« 2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第32節: オウンゴールに救われたバルサ | トップページ | 毛髪夜話2 羽毛の進化 »

2014年4月 9日 (水)

小保方STAP細胞問題

この問題について考えたり、コメントしたりするのはとても気分が重くなることです。ただ細胞にストレスを与えて幹細胞を選別し、培養して増やすことができるという話はすでに東北大学の黒田・出澤博士らが2010年5月11日に発表しているので、小保方さんの研究が(論文はひどいとして)一部本当だったとしても驚くべき実験結果でもないわけですね。出澤先生はこの細胞を"Muse"細胞としています(名付け親は藤吉好則教授だそうですが)。小保方さんがいじっていたのは、本人が否定しても多分"Muse"細胞なのでしょう。この点に興味のある方は、(↓)にアクセスすると、さまざまな議論が展開されています。

http://openblog.meblog.biz/article/21235106.html 

タイトル:Unique multipotent cells in adult human mesenchymal cell populations.

著者:Yasumasa Kuroda a,1, Masaaki Kitada a,1, Shohei Wakao a, Kouki Nishikawa b, Yukihiro Tanimura a, Hideki Makinoshima a, Makoto Goda c, Hideo Akashi a, Ayumu Inutsuka b, Akira Niwa d, Taeko Shigemoto a, Yoko Nabeshima e,Tatsutoshi Nakahata d, Yo-ichi Nabeshima e, Yoshinori Fujiyoshi b, and Mari Dezawa a,2

所属:aDepartment of Stem Cell Biology and Histology, Graduate School of Medicine, Tohoku University, Sendai 980-8575, Japan; bDepartment of Biophysics, Graduate School of Science, Kyoto University, Kyoto 606-8502, Kyoto, Japan; dCenter for iPS Cell Research and Application, Kyoto University, Kyoto 606-8507, Japan; eDepartment of Pathology and Tumor Biology, Graduate School of Medicine, Kyoto University, Kyoto 606-8501, Japan; and cJapan BiologicalInformatics Consortium (Kyoto Branch Office), Oiwake, Kitashirakawa, Sakyo-ku, Kyoto 606-8502, Japan

雑誌:PNAS 2010, May 11, 107(19), 8639-8643

続報: Multilineage-differentiating stress-enduring (Muse) cells are a primary source of induced pluripotent stem cells in human fibroblasts. Shohei Wakao, Masaaki Kitada, Yasumasa Kuroda, Taeko Shigemoto, Dai Matsuse, Hideo Akashi, Yukihiro Tanimura, Kenichiro Tsuchiyama, Tomohiko Kikuchi, Makoto Goda, Tatsutoshi Nakahata, Yoshinori Fujiyoshi, and Mari Dezawa, PNAS 2011 108 (24) 9875-9880

アブストラクト
http://www.pnas.org/content/early/2011/05/25/1100816108.abstract

全文
http://www.pnas.org/content/early/2011/05/25/1100816108.full.pdf+html

一般記事など
http://ameblo.jp/regenerative-kyoto/entry-10513387642.html
http://www.jst.go.jp/ips-trend/about/story2/no06.html
http://www.nm-gcoe.med.tohoku.ac.jp/person/dezawa/
http://terumozaidan.or.jp/labo/interview/09/index.html
http://blogs.yahoo.co.jp/todorokiskillup/10514057.html

特許について
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20140409/1397002557

それにしても山中先生が特許のドロドロを避けて、すべて公共に資するという姿勢で研究を進めておられるのは素晴らしいことだと思います。

|

« 2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第32節: オウンゴールに救われたバルサ | トップページ | 毛髪夜話2 羽毛の進化 »

生物学・科学(biology/science)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/59441863

この記事へのトラックバック一覧です: 小保方STAP細胞問題:

« 2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第32節: オウンゴールに救われたバルサ | トップページ | 毛髪夜話2 羽毛の進化 »