« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月26日 (水)

原発再稼働

なぜ再稼働?

古賀茂明

関西電力にこの間エネルギー戦略会議に行って、関西電力に質問してみたんですね。彼らが言っているのは「電力が足りないから動かすんじゃありません」と「電力需給と原発を動かすかどうかは関係ありません」というふうに、はっきり何回も聞いたんですけど、ハッキリ言いきりました。

これは、企業としての事情があるんですね。
関西電力の純資産が今1.8兆とか、ま、2兆円弱あるんですけれども、その純資産を構成している資産のうちですね、原子力発電設備と、それから原子力の燃料。これを合わせた資産がですね、8000億から9000億ぐらい、大体半分ぐらいはあるんですね。そうすると、これをもう使えないんですという事になった途端にこれは資産ではなくなります。ですからその分資産からポン!と落ちちゃうんですね、

そしたら、純資産1.8兆、1.9兆というところから、もう1兆円ぐらいまで落ちちゃうんですよ。で、その上に昨年度すでに3000億ぐらい赤字が出ていますね。これで損失が出てきますから、それに今年度も5000億ぐらい赤字になるかもしれないと言われていて、そうするともう8000億ぐらい。そうしたら純資産がほとんど食いつぶされて、ま、ちょっとだけ残るというような形になります。

で、来年度また何千億か赤字を出すと、その時点で債務超過になってしまうという可能性があるという事ですね。これは絶対に避けなければならないことですから、従ってもう、永久に動かす。

----------------------------
玉川徹

つまり、「経営のために動かしたい」っていう事があるわけですよ。
どういうことか?っていうと、古賀さんのインタビューの時よりも新しい決算が出たんで、その新しい決算に基づくと、

純資産、資産から負債を、ま、貯金から借金を引いたものですね、それが1兆5000億円位あるんですよ。で、この中に、原子力関係の資産というのが、発電設備と核燃料を合わせると9000億ぐらい。で、これをもしか使わないという事になると、これが資産から落ちちゃうんです。そうすると、ここからこれを引くと、6391億円になっている。

いま、赤字記帳です。赤字記帳で、2011年度に2400億を超える赤字で、
これがあと2年ぐらい続くと、(純資産が)なくなっちゃうわけですよね。そうすると破たんだよと。いうことなんで、ともかく関西電力は動かしたいというのは、もちろん安全が確認されたらという事は関西電力も言ってますけれど、ただ、経営のために動かしたいんだと。だから電気が足りる足りないじゃなくて11基全部動かしたいんです。

それだけじゃないんですよ。実はですね、これはいま、バランスシートの話ですけれども、前に総括原価方式っていうのをやりました。これは、じゃあ利益ってどうやって決まっているんですか?って言ったら、資産に、たとえば3%とかをかけた分が利益なる。

だから資産の部分がごそっと無くなると、資産から生まれる利益もごそっと無くなるわけですね。仮に原子力関係の資産が9000億だとしてこの3%だとすると、3×9=24ですよね、だから200何10億というお金が、毎年入ってくる筈だった利益が無くなっちゃう訳です。だからこれも大きいんです。
--------------------------------

座間宮さんは↑の考え方を否定しています。彼はプルトニウムを燃やすために原発を再稼働する必要があると言っています。

座間宮ガレイ
http://www.youtube.com/watch?v=xqkNqO1CgwM
http://www.youtube.com/watch?v=_EVDPskCHAs
http://www.youtube.com/watch?v=_NSd8B_Pe7I

安倍政権下での原発再稼働

森永卓郎
http://www.youtube.com/watch?v=va-QUfcmlGo

金子勝
http://www.youtube.com/watch?v=JqHOujctTec

神保哲生
http://www.youtube.com/watch?v=QAEm0vrgERA

木村俊雄
http://www.youtube.com/watch?v=08OCESoCACc
http://www.youtube.com/watch?v=AgUz0G00e2w

小出裕章
http://www.youtube.com/watch?v=4XyWrXrmAVU
http://www.youtube.com/watch?v=_9RCf2bpWPo
http://www.youtube.com/watch?v=s9Ca1g-eCOo

恩田勝旦
http://hunter-investigate.jp/news/2014/01/post-447.html

小野俊一
http://onodekita.sblo.jp/article/48848734.html
http://onodekita.sblo.jp/article/59858745.html

水島 能宏
http://www.youtube.com/watch?v=Jzn-o-AXlSU

村上龍
http://www.youtube.com/watch?v=cvUm7vyMGFM&list=PL18CF73D4378EB901

静岡県議会議員・市会議員等
http://www.youtube.com/watch?v=AO6RYzeRI6Y

後藤政志
http://www.youtube.com/watch?v=hmOQXBfK9Es
http://www.youtube.com/watch?v=jY_DtaAjjeQ

林哲哉
http://www.youtube.com/watch?v=42zJObngf10

平井憲夫
http://www.youtube.com/watch?v=rvS-xW2SiYw

青山貞一
http://www.youtube.com/watch?v=ALvIdgc824Q

広瀬隆
http://www.youtube.com/watch?v=w_GSymR5_AU

孫正義
http://www.youtube.com/watch?v=3GoZ0KPalY4

菅直人
http://www.youtube.com/watch?v=RlKO6Zw35Q8

小沢一郎
http://www.youtube.com/watch?v=wYu4md3HMO8

小泉純一郎
http://www.youtube.com/watch?v=Nl_2e-zNiwQ

原発と原爆

こちら1

こちら2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

サラとミーナ136: 爪研ぎ

Img_3547a_2ネコの爪をすべて切るというのはかなり困難です。うちの場合、特にサラは爪切りが大嫌いなので困ります。市販の段ボール製の爪研ぎを置いてあるのですが、なかなかそれではやってくれなくて、壁や家具をガリガリやってくれたりします。

別の用途があって、コルクの板を買ってきて植木鉢にさしておいたら、早速こうなってしまいました。うかつでしたが、もうどうしようもありません。やってくれますねえ。

しかしこういうタイプの爪研ぎ装置もアリってことですね。

しかし世の中にはもっと豪快なネコもいるようです。
のけぞりました。
↓↓↓
http://ameblo.jp/shoko-sawada/day-20140224.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第25節: 鬼門アノエタでバルサ惨敗

Braugrana

鬼門のアノエタでのレアル・ソシエダとの対戦。ソシエダはグリエスマンとベラの2トップあるいはベラのワントップ。2列目はエルストンド、カナーレス、スルトゥサ。マルケルが中盤底。DF:アンヘル・Iマルティネス・Mゴンザレス・サルドゥア、GK:ブラーボ。彼らの作戦ははっきりしていて、後方あるいはサイドからロングボールをゴール前にバンバン放り込んで、グリエスマンかベラの押し込みを狙うものです。これは弱者の戦術でかつアンチサッカーですが、前の2人にテクがあってしつこく繰り返されると点になります。

バルサはFW:ネイマール・メッシ・ペドロ、MF:イニエスタ・ソング・ブスケツ、DF:アドリアーノ・ピケ・バルトラ・モントーヤ、GK:バルデス。タタは二つの冒険をしました。ネイマールとメッシの共存とソングとブスケツの共存です。ネイマールとメッシの共存で前線の守備が弱体になり、それをソングとブスケツという2人の守備的MFで補おうというわけですが、イニエスタも前線に突入する方なので、中盤が薄くなります。これを補うために両サイドバックが押し上げるわけですが、そうなると守備が2人のセンターバックだけになる場合が多く手薄になりがちです。一応ソングが2人をカバーすることになっていたようですが、ともすればソングも中盤の経営に参加しがちで、戻りきれない場合があります。ブスケツも馴れないチャビ役は難しいと思います。いろいろ問題のある布陣でした。

ソシエダは守備をがっちり固めているので、バルサはセンターラインあたりでは回せますがなかなかチャンスがつかめません。ようやく19分にゴール正面で、イニエスタ→ペドロ→イニエスタのワンツーが決まってゴールかと思ったのですが、イニエスタが打たずペドロにもどしてチャンスを逸します。22分にはブスケツがファウルで早々とカードをもらい、後で影響が出ました。ソシエダは29分と30分続けてロングパスを中央に出して、ベラがシュートしましたが得点ならず。しかし32分CKからカナーレスがゴール前に放り込み、エルストンドがヘッドでゴールと思いきや、リプレイを見ると、なんと競ったソングのオウンゴールでした。

バルサも36分、モントーヤがゴール右まで持ち込んで中央にパス。これをブスケツがうまくスルーしてメッシに届きゴール。やっと同点です。40分ピケのトラップミスがベラの前に出ましたが、ベラがまたもや外して失点を免れました。今日のベラはついてませんでした。彼が好調だったら何点とられていたかわかりません。42分にはバイシクルを試みるもまた外れ。

ハーフタイムになんとタタが退場!!!。何をレフェリーに言ったのか???

後半9分、GKのキックがセンターラインあたりのバルトラのバックヘッドでバルササイドに球が転がると、あっという間にグリエスマンにたたきこまれました。さらに14分、右からグリエスマンにゴール前に放り込まれ、突入したスルトゥサが押し込んで3点目。バルサは全員フリーズ状態で情けない失点でした。後半もベラはシュートをミスっていましたが、そのまま試合終了。バルサ惨敗でした。

ネイマールとメッシが出たときのやり方はまだ試行錯誤が必要ですね。これまでのバルサのやり方を大幅に変更して、DF4人とダブルボランチで固く守り、攻撃はセスク・サンチェス・イニエスタから2人選んでまかせるという手も考えられますが、そんなサッカーをバルサができるとは思えません。私がタタなら将来のことも考えて、ネイマールをセンターに置き、メッシはMFか(今でも下がっている場合が多い)、サンチェスが出ないときは右FWで使いたいですね。左サイドに張っているネイマールは全然意味ありません。テージョの方がいいくらいです。このやり方ならそんなに今までのサッカーを変える必要もないでしょう。

最後に付け加えるなら、今シーズンはCBの補強を怠ったため、ピケに過重な負担がかかって、今日の試合ではほぼ限界のように感じました。補強しないのならソングをCBに起用する手もあるのでは? これで追い出すのではあまりにももったいない。彼は1:1ではかなり堅固なディフェンダーだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

JPOP名曲徒然草137: 「悲しみのタペストリー」 by 吉野千代乃

Imgb

吉野千代乃さんは法政大学卒のシンガーソングライター。昔NHKの番組にレギュラーで出演していた記憶があります。現在はプロシンガーのボイストレーナーをなさっているという話を聞いたのですが、下記のHPをみると活発にライヴ活動もされているようです。オリジナル曲だけではなく、欧米のスタンダードナンバーも得意なシンガーです。私はエリック・カルメンの名曲「All by myself」をオリジナルじゃなくて、彼女の歌ではじめて知りました。

「悲しみのタペストリー」はアルバム「Rain ballade」(アルファレコード 32XA-63 1986年)に収録されています。廃盤のようですが、中古品は豊富に流通しているようで入手は容易です。美しいJ-POPバラードです。

公式HP:http://manispedas.com/chiyono_yoshino/index.html

「悲しみのタペストリー」作詞・作曲 太田早苗 編曲:Synch Box
https://www.youtube.com/watch?v=r86JB9Mhwgs

Hadashi No Ballerina
https://www.youtube.com/watch?v=kPQmVEdSuEo

1985年の恋人   
https://www.youtube.com/watch?v=IJXizbEpnGo

Rosen' Tears
https://www.youtube.com/watch?v=2eaFyP3TDmA

とがったKissの警告
https://www.youtube.com/watch?v=46c8kwHXToI 

狂おしいため息
https://www.youtube.com/watch?v=4XidHyE0Cpw   

ヴィーナスは眠れない
https://www.youtube.com/watch?v=GETyBPSt0NI
https://www.youtube.com/watch?v=9Pbm7pJsVW4

時計を見ないで
https://www.youtube.com/watch?v=n3ewWiib9PA

薔薇から罠
https://www.youtube.com/watch?v=pNDAldYFPEE

Theme From Mahogany
https://www.youtube.com/watch?v=bLAKdL73V3M

I love all
https://www.youtube.com/watch?v=qcYK7rOMZU0

Journey to Love
https://www.youtube.com/watch?v=L_I9n-GHryU

Killing me softly with his song すごい人たちがバックボーカルやっていてびっくり
https://www.youtube.com/watch?v=oBg2fVYydVI

Shadow 海の影 愛の陰
https://www.youtube.com/watch?v=x1701I3a-h8
http://www.youtube.com/watch?v=lAL-ALjhyBQ


http://www.youtube.com/watch?v=Ve-PN_-vREY

月夜の事情
http://www.youtube.com/watch?v=cNm1NvKxrCo

ライヴレポート
http://ameblo.jp/haco-chang/entry-11576232624.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

キム・ヨナのアディオス・ノニーノ

私はフィギュアスケートの採点などさっぱりわかりませんが、キム・ヨナが金メダルを逸したことが物議をかもしているようです。ところでキム・ヨナが選んだアディオス・ノニーノと言う曲は、ピアソラが公演旅行中のうえ旅費がなくて父親の葬儀に出られなかったため、曲を書いて父に捧げたという逸話のある曲です。

どうして彼女が最後の晴れ舞台にこのような寂しい曲を選んだのか知るよしもありませんが、コスチュームも見ようによっては喪服ともとれるようなものでした。ウェブ情報ではキム・ヨナの父親は不動産投資に失敗して、それをカバーするために無理して出場したという噂もあります(http://www.les2.net/16380.html)。キム・ヨナの演技はこの曲のほの暗くやるせない雰囲気をよく表現した素晴らしいものだと思いましたが、やはり華やかなオリンピックの主役は若さとバイタリティーにあふれたソトニコワでよかったのではないでしょうか。

キム・ヨナは国民全体のアイドルという苦しい立場にもちあげられて、それ故に一方で心の闇をかかえていたのではないかとふと思いました。

アディオス・ノニーノ
http://www.youtube.com/watch?v=rlpEWBPF2eU
http://www.youtube.com/watch?v=14vvWFjX_uI
http://www.youtube.com/watch?v=QCmP4bEJfOg
http://www.youtube.com/watch?v=0h01Yw5GDl8

http://www.youtube.com/watch?v=Hw7eIJ8OWuk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

バカ犬はどこへ行く?

籾井勝人NHK会長が就任記者会見での発言をすべて取り消したことは記憶に新しいところです。

取り消した内容:

特定秘密保護法に関する質問についてNHKの報道が少ない・姿勢が政府寄り、との指摘には「まあ一応通っちゃったんで、言ってもしょうがないんじゃないかと思うんですけども。まあ……、ちょっと……僕なりに個人的な意見はないことはないんですが、これはちょっと、あまりにも、あれなんで、ちょっと差し控えさせて頂ければと思いますが」(発言ママ)と断りつつ、「あまりカッカする必要はない」。管理人・・・ここで個人的な意見は言わないという意思を表明しているので、その後の発言はまさか個人的な発言じゃないでしょうね?

竹島問題・尖閣諸島問題の質問ついて「日本の立場を国際放送で明確に発信していく、国際放送とはそういうもの。政府が『右』と言っているのに我々が『左』と言うわけにはいかない」。

放送内容の質問については「日本政府と懸け離れたものであってはならない」。

慰安婦の質問について「今のモラルでは悪いんですよ」としつつ、補償問題は日韓基本条約で解決済みと述べ、「戦争をしているどこの国にもあった」としてフランス、ドイツの名を挙げた。関連して「なぜオランダに今頃まだ飾り窓があるんですか」と述べた。

これって日本の右翼の普通の考え方なので、どうして右翼思想を買われて会長になった籾井氏が取り消すのか理解できません。新経営委員の百田氏や長谷川氏も日本にこれ以上の右翼はいないというくらいの極右思想家のようで、NHKは右翼の視聴者だけから集金してやっていけばいいのです。それがいやなら、政府丸抱えでソ連時代のイズベスチャみたいな御用マスコミになっても結構。

そのほとぼりもさめないうちに、衛藤晟一首相補佐官が「米国に失望しているのは我々のほうだ」と動画投稿したのはいいけれど↓、

安倍晋三首相の靖国神社参拝後に失望声明を発表した米国について「むしろわれわれが失望だ」
「安倍政権は、民主党政権で崩れた日米関係修復に非常に大きな力を割いてきた。米国は同盟関係にある日本をなぜ大事にしないのか」と強調。「米国はちゃんと中国にものが言えないようになりつつある。米国の声明は、中国に対する言い訳にすぎない」

これをまた取り消して、動画を削除したとのこと。投稿した内容は衛藤さんの考えそのものでしょう? それが総理の考え方と違うのなら、総理補佐官という仕事はやめたほうがいいと思いますね。(ちなみにオバマ政権は民主党の野田総理が米国に非常に協力的だったと感謝しています)

米国にしてみれば、ときどきムチでしばかないと、何をしでかすかわからないバカ犬みたいなわが日本政権ですよ。ムチでしばくとキャイーンといって一時おとなしくなりますが、またしばらくすると吠えまくります。でまたムチでしばくという繰り返し。

しかも総理のとりまきが官房長官以外はバカ犬ばかりなので、ときどき官房長官がムチでしばかないと何しでかすかわからないという混乱ぶり。こんな連中が日本の中枢で仕切っているのかと思うとあほらしくてやってられません。ともかくみんな自分の立場で何をやったらいいのかわかってなくて頭が悪すぎます。

東京新聞によると → 東京電力は2月20日、福島第1原発の地上タンクを囲むせきの外に汚染水約100トンが漏れた問題で、せき外の土壌付近にたまった水からストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり2億4千万ベクレルと極めて高い濃度で検出されたと発表。・・・・・・・ こういう連中ですから、1Fがこんな破滅的状況でも原発動かして平気なのもわかります。 自分の思想と言うより感情だけが先行して、まわりがみえなくなるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント デミチェリス一発退場 バルサアウェイで先勝

Braugrana

UEFAチャンピオンズリーグもいよいよ佳境にはいり、決勝トーナメントがはじまりました。バルサはまずマンチェスター・シティとアウェイ戦です。マンチェスター・シティはプレミアリーグのチームですが、スタメンのネグレド、ヘスース=ナヴァス、シウバ、サバレタ、ヤヤ=トゥレあたりはリーガ・エスパニョーラでおなじみの面々ですし、デミチェリスも昨シーズンはリーガでプレイしていたので、バルサとしては普段着感覚で試合ができる感じです。こんなにアングロサクソンのにおいがしないチームがプレミアで首位争いをしているというのが不思議な感じです。

両チームは公式戦ではあたったことがなく、親善試合の対戦成績はバルサの3勝2敗1分けだそうです。マンCの主力がリーガの選手ということで、リーガの試合と同じような感じで試合が進み、バルサもアウェイ戦ということで無理攻めはせず、センターライン周辺でチンタラ球を回すというシーンが多い前半でした。

後半はさすがにマンCも積極的にこようとしますが、ナヴァスが中盤でのドリブル突破をミスして、バルサが球を奪い、イニエスタから中央のメッシに絶妙のスルーパス。抜け出すメッシにたまらずデミチェリスがファウル。エリア内だったため1発退場です。これはデミチェリスとしては、一か八かタックルにいくのはやむを得なかったと思います。球に足が届かなかったのは不運でした。メッシがPKを真ん中に蹴ってゴール。

マンCは10人になってからも積極的に攻めてきて、あわやの場面も結構ありましたが、バルサはGKバルデスの活躍などでなんとか守り切りました。そして終了直前、右SBのダニと、サンチェスと交代してはいっていたネイマールのワンツーが絵に描いたように決まって、抜け出したダニが右からGKの股抜きシュートで2点目のゴール。アウェイでの2点は非常に有難い得点です。あとはカンプノウでも安心することなく、気を引き締めて普段の試合をすれば大丈夫でしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=l_Nhwehgqh0
http://www.youtube.com/watch?v=VqOmVbvb-ug
http://www.youtube.com/watch?v=MjjOUFYWpmE
http://www.youtube.com/watch?v=I7P_e0BdYyc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第24節: バルサ いいとこ見せました

Braugrana降格圏内のラージョ・バジェカーノをカンプノウに迎えての一戦。ここは主力を休ませてチャンピオンズリーグに備えるという作戦も有力だと思いますが、タタは必ずしもそうとはいえない布陣できました。FW:ペドロ・メッシ・サンチェス、MF:イニエスタ・セスク・ブスケツ、DF:アドリアーノ・プヨール・ピケ・ダニ、GK:バルデス。タタはこの3人のFWを強く信頼しており、ここは代えたくないようです。MFは多少ローテーションを使って、チャビを休ませました。DFもアドリアーノとプヨールを起用。

ラージョは1トップにラリベイ、2列目:ファルケ・ブエノ・ロチーナ、PV(ボランチ):バエナ・トラショーラス、DF:モヒカ・サウール・ゼ=カストロ・アルビージャ、GK:ルーベン。ラージョはホームではバルサを上回るポゼッション率を記録したように、自陣から徹底してパスをつないで攻撃を組み立ててくるチームです。従って当然バルサは前線でのパスカットを狙うことになります。

開始2分、アドリアーノが左サイドの遠い位置から、右に飛び出してくるサンチェスにグラウンダーのロングパスと思ったら、なんとそのままゴール。これはパスではなくシュートでした。前に5人くらいラージョの選手がいたので、信じられないゴールでした。しかし4分、こんどはラージョの攻撃でゴール正面からファルケがシュート。これはバルデスが止めました。

完全に攻め合いの展開で、バルサはメッシ、ペドロが続けてポスト直撃の惜しいシュート。22分にはサンチェスのクロスがわずかに突入するメッシに届かず。27分にはバルデスが引き出されたところをまたファルケに打たれますが、なんとかバルデスがゴールを阻止。36分バルサはセスクのパスカットからメッシにスルーパスがきれいに決まって。メッシがループでGK上空から2点目ゴール。

8分にはやはりカウンター攻撃から、メッシがフリーのサンチェスに供給してゴール。9分にはラリベイの振り向きざまのミドルシュートが来ましたが、バルデスのスーパーセーヴで失点を免れました。11分にはバルサらしいセスク→イニエスタ→セスクのワンツーが決まって、最後はペドロが4点目のゴール。ペドロはお役御免でネイマールと交代。

23分にはセスク→サンチェス→メッシときれいなパスが通って、ゴール正面からメッシがゴール。試合終了直前には交代で出てきたネイマールがドリブルからのロングシュートを決めて仕上げの6点目。バルサ いいとこ見せました。

https://www.youtube.com/watch?v=eUzaBgAKE28
https://www.youtube.com/watch?v=XvpQ7YEHijc
https://www.youtube.com/watch?v=NzZGN2E-ing
https://www.youtube.com/watch?v=Ja0Ako8gOK0
https://www.youtube.com/watch?v=zGe32lg79r0


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

ご冥福を祈ります for 絶食ダイオウグソクムシ

15年以上絶食していた鳥羽水族館のダイオウグソクムシ(Bathynomus giganteus)がとうとう死亡したそうです。
2007年9月9日にやってきて、2009年1月2日にアジを1匹たべて、それ以来ずっと絶食を続けついに今日(2014年2月14日)死亡ということでした。何の楽しみもなく6年半も水槽の中で暮らしていたとは、誠に気の毒なことでした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140214-00000064-minkei-l24

公式HP情報では胃には何もなく、ただちに解剖した結果特別な異常は認められなかったそうです。ブドウ糖を口から注入するというような勇気はなかったのでしょうね。

鳥羽水族館の公式HP:http://www.aquarium.co.jp/topics/index.php?id=250

ダイオウグソクムシはサンシャイン水族館でもみられるそうです。そのうち仰向けで泳ぐのを見てみたいと思います。
http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/information/i107.html

ウィキペディアなどをみると、海底に落ちてきた死骸をどんどん食べ尽くしていく結構貪食な生き物らしいので、どうしてこの個体がエサを食べなかったのか不可解です。そしてそれ以上に5年以上の絶食にどうすれば耐えられるのでしょうか? このメカニズムがわかれば、いざ地球全体が飢饉になったときに役に立つかもしれません。こういうところには科学研究費は支給されていないのでしょうね。

昨日はジャワ島で火山の大噴火があり、米国や日本は暴風雪、英国は歴史的な洪水、オーストラリアは猛暑・山火事。大規模な気候変動で食糧が暴騰する日が近づいているという不安がいっぱいのこの頃です。

(写真はウィキペディアより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

サラとミーナ135: 注目?

Img_3522a私を注目しているのでしょうか? 席を立とうとしたときに、こんな感じになることがあります。このあとミーナは私ついてきたりします。ミーナにとって私はいつまでたっても母親。サラにとって私はボーイフレンドです。

ミーナはフレンドリーなネコで、宅配の兄ちゃんともすぐ仲良しになってしまいます。

サラは毎日家じゅうを点検して、何か変化があるとすぐ気がつきます。地形を完全に把握していないと気が済まないという、慎重で知的レベルが高いネコです。今のような親しい関係を築くのに年単位の長い時間がかかりました。しかし人が決して警戒すべきものではないという確信ができてからは、誰と接するにしても少し大胆になりました。

オリンピック何が面白いかって、カーリングですよね。昨日はロシアの美女軍団を撃破しました。「あー その手がありましたか!」というシーンには感動します。小笠原のショットはまわりの空気をフリーズさせるような迫力があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第23節: バルサ暴風雨のサンチェス・ピスファンを完全制圧

Braugrana雨のサンチェス・ピスファン@アンダルシアに遠征。まるでプールのようなピッチでの戦いです。セビージャ1トップはベルギーの得点王バッカ、2列目ビトロ・ラキティッチ・ガメイロ、カリーソ・イボーラのダブルボランチ、DF:モレノ・パレハ・ファシオ・フィゲラス、GK:ベトの布陣。バルサはFW:ペドロ・メッシ・サンチェス、MF:イニエスタ・チャビ・ソング、DF:アドリアーノ・ピケ・バルトラ・モントーヤ、GK:バルデス。

バルサは2位に転落してはじめてのゲーム。アウェイでも3ポイントが欲しいゲームです。ホームゲームとあって、セビージャは高いDFラインで、厳しいチャージをかけてきます。15分にはラキティッチに右サイドを突破されセンタリングを許すと、モレーノにシュートされて、これがバルトラに当たって方向が変わり、バルデスとどかず失点。しかし20分のバッカのヘディングはポストに当たって助かります。また29分にはカウンターかラキティッチにシュートを打たれますが、はずしてくれました。

バルサの得点は34分。メッシのFKからですが、タイミングが合わずサンチェスが50cmくらいオフサイドの位置からヘディング(というより背中)で押し込みましたが、ラッキーなことにお目こぼしで得点。この頃からスタジアムは猛烈な暴風雨に襲われますが、バルサは意気軒昂。44分カウンターからイニエスタ→アドリアーノ→ペドロ(右)→メッシ(中央)とわたり、メッシがミドルをたたきこみました。PK以外では久しぶりのメッシのゴールです。1:2のバルサ1点リードでハーフタイム。

後半6分、モントーヤがゴール前で球を奪われるという失態であやうく失点するところでしたが、これはセビージャの失敗で助かりました。9分にはカウンターからバッカ、ガメイロの連続シュートをくいますが、バルデスが何とか止めて事なきを得ます。これでバルサの時間になりました。イニエスタが左に走って中央のメッシにパス。メッシがつきものがとれたようなシュートで左隅にゴール。43分には右からサンチェスが中央のセスク(後半途中からペドロに交代して出場)にパスし、セスクが軽くループでGKの頭を越して仕上げのゴール。1:4で結果は圧勝となりました。

アトレチコがなんとアルメリアに敗れたため、白組・バルサ・アトレチコがいづれも18勝3分2敗で一線に並びました。これからも死闘が続くリーガ・エスパニョーラです。

https://www.youtube.com/watch?v=Ih1Ph8fjjjQ
https://www.youtube.com/watch?v=Ie6c-gAytZA
https://www.youtube.com/watch?v=9K7iQIxNt_g
https://www.youtube.com/watch?v=W8fQsvlDXi0


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

吹雪の都響プロムナードコンサート@サントリーホール2014年2月8日

Imgx昨日都響からコンサート強行のメールがきたので、あわててゴム長を買いに夜靴屋に走りました。昔使用していたニッカボッカとロングソックスの山用品を引っ張りだし、完全装備で出発。今日のお天気だとゴム長は最低限必要な装備でした。

午前中の段階で、すでに歩道は雪で地面が見えない状況。電車はほぼ定刻にやってきました。サントリーホール前のカラヤン広場にたどり着くと、いつもは賑やかな広場に雪が積もり人影はありません。

チケットはほぼ完売だったようですが、出席率は最悪。チケットを持っていながら外出を見合わせた人が多かったようです。お昼のコンサートだったので、ギリギリ開催できましたが、夜だと中止だったでしょうね。

ところがコンサートは素晴らしい内容で、大いに盛り上がりました。特にハイドンの協奏交響曲とベートーヴェンの運命交響曲はよかったと思います。

「運命」はすでにインバル指揮都響のCDが発売されています。これは鉄の規律と怒濤の推進力で驚くImg_3529yべき演奏でした。しかし今日の演奏は趣が異なり、隅々までよく旋律を歌わせた実に美しい演奏でした。

指揮者はガエタノ・デスピノーサさん。指揮者になったのは6年前で、それまではドレスデン・シュタータツカペレでコンマスをやっていたそうです。ロマンチストのイタリア人ですね。本日のコンマスは矢部ちゃん。サイドはマキロンでした。

普段なら休憩時間にはワインとか冷ドリンクが多いのですが、今日は圧倒的にコーヒーが売れているようでした。赤飯のおにぎりを持参して食べている人がいたのには驚きました。

Img_3538z

帰りは本当に大変でした。電車は遅れながらも来たのですが(写真は青砥駅)、降車駅に着くと外は吹雪で凍える寒さ。もちろんタクシーなど1台もいません。雪は20cmくらい積もっていて、あり得ない状態でした。大変な1日でしたが、都響の演奏が◎だったので気分はマックスとなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

冬はヒヨドリと

Img_3519a今年の冬もヒヨドリのジョージ君が団地に住み着いています(写真 上)。気がついてから4年目です。どうして同じ個体か判るかというと、口笛を吹くとこのケヤキの枝にやってくるからです。

冬はずっと団地近郊のどこかにいるようなのですが、春になると多分行動範囲が広がって、見かけられなくなるようです。

ヒヨドリは人を識別することができるそうで、平安時代から名前をつけてペットとして飼育されていたそうです。

寿命が4~5年だそうなので、最初に来たときが1才だとすると、今年が最後かも知れません。

Img_3516b
ジョージ君はこの冬はずっとつがいで行動しています。そのお相手が(写真 下)の個体。まだ名前はつけていません。

ヒヨドリはこどもが飛べるようになってからも、1~2ヶ月は付き添って家族で暮らすそうです。

今年は子育てがみられるでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=rjZ-pMyTH9o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第22節 ディフェンス崩壊でバレンシアにホームで屈服

Braugranaカンプノウで強豪バレンシアとの対戦。バルサはFW:ペドロ・メッシ・サンチェス、MF:セスク・チャビ・ブスケツ、DF:アルバ・マスチェラーノ・ピケ・ダニ、GK:バルデス。いつも通りの433。バレンシアはワントップ:アルカセル、2列目:ピアッティ・パレホ・ロメウ・フェグリ、守備的MF:ハビ=フエゴ、DF:ベルナト・マチュー・リカルド=コスタ・バラガン、GK:ジエゴ=アウヴェスの4141。

リーガファンにはお馴染みの、元スペイン代表監督ルイス・アラゴネスさんが土曜日に逝去されたということで、試合前に黙祷がありました。

カンプノウでもありバレンシアは守備的な感じで、まあ一安心ではあります。しかも7分メッシの左からのクロスがゴール前を通過したところを、右でひろったサンチェスが角度のないところから究極のループでGKの頭を越えてゴール。びっくりしました。これで完全にバルサペ-スになったと思いましたが、メッシには点を取っていないというあせりがみられて心配です。

バレンシアも同点にはしたいので、必死に前に出てきます。37分のFKはバルデスのポジションが悪くあやうく失点しそうでしたが、ここは相手のミスでなんとか失点を免れましたが、44分にフェグリに右に突入を許し、中央パレホに出されてついに失点。中盤の競り合いでバルサの選手が2人倒れていたのがまずかったです。今日のレフェリーはバレンシア寄りで試合を止めてもらえませんでした。

後半開始4分、右からクロスを上げられてヘッドでゴール前にふわっと上がった球をピアッティに頭で押し込まれました。アルバもダニも守備が甘かったですね。バルサも7分、ダニのクロスをリカルド=コスタが腕にあててPK。これはメッシが決めて2:2の死闘になりました。決勝点は14分、またもやフェグリに右サイドを抜け出され、グラウンダークロスがアルカセルにピッタリで決められてしまいました。

今日のDFはピケとマスチェラーノのCBは頑張っているのですが、セスク・ブスケツ・チャビ・ダニあたりの動きがいまいちで、俊敏な守備ができませんでした。決勝点のクロスなんて、みんな見てるだけですからね。ひどいもんです。アルバに至っては、アルベルダ・マルチェナ時代のバレンシアの反則サッカーのくせがでたのか、後半33分に退場ときたもんだ。ペドロとサンチェスも後半には守備がおろそかになっていますし、メッシは球を少し持つと奪われるというラフなキープ。これでは勝てません。

解説者の安永はローテーションが悪いなどと言っていましたが、逆ですね。こんな守備だと、選手を入れ替えてショックと休養を与えないともどりませんね。アフェライ、クエンカ、セルジ、アドリアーノ、ソングあたりの出番でしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=q4TJt0YK1vg
https://www.youtube.com/watch?v=p1a1GXVX7VA
https://www.youtube.com/watch?v=f_biDK6R5ao

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

JPOP名曲徒然草136: 「あの日にかえりたい」 by 小野リサ

Imga小野リサさんはブラジル生まれですが、10才から日本にいるそうで、その割には日本語でのレコーディングが少ないと思います。その中で「あの日にかえりたい」は、ユーミンとは全く違った雰囲気の歌唱で、まるで時が止まったような感覚におちいる感じです。余人に換え難いシンガーだと思います。アルバム「ジャポン」(ドリーミュージック MUCD1254 現役盤) に収録されています。

 

 

 

 

「あの日にかえりたい」作詞・作曲:荒井由実、 編曲:小野リサ and Febian Pane
https://www.youtube.com/watch?v=Y8K8XMU_apQ

 

by Sheila E
https://www.youtube.com/watch?v=FWx97hMm7pk

 

「Dream」 with 大江千里
https://www.youtube.com/watch?v=MhM8uXDbS3Q

 

「セ・シ・ボン」
https://www.youtube.com/watch?v=12XTWoDITVE

 

「Beyond the reef」 ハワイアンは彼女にはまっていると思います
https://www.youtube.com/watch?v=6B0GinJhdzM

 

「黒いオルフェ」
https://www.youtube.com/watch?v=WJz-ZXyYhdk

 

「Sereno」
https://www.youtube.com/watch?v=NwSWtSvcjAo

 

「la vie en rose 」
https://www.youtube.com/watch?v=-j_u-Uut_ao

 

「Smile」
https://www.youtube.com/watch?v=zDdHRgWIuHo
https://www.youtube.com/watch?v=CY8FKpoKH6w

 

「海のそよ風」
https://www.youtube.com/watch?v=eNBJeGs5GcM

 

「星に願いを」
https://www.youtube.com/watch?v=dXahNZ7q6CQ

 

「Corcovado」
https://www.youtube.com/watch?v=SG9Mj6_o_HY
https://www.youtube.com/watch?v=6wMdlJAgU5E

 

「ソ・ダンソ・サンバ」 with 石川鷹彦
https://www.youtube.com/watch?v=jjJVng2UYds

 

[So Danco Samba」 with ナベサダ
https://www.youtube.com/watch?v=_-HxnPBNdys 

 

「ムーンライト・セレナーデ」
https://www.youtube.com/watch?v=ZssFI8PcOqE
https://www.youtube.com/watch?v=L5zqxMLvTw4

 

「Yesterday」
https://www.youtube.com/watch?v=O594Us7gIP8

 

「I wish you love」
https://www.youtube.com/watch?v=DYheMSKdqEY

 

「Satin doll」
https://www.youtube.com/watch?v=hipjfQTCcS0

 

「Moon river」
https://www.youtube.com/watch?v=iJE10cMDVOs

 

「Fly me to the moon」
https://www.youtube.com/watch?v=87QCBqsi93w
https://www.youtube.com/watch?v=cNIxl5AIcj4

 

「Nada Mais : Lately 」
https://www.youtube.com/watch?v=lTGtRjj3UZk

 

「Roma nun fà la stupida stasera」  duet with Bobby Solo
https://www.youtube.com/watch?v=JW-3WT1qUOw

 

「Insensatez (How Insensitive)」 with ナベサダ
https://www.youtube.com/watch?v=_dfG6BM75uY

 

「Garota de Ipanema (Girl from Ipanema)」
https://www.youtube.com/watch?v=DHXc4ax7mBs

 

HP:http://onolisa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »