« 核燃料サイクルの裏側 | トップページ | 毛髪夜話1 毛髪科学のスタート »

2014年4月 4日 (金)

都響-ミンチュクのブラームス交響曲第1番@サントリーホール2014年4月3日

Imga桜満開なれども雨のサントリーホール。当日券に並ぶ列ができていました。アーク森ビルのそば屋にかけこむと、なんとエンカナに遭遇。これは今年は縁起が良いかな?

今楽季のトップバッターとなったマエストロ・ミンチュクはブラジル人で、以前はライプチッヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団でホルンを吹いていたそうです。本日のコンマスは四方さん、サブはゆづきです。

ウェーベルンのパッサカリアは10代の作品だそうですが、なかなか楽しめる曲でした。バルトークのソリスト、エステル・ハフナーさんは、最近ではめずらしいなかなか恰幅の良いバイオリニストで、音も芳醇で力強く、技巧的なパッセージでもこれみよがしのところがない・・・こういうタイプは好きです。

ミンチュクさんは両手に加えて、口の開け閉じで指揮する方で、めずらしいと思いました。特にうなっているわけではなく、ゼスチャーだと思いますが、ライオンの咆哮のようでちょっと怖い。

メインのブラ1はブラジルのパッションが炸裂した体育会系の演奏で、いやはやブラームスでこんな演奏も可能なんだと驚きました。それはそれできっちり芸として確立されているので、都響の柔軟な対応もあって、若々しくすばらしい筋肉美のブラームスを聴かせてくれました。

|

« 核燃料サイクルの裏側 | トップページ | 毛髪夜話1 毛髪科学のスタート »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/59407536

この記事へのトラックバック一覧です: 都響-ミンチュクのブラームス交響曲第1番@サントリーホール2014年4月3日:

« 核燃料サイクルの裏側 | トップページ | 毛髪夜話1 毛髪科学のスタート »