« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月28日 (月)

マリアンヌ・フェイスフル Marianne Faithfull

マリアンヌ・フェイスフルは幼時に両親が離婚し、修道院で育ったそうです。17才で結婚してからアイドルとして売り出されるという変わり種。この「小さな鳥」は自らのことを歌ったように聞こえます。私流に訳してみました。

小さな鳥 (This little bird)

誰かがよこした小さな鳥がいる
風に漂って生きるように地球につかわされた
彼は風の中に生まれ、風の中で眠る
誰かがよこした小さな鳥がいる

彼はふわふわと力なく、青空をはばたく
薄くて優美な羽を 陽光がつらぬく
小さな鳥は風に漂って生きる
誰かがよこした小さな鳥がいる

彼は空高く舞い上がる
人の目の届かないところへ
そして彼が地面に触れるのはたった一度
それは それは
それは この小さな鳥が死んだとき

http://www.youtube.com/watch?v=YyfPiKoypxQ
http://www.youtube.com/watch?v=IZ435HY3g1s
http://www.youtube.com/watch?v=N375fiNlah4

http://www.youtube.com/watch?v=R4iZpsufi_c

一番のヒット曲は As tears go by でしょうね

http://www.youtube.com/watch?v=j8JJ6du3Vio
http://www.youtube.com/watch?v=_phZZgkT1Jk
http://www.youtube.com/watch?v=XjFNc4j4VZE
http://www.youtube.com/watch?v=XPKL3KHE--I
http://www.youtube.com/watch?v=rHUQuD7ZzYg

http://www.youtube.com/watch?v=oPNALbJ-qd0

ローリングストーンズ
http://www.youtube.com/watch?v=SeGReDx4Wk8
http://www.youtube.com/watch?v=K1Y880ef8mM

What Have They Done To The Rain
この曲は核実験に反対する意見表明としてつくられたものです。
http://www.youtube.com/watch?v=z98NEVWGi2w
http://www.youtube.com/watch?v=g9Kn7kxYEC0

Hier ou demain
http://www.youtube.com/watch?v=u8Ey6sJJyZo

Ne Me Quitte Pas   (シェルブールの雨傘)
http://www.youtube.com/watch?v=ls5hKl5uihQ

I'd Like To Dial Your Number
http://www.youtube.com/watch?v=brNicYOptQ4

Yesterday
http://www.youtube.com/watch?v=gORyrU1xQpg
http://www.youtube.com/watch?v=kOGWOsr33Ak

Portland town
この曲は朝鮮戦争で3人の息子を失った親の気持ちを歌ったものと思われます。
http://www.youtube.com/watch?v=u2Ii_oOPfj8

Portland town オリジナル (Derroll Adams)
http://www.youtube.com/watch?v=Ewp_-Z4eR7E

Come My Way
http://www.youtube.com/watch?v=NYjY5Bo27KQ

You Can't Go Where The Roses Go
http://www.youtube.com/watch?v=PFGoS4J0S68

Crazy Love
http://www.youtube.com/watch?v=pisIqsHwbTY

Scarborough Fair
http://www.youtube.com/watch?v=m0IiPwwdw4I

Summer Nights
http://www.youtube.com/watch?v=wO_LcE9c57Q

I'm a loser
http://www.youtube.com/watch?v=xaqU82fOi6k

----------

So sad
http://www.youtube.com/watch?v=iDrUA8F7Vn8

Who will take my dreams away?
http://www.youtube.com/watch?v=_p6JgqfmYu4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第10節: サンチェス絶品のループでマドリーを粉砕

Braugrana今シーズンはアトレチコが頑張って、首位争いはバルサ・レアルマドリーとの3すくみとなっています。しかし最後はまたバルサとレアルマドリーの争いになるのでしょう。現在バルサとマドリーは3ポイント差。そのなかでのクラシコ。今回はカンプノウでの開催なので、どうしてもバルサは勝ちたいゲームです。スタジアムも9万8千人の満杯。

バルサはFW:ネイマール・セスク・メッシ(セスクは実質MFでした)、MF:イニエスタ・チャビ・ブスケツ、DF:アドリアーノ・マスチェラーノ・ピケ・ダニ、GK:バルデス。マドリーはFW:Cロナウド・ベイル・ディマリア、MF:モドリッチ・ケディラ・ラモス、DF:マルセロ・ペペ・ヴァラン・カルバハル、GK:ディエゴ=ロペス。マドリーはメッシをマルセロ&ペペの極悪コンビで止めようという思惑のようです。

マドリーは433で、敵陣から厳しくプレスをかけてきますが、ドリブルを止めるためにやや距離を置いたプレスです。そして自陣では中央重視です。ヒリヒリした緊張感の漂うゲームですが、モウリーニョがいた頃の一触即発のような邪悪な雰囲気はありません。最高峰のサッカーという雰囲気が横溢する素晴らしい試合です。

19分イニエスタが左から中央にドリブルで進入。3人止めにきたので外が開いてネイマールがフリー。イニエスタがこれを逃さず左に出して、ネイマールがシュート。これがDFに当たってゴールに吸い込まれました。43分にはCロナウドが左からクロスをあげてケディラがゴール前に突入してきましたが、アドリアーノがギリギリ間に合ってシュートを阻止。これは大きなプレーでした。これで前半終了。

後半マドリーはベイルを右、ディマリアを中央に持ってくると言う不可解なポジションチェンジを行いました。アンチェロッティの意図がよくわかりません。ディマリアのクロスは怖いですし、ベイルのミドルも脅威です。これはバルサにとってはラッキーでした。ラモスのボランチも失敗とみて、11分にはイジャラメンディと交代。

13分には中央でイニエスタが囲まれてボールを奪われ、Cロナウドにシュートを打たれますが、バルデスがパンチで逃れます。ディマリアのシュートもバルデスがキャッチ。16分にはベイルをベンゼマに代えてきました。25分にはバルサもセスクをサンチェスに交代します。26分にはゴール前でロナウドに抜け出されて、マスチェラーノが後ろから体当たりをくわせてシュートを阻止しましたが、ファウルはなくラッキーでした。

マドリーは31分ディマリアも下げてヘセを投入。バルサもイニエスタを下げてソングを投入。この思い切った采配はタタの美点だと思います。このあとソングの守備は結構効いていました。33分サンチェスがカウンターで突入。そしてあっと驚くループシュート。ディエゴ・ロペスは少し前に出ていたので、触れることができずそのまま球はゴールに吸い込まれました。

こうなってからのマドリーの逆襲はかなりこわいところがありますが、総攻撃のムードを押し返したのはダニ。インターセプトから右サイドを走ってDFも振り切り、シュートしますがGKに止められました。しかしこれで少しバルサは落ち着きました。39分にはネイマールも下げてペドロを投入。41分にはマルセロが左サイドを侵入してシュートしましたが、Cロナウドは球をよこせと激怒。

このまま終了かと思われたアディショナルタイムにヘセにやられました。CBが出過ぎて、抜け出されて失点。2:1となりましたが、時間切れで終了。なんとかバルサが勝利しました。めでたしめでたし。

http://www.youtube.com/watch?v=10HoHwVFOp8
http://www.youtube.com/watch?v=F5oVFcyNU6E
http://www.youtube.com/watch?v=yNmwMzLpyyY
http://www.youtube.com/watch?v=YAbm4wTqmP4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

JPOP名曲徒然草133: 「オー・シャンゼリゼ」 by ダニエル・ヴィダル

Photoダニエル・ヴィダル(1962~ 仏領モロッコ生まれのフランス人)の「オー・シャンゼリゼ」は厳密にはJPOPではありませんが、この曲もヴィダルも日本で有名になりました。写真のベスト盤は Victor VDP-1163 ですが、多分全く同じ内容のCDが下の(こちら2)で、再発されています。アイドル歌謡のベスト盤も現役盤です(こちら1)。

こちら1

こちら2

オー・シャンゼリゼ Les champs Elysees/ダニエル・ヴィダル

原曲は1968年にイギリスで発表されたロックで、イギリスの“Jason Crest”(ジェイソン・クレスト) というサイケデリック・バンドの4枚目のシングル曲『ウォータールー・ロード(Waterloo Road)』だったそうです(ウィキペディア情報)。その後フランス人歌手の Joe Dassin がフランス語化して歌い、さらにダニエル・ヴィダルが歌って日本でヒットという経過をたどりました。仏語作詞:Pierre Delanoe、日本語歌詞:安井かずみ、英語作詞・作曲:Mike Wilsh & Mike Deighan。

ヒットは日本経由で、それを契機にレイモン・ルフェーブル楽団がとりあげて世界的に知られるようになりました。

最近 この曲がスズキ・ラパンショコラのCMに使われています。

https://www.youtube.com/watch?v=BgrR2BE-If0(日本語)
とても美しい日本語の発音です。

https://www.youtube.com/watch?v=5vFruhQ98Oo

https://www.youtube.com/watch?v=sa1GGVojt1w(仏語)
https://www.youtube.com/watch?v=oamRCeLNAWA
https://www.youtube.com/watch?v=C6d5ZtaT0mM (歌詞付き)

Joe Dassin version:

http://www.youtube.com/watch?v=d9V-zUlrhEE
http://www.youtube.com/watch?v=OAMuNfs89yE

Raymond Lefevre Orchestra version:

http://www.youtube.com/watch?v=H_sWpfK-Ieo
http://www.youtube.com/watch?v=4q8Yiq9Hr1g

http://www.youtube.com/watch?v=rH03dSXusIs (私はシャンソン)

デビュー曲は「天使のらくがき」。これはもともとロシアの歌手エディタ・ピエーハの曲に仏語歌詞をつけてフランスで1969年に発売されたものだそうです。その後日本語版も発売され、オー・シャンゼリゼの大ヒットにつながりました。ダニエル・ヴィダルは日本でアイドル歌手となっためずらしいフランス人です。

http://www.youtube.com/watch?v=1LrparDfklY (日本語)
http://www.youtube.com/watch?v=wqhSGdYt9Kc (仏語)
https://www.youtube.com/watch?v=zsajNbGApuM

私はシャンソン
http://www.youtube.com/watch?v=tlS_F_V6AWg (日本語)
https://www.youtube.com/watch?v=1F30Ga1PiVs (仏語)

ピノキオ
https://www.youtube.com/watch?v=WMwoR6ElTdA

カトリーヌ
https://www.youtube.com/watch?v=Ey_NXJeEvl4
http://www.youtube.com/watch?v=APNPlnry5HM
http://www.youtube.com/watch?v=uHGl82SYwuY

悲しき天使
https://www.youtube.com/watch?v=Z-CMM-0jpgI

Ciao bella ciao (日本語版)
http://www.youtube.com/watch?v=YpyrKM-IAF0

恋のささやき La chanson de mon bonheur
http://www.youtube.com/watch?v=MpM4nl0nRog
http://www.youtube.com/watch?v=tqIGaNE5jys

恋はどこへ Ou Vont Nos Amours?
http://www.youtube.com/watch?v=scDE3s2O86c

小さな鳩 (日本語) 「駅」の原曲と思われるほど似ている
http://www.youtube.com/watch?v=3eUzkn5DRxw

粉雪舞う夜 (日本語)
http://www.youtube.com/watch?v=pxovek2a-xk

私はシャンソン
https://www.youtube.com/watch?v=pTJ9lvmlFSs

動画集
http://www.pideo.net/video/daum/b35fa319ba75c548/

--------

アイドル歌謡だけでなく、私にシャンソンの素晴らしさを教えてくれたのもこの人

Comme dans une chanson d'amour
https://www.youtube.com/watch?v=GljSzrY_GkM

リラの花咲く頃
https://www.youtube.com/watch?v=fzg3p6NlQIQ

パリのお嬢さん 
https://www.youtube.com/watch?v=MNNC8bE9Dwk

パリの空の下
https://www.youtube.com/watch?v=pG7tUHJkUa0

パリの屋根の下
https://www.youtube.com/watch?v=sPgVaaJM_Qc

パリの橋の下
https://www.youtube.com/watch?v=_vnB5wD2Dug

Sous les toits de paris
http://www.youtube.com/watch?v=C4-xKLa97WA

Paris je t'aime d'amour
https://www.youtube.com/watch?v=Ph8BwhEjD_I
https://www.youtube.com/watch?v=XUryCj-FyHY

Domino
http://www.youtube.com/watch?v=thj2bROCDUo

LA VIE EN ROSE
http://www.youtube.com/watch?v=RnyVejYNn1Y

ケ セラ セラ
https://www.youtube.com/watch?v=Hbv426UK-KI

---------

これもウィキペディア情報ですが、1980年に日本のグループ・サウンズ「チャコ&ヘルスエンジェル」のメンバー柴田功と結婚し男児をもうけたが、後に離婚、現在はフランスに在住し、シャンソン歌手として活動しているそうです。柴田功さんは病気で亡くなられたそうです。http://ameblo.jp/chaco-hellblog/entry-11481996118.html

情報:
http://www6.ocn.ne.jp/~jazzvo/DanieleVidal.html
http://fr.wikipedia.org/wiki/Dani%C3%A8le_Vidal

Facebook:
https://ja-jp.facebook.com/pages/Dani%C3%A8le-Vidal/234129839946080

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

サラとミーナ128: 秋冬モード開始

A_2台風で秋が吹き飛ばされたような日々ですが、猫たちも秋の深まりは感じているようです。夏の間は見向きもしなかったペットシティーの景品ハウスに、まずミーナが入り込みました。サラもなんとかもぐり込みたいのですが、ミーナがどかないので困りました。

ペットシティーhttp://www.3album.net/s/petcity-nyu/

しかしこのお店は今イオンペットになりました。
ペットシティーの看板が出たままのHPというのがゆるい。
http://chibanewtown-aeonmall.com/shop/detail/12

闘争のあとはまた仲良く

B


おすましして

C


今年は桜の紅葉が美しい年です。数年に1回しかありません。静かに台風を待つ街路。

D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

危機は去らず

8月にタンクから300トンの濃厚汚染水が漏れたことはニュースになりましたが(300トンを漏れというのは日本語としておかしいと思いますが)、ではそれはどこにいったのでしょうか? 10月になってようやく近傍の観測用井戸から採取した地下水に、40万ベクレル/L !!!の全ベータ核種放射能が測定されたと、東電が報告しました。

これがタンク由来のものだとすると、東電によればストロンチウム90とイットリウム90が出す放射能だそうです。ストロンチウム90の排出許容量は30ベクレル/L なので、半分の20万ベクレル/L としても、これはとてつもない量です。これが海底から漏れ出すと厳しい事態ですが、もっと問題なのは、地下水に含まれるということは、タンク周辺の土壌が地下水の水位に至るまで高濃度のストロンチウムで汚染されているおそれがあるということです。次第に敷地が放射能沼と鉄板通路からなる尾瀬のようになりつつあるということです。台風でタンクが倒壊でもしたらどうなってしまうのでしょうか?

ハッピーさんのブログ(https://twitter.com/Happy11311)によると、事故当時から仕事をしているベテラン作業員の200人ほどが、ハッピーさんも含めて来年には積算線量がリミットに達し、現場を去らなければいけないそうです。

>The Wall Street Journal
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2013/10/21/fukushima-watch-parsing-the-latest-radioactive-spike-in-zen-beta/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第9節: オサスナの堅守にバルサ一時停止

Braugranaパンプローナのエル・サダールでオサスナとの対戦。スペイン北部のパンプローナはバスクの都といっても、スペイン語が普及しているそうです。今日のスタメンにはシシーニョがいましたが、開始してすぐに故障発生でオンウと交代して、FW:リエラ・オンウ、MF:トーレス・シウバ・ロロ・クエバス、DF:ダミア・アリバス・ロティエ・ベルトラン、GK:フェルナンデスの布陣になりました。バルサはFW:ネイマール・セスク・ペドロ、MF:イニエスタ・チャビ・ブスケツ、DF:アドリアーノ・プヨール・バルトラ・モントーヤ、GK:バルデス。

なんと言っても、プヨールの復帰は有難い。ピケが出ずっぱりでバテていたので、よいタイミングです。ブラジル代表はアジア遠征だったので、ダニはお休みで今日はモントーヤ。彼も堅実なプレーヤーなのですが、今一歩殻を破ることができませんねえ。上がりが遅いのと、クロスの判断が悪いのが弱点です。バルトラは先シーズンに比べると、きっちりお役目を果たしています。ネイマールは韓国戦でひどい目にあったようですが、今日はスタメン。アルバがまた故障したとのことで、当分左SBはアドリアーノが出ずっぱりになりそうですが、今日も後半はバテがきてました。

オサスナは自陣にバルサ選手が入ると激しくチャージしてきます。DFもオフサイドトラップを狙うというより、しつこく絡んで守る感じです。守備が良くてなかなかバルサも攻め込めませんが、ネイマールが幾度かチャンスを作りました。しかし今一歩パスのタイミングや位置がずれてノーチャンス。逆に攻め込まれてオンウにフリーでシュートを打たれたりします。39分にはFKからフリーのペドロにシュートチャンスが生まれますが、あたりは良かったのですがオサスナ選手にひっかかってしまってゴールには届きませんでした。45分にはCKからバルトラがヘディングしますが、ふかしてしまいました。これで前半終了。

後半はバルサペースでチャンスも多かったのですが、セスク・モントーヤあたりの精度に問題があって得点ならず。チャビをメッシに代えてみましたが、メッシもまったく切れ味なく、ペドロに替わって出たテージョも、例によって右サイドでは全く持ち味が出ず、そのまま試合終了となりました。首位転落かと思いきや、なんとアトレチコがエスパニョールに敗戦で、首位を保てたのはラッキーでした。次節はクラシコです。負けられません。今日お休みだったサンチェス・ダニ・ピケには頑張ってもらわないといけません。

http://www.youtube.com/watch?v=n4xQL2TGar4
http://www.youtube.com/watch?v=l9pQSvNYeis
http://www.youtube.com/watch?v=Er15SiwDXXk
http://www.youtube.com/watch?v=VhATrLQV9j4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

東京都交響楽団とは?

Imginbalマエストロ・ベルティーニが世界的なオーケストラに育て上げた東京都交響楽団。石原元都知事によってそのマエストロと引き離され、激しいリストラの嵐が吹き荒れましたが、それに耐えて立派に花を咲かせました。楽団員のがんばりに頭が下がります。現在はインバル・小泉・フルシャ氏らの名指揮者の薫陶ですばらしい演奏を聴かせてくれています。あとは国塩芸術主幹や次期(2015~)音楽監督の大野氏らが過度に冒険的な、あるいはエキセントリックな方向に持っていかないように願うばかりです。

マーラー:交響曲第3番
インバル-都響の最も感動的な演奏でした。
http://www.youtube.com/watch?v=dNYzgiexwCc

ラフマニノフ交響曲第2番:
マエストロ・デプリーストの思い出に
http://www.youtube.com/watch?v=wdf_D2vnEy8

フルシャのベルリオーズ:幻想交響曲
http://www.youtube.com/watch?v=vX_QZGzF7Ds

朝比奈隆のブルックナー:交響曲第7番
http://www.youtube.com/watch?v=SXn6zWBan9w
http://www.youtube.com/watch?v=UsmiUjJuBdc
http://www.youtube.com/watch?v=VDStiQiyHVQ
http://www.youtube.com/watch?v=zy9tiMo9d7E

ドラゴンクエスト
実は重要なレパートリー
http://www.youtube.com/watch?v=Ad4EjeCb4xg
http://www.youtube.com/watch?v=mRQSf95JjoY&list=PLKtxNuQciiYWEwsycftuus2csoY4Dsc6h

featuring 田口美里
http://www.youtube.com/watch?v=jqwYlyqMFDM

四方恭子さん(ソロ・コンサートマスター)
都響のきさくな雰囲気になくてはならない人物
http://www.youtube.com/watch?v=4xON-393bBk

矢部達哉さん(ソロ・コンサートマスター)
結構ツイッターなどで言いたいことを言う人。
https://twitter.com/tatsuya_yabe

メンバーの趣味(面白いのだけ):
四方恭子:ティーアップ(?)、吉岡麻貴子:消毒(愛称マキロン)、大和加奈(バランスボール)、樋口雅世(ベリーダンス)、有馬純晴(薪割り)、西條貴人(夕日研究)、安藤芳広(迷うこと)

2015~の都響に私は若干の不安を持っています。それは国塩-大野-矢部のラインが強固すぎる感じがして、ここに文句を言える雰囲気がなくなる危険性があることです。さてどうなりますか・・・。2014年度は宙ぶらりんの感じですが、マーラーがクック版の10番だけというのはさみしい限りです。2015年以降マーラーは誰がやるのか注目しています。

都響HP: http://www.tmso.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

進化の不思議

アノマロカリスとは「異常なエビ」という意味ですが、カンブリア紀(約5億4500万年前~5億年前)には最強の捕食者として、食物連鎖の最上位に君臨していたと考えられている生物です。60cm というサイズは、当時の海では巨大でした。眼もありますし、触手でエサを捕まえて、一度食いつくとエサが逃れられない強力な口を持っていました。

A_anomalocarisdinomcanb
アノマロカリス こちら1

こいつから逃れるために、鎧のような外骨格、素早い泳ぎ、体に生えた棘、保護色など思い思いの分化を遂げた生物が多様化したという説があるくらいです。ただ短いカンブリア紀の後期にはほとんどみられなくなり、繁栄した期間は短かったようです(一部はオルドビス紀まで生き延びた者もいたという報告はあります)。一方アノマロカリスの近縁であるにもかかわらず、非常にひ弱な感じで、サイズも5cmくらいしかないアイシュアイアという生物は、なんと5億年もの間きわめて近縁の生物とおぼしき種を生き延びさせることに成功したようです。

Bb_800pxaysheaia2
アイシュアイア こちら2

カギムシ(ベルベットワーム)というのは、世界各地の森林などでひっそりと生きているめずらしい生物なのですが、なぜかファンがいて販売されており、飼育を趣味とする人もいるようです。
http://www.nettai.co.jp/2013/04/06/17363
http://blog.livedoor.jp/antroom/archives/51490470.html
http://blog.livedoor.jp/antroom/archives/51493218.html

強力な武器を持っていることが生き延びる唯一の方法ではなく。また俊敏さを高めて逃亡したり、強力な甲冑を装備することも必要ではなく、単に目立たないようにひっそりと生きることが、何億年も生き延びるコツなのかもしれません。ただエサに粘液をかけて動けなくしてからゆっくり食べるという一芸はもっています。

C_250px31velvet_worm
カギムシ http://adashinoren.blog95.fc2.com/blog-entry-538.html

カギムシの飼育法

意外に詳しい飼育情報がありませんが、その種に応じた温度コントロールと湿度管理をきちんとやって、水苔をしきつめたケースで育てればいいようです。

こちら3

http://blog.livedoor.jp/antroom/archives/51491794.html

旧記事:http://morph.way-nifty.com/grey/2010/10/post-08bd.html

最近新種がベトナムでみつかったようです。
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52139034.html

(写真はウィキペディアより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

JPOP名曲徒然草 大規模メンテ進行中

JPOP名曲徒然草の大規模メンテを行っています。
ほぼ終了しました・・・ってゆうかほぼ力尽きたという方がただしいかも。
下記のURLから、いろいろな曲に出会えます。

http://morph.way-nifty.com/grey/2012/07/post-36ae.html

壊滅していたタイトル曲が復活すると、CDは持っているのにわくわくします。
例えば

http://www.youtube.com/watch?v=rx0x60C6mQY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

サラとミーナ127: 本棚で眠るミーナ

使用中の資料などを置いておくために、本棚の一角を空にしてあります。ミーナが狙うのはそのスペース。

A


キャットタワーは1~5Fまでありますが、猫たちが2F・3Fで休んでいるのを見たことがありません。1Fは別として、最低でも4F、それもまれにミーナが利用するだけです。サラは5F(最上階)か利用しないかのどちらかです。これは4Fのミーナ。

B


ミーナもサラの留守に5Fに上がると、少しテンションがあがるようです。

C


サラも相変わらず元気です。

D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

新国立競技場

東京オリンピックを機会に豪華な新国立競技場が建設されようとしています。日本って1000兆円借金があるんじゃなかったっけ。

http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html

まあそれは別としても、絵画館をはじめとする神宮外苑の景観と全然マッチしない設計は何なんでしょうか? 設計したザハ・ハディドはこの点何の考慮もしていないと思います。だいたい現在の競技場は建設されてから、わずか半世紀くらいでしょう。甲子園球場は90年も使っているんですよ。しかもその間、阪神淡路大震災という災害もありました。

森喜朗元総理の構想では、現国立競技場はサッカー・ラグビー専用スタジアムに改装して、晴海にオリンピック用の陸上競技場を建設する予定だったそうで、そのほうがよほど頭の良いやり方だと思います。

そうすれば、明治公園や日本青年館をつぶさなくてもよいはずでした。明治公園は伝統ある反政府勢力の拠点で、渋谷・新宿・赤坂方面へのデモの起点として活用されていました。これが嫌われたのかも知れません。

しかし日本青年館は貴重な都心のアスリート用宿泊施設で、大変人気もあります。伝統あるコンサートホールも併設しており、つぶすのはあまりにも残念です。私も神宮球場のナイトゲームのときは宿泊に使用したことがあります。なかなか快適な宿泊施設で、料金もリーズナブルでした。

建築家の間でも現構想に反対する人が多くて、批判集会なども行われているようです。

http://tanakaryusaku.jp/2013/10/0008028

私的アイデアでは、

1) 現国立競技場を改装してエアードーム式の屋根をつけ、陸上競技と開会・閉会式に使う。オリンピック終了後も、屋根がついていればコンサートやイベントに使えるでしょう。幕張メッセは少し遠いので、利用価値は十分あるのではないでしょうか。

2) 晴海に3~4万人収容のサッカー専用スタジアムを建設する。Jリーグがいまいち盛り上がらないのは、都心をフランチャイズとするチームがないことも一因でしょう。FC東京には是非晴海をフランチャイズにして欲しいと思います。もう1チームくらいあってもいいですね。

これでいいのでは?

-----------

後日情報:

実は3000億かかる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000938-yom-pol

都は金を出したくない
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131025-00000099-mai-spo

森元総理立腹
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131025-00000078-mai-spo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

都響2014楽季ラインナップを発表

Photo都響の次期(2014/2015)プログラムが発表になりました。
http://www.tmso.or.jp/j/topics/detail.php?id=514

フルシャの登壇が4演目5回で最多です。ですが、フルシャはどうも自国の作曲家にこだわりすぎと思うのは私だけでしょうか? パシフィック231と春の祭典、それにブラ4は期待したいと思います。で、大野はというとフランツ・シュミットのシンフォニー。あわててウィキペディアをみました。CDはもちろん1枚も持っていません。まあ聴いてみなきゃわかりませんね。あとカベラーチもウィキペディアで検索。プラハ放送局のディレクターをやっていた人らしいですが、フルシャがどんな音楽を聴かせてくれるのでしょうか?

来期の目玉はホグウッドの登場のようです。メンデルスゾーンの交響曲第5番とは地味な選曲ですが、これははずせないでしょう。1番手をつとめるミンチュクも是非聴いてみたいですね。垣内悠希の初登場は興味津々です。インバルも振ってくれるようで、ツィクルスでやり残したマーラー:交響曲第10番(クック版で全曲 多分自分でも手をいれるのではないでしょうか)の他、ブルックナーの交響曲第4番・シューマンの交響曲第4番がメインの演目となっています。早々と完売しそうで戦々恐々です。

私的にはドヴォルザークの交響曲第7番はちっとも良い曲ではないと思う割に、都響は好きですね。「展覧会の絵」も頻繁に演奏しています。せっかくリントゥ呼ぶのに一柳の初演ですか・・・。まあ最終回というのは歓迎しますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

地下水高濃度汚染@福島第一原発

またもや福島第一原発敷地内の地下水から高濃度のトリチウムが検出されたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131008-00000536-san-soci
http://www.47news.jp/news/2013/10/post_20131008120741.html
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20131008dde007040031000c.html
http://news.goo.ne.jp/topstories/nation/989/96d02cdd9838450ecacc295673b1c3c9.html?fr=RSS

トリチウムは安全な放射性物質ではありません。遠くまで飛ばないとはいえベータ線を出して崩壊するので、近接した分子が破壊される可能性があります。しかもほとんど水素と同様に行動するので、体内のあらゆる生体物質にとりこまれる可能性があります。

よく生体内には自然界に存在するカリウムの放射性同位体があるので、少量の放射性物質は心配ないと言われます。それは事実であり、そのためも含めて生物はDNA修復システムを持っているわけです。しかしここで注意したいのは、カリウムは核酸・タンパク質・脂質などの生体高分子には含まれていないと言うことです。あくまでも水に溶けた状態で存在します。DNAは普通裸の状態では存在せず、タンパク質で被覆された染色体内に保管されているので、外からカリウムのベータ線を浴びてもタンパク質が吸収してしまって、DNAはダメージを受けない可能性が高いのです。DNAは遺伝情報ですが、タンパク質は消耗品なので、破壊されてもどうってことはありません。

しかしその被覆タンパク質やDNA自体にトリチウムが取り込まれると、DNAが損傷をうける確率は高まります。DNAの損傷は通常修復されますが、スピードを第一にして校正機能がない酵素によって修復されることもあるので、この場合エラーが発生する可能性が高く、癌の原因になります。

トリチウムは飲んでもすぐに排出されると言われますが、では環境の汚染レベルがどんどん高くなっていくとどうなるでしょうか? 生体内のレベルも環境と平衡化されて、その値はどんどん高くなっていきます。どうあがいてもデトックスはできません。世界で数百機の原発と多くの使用済み核燃料処理施設が稼働して数十年経ったとして、地球はどうなってしまうのでしょうか? ましてや原発・処理施設周辺はどうなるのでしょうか? あとで気がついても遅いでしょう。そもそもトリチウム(もちろんもっと危険な核種も同時に放出されますが)を際限なく放出するというだけでも原発は続けるべきではありません。

トリチウムは事実上取り除く方法がないため、非常に緩い基準で原発関連施設から放出されている現在の状況ですが、上記の福島の23万ベクレル/リットルというのは、そのゆるゆるの基準をもはるかに凌駕する値で、原発敷地の地下が猛烈に汚染されていることを示しています。

http://tabemono.info/report/former/genpatu5.html
http://www.news-postseven.com/archives/20130913_211242.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11105855326
http://homepage3.nifty.com/anshin-kagaku/sub040208saitou.2.htm

トリチウムだけなら外部被曝はほぼないので、シールドすればある程度は作業が出来そうですが、地下水に含まれているのは残念ながらトリチウムだけではなくガンマ線やより強いベータ線を出す核種もあるので、これが地上にあふれ出してくると敷地内のあらゆる作業が停止し、大げさではなく破滅的な結果になりかねません。

さらに驚くべき事に、現在でも放射性セシウムが毎時1000万ベクレル空気中に放出されているそうです。

http://www.zaikei.co.jp/article/20131008/155680.html

毎日のようにおこる不測の事態

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131009/k10015154531000.html

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131009/t10015148901000.html

---------------------

(以下 Happy さんのコピーペースト 文中で1Fというのは福島第一原発のことです)

ソース: https://twitter.com/Happy11311

51eh9eqlpnl__sl500_aa300_ハッピーさんの本:河出書房新社 2013年10月24日発売予定「福島第一原発収束作業日記 3.11からの700日間」1680円。全国書店店頭、Amazon、楽天ブックスで予約受付中。

なんか今月に入って現場の作業員がガクンと減った気がするんだよなぁ…。オイラは正門の入退域の管理棟で装備に着替えて現場行くんだけど、そこにはロッカーがズラリ並んでるんだ。ちょっと前までは、空きのロッカーを探すのが大変だったけど最近は結構ガラガラなんだよね。

ところで最近は首相のコントロールされている発言以降は連日、汚染水問題を中心にマスコミも報道してるんだけど、その影に隠れてしまっててなかなか表に大きく報道されず、静かに着々と原発再稼動やもんじゅの継続、核燃サイクル継続の話が進んでるんだよね。特にひどいのは、たぶん国民の多くの人が知らないと思うけど10月1日に決まってしまったもので廃炉になっても減価償却は継続され予算確保のため電気料金で回収出来るように経産省の省令が改正され、施行されてるんだ。これが決まってたから先月突然に首相は東電に廃炉要請したのかもね。

こんな感じで世間が汚染水問題に注目してる間に静かに着々と確実に物事を進めてるんだね。たぶん国は省庁のHPにちゃんと公表してるって反論するけど省庁のHPなんか毎日見てる人は少ないよね。マスコミも大々的に取り上げないし…1Fだって問題は汚染水だけじゃないのに今は汚染水問題一色。

オイラは何回もつぶやいてるけど、未だに不思議なのは何故1Fの現場検証をしないのか?って事なんだ。5・6号機だって4号機だって他号機に比べれば、線量低いし現場検証は今すぐにでも出来るはずなんだ。但し5・6号機はもうすでに修理や改造工事が完了してるから余りあてにならないけど。ただ、4号機はドライウェルはじめ、大半の場所が未だに手付かず状態だから、しっかり検証出来るはずなんだ。

なぜ現場検証しないのかオイラの鈍い頭で色々考えたんだけど、やっぱり今現場検証して、もし地震による配管破断とかが見つかったら再稼動に支障が出る怖れがあるからって…誰かが考えて、現場検証を線量高いとか色々な理由付けて止めてるお偉いさんがいるんじゃないのかなぁ…って思うんだ。

確かに重要な配管や機器は耐震強度も最高級のSSクラスなんだけど、その機器に付いてる細い配管や母管に付いてる枝管は必ずしもSSクラスじゃないんだ。もしかしたら細い配管は破断してる可能性もあるんだ。東電のテレビ会議でも出てくるけど爆発前の1・2号機は炉内圧力が下がってるのにもかかわらず、いくら水を入れても満水にならなかったんだ。

これは明らかにバルブや枝管のフランジ部、配管の破断した箇所から漏れてる可能性があるんだよね。

原子力設計に携わった人や官僚の中でも詳しい人なら誰もがわかってるはずなのに、再稼動に向けての新規制基準に対し、誰も声を大にして言わないんだよね。消防車を準備してもシビアアクシデント時には炉内を満水にするほど役にたたないだろうし、たぶん電源車なんて焼け石に水だよ。

多くの人は電源車があれば全電源喪失しても大丈夫って思ってるかもだけど電源車の電力は、せいぜい中央操作室の照明と計器類の電源、あと小さなポンプ位しか動かせないんだ。ちょっと詳しい原発関係者なら誰もがそんな準備で過酷事故に対応出来て大丈夫なんて、これっぽっちも思ってないでし。

とにかく首相のアンダーコントロールの発言以降の今現在、1Fの汚染水問題に世間の関心は一点に集中してるけど、影に隠れた見えずらい場所で静かに着々と、原子力ムラの新たなムラ作り再建は、確実に進んでるんだと思うでし。

--------------------

★南相馬市のコメで基準値超え=13年産で初-福島

福島県は8日、2013年産米の全袋検査で、南相馬市原町区で生産されたコメから、 食品の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える同120ベクレルの放射性セシウムが 検出されたと発表した。

生産されたのは、東京電力福島第1原発から半径20~30キロ圏内に設定された旧緊急時避難 準備区域で、事故以来3年ぶりの作付けだった。13年産で基準値を超えたのは初めて。
(2013/10/08-19:15)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013100800871

====================

結局どうしてこんな状況で原発を稼働するかといえば、グローバル競争に勝つためでしょう。そのためなら他のことや未来のことはどうでもいいのですね。人間はどうしてこんなにバカなんでしょうかねえ。日本人だけのことじゃないとは思いますが、米国にボロ負けすることがわかっていて太平洋戦争に突入していった過去の狂気が再現進行中の今です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

2013/2014 リーガ・エスパニョーラ第8節: ネイマールのバルサがみえた

Braugranaカンプノウにもどってバジャドリードとの試合です。相変わらず夜10時からの開催ですが、シェスタがあるのでまあ大丈夫なのでしょう。それより帰り道の治安が心配になります。バルサは故障発生でメッシ抜きの試合になります。このような事態を予想して、ネイマールを採用したのは大正解です。次第に今日のような試合が増えていくでしょう。

バルサはFW:テージョ・ネイマール・サンチェス、MF:セスク・チャビ・ソング、DF:アドリアーノ・ピケ・バルトラ・ダニ、GK:バルデス。バジャドリードはハビ・ゲーラの1トップ。2列目:ベルグディッシュ・オマール・エーベルト、ボランチ:ロッシ・バラハ、DF:ペーニャ・ルエダ・バリエンテ・ルカヴィナ、GK:マリーニョ。

やはりネイマールをセンターに配置しました。正解でしょう。ただ今日はテージョが内寄りでプレイするように指示されていたようで、その割にアドリアーノが外に上がってこないので、宮本解説員が言っていたように左のサイドアタックがうまくいっていないようでした。ネイマールのワンツーを使った突入を重視したのでしょう。

サンチェスは好調です。8分に右を突破し、セスクにラストパスを出しましたが、セスクがふかしてしまいました。もたもたしているうちに、10分CKからハビ・ゲーラに頭で合わされ失点。今シーズンからバルサはマンツーマンに守備を変えていますが、ハビについていたのはアドリアーノで、ちょっと届きませんでした。

バルサも14分、ネイマールがポストになって落とした球をつないで、サンチェスが強烈なミドルで右上にたたきこみました。バジャドリードは特に変な戦法はとらず、ボランチのラインからプレスをきびしくやってきます。特にソングが狙われていましたが、すぐに横パスで狙いを外していたのはソングもクレバーです。その分セスクとチャビが大変でしたが。バジャドリードはエーベルトのオーバーヘッドや、ベルグディッシュのシュートで攻めますがはずれ。

30分前後に2回、後半にも1回ネイマールがエリア内でひっかけられ、PKをとっても良い場面がありましたが、今日のレフェリーはとりませんでした。それ以外でもシャツをつかんで引いたくらいではファウルをとらないルーズなジャッジでした。私的にはあまり好きじゃないですね。

後半7分、ネイマールが中央に突っ込み、左のテージョにパス。テージョが打つかと思いましたが、冷静に中央に出てきたチャビにパスして、チャビは当てるだけでゴール。やっと勝ち越し2:1です。13分にはテージョが強烈なミドルを打ちますが、クロスバーではじかれました。しかし19分、中央のネイマールから右に抜け出すサンチェスにスルーパスが出てきれいなゴール。ネイマールのプレイスタイルは一言で言えばクールです。メッシのような速い細かい動きで幻惑するのではなく、DFのタイミングをうまくはずして動くクレバーなサッカーを見せてくれます。

25分にはさっきのお返しとばかり、ダニのスルーパスを受けたサンチェスがネイマールにシュートを譲って、ネイマールがゴール。ダメ押しの4:1です。ネイマールはバルサにとって理想的なセンターフォワードだと思います。今日はバルトラやソングもちゃんと守備で機能していてGJでした。まあ相手が相手ということもありますが。

http://www.youtube.com/watch?v=tGHeMNDBvW4
http://www.youtube.com/watch?v=tvwCghkmWW4
http://www.youtube.com/watch?v=IXol9LpH3Wg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

宮本選手の引退、そしてバレンティンの60号

Photo永年勤めた仕事をやめるとなると、誰しもセンチメンタルな気持ちになります。ただそれがヤクルトの宮本選手のような名選手となると、その気持ちを多くのファンが共有することになります。

昨日は宮本選手の引退記念試合にでかけました。チケットは完売札止めでしたが、Y夫人があらかじめ手配してくれたので、特A席で観戦することが出来ました。神宮球場のY-T戦札止めは、あのホーナーが3本ホームランを打った日以来ではないでしょうか?

こちら

宮本選手は2番ショートでスタメン

Pa046434a

いつもは空席が目立つライト外野席ですが、ぎっしりのファンが宮本選手の背番号6のボードをもって応援。

Pa046517z

1塁側のタイガースファンも同じボードを持って宮本選手を応援しましす。余談ですがアンパイア西本さんのジャッジスタイルは、写真を撮ってみるとあらためて異様です。キャッチャーも耳の後ろ10cmくらいまで迫られると気持ち悪いでしょうね。

Pa046532b

宮本選手の陰に隠れて目立ちませんでしたが、バレンティン選手も弾丸ライナーで60号をライトスタンドにたたきこみました。田中将大選手の開幕23連勝とともに、今年はとてつもない記録が2つも誕生したすごい年でした。バレンティン選手の勇姿↓。

Pa046473c

試合終了後宮本選手のあいさつがありました。延長12回の大熱戦でした。雨の中ほとんどのタイガースファンも見守る中、冒頭で宮本選手はタイガースファンに対して感謝の気持ちを述べました。多分原稿にはなかったと思いますが、さすがです。

Pa046792d

背番号の数6回の胴上げ。

Pa046802e

宮本選手の人徳に心うたれた夜でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

サラとミーナ126: 太ももとミーナ

A

B

ミーナは私の太ももが好きで、よくもたれて眠ります。しかし私がカメラをかまえると少し緊張して耳を立てます。シャッター音を警戒しているようです。

のんびり猫の写真なんかアップしていていいのでしょうか と自問してしまいます。
もう福島第一原発はぐちゃぐちゃです。業務の指示すらちゃんとつたわっていないようです。もう東電のちゃんとしたスタッフは逃げ出していて、バラバラの集団がバラバラに仕事をしているようにみえます。

http://mainichi.jp/select/news/20131003k0000m040059000c.html

http://unkar.org/r/radiation/1367232801/84

こんな状況で原発推進だなんて、東電は問題外としても、経団連や会社経営者は日銭のことで頭がいっぱいで、他のことはいっさい考えられないとしか思えません。今の政府は彼らの傀儡にすぎません。実は原発は最もコストがかかる発電法だというのは多くの人が認めるところで、目先だけのことで動いているとしか思えません。

あの小泉元総理すら反原発

http://www.asahi.com/politics/update/1001/NGY201310010012.html

政府がおそれているのは小泉進次郎氏が反原発を標榜するようになることです。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/amakinaoto/20130927-00028448/

天木直人も間違っています。脱原発は脱日米同盟よりも100倍喫緊の課題です。

NHK 教育テレビ(Eテレ)
『海の放射能に立ち向かった日本人~ビキニ事件と俊鶻丸(しゅんこつまる)~』
再放送:10月4日(金)の深夜、午前0時45分

  1954年3月1日、アメリカが太平洋ビキニ環礁で行った水爆実験で、日本のマグロはえ縄漁船・第五福竜丸が被ばくしました。被害は水産物にも及び、日本各地の港では放射性物質に汚染されたマグロが相次いで水揚げされます。しかし、核実験を行ったアメリカは、放射性物質は海水で薄まるためすぐに無害になる、と主張しました。

 このとき、日本独自に海の放射能汚染の実態を解明しようという一大プロジェクトが始動します。水産庁が呼びかけて、海洋や大気、放射線の分野で活躍する第一線の専門家が結集、「顧問団」と呼ばれる科学者たちのチームが作られました。

 そして水爆実験から2か月後、顧問団が選んだ若き科学者22人を乗せた調査船・俊鶻丸がビキニの実験場に向けて出発します。2か月に渡る調査の結果、海の放射能汚染はそう簡単には薄まらないこと、放射性物質が食物連鎖を通じてマグロの体内に蓄積されることが世界で初めて明らかになりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年10月 1日 (火)

熊木杏里さん 出産

2


9月28日に天才作曲家熊木杏里さんが3878gの赤ちゃんを御出産。
誠におめでとうございます

http://ameblo.jp/anri-kumacky/

しばらくお仕事のことは忘れて、赤ちゃんと楽しい日々を過ごしてほしいと思いますが、なんと出産前から4月のライヴの予定が決まっているとはびっくり。大丈夫か?

熊木杏里作品

 
誕生日
http://www.youtube.com/watch?v=NxIwyqGW9Jg
http://www.youtube.com/watch?v=Jt3qer4uocM

君の名前
http://www.youtube.com/watch?v=goRVnSLxkGM
http://www.youtube.com/watch?v=tk4WqowNIUI

お祝い
http://www.youtube.com/watch?v=AeJHBm1Nmtk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »