがFKでゴールを狙いますが、アセンホにきわどく触られて決められません。39分ムニールのヘッドもはずれて、前半は0:0で終了。

ラキティッチの加入によって、彼は結構守備もうまいので、ブスケツの自由度が増したことはバルサにとって福音ですが、まだそれをうまく生かせてないのがもどかしいところです。ラフィーニャとペドロは非常に運動量豊富な仕事人なのですが、それゆえに神出鬼没な彼らに決定的なパスを出すのは難しいという側面もあります。

後半がはじまるとビジャレアルが攻勢。チェリシェフに左を突破されましたが、これはクロスが不発。さらにトリゲロスのクロスをマチューがクリアしますが、ポストに当たって危機一髪。この後両チームとも沈滞打開を図って、次々と選手を交代させます。バルサは14分ムニールを下げて、ネイマールを投入。これで一気に雰囲気が変わって、中央突破に活路が見いだせそうな感じになりました。23分にはカウンターでメッシが右に突っ込み、中央のネイマールにパスを出しましたが、少しずれて不発。

バルサは24分、ペドロを下げて私もノーマークのサンドロを投入。しかしビジャレアルは26分、ゴール正面でフリーになったピナがグラウンダーのミドルシュートがポストに当たり、跳ね返りをトリゲロスに再シュートされて非常に危ない場面がありましたが、なんとかブラーボが触って事なきを得ました。29分にはついにラフィーニャを下げて、ずっとベンチだったチャビを投入。37分にネイマールがスルーパスをメッシに供給。メッシが粘って右の角度の無いところからシュート。これをアセンホが触ってスピードが落ちた球をサンドロがゴールに押し込みました。エルチェ戦に続いてBチームから引き上げた選手がゴールです。ルイス・エンリケは持っていますね。42分にはエリア内で途中出場のビエットに打たれますが、シュート失敗。なんとかかんとか0:1で勝利です。

https://www.youtube.com/watch?v=-x2GICkRz5c
https://www.youtube.com/watch?v=jSdmUCNlSA8
https://www.youtube.com/watch?v=CmV4qOIxNrU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »