« サラとミーナ134: 続・冬の居場所 | トップページ | ネオニコチノイド系農薬の規制を大幅緩和 抗議の署名 »

2014年1月16日 (木)

低線量被曝によっても白血病のリスクは増加する

Cherno低線量被曝による人の発がんについては、実験が不可能な上に、データは事実上長崎と広島の原爆・チェルノブイリの原発事故(将来は福島第一原発事故)しかありません。しかし可能なデータを最大限活用し、大規模な調査をすることによって、米国とロシアのグループ(共同研究)は、低線量被曝によって白血病のリスクが増加することを証明しました。原著は英語なので、私が一部拙訳しました。

(写真は Wikipedia より --- 事故後のチェルノブイリ原子力発電所)

タイトル:チェルノブイリ原発除染作業員における被曝と慢性リンパ性白血病およびその他の白血病のリスク

ジャーナル:ENVIRONMENTAL HEALTH PERSPECTIVES  DOI:10.1289/ehp.1204996

背景:急激に大量の放射線を浴びた場合の白血病のリスクについてはよく知られているが、長期の被曝による慢性リンパ性白血病のリスクについてははっきりとはわかっていない。

目的:低線量の被曝を長期にわたって受けた場合の慢性リンパ性白血病および他の白血病のリスクをみつもる。

方法:1986年に起きたチェルノブイリ原子力発電所の除染作業にあたった11万645人の作業員について症例対照研究をおこなった。1986年~2006年に白血病と診断された人について、血液学者/血液病理学者からなる審査員団によって確認を行った。対照は年齢と住んでいる地域が同じ人を選定した。骨髄の被曝量の測定についてはRADRUE法(1) を用いた。放射線による白血病リスクの増加は、条件付きロジスティック回帰分析法を用いてみつもった。

結論:チェルノブイリにおける除染作業による低線量被曝は、統計学的に有意に白血病のリスクを増加させた。これは日本における原爆生存者における調査と、統計学的に矛盾しない結果であった。慢性リンパ性白血病およびその他の白血病は被曝によって発生すると結論する。

(1) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19741357

著者と所属:

Lydia B. Zablotska,1 Dimitry Bazyka,2 Jay H. Lubin,3 Nataliya Gudzenko,2 Mark P. Little,3
Maureen Hatch,3 Stuart Finch,4 Irina Dyagil,2 Robert F. Reiss,5 Vadim V. Chumak,2 Andre
Bouville,3 Vladimir Drozdovitch,3 Victor P. Kryuchkov,6 Ivan Golovanov,6 Elena Bakhanova,2Nataliya Babkina,2 Tatiana Lubarets,2 Volodymyr Bebeshko,2 Anatoly Romanenko,2 KiyohikoMabuchi3

1 Department of Epidemiology and Biostatistics, School of Medicine, University of CaliforniaSan Francisco, San Francisco, California, USA
2 National Research Center for Radiation Medicine, Kyiv, Ukraine
3 Division of Cancer Epidemiology and Genetics, National Cancer Institute, National Institutesof Health, Department of Health and Human Services, Bethesda, Maryland, USA
4 Robert Wood Johnson Medical School, Camden, New Jersey, USA
5 Departments of Pathology and Medicine, College of Physicians and Surgeons

原著:http://ehp.niehs.nih.gov/wp-content/uploads/2012/11/ehp.1204996.pdf (PDF)
or http://ehp.niehs.nih.gov/1204996/

(管理人 上記PDFの31ページの図がわかりやすいと思います。 横軸がグレイで表示してありますが、0.1がけくらいでシーベルトに換算できるようです。約40mSvの被曝でPARが10%上がるとよみとれます。 このような低レベルの被曝で疾病発生率上積みが10%にもなるというのは驚きです。福島第一原発の事故については、放影研・放医研が綿密な調査を行うことが期待されます。)

PAR: population attributable risk
http://info.ehime-u.ac.jp/kenko/study/100kenkyu-naiyou/001siryo/syiryo-par.html

|

« サラとミーナ134: 続・冬の居場所 | トップページ | ネオニコチノイド系農薬の規制を大幅緩和 抗議の署名 »

健康(health)」カテゴリの記事

コメント

I gotta favorite this web site it seems handy quite beneficial
Identify Fake Ray Ban Aviator Sunglasses http://www.kingkeys.com/listinfo.php?pid=951

投稿: Identify Fake Ray Ban Aviator Sunglasses | 2014年7月 1日 (火) 16:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低線量被曝によっても白血病のリスクは増加する:

« サラとミーナ134: 続・冬の居場所 | トップページ | ネオニコチノイド系農薬の規制を大幅緩和 抗議の署名 »