« ジム・ロジャース | トップページ | フランツ・シュミットの室内楽 »

2014年3月27日 (木)

2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第30節 バルデス重傷

Braugranaバルサがクラシコに勝利した結果、リーガは1位アトレチコ(70ポイント)、2位レアル・マドリー(70ポイント)、3位バルサ(69ポイント)の大激戦になりました。さてバルサはクラシコのあと、どんなメンバーでセルタ戦に臨むのか? ピッチは雨のカンプノウ。

FW:ネイマール・メッシ・サンチェス、MF:イニエスタ・セスク・ソング、DF:アルバ・マスチェラーノ・バルトラ・アドリアーノ、GK:バルデス。さすがにチャビ、ダニ、ピケあたりはお休みです。セルタの監督は懐かしいルイス・エンリケ。バルサの中心選手だった頃を思い出します。レアル・マドリーで活躍していた頃は、私はまだリーガのサッカーは見ていませんでした。今日は特殊な532のフォーメーションでバルサと戦うようです。FW:オレジャナ・サンティ=ミナ、MF:マダンダ・Aロペス・Aフェルナンデス、DF:アウルテネチェ・ジョニー・フォンタス・カブラル・ウーゴ=マージョ、GK:ヨエル。

はじまってみると、この5バックが結構ザルで、スルーパスが通ります。やはり普段やっていないDFラインというのは機能しないようです。6分メッシのスルーパスがサンチェスに通って、ここから中央でフリーのネイマールにキラーパスが出てゴール。しかし20分エリア近傍でアドリアーノがハンドをとられましたレフェリーはPKを指示したと思いましたが、リプレイでは明らかに1mくらいエリア外。あれれと思っていたら、判定がFKになりました。線審から指示があったのでしょうか? このFKはバルデスが止めたのですが、そのときにバルデスの右膝に故障発生。なんと前十字靭帯を損傷し、手術が必要とのことで大変なことになりました。

試合は30分、イニエスタの縦のスルーパス一発で中央をメッシが抜けてゴール。ここをグラウンダーで通されては、セルタのDFはひどいでしょう。2:0で前半終了です。

後半はセルタも普段の4バックに戻してきました。バルサはイニエスタが故障でセルジ=ロベルトに交代。セルタは普段着のサッカーに戻って息を吹き返しました。7分にはAフェルナンデスとイニゴ=ロペス(故障発生のカブラルに交代して出ていました)の強烈な2連発のシュートがきましたが、バルデスに代わって出ていたピントのスーパーセーヴで失点を免れました。しかしバルサも22分、サンチェスからネイマールにロングパスが通って、あとはネイマールが個人技で2人のDFを翻弄して3点目のゴール。とどめを刺しました。

https://www.youtube.com/watch?v=eW1nEIP51-Y
https://www.youtube.com/watch?v=W-wyXPyOJxU
https://www.youtube.com/watch?v=fNWNSXMdQHc
https://www.youtube.com/watch?v=aBMvv-boYQ4

|

« ジム・ロジャース | トップページ | フランツ・シュミットの室内楽 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/59363979

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第30節 バルデス重傷:

« ジム・ロジャース | トップページ | フランツ・シュミットの室内楽 »