« 2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第26節: バルサ面目を保つ | トップページ | マーラー交響曲第8番@東京芸術劇場2014年3月8日 インバル都響の激演 »

2014年3月 6日 (木)

バルセロナフィルと都響 そしてマーラーの交響曲

Cafe私はバルサと都響のファンですが、信じがたいことがおこりました。大野和士氏が都響とバルセロナ交響楽団の両者と、2015年からいずれも5年間の音楽監督の契約を行ったようです。しかも現在の都響をささえているインバル氏とフルシャ氏もバルセロナ交響楽団と関わることになるそうで、これでは全く姉妹オーケストラと言ってもいいくらいです。これって偶然なのでしょうか?

http://www.auditori.cat/en/auditori/premsa/noticies_premsa_detall.aspx?id=410

大野和士
http://ximo.wordpress.com/2014/01/16/kazushi-ono-nou-director-de-lobc/

都響発表
http://www.tmso.or.jp/sp/topics/detail.php?id=475

プレスリリース
http://kazushiono.com/news_jp.php?id=1390509460

バルセロナ交響楽団音楽監督就任にあたっての大野氏のメッセージ
http://www.horie-nobuo.com/ono/library/l11_Barcelona

インバルとバルセロナ交響楽団 マーラー交響曲第7番
http://www.classictic.com/en/eliahu_inbal__barcelona_symphony_orchestra/24474/

フルシャとバルセロナ交響楽団 チャイコフスキー交響曲第6番 等
http://www.classictic.com/en/janine_jansen__barcelona_symphony_orchestra/24496/173432/

「YOUTUBE」↓↓↓

バルセロナ交響楽団は、以前大植英次氏がプリンシパルコンダクターをやっていたこともあります
大植英次氏は表情がねえ??? なんとかしてよ・・・と言ってもねえ???
サントリーホールのP席では聴きたくない指揮者のひとり
トランペット奏者 Mireia Farres の変幻自在の演奏がすごい
彼女の言葉: “A good trumpet player must have no fear: the key is to risk, although you know you’ll probably miss perfection. If we didn’t risk we wouldn’t be musicians, but machines.”
https://www.youtube.com/watch?v=26vzEs4UlSE

インバル都響 マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」 
明後日の土曜日 池袋東京芸術劇場で再演予定 (日曜日には横浜みなとみらいホール)
オーケストラとしてはおそらく赤字の公演になるので、一生のうちでそう何度も聴ける曲ではありません。
私も池袋に行く予定です。
https://www.youtube.com/watch?v=awbLgMGuoZM
https://www.youtube.com/watch?v=JHoUtbhEU84

 

|

« 2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第26節: バルサ面目を保つ | トップページ | マーラー交響曲第8番@東京芸術劇場2014年3月8日 インバル都響の激演 »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/59248833

この記事へのトラックバック一覧です: バルセロナフィルと都響 そしてマーラーの交響曲:

« 2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第26節: バルサ面目を保つ | トップページ | マーラー交響曲第8番@東京芸術劇場2014年3月8日 インバル都響の激演 »